W不倫成功のためのテクニックまとめ

W不倫成功のためのテクニックまとめ

やはり不倫は安全な範囲でスリルを楽しみたいものです。ただ会っているだけでも普段は味わえない気持ちを堪能できますからね。

デートでさえそんな気持ちになれるのですから、セックスともなればなおさらです。普段は夫の前でいい妻を演じている女が、今は自分にまたがって腰を振っているわけですから。

そういった情緒面から興奮を得られるというのは人間的にも豊かになれますね。

でも、出会い系で不倫パートナーを見つけてW不倫関係を続けていくのって最初はなかなか難しいんですよね。でも、出会い系でのW不倫って一度簡単になっちゃったら難しくなることはないんです。自転車と一緒ですね。一度テクニックを覚えてしまえば、少なくともあと20年は出会い系サイトで遊んでいられるでしょう。

しかし、方法を知らなければ、時間と労力だけが無駄に過ぎて行ってしまいます。それってホントにもったいないと思いませんか?

 

そんなわけで、本日は、W不倫成功のためのテクニックをまとめました。

 

W不倫成功のためのテクニックまとめ

 

視野が狭くなりがち

楽しい時間や関係というのはどうしてもハマって視野が狭くなりがちです。

しかし不倫という関係は広く見ることが出来なければ色々と危険なことを、忘れないでくださいね。

そのためにも短期的ではなく長期的に付き合うつもりで探しましょう。短期であれば不倫である必要がありません。不倫という関係を求めるのなら、そして不倫の醍醐味を味わうのなら、やはり長期関係に限りますね。

ただ、長ければいいというものでもありません。

3ヶ月目には継続していくかどうかを一度考えましょう。はっきり言って今の時代、相手を探すのは簡単です。乗り換えも視野に入れましょう。

本名・職業・住所などを教えない

とくに聞かれない限り、本名・職業・住所を教える必要はありません。とくに名前を教えないようにするために、呼びやすく恥ずかしくないハンドルネームを使ってください。

メールや電話をしていい時間を聞いておく

不倫の場合は、お互いメールや電話をしてはいけない時間があるかもしれません。無用なトラブルを避けるために、その時間の連絡はやめておきましょう。

会う時間と場所は相手に合わせる

とくに場所に関しては、相手が会いたくない場所というのがぜったいにあるはずです。その場所は避けるようにしてあげてください。友人に会ってしまったりしたら最悪ですからね。

都会の場合は、人が多いところのほうが逆に目立たずいいかもしれません。

アブノーマルも良い

わたしの場合マイブームは、大人のおもちゃでのちょっとしたアブノーマルプレイです。

やはりいまの40代以上の女性というのは存在は知っていてもなかなか実際に使う機会はなかったようです。なにせ昔は見るからに怪しくいかがわしいお店に足を運んで購入しないと使えなかったですし、レパートリーや個性も単調といったことでアンダーグラウンドな文化でした。

ですが今ではドン・キホーテなどでごく普通に売っていますし、ネット通販で気軽に買える時代です。

とてもユニークな形だったり動きが独特だったりして、話のネタとしてもおもしろいですし、実際にそれを使えばさらに盛り上がります!

引き際が肝心

よく言われることではありますが、やはりねちねちとしつこかったり過去を引きずる男というのは男からみても女からみても気持ちのいいものではありません。引き際にこそ美学があるのです。

と、 いっても実際は「撤退」という言葉のほうが似合うかもしれません(笑)やはりどのサイトにも業者は紛れ込んでしまいますし、実際の女性でも大して会う気はなく冷やかし半分だったり、本命の滑り止めとしてのキープだったりなど、投資が見返りに合わないケースが多々あります。

そういう場合は思い切ってすっぱり諦めましょう。ここまで時間とお金を使ったんだから成果が出るまでしないと、すべてが無駄になってしまう。そういう考えもわかりますが、それはまさにドツボというものです。

その昔、コンコルドという飛行機があったのをご存知でしょうか? 音速で飛ぶという夢の飛行機でしたが、試作段階でこのままでは費用がかさみすぎてとても じゃないが回収できないし、今のまま開発を続ければ損をし続けるだけだと誰もが気づいていながら、それまで投資してきた金額が膨大なものだったために引くに 引けず、結局最後まで作ってしまい大赤字のまま倒産という事例がありました。

これを教訓にしていきたいものです。

近所で会うのはマズイ

会社関係者や友人関係にを不倫相手にしてしまうと、奥さんにばれやすいです。女は、ちょっとしたことで気付きます。

近所で会うのはさすがにまずいですからね。待ち合わせ場所までは必ず別々に行動するようにして、できれば行動時間もずらした方がよいでしょう。お互いしょっちゅう顔は見られると思うので、2人で会うのは、1か月に一度程度で我慢しましょう。

細く長くが続けるコツです。ただし、一番気を使うのは、別れる時です。別れ方を間違えると全てばらされたりして取り返しのつかないことになります。

バレるのは匂いから

自分が既婚者だとしても、相手がそうだったとしても好きになってしまうのは仕方がないことです。 その先に待つのは不倫という、世間では認められない行為だとしてもです。 不倫を行う上で何より大切なのはバレないこと。

でも、あまり深く考えて色々な策を使うと逆に怪しまれます。 もっとも大切な対策は「匂い」です。 パートナーからいつもと違うシャンプーや使うはずもない香水の香りがしてくると、途端に怪しまれてしまいます。 ラブホテルなどで行為を行った後のシャワーでも自宅で使っている石鹸やシャンプーと同じものを使う必要があります。

またパートナーが香水をつけていなら不倫相手にもつけない様にしてもらったり、同じ種類の物を使ってもらうのも大切です。 匂いに対して敏感な方はとても多いからです。 焼き肉の様な匂いの強い食事をしてくる、そんな対策もあります。 後はパートナーの行動範囲の中で不倫相手と過ごさない様にしてください。 当然のことですが、不倫も月日を重ねてくると近場で済まそうと考えてしまい墓穴を掘ることになりかねません。

また携帯やスマホに登録する時の名前も同性の名前に変えたりしておくことも必要です。 大切なのはバレないこと。 それさえ出来れば誰も傷つくことはありません。 お互いの過程を守り、さらに幸せになるために最新の注意を払ってください。

人妻は下の名前で呼ぶ

人は、下の名前で呼ばれると、無意識に親しい間柄であるということを意識することになります。

若い頃でしたら、女の子であれば下の名前で呼ばれることが当たり前ですが、人妻となってくると話は別なのです。人妻世代になると、下の名前で呼んでくれる人がほとんどいなくなります。

普段から遊ぶような友達というのもそれぞれバラバラになってしまいますし、学校の保護者会やパート先などの社会的な場所でしたら苗字で呼ばれることが一般的です。ママ友であれば下の名前で呼んでくれるかもしれませんが、多くの人はママ友のつながりを負担に感じているそうです。常に比べられて気が抜けない間柄なのですから、とてもじゃないですが昔のようにただ遊んで一緒にいて楽しい本当の友達とはまったく違う存在ですからね。

あるいは「◯◯くんのママ」といった感じで、子供の名前で呼ばれてしまうことも珍しくありませんからね。苗字も多くの人は結婚したときに変えていることでしょうから、結婚後の苗字で呼ばれたとしてもどこか自分のものではないといった感じになってしまうのも無理はありません。本当の自分がどこかに消えてしまったかのような心細さを感じるそうです。

そんな状況の中、自分のことを下の名前で呼んでくれる異性が現れたらどう感じるでしょうか。まるで白馬に乗った王子様のような……というのは言いすぎかもしれませんが、それに近い印象を覚えることでしょう。「やっと私のことを見てくれる人が現れた!」という救世主のような存在にうつるかもしれません。

出会い系に登録している女性の多くは下の名前っぽいネームを設定していますが、それが自分の本名であるとは限りませんし、むしろ多くの女性は少しもじった名前にしていたり、まったく関係のない名前をつけていたりするものです。

だから、ある程度親しくなってきて、連絡先の交換をしたり会う約束をするような間柄になったのでしたら、思い切って聞いてみましょう。「ほんとうの下の名前はなんていうの?」と。そこがベストなタイミングです。

むこうもこちらに好印象を持っていなければ連絡先の交換や会う約束などはしてくれないでしょうから、大抵の場合は教えてくれるものです。そうしたら、それ以降は必ず教えてくれた下の名前で呼びかけるようにしましょう。◯◯さんでもいいですし、年下であれば◯◯ちゃんというのもいいでしょう。

不倫に慣れていない人妻であれば、それだけでもうメロメロになってしまうものなのです。相手は恋愛感情という水をまったくもらえていない花なのですから。ちょっと水をかけただけで、スポンジのように水を吸収してしまう貪欲な生き物となっているのです。

人妻に、まずはその女としての自分を思い出させるきっかけを与えてあげましょう。もっとも簡単なのは、下の名前で呼んであげることなんです。

淋しがりやであることを理解する

人妻出会い系サイトに登録する人妻の多くは淋しがりやです。 旦那は仕事ばかり。少しもかまってくれない。という女性が多いものです。 なのに男性は、女性に癒しを求めようとします。それでは失敗するのは当たり前です。 淋しいと思っている人妻は、自分が癒して欲しいと思っているのです。

それを間違って、女性に癒しを求めていてはセフレはできません。 男性は人妻の淋しさを癒してあげることのできる存在でなければならないのです。 決して、女性に甘えたり、癒しを求めてはいけません。 逆に、女性から頼りになる男を演じ続けることが大切です。

淋しがりやの人妻は男性からかまって欲しいのです。 夏の暑い日は「身体どう? 大丈夫?」と声をかけ、冬の寒い日は「風邪ひいてない?」と声をかけましょう。 女性のことを常に気遣うようにしなければなりません。 もしかすると、彼女や奥さんに接する以上に気をつけなければいけないかもしれません。 女性をかまうのは面倒で嫌だという男性ではセフレはできません。

甘えさせてあげる

女性はいくつになっても少女でいたいものです。 旦那には相手にされないからこそ、甘えさせてくれる男性が欲しい、と思っているものなのです。 あなたはそんな人妻を甘えさせてあげられるような男性を演じることができますか? 手をつなぐとか、髪の毛をなでるとか、軽いタッチでも人妻はとても喜びます。 女心がわかっている男性がモテるのは当たり前なのです。

強いところを見せる

人妻はたくましい男性に憧れています。 マッチョな男性という意味ではありません。 精神的に頼れる強い男性が好きなのです。 ワイルドなのにナイーブ。そんな男性になら人妻はメロメロになります。 もちろん、そんな男性になりたくともなれないものです。 大切なのは女性と会っている時だけはそんな男を演じることです。

強いセックスを「演じる」

人妻が一番、求めているのは、ズハリ、セックスです。自分の身体の乾きを満たしてくれる男性を求めています。

強引に唇を奪い、激しく求めてくる男性に出会いたいと思っているのです。 乱暴な男性になれというのではありません。 時には激しいセックスをして女性を満足させてあげましょう。 どれも大切なことは「演じる」ということです。

月に一度か二度くらいしか会うことはないのですから、会うときは女性の理想の男性を演じることがとても大切です。 メールでのアプローチでも実は同じことが言えます。 女性が求めている男性を「演じる」このことを意識するだけでずいぶんと違います。 全て当たり前のことですか、この当たり前のことを忘れて、素の自分のままで女性にアタックしている男性が多いんですよね。 それでは人妻からよくあるつまらない男、と思われてしまいます。 ぜひ、「演じる」ということを忘れないでいてください。

男性がリードする

昨今の若いカップルの間では女性がリードすることも珍しくないそうですが、私達の年代というのはやはり勝手が違ってきます。どうしても男尊女卑といいますか、女性は男性を引き立てるものとしての価値観がまだ根強く残っていた時期に青春時代を過ごしておりますので、それを引きずってしまっている女性は多いです。女から誘うのははしたない…と思ってしまっているということですね。それの是非はおいておくとしても、こちらがリードすれば話がうまく進むのもまた事実です。

今の若い世代の女性たちは恥じらうという文化に鈍くなってきている気がします。その点、熟年の女性たちは古き良き恥じらいを今も持ち続けております。恥じらうリアクションがあってこそ、輝く女性の魅力というものがあります。なので奥手で煮え切らない態度の女性も、包み込むようなおおらかな心で接してあげましょう!

メールをするときには、私達のような世代ではどうしても堅苦しい文章になってしまいます。若い人達のような文章を真似しろとは申しませんし、最初はどうしても堅くなってしまうものです。ですがずっとそれを続けていたのでは、やはり打ち解けるのに時間がかかってしまいますし、そうなる前に関係が霧散してしまう可能性もあります。礼儀正しく、時にはフランクに。ナイスミドルやロマンスグレーといった雰囲気を心がけましょう。

最近の若い人たちの間ではセックスだけの関係が当たり前になりつつあるようです。それの影響なのか、私達のような世代の人でもそういった願望をもつ男性はおろか、女性も少なからず増えているとか。私個人としてはあまり好ましくない関係ではありますが、そのほうがいいという人がいるのには理解はできます。あなたもあなたにあった最適の関係を探してみましょう。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト
あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。

01 W不倫の基礎知識
W不倫パートナー探し