たまには若い女の子と出会うことで、より自分をレベルアップさせることが出来ます

たまには若い女の子と出会うことで、より自分をレベルアップさせることが出来ますW不倫を求めると、どうしても30代以上の女性との出会いがメインになりがちです。

昨今は晩婚化の影響で20代後半になっても独身の女性が増えてきましたし、若い人妻は慣れない育児や新生活で忙しくて不倫どころじゃないですからね。

結局、育児や生活が一段落して、自分の時間を持てるようになった30代以上の人妻が出会いのメインになっているのです。

それに、不倫相手を探すときってどうしても同年代くらいの女性を探してしまうんですよね。だって、あんまり年が離れているとなんだか怖くないですか?

会った時に何を話せばいいのかもわからないし、世代がズレていることで話題も噛み合わないかもしれない……なんて不安があって、ついつい「安牌」である同年代を探してしまう人は多いと思います。

それでも、やっぱりたまには若い女の子と遊びたくなっちゃうんですよね!

私も片手で数えるほどではありますが、若い女性と不倫をしたことがあります。どれも余り長続きはしなく、苦労も多かったですが、やはり同世代の女性では味わえない刺激や発見がありましたね。

今回は若い女性と出会う時のコツをまとめてみたいと思います。

その1.若い女性が求めているのは大人の男性

若い女の子は好きだけど、こんなオジサンを相手にしてくれないだろう?

とお考えのあなた。それはもう古いですよ。いま、40代の男性を恋愛対象として見ている若い女性が急増しているのです。

女性は年の差OK 40代男性は「もてなし」こそモテるコツ

女性が、デートする見返りに、お小遣いをくれる男性を探すことを「パパ活」というらしい。パパが愛人と違うのは、肉体関係を伴わないことだが、年上の男性を恋愛対象とする女性は少なくない。

マンダムの調査によれば、20代・30代女性の半数以上が「40代以上の男性は許容範囲」と答えている。モテる中年男は何が違うのか。

たまには若い女の子と出会うことで、より自分をレベルアップさせることが出来ます
女性は年の差OK 40代男性は「もてなし」こそモテるコツ|日刊ゲンダイDIGITAL
 女性が、デートする見返りに、お小遣いをくれる男性を探すことを「パパ活」というらしい。パパが愛人と違うのは、肉体関...

いくら20代女性の多くが40代男性をアリとは思っていたとしても、40代男性なら誰でもいいというわけではありません。そこには「大人の男性」という、実にふわふわしていて実態のない男性像が求められているのです。

なにをもって「大人の男性」とするかは人それぞれなのですが、なんとなく共通しているポイントが存在します。

  • 言動に余裕や包容力がある
  • こぎれいな格好をしている
  • 決して怒らず、穏やかで落ち着いた雰囲気をもっている

と、いったところでしょうか。女性が年上の男性に求める要素は、こういった精神的な部分や立ち振る舞いに依るところが多く、ルックスやお金持ちといった要素は二の次であることが多いようです。

もちろん、ルックスやお金に恵まれていることで精神的な余裕は生まれやすいですし、身につけるものも高価なものだったり、サマになったりするものですから有利であることは間違いありません。

しかし、決して必須ではありません。ごくごく普通のオジサンだって、十分にチャンスがあるのです。

では、具体的にどのような言動に対して「大人の男性」を感じるかと言えば……

  • とりとめのない世間話を笑顔で聞いてくれた時
  • 悩み相談のあと、「何かあったらまた言ってね」と気遣ってくれた時
  • 荷物を持ってくれたり、ドアを開けてくれたりと、レディーファーストを実践してくれた時
  • 何も言わずに会計を一人で済ませてくれた時
  • 並んで歩く時に車道側を歩いてくれた時
  • デートから別れた後、無事に家までついたかどうかを気にかけてくれた時
  • ヒールを履いている時はゆっくりと歩くスピードを合わせてくれた時

などなど……。「まぁ、たしかにこれが出来ればモテるだろうなー」と思われることをきちんと実践できたら、それはもう「大人の男性」なのです。

これらのことはやろうと思えば誰でも簡単に出来ることですからね。

年上の男性としての魅力を存分にアピールしたいのなら、こういった細かい部分で女性に気を配れるようになっておくといいですね。

その2.服装は無難でカジュアルなもので良い

若い女性とのデートとなると、ついつい気張ってオシャレをしたくなってしまうものですが、残念ながら40代の男性がオシャレに感じる服装と、20代30代の女性がオシャレに感じる服装には、大きな隔たりがあるのです。

自分はバッチリ決めていったつもりでも、相手からしたら「うわ、ダサい……」とまるっきり逆効果になってしまうこともしばしば。

ちょっと前には「ちょい悪オヤジ」なんてものが流行りましたが、ちょい悪ファッションは若い女性にはかなりウケが悪いようなので、絶対にやめておきましょう。

なにしろ若い女性は「落ち着いた大人の男性」を求めているのですから、ちょい悪ファッションはその対極にあるようなものです。

では、どんな服を着ていけばいいの? と思うかもしれませんが、答えは簡単です。それは、全身「無印良品」で揃えてください。

これでまず間違いはありません。決して100点を取ることは出来ませんが、決して70点を下回ることもありません。好印象を与えるかどうかは相手次第ではありますが、少なくとも悪い印象を与えることはまずありません。

服を選ぶのも店員さんに任せてしまうのが無難です。お願いをすれば、全身をコーディネートしてくれますよ。

無印良品で若い女性店員を捕まえて

「今度、何年かぶりに娘と二人っきりで出かけることになってね。ちょうど娘は君くらいの年齢なんだけど、どんな服を着ていけばいいか選んでくれないか?」

といえば、笑顔であなたに適した服を選んでくれることでしょう。あなたに娘がいるいないに関わらず、40代男性なら20代くらいの娘がいてもなんらおかしくないですからね。

ユニクロで同じことをしてもいいのですが、ユニクロはあまりにも流通量が多いために「ユニバレ」や「ユニ被り」と呼ばれる現象が起こりがちです。

ユニ被りとは、着ているユニクロの服が友人や家族、他人とおそろいになること。ユニクロの服は全体的に安く、購入する人も多いため予期せずかぶってしまうことがある。特にセール後はユニかぶりする確率が高い。
ユニ被りを防ぐには『下着や靴下などあまり目につかないアイテムだけ買う』『黒、グレー、白など無難な色を選ばない』といった方法がある。

無印良品であれば被ることはほとんどなく、清潔感という点においてはユニクロよりも優れていますのでオジサン世代にとってはそちらのほうが適していますね。

その3.セックスは焦らない

出会い系で不倫をする目的と言えばセックスがまず第一という男性は多いと思われますが、こと年下の若い女性を相手にする時はセックスを焦ってはいけません。

そもそも焦る必要はないのです。こちらから求めなくても、若い女性であればあちらからセックスを求めてくるのですから。

若い女性が求めているのは「甘えさせてくれる大人の男性」なのです。「自分のことはなんでも受け入れてくれる存在」を求めているのです。

そして、女性がもっとも「甘えることができた、自分を受け入れてくれた」と感じる行為がセックスなのですから、黙っていても自然とその成り行きになるのです。

逆にこちらがガッついてセックスを求めてしまえば「なんか余裕がなくてかっこ悪い……」とがっかりされてしまうことも。

同年代の女性であれば「待ちの体勢」であることが多いので、こちらからセックスを求めないといけなかったりしますが、こと若い女性に関してはその心配はありません。

人生経験の乏しい若い女性において、相手からの愛情を感じる行為として「セックス」を一番に考える女の子は多いのです。加えて、まだまだセックスに対する好奇心も強い年頃なのもありますからね。

また、年をとってくると中折れしてしまうことがあるかもしれません。「不倫セックスで中折れした時に思い出したい5つの対策」を事前に読んでおきましょう。

その4.オジサンであることを卑屈に思わない

ついついオジサン世代がやってしまいがちなのが、オジサンであることを自虐したネタです。

「こんなオッサンを相手にしてても退屈でしょ(笑)」なんてことをついつい照れ隠しで言ってしまいたくなるものなのですが、そこはぐっとこらえましょう。

あなたはただ「そんなことないですよ!」と言ってほしいだけなのかもしれませんが、若い女性からすれば「理想の大人の男性」から遠くかけ離れたセリフであることは間違いありません。

むしろ、オジサン世代であることに自信を持つようにしてください。「草食系男子? あんなもんはオトコとして認めねーぞ!」くらいの気概を見せるのです。

若い女性の多くは、同世代の頼りない男性を見限って、年上の頼れる男性を求めているのです。虚勢でもいいですから、頼れる男であるように振る舞いましょう。

まずは自信がなくてもいいんです。自信があるフリを続けていれば、いずれ本当に自信がついてくるものなのですから。

その5.オジサン臭い言動は避ける

オジサンにありがちな特徴として「説教臭い」ことが挙げられます。本人は良かれと思ってやってしまっているのも、ダメなポイントです。

常に相手より上の立場でいたい気持ちがそうさせてしまうのかもしれませんね。今で言うところの「マウンティング」という行為ですね。

例えば、女性から「おはようございます! 今日はひさびさにオレンジジュースを飲んで、すっごく美味しかったんです!」なんてメールが来たとしましょう。

ここでダメなオジサンは「朝のオレンジジュースは胃に悪いのでやめたほうがいいですよ。僕はアップルジュースのほうがカラダに良くて好きですね」なんて返事をしてしまうのです。

女性は別に「あなたに評価してもらいたいわけじゃない」のです。

ここ、すごく大事ですよ。これを誤解しているオジサンが多すぎる!!

ただ日常のなんてことない出来事を共有したいだけなのに、いちいち上から目線でアレコレ言われたのであってはたまったもんじゃありません。

そんなオジサンは絶対に若い子からはモテません。若い子どころか、全年代の女性からモテないことでしょう。

相手とはフラットな立場であることを心がけておきましょう。その気持ちがあるだけで、だいぶ変わってくるはずですから。

その6.たまには情けないところもみせてみる

若い女性はオジサンに対して「大人の男性」を求めていることは確かですが、完璧な男性を求めているわけではありません。

むしろ、たまには失敗しちゃったりドジなところがあったりと、人間臭い部分を見ることで「ギャップ萌え」が発生することがあるのです。

若い女性に対してはまるで父親のように過剰なくらいに心配してみせたり、自分が若い頃にしてしまった失敗談を語るなど、どこか身近に感じてもらえるようなアプローチをするのもいいですね。

年上なんだからしっかりリードして、立派なところを見せないと! と常に気構えているような男性は相手も息苦しくなってしまうもの。

ちなみに、若い女性がもっとも嫌うオジサン像としては坂上忍さんがよく挙げられます。

「とにかく偉そうで、我が強い。私のことを話しても鼻で笑われてバカにされそう」なんて具合に、とにかく嫌われています。反面教師としては最適ですね。

狭量で神経質で前時代的な坂上忍さんは嫌われていますが、その一方で犬好きな坂上忍さんは好感度が高いのも見逃せません。

これこそまさに「ギャップ萌え」の活用なんですよね。坂上忍さんの普段のイメージが悪ければ悪いほど、犬好きでにこやかな坂上忍さんを「かわいい」と感じてしまうわけです。

若い女性に対しては「かわいい」部分を見せてあげることも大事です。

かっこよくて頼れる大人の男性と、ドジでかわいいオジサンを両立することができれば、若い子からはモテモテになれることでしょう。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト
あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。

02 W不倫の心がまえ
W不倫パートナー探し