出会い系、会える人妻の見分け方

出会い系サイトを使って出会いを見つける場合、一番ネックになるのは人妻が会える相手かどうかと、どこかの業者(風俗など)の勧誘かどうかを見極める事だとおもいます。

今回はその部分についてお話したいと思います。

会える相手かどうか

まずは、会えるかどうかが肝心です。

基本的に会えそうな人妻というのは、警戒心と好奇心のバランスが絶妙で、速すぎても無理、遅すぎても無理です。

1週間後か2週間後に合えるかどうかを考えて誘うのが一番ではないでしょうか。1度目の誘いが無理で、2度目の誘いも無理だった場合、向こうに明らかにさっさと会話を終わらせようという意思があったり、返信がおそければ脈はないと思っていいと思います。

また、向こう側から積極的に合おうとされすぎる、かなりガッツキ系の女性は、素人でないか、やや見かけに難のある方、かなり年上である可能性などが高いので、きをつけたほうがいいでしょう。

会える相手で、見かけが「まぁまぁ」を狙うなら、全ての会話の中で中でどっちつかずな感じの「迷っている」感が強く現れる相手ほど、会いやすく、まともな相手だと思います。

素人かどうか見極める。

中には、風俗の勧誘もかなりおおいです。それを見極めないと、多額のお金を請求されたり、勧誘されまくりで、時間の無駄です。

まず、即エロトークをしかけてくる女性は危険です。大抵、勧誘の場合は、メールは専門スタッフが書いている場合が多く、女性ではありませんから、勧誘の仕方が直接的で「すぐにやれる」感をだしてくるので簡単にわかるとおもいます。

向こうとしては、100本送って1本当たればいいや感覚ですから、わざわざ食いつく事はありません。

個人情報をすぐにもらしてくる。

何処に住んでいるとか、家族構成とか、仕事の内容など、簡単に伝えてくるのもちょっと怪しいです。

普通に考えれば、どんな相手かもわからないのに最初にもらす情報としては危険すぎますから、この手は業者の可能性が高く、注意が必要です。

少しでも違和感があったら、すこし疑った方がよいでしょう。

会う場所を指定してくる

ココで合いましょう!というのを向こうから指定してきた場合、お店などでなく外で待ち合わせでなおかつ、繁華街の近くなどはかなり怪しいものです。

こういうものを回避するには、最初に相手が指定してきた場所を少し変更してみましょう。

新宿を代官山にしてみたり、池袋を恵比寿にしてみたりとかです。

頑なに会える場所を限定してくるのは、確実に業者なのでやめた方がいいと思います。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト
あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。

11 W不倫相手の選びかた
W不倫パートナー探し