「共感力」を利用した人妻出会い作戦

「共感力」を利用した人妻出会い作戦人妻と会ううきっかけがない、なかなか会っても話が続かない、次の段階に進めない……そんな悩みを抱えていませんか?

わたしも昔は話が盛り上がらず、一人落ち込んで最終目標に辿り着けませんでした。

でも今は違います。

顔もスタイルもよくないわたしが、なぜ人妻との出会いに自信が持てるようになったのでしょう。

ずばり共感力を手に入れたからです!

共感力とは?

共感力とは「あなたの気持ちが私にはわかりますよ」という態度や言動をしめすことです。

しかし、どんな話題にも共感できる人はいませんし、嫌みにならないのはハッキリいって海千山千な経験豊富なプレイボーイでない限り無理です。

それよりも「この人ならわかって貰える」と思ってもらうことが大事。

だからこそ、簡単に「その気持ちわかりますよ」なんて言葉は使いません。出会いにおける「共感力」とは「この人なら安心できる」「この人と一緒にいると心がやすらぐ」そういった気持ちを相手にもってもらうこと同じなのです。

人妻がたが不倫に走る、走りたくなる理由の一つに「自分の話をわかってくれない、わかろうとしてくれない」「興味をもってもらえない」そういった心に開いた溝を埋めてくれる温もりが欲しいということがあります。

心を開いてもらわない限り、次のステップには進むのは困難。

そのための共感力をどうつけるのかというと……。

共感力のつけかた・その方法とは?

ただ自分が女性の話の聞き役になり、時々「自分がそういう立場だったら……こう思う」とか「自分の彼女がこうだったら……こうする」など自分のこととして考えて、寄り添う言葉をかけてあげることの積み重ねです。

大事な「共感力アップ」ステップ

  1. 相手の好きな話や愚痴、悩みを少しずつ聴く
  2. どんどん話をしてもらうよう、「うん、うん」「それで?」「それから?」「どうして?」など興味を示し、疑問をなげかけ深掘りする
  3. 話の中で「自分だったらここに共感できる」という部分を見つける
  4. 「同じ経験をしていないけれど、わたしの彼女がそういう境遇ならこうしてあげたい」と間接的な話をする

この4つのステップを踏むことで、自然と人妻の味方だということを無意識に感じてもらうのが大事。

すると心を開いて「この人だったら私をわかってくれる」とまではいかなくても、話していて気持ちよくなってもらえるはず。

わたしの共感力のお陰で成功した体験

平凡なわたしがちょいエロな素敵な人妻をゲットした初めて出会い成功体験のお話をします。

それまで、出会うまでいっても業者だったり、ものすごく高飛車なおばさんだったり、散々な目に。そんな時、普通の主婦っぽい優しそうな人妻に出会うことができましたが、お茶するだけで、不倫どころか手すら触れることができず「もうやめよう」と思っていたとき……

人妻との待ち合せ前、時間があったので本屋のビジネス書のコーナーに「共感力」の本がありパラパラっと目を通していました。そこでなんとなく自分の腹におちたさきほどお話した4つのポイントに気を配り、その後デートの際、ポイント通り女性に接してみました。

その1時間後には普通の身持ちが堅そうな人妻が、ニコニコとわたしと会話を楽しんでいました。いままでの自分では考えられないことです。

そしてその2時間後には、一緒にベッドの中に……。

もちろんお酒の力も少しは借りましたが、普通の人妻が「オンナ」になる時間を堪能させてもらいました。

たった1冊の本をパラパラとめくって、気をつけただけ。

それだけです。

その後、わたしが「やりたい」と思った人妻の恥ずかしい姿は見逃していません!

筋トレしたわけでもなく、髭脱毛にいったわけでもスタイリストをつけたわけでもありません。

ただただ「共感力」に気をつけただけ。

それだけで、自分の勝率が格段に上がったことは確実です。

会話はしたくないけどセックスはしたいんだよなあ……っていうとき

会話はしたくないけどセックスはしたい人妻に出会ったらどうしますか?

会話へのモチベーションがわかない。でもセックスには持ち込みたい。

そんな時は話をさせることに集中しましょう。

会話をしたくないような人妻はだいたいこちらの話を聞かないで自分の話をすることばかりに熱中するような人です。そういう性格だから友達も少ないし、話を聞いてくれる人も周りにはいません。

しかし、わたしたちは違います。人妻とセックスをしたいがゆえに、彼女の話を親身になって聞きます。いや、聞いているように振る舞います。

きっと彼女は感激してくれますよ。こんなに親身に私の話を聞いてくれる人がいるって。

そりゃそうです。セックスしたいんだから。

だから、相手に会話をさせる、話題を引き出すことに熱中してください。促してください。あなたが頑張る必要はありません。あなたはとにかく真剣に聞いているフリをすればいいんです。

話を聞くときのこつは、楽しそうな話をしているときは楽しそうな表情で、悲しそうな話をしているときは悲しそうな表情で聞くことです。そして、相手が話をしているときに、自分が話すことを考えないこと。かならず相手の言うことをきちんと聞いてください。

女性の言うことは、評価しないでください。「共感力」を利用してください。

たとえば、

「会社でセクハラにあった」

という女性にたいして、

「それはよくないことだね」

と評価してはいけません。

女性は悔しいし腹が立っているんです。

だから、

「むかつくねー」

でいいんです。同じ立場から共感してあげるんです。

上の立場から評価されても、自分の感情を発散することはできないんです。あなたといても楽しくないんです。同じ方向を向いて共感してくれる人と一緒にいたいんです。評価されるような相手とセックスをしたいとは思わないんです。

ちょっと知的な男性よりも、感情を露わにするギャル男がモテる構図はこういうところにあるんです。見た目の問題だけじゃありません。彼らは「共感ゲーム」の勝者なんです。

「最近寒かったから風邪ひいちゃった」

「暖かくして寝たほうがいいね」

こんな男に抱かれたいと思う女がいますか?

「あらら、大変。つらいでしょう?」

と、共感して、ねぎらいの言葉をかけてあげた男が、多くの女を抱けるんです。

これは、メールでも同じです。相手が何かを言ってきたら、評価してはいけません。共感するんです。

それって、セックスを一緒に「感じる」のと似ていますよね? 深層心理では、会話の共感とセックスの共感は近いところにあるのです。

まとめ:自分の話やネタがなくてもいい!相手の話に共感しよう

共感力と最初聞くと「難しそう」「面倒くさそう」だと思いがちですが、お金に換算すると風俗にいくと、数万飛びますよね? キャバ嬢とデートするにはもっとお金がかかりますよね。

それを考えたら、ちょっと気をつけるだけでコスパが高すぎる「共感力」を身につけないのはもったいなすぎます。

まずは相づちを打つこと、話題に関係した質問をすること、自分事として考える。ただ単に「人妻」に興味があるのではなく「その人妻に特別」に興味があるという気持ちを態度と言動で表すことが大事です。

自分がおもしろい話をしなきゃいけないと思うとなかなか、盛り上げるのは至難の技ですが、相手の話を盛り上げること。それに徹することは意外とやってみると簡単なんで、是非試してみてください。

いい出会いをモノにするには、自分のネタ披露も大事ですが、まずは相手の話をきいて盛り上げることを意識して次の段階に繋げましょう。

自分の一言で感謝もされてお互い気持ち良くもなれるので一度覚えてしまえば、win winの関係を築けられるので結果長く素敵な人妻と仲良くできますよ。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト
あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。

05 W不倫デート
W不倫パートナー探し