レベルの高い人妻を手に入れるための「僕と結婚してください!」という戦略

wedding_hanayome

ネット上にあまたある人妻攻略指南サイトでは異口同音に人妻に本気になるなと注意しています。

人妻は、若い子に比べれば比較的簡単にゲット出来るものの、なかなかしたたかな生き物でもあるため、浮気がばれそうな相手だと嗅覚を働かせて会おうとしないから要注意だという教えです。

したがって、人妻を食べるためにはまずもって、本気ではないこと、出来ればこっちも浮気心でセックスを楽しみたいくらいのスタンスがちょうど手頃で喜ばれるのだというわけです。

もうこれは何遍となく聞かされ、耳にたこが出来るくらいではないかと思いますが、人妻攻略の初歩も初歩の大真理ですから、うっとうしいと思われますが繰り返しておきます。

この大前提は理解した上で、よりレベルの高い人妻を楽しくゲットする方法をご紹介します。

人妻メールでもインパクトあるタイトルは不可欠

いかに人妻熟女が釣りやすいターゲットであるといっても、世の中には人妻、熟女と聞いただけで、股間を反応させてしまうような人も少なくありません。

そういう人たちがライバルとして出会い系サイトを利用している以上、やはり何らかの対策を立てなくては、好みの人妻は手に入れにくいのが実情です。

人妻の場合、比較的掲示板の書き込みに対しても反応を得やすいのは確かですが、やはりなんと言っても主戦場は個別に送信するメールになります。

ここでまずライバル達に差を付けることが、初めの第一歩になります。

とりわけメールで大事なのはタイトルであることは言を待ちません。タイトルだけで中を読まない女性も少なくないからです。それは人妻でも同じで、人気の高い人妻にメールを読んでもらうのは大変です。

そんな相手にお勧めしたいのが、意表を突いたタイトルの考案です。

冒頭で人妻には本気になるな、本気を見せるなという初源的な指南サイトの教えを紹介しました。

そうした指南サイトの教えが蔓延した結果、ほとんどのライバルはその教えに従って、当たり障りなくファーストメールのタイトルと文面をひねり出している姿が想像されます。

それだけに、ほとんどのライバルが本気を隠して付けて来るタイトルは、意表を突く作戦におあつらえ向きのターゲットになるのです。

つまりのっけからタイトルで本気をぶつけるのです。

本気を見せないお気軽な遊びの真逆は結婚です。ですから、「僕と結婚してください!」と申し出るのです。

もちろん冗談です。

目的は意表を突いてメールの中身を読んでもらうことですから、タイトルは冗談でもいいのです。

メールで遊んであげる

だいたい出会い系サイトに登録をしている人妻は、旦那に構ってもらえない寂しい女がほとんどです。

寂しさの中には人肌を求める気持ちも含まれているわけですが、これについても多くの人妻攻略指南サイトが取り扱っているように、人妻がそれを求めているのは疑う余地もありません。

それは隠された登録の動機として当然と認識した上で、メールで遊んであげるわけです。

こうした遊びは面倒に思われるかもしれませんが、「僕と結婚してください!」と冗談路線で注意を向けさせ、返信をゲットした手前、その続きとしてセットで考えてください。

メールで遊んであげながら、競争倍率の高い人妻を懐柔していくのです。

具体的にメールの中では、タイトルの結婚して下さいを散りばめます。これもまた冗談ですが、ただし通り一遍の紋切型の文面にはしません。

冗談ですが結婚を申し込んだ文面を作り上げます。

すでに旦那との新婚当初を、遠い昔の幻であるかのように感じている人妻は、この手の冗談にも食い付きが違います。ぜひ試してみてください。

ヴァーチャル上で夫婦生活をする

僕と結婚してくださいと冗談から入ってメールで遊ぶわけですから、まずはヴァーチャル上で夫婦生活に入ります。

馬鹿げた遊びだと一笑に付さないようにしてください。このヴァーチャル上の夫婦生活の中から、人妻の実相が見えてくることがあるからです。

ヴァーチャル上といえども夫婦になるわけですから、身に付ける下着を教えてもらうことも出来ますし、お風呂に入る時間を知ることも、身体のどこから洗うかを教えてもらうことも出来ます。

むしろそうしたことを探ることがこの遊びのひとつの目的です。ヴァーチャル上の夫婦生活から、実生活におけるもろもろの習慣の一端が見えてきたらしめたものです。

それを細大漏らさず覚えておくと、後に面接をするにせよ、ホテルに行くにせよ、予定が組みやすくなるからです。

どうしても人妻と会えるのは日中の短い時間になりがちであり、それに合わせる事が通常の仕事を持つ者にとって最大のネックになるわけですが、人妻の行動パターンが分かれば、それだけ接点も見つけやすくなります。

冗談モードからの切り替えは難しい

いつまでもメールで遊んでばかりはいられません。冗談モードから徐々に面接に向けた準備を整えていかなくてはなりません。

また、そうでなくては相手の人妻にも飽きられ、呆れられてしまいます。

ですから遊びメールの期間はそう長々とはしません。頃合は相手の人妻次第ですが、2~3週間を目処にするのがいいような感じがします。

ただ、この冗談モードから真面目モードに切り替えるのは、案外難しいものです。

なにしろそれまでは嘘か真かわからないことを言い合った後に、現実に向けた真面目な話をしようとしても、最初は変な感じがなかなか抜けないものだからです。

人妻によっては、真面目モードでは詰まらないと言い出し、もう一度ヴァーチャル上の夫婦生活に戻ろうよといってきたりします。

その際は臨機応変に対処するしかないのですが、一点注意しなくてはならないことは、万が一人妻がサクラの場合、この遊びは格好の餌食にされてしまうことです。

実情、この見極めはモードチェンジと同じように大変難しいといえますので、この遊び方は中級から上の方にお勧めします。

ヴァーチャルでも夫婦は夫婦

首尾よく冗談モードから真面目モードに移行が済んだら、あとは面接の日程を詰めるだけです。

移行すると、ヴァーチャルであれ夫婦生活を済ませているため、その後の展開は実にスピーディです。

基本的に人妻の要望を聞き入れながらも、ある程度こちらの都合に合わさせることも十分可能です。

また、夫婦生活の予行演習まで済ませて面接に臨むメリットは、ホテルに誘って断られる可能性がほとんどないことです。

なにしろ下着の色から好きな体位、性感帯まで知っているわけですから、人妻にすれば逃れようもなければ、逃げる理由がもはやどこにもないからです。

一見するととおまわりに思えるメールでの遊び期間、ヴァーチャル結婚生活ですが、このプロセスを踏んでゲットした人妻は、その他の方法で辿り着いた人妻に比べ、格段に質が高かったのは偶然ではないように思います。

それもそのはず、何事も必要は発明の母。競争率の高い、人気の人妻の目に留まることは並大抵のことではありません。そのために編み出した意表を突く方法、それが「僕と結婚してください!」だったからです。

人妻はゲットしやすく、セフレにしやすいというのが出会い系サイトの定説になっていますが、それを否定するつもりはありません。事実だからです。

しかし、こと質の高い誰もが手に入れたくなるレベルの高い人妻の場合、その競争は非常に激しいものがあります。ライバルから抜け出すには、時に意表を突いて、さらに時間をかける必要もあります。

それをすると、しただけの結果が付いて来るのもまた、出会い系サイト利用の実相です。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト
あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。

04 W不倫メールのコツ
W不倫パートナー探し