「11 W不倫相手の選びかた」の記事一覧

50代熟女は最高のターゲット

11 W不倫相手の選びかた

50代熟女は最高のターゲット

50代熟女は「時には娼婦のように~♪」なんて歌をリアルタイムで聞いてきた世代です。日本人の男性が考える、理想の大和撫子というのはまさにいまの50歳以上の熟女のことかもしれません。

もちろん出会い系攻略のターゲットとしても最高です。

なぜ50代熟女が最高のターゲットなのか?

彼女たちは、約束を守ってくれます。そんな当たり前な……と思うかもしれませんが、インターネットという顔の見えない世界では、いとも簡単に約束がやぶられてしまうものなんです。特に若い子はドタキャンばっかりです。あいつらは約束を破ることをなんとも思っていません。

しかし、もう何十年と大人として生きてきた熟女たちは、そんな失礼なことはまずしません。一度した約束は必ずと言ってもいいほど守ってくれます。もちろん、なにか突発的な事情で約束を果たせない場合もまれにありますが、そういった場合もきちんと非礼を詫びた上で連絡をくれるのですから、嫌な気持ちにはなりません。

そして、いざ親密な関係になったときは……その淑女の顔からは想像もつかないほど、淫らに乱れてくれるものです。この顔を知っているのは自分だけ、という優越感も味わえますし、実にねっとりとした濃厚なセックスも味わえます。

それにいまや50代熟女もみんなスマホを持っています。

いわゆる「らくらくケータイ」といったタイプではなく、iPhoneやAndroidといった若い子たちでも使いこなすのに苦労する最新スマートフォンを使っている熟女たちも珍しくありません。

オバサン=機械に弱い、というのは偏見です。いまやSNSの主要ユーザーはオバサンなんです。

そして、お年寄り特有の「横のネットワーク」というものが、さらに出会い系を広めているんです。人はいくつになっても、異性といちゃつきたいもの……。昔であれば、そのチャンス自体がなかなかありませんでしたが、いまはスマホ一つで気軽につくれる、ということが徐々に認知されてきています。

それでおいしい思いをした人が、ここでこんなことがあったの、と友人に話し、なら私もやってみようかしら……と口コミでドンドン広まっているわけです。

ほんとうにエッチな50代熟女がインターネットにはあふれているんです。ぜひトライしてみてください。

50代熟女を実際に誘うときはどうしたらいいのか?

50代熟女を実際に誘うときはどうしたらいいのか?

まずはどのへんに住んでいるのか聞きましょう。

そしてあなたがその場所に詳しいのなら、その場所の情報で盛り上がりましょう。

「ぼくも○○に行ったことがあるよ。あそこはご飯が美味しいね」

みたいなかんじですね。

よく知らない場所なら、どんな場所か、どんなお店があるかを聞きましょう。

そのうえで、その場所に一緒に行こうと言ってみましょう。

その他、結婚している女性なら、最近の夫婦仲を聞きましょう。

出会い系に参加している女性なんて大抵は夫婦仲が悪いので、一緒にストレスを発散するように誘いましょう。

50大熟女に実際に会ったら?

実際に会った時は視線に気をつけてください。

男性の多くは女性の胸元などに視線がいってしまうそうですが、仲の良い人なら「どこ見てるの?」と笑いながら注意することができますが、初対面の男性が同じような視線を向けてくると、体目当てに近づいてきたかのような印象を持ってしまうので、警戒されてしまいます。特にチラチラ見てしまうと、より怪しく感じてしまいます。

絶対に見ないというのは難しいと思いますが、一緒にいる時はできるだけ相手の目や口元などを見るように意識するのが良いと思います。

よく就職活動の時には相手のネクタイを見るように言われますが、女性の場合はすぐ下が胸元になってしまうのでダメです。「目は口ほどにものを言う」という言葉そのものです。楽しそうに笑顔で相手の目を見ることができたら、口下手でも好印象です。

清潔感

それから、会った時には清潔感も大切。

女性の多くの人は、男性に対して、清潔感のある人に好感を持っています。それは、いくらかっこいいとおもう男性が、不潔であると思うと、いくら好きでも、嫌になってしまうことがあるのです。

そのことからも、初対面の女性に好感を持ってもらうためには、清潔感のある服装や、身なりを整えることが大切と思います。

その清潔感があるというのは、その人にとって無理をすることではなく、服装がおしゃれでなくても好感を持つことができます。

そのため、ヒゲをきれいに剃っていることや、汚れていない服装や靴を履くといった、基本的に大切な事を、しっかりと行える男性に、安心感を持つことが出来るので、その結果、好感を持つことにつながると思っています。

50代熟女との体験談

50代熟女は最高のターゲットここからは50代熟女との思い出話です。

その当時、わたしは年下の彼女と別れて、一人になっていました。年下の彼女は、浮気はするし、わがままだしで少し疲れていました。

年上の優しい女性に甘えたい……そんな想いが強くなってきました。一人でオナニーを重ねて、夜が本当に寂しかったのです。

そんな時に出会い系サイトをはじめました。

本当に年上の優しい女性に出会えるのか!?半信半疑で、不安なまま始めました。でも、期待で胸が膨らんでいました。

ドキドキしながら、女性を検索しました。すると30代、40代、50代と様々な年代の女性がいました。

50代の女性数人とメールのやり取りをしてみました。本当に年上の女性は優しくて、包み込む優しさがあります。

最初はどんな女性がいるのか、本当に出会えるのか、メールはちゃんと来るのかなどものすごい不安でした。

でも、年上女性は仕事の話を聞いてくれて、アドバイスをくれて、こんなわたしを励まして、ほめてくれました。

もうわたしは年上女性の魅力にどっぷりはまってしまい、いろいろな出会い系サイトにものめりこんでしまいました。メールを見ながら、オナニーするときもありました。

仲良くしてくれる人の中で、50歳のOLさんがいました。彼女も独身で、一人の夜がさみしいと言っていました。ものすごく共感して、一緒に寂しさをあたため合いたいと思うようになりました。

わたしは勇気をだして「夜会いたい」とメールしました。すると「私も勇気出すね。すごくあなたに会いたい」と言ってくれたのです。

メールを見ながらオナニーしている時は、まさか会えるなんて思っていませんでしたが、相手も同じ気持ちだったのがすごくうれしかったです。

ファッションビルの前で待ち合わせをして、待っている時本当に来てくれるのかまだ信じられなくて、心臓がはちきれそうでした。

でも彼女は、来てくれました。50歳の大人の女性らしくタイトなスカートにジャケット、中は真っ白なぴったりなキャミを着ていました。

綺麗な形のお尻はプリッとしていて、胸ははち切れそうで、谷間がくっきり出ていました。わたしは、股間が膨らむのを我慢していました。

すると彼女は、くすっと笑って、わたしのズボンのちん○の形を指でつーっとなぞりました。わたしはびくんとしてしまい、恥ずかしくなりました。

「ホテルにいこうか?^^」と彼女は言ってくれました。「本当に、い・い・いいんですか!?わたしなんかと・・・!」「私は、わたしがいいの^^」

二人で腕を組みながらホテルに行きました。部屋に入ると、彼女は優しいキスをしてくれました。

わたしはそのキスで、理性が吹っ飛び、彼女の胸をモミながら、ディープキスしました。ちゅぱちゅぱといやらしい音が響いて、股間がはちきれそうでした。

ズボンをおろし、もどかしいパンツも脱ぎ捨てました。すでに先っぽから汁がでていました。

すると彼女は、「私も濡れてる・・・一緒だね^^」と優しい笑顔をしてくれました。そしてわたしの手を彼女の股間に導いてくれました。

すごいぬれぬれで、わたしも余計に汁がでてきました。その後、優しくフェラをしてくれて、我慢できなくなったわたしは、彼女のおまん○にゆっくりと入れました。

「あ~っ」すごい気持ちよかったです。ゆっくりと動かしていき、パンパンと音が響くようになると彼女もものすごい感じて、腰を振ってくれました。

正常位から、乳首を舐めながらつまみながらの騎乗位をして、最後バックで激しく中をこすりあげました。わたしは、彼女のお尻に精子を沢山だしました。彼女もびくっびくと体を震わせていました。一緒にイッたのは初めてでした。

まさか、出会い系サイトを最初利用した時は、素敵な女性とこんなに激しいSEXが出来るなんて思ってもみませんでした。

出会い系を迷いながら始めて、どっぷりはまって、そして快感のSEXへとたどり着くことが出来ました。

若い独身女子と不倫するメリット・デメリット

11 W不倫相手の選びかた

若い独身女子と不倫するメリット・デメリット

結婚して数年経つと、ほとんどの夫婦が冷めてきます。奥さんが「女に見えなくなったり」、「子供や趣味にばかり興味をもっている」など様々な理由で男女の関係がなくなってきてしまうのも事実。

そんな時、浮気したくなりますよね。

一度や二度の浮気より、本当に「恋人気分」を楽しみたい人は不倫がしたくなるもの。そして、不倫をしているから不満が解消されて、家庭円満を保っていけるなんて話もチラホラ聞こえてきます。

できることなら、リスクの少ないW不倫をおすすめしますが、どうしても若い女の子と遊びたい恋人気分を味わいたいなら、独身女子と不倫するメリット・デメリットを知っておきましょう。

若い独身女子と不倫するメリット

1.若い女子といると自分自身も若々しさが取り戻せる

若い独身女子と不倫するメリット・デメリット

相手が20代でなくても、あなたよりも10才以上年の差があれば、充分若いと感じられるとおもいます。

内面的には最新ファッションや話題、あなたが知らないこともどんどん吸収していく彼女はいい刺激を与えてくれます。

外見的にも、脂ぎったオジサンではいられなくなりますし(一部女子にはオジサン好きのいわゆる「枯れ専」なんて子もいますが)、彼女の肌の質感、弾力性は若いときにしか感じられない貴重な体験です。

それらの若さエネルギーを吸い取って自分が、どんどん脱オッサンになっていくことがわかるでしょう。

2.性的趣味が確立されていないため、自分の好み通りのエロい女性を育てられる

年とともに男性経験が増えていくので、若ければ若いほど「これはこういうものなんだ」と、あなたの好きな性的趣向を受け入れてもらえるでしょう。

普段奥さんには絶対お願いできないアブノーマルなセックスも、ぞんぶんに教えこんでしまいましょう。

3.将来への打算のない純粋な気持ちでいられる

結婚していると、普段の生活のことだとか将来の予定に対する行動を求められますよね。ただ単に好きという感情だけでは、もう恋愛できない残念な状態に。

でもこちらが既婚だとわかった上で付き合ってくれる若い独身彼女は、「純粋に会いたい」という気持ちを感じられます。

恋する気分は女性特有のものと思われがちですが、結婚後男性もその気持ちが高まるなんて話もよくきかれます。

4.都合が合せやすい

なんといっても、若い独身女性は、元気もあるし家庭もないので自由時間が豊富です。あなたのスキマ時間や、「会いたいな」と思った時にすぐ会える利点があります。

若い独身女子と不倫するデメリット

1.「時は金なり」女の若さはお金と同じ、ステイタスなどあなた自身の魅力が必要

若い独身女子と不倫するメリット・デメリット

女性は若さだけで、価値があると思っている人が多いので、若い彼女を射止めて繋ぎとめておくには、あなた自身に魅力が必要です。

「オトナの男らしさ」、若い世代にはない「落ち着き」「配慮」「経験値」、「ステイタス」や「経済力」も求められるかもしれません。

なかでも、大人の落ち着きが彼女のハートをつかんでいることが多でしょう。常に自分の意識やスキルを高めておかないと、すぐに違う条件のいい人にとられますよ。だからこそ、自分を成長させることができるといえるのかもしれませんが。

2.経験値が低いため、平気で家庭を壊す危険性あり

若い女は怖いものしらずです。いろんな経験していない分、あなたと彼女の間にトラブルが起きたときバラす可能性が既婚女性よりかなり高いです。

おおきなトラブルまではいかなくても、自宅にいるのにも関わらず電話をしてきたり、休日に会えないことを頭ではわかっていても、感覚的に理解できないため不満をためやすくなります。

それが積もり積もって重い彼女になる危険性大です。

3.常にライバルがいるから安心できない。

あなたが若いうちに出会いが沢山あったように、彼女にも沢山出会いがあります。しかもあなたと付き合うタイプであれば守備範囲は広いはず。そのため、ライバルはごまんといると覚悟しなきゃいけないんです。

そんな人気のある彼女と付き合えている自分に自信や優越感はありますが、それとは裏腹にいつライバルが登場してもおかしくないという状況を耐えなければいけません。

楽しめる人であれば、仕事が忙しくてちょっと彼女との時間が減ったら……「自然消滅してるとおもった」と言われてしまう可能性も!

若い彼女と自分の時間感覚の違いにも要注意です。

4.あなたがハマっても、彼女がハマっても未来がない

若い独身女子と不倫するメリット・デメリット

W不倫であればお互い余程のことがないかぎり、家庭を大事にした付き合いができます。

でも、あなたが誠実な既婚者であれば彼女がはまったとき、彼女と結婚することはできませんし、そういう独身時代の大切な時間を奪っているという気持ちになります。

妊娠したらさらに傷つけることでしょう。

またあなたが彼女にはまっても、彼女の未来にはあなたはいません。一時的な通過点でしかない寂しさをあじわうかもしれません。

お互いはまって家庭を壊して結婚までしたとしても、ほとんどの場合うまくいかなくなるケースが多です。なぜなら、あなたは結婚してしまったら彼女を女としてみれなくなる可能性が高いですし、いけない関係だからこそ楽しかった恋愛が成就してしまったら、そこでジ・エンドです。

若い独身女性との恋愛はフレッシュですが、デメリットも大きいです。そこのバランスをよく考えて不倫をたのしんでください。

仕事をしている女性? 専業主婦? タイプ別不倫相手の攻略法

11 W不倫相手の選びかた

仕事をしている女性? 専業主婦? タイプ別不倫相手の攻略法W不倫の相手に選ぶなら、「仕事をしている女性」と「専業主婦」のどちらを選びますか?

もちろん、顔やスタイルの好みはあると思いますが、それらが同等という条件の場合です。

普通に考えると、時間がありそうな「専業主婦」のほうがチャンスはありそうに思われますよね。

でも実は違うんです。

W不倫の相手として、出会うチャンスが大きいのは「仕事をしている女性」です。

主婦が不倫をする条件には、仕事が密接に関係しています。

「仕事ありの女性」と「専業主婦」それぞれの攻略法と、さらには不倫相手としての育成法をご紹介します。

1.W不倫の相手として落としやすいのは「仕事をしている女性」

仕事をしている女性? 専業主婦? タイプ別不倫相手の攻略法「仕事をしている女性は、家事との両立で忙しく、不倫なんかしているヒマはない」と思っていませんか?

たしかに仕事をしている女性は忙しい毎日ですが、外で仕事をしている分、時間の使い方が上手い人が多く、仕事と家庭の切り替えも上手です。

高収入で勤務時間が長い女性

医師やエステティシャンなどの専門職のほか、大手企業の正社員や自分で会社を経営している女性は、時間もお金も夫の管理下にはありません。

つまり、比較的自由に行動することができ、不倫もしやすく、バレにくいというメリットがあります。

その一方、このタイプの女性は、同じ職場にハイスペックの男性が多く、男性の好みもうるさい、誰でもOKとはなりにくい、というデメリットがあります。

勤務時間が変則的な女性

看護師や介護士のように、平日・夜間を問わず変則的な勤務をしている女性は、その変則性を利用して、夫に気付かれることなく自由に行動することができます。

夜、家にいないことも珍しくはなく、不倫密会の時間を作りやすい好条件を備えています。

しかし、仕事のストレスが多いことから、感情が不安定な女性も少なくなく、いいときはいいのですが、別れ話などがもつれだすと厄介です。

昼間だけのパートの主婦

朝から午後までのパートで仕事をしている女性は、基本的には夜に会うことが難しい相手です。

ただし、昼間はチャンスがあります。

週○回という勤務シフトまでは把握していない夫も多く、「パートまでして家計を助けている妻が、まさか……」という油断もあります。

出会い系サイトへ登録しているパート主婦も多く、出会うチャンスが多い存在です。

2.専業主婦をW不倫の相手に選ぶ際の注意点

では、専業主婦の場合はどうでしょう。

趣味やサークル活動をしているアクティブな専業主婦

専業主婦も大きく2つのタイプがあります。

1つは、外に出ることの多いアクティブなタイプです。趣味やサークル、スポーツクラブ、ママ友会、女子会などで家を空けることの多い女性は、昼間に家にいなくても夫が不思議に思うことはありません。

ときには、帰りが遅くなることもあるでしょう。こうした生活の特徴を利用して、不倫することも可能なのです。

ただし、こうした女性にもデメリットがあります。交友関係の広さから、不用意に不倫関係を口外したり、密会の現場を目撃されたりしやすいのです。

アクティブな専業主婦は、出会いのチャンスは多いが、不倫バレのリスクが高い、と心得ておきましょう。

ネットを見る時間が長い外出しない専業主婦

昼間の時間はたっぷりあり、そのヒマを持て余して出会い系サイトに登録している専業主婦もいます。ネットを見ている時間も長く、メールのやり取りでは、もっとも収穫が大きいと思わせる女性です。

しかし、なかなか外で会うことができない相手なのです。昼間も外出する習慣のない専業主婦は、「いつも家にいるもの」と思われています。不倫密会が可能なほどの、長い時間の外出の口実を作れず、躊躇している専業主婦が多いのです。

その分、メールのやり取りは頻回になりますが、一向に会えるチャンスがないと、そのまま収束してしまうことも少なくありません。

3.働き方のタイプ別、主婦の攻略法

では、それぞれのタイプを不倫相手に選ぶ際の攻略法です。

高収入で勤務時間の長い女性

まずは、その女性が日常的に接している男性のレベルに合わせましょう。プロフの年収や趣味も、それっぽく「加工」することが必要です。

また、基本的に忙しい相手なので、メールのやりとりは淡白になりがちです。

しかし、相手にその気があるという手ごたえを感じたら、ためらわず会う約束を取り付けましょう。

忙しい相手に合わせて、会う日時をセッティングし、不倫密会へGO!です。

会ってみて、相性が合わないと思ったり、釣り合いがとれないと思われたりしても、別れる時も面倒なことにはならないでしょう。

勤務時間が変則的な女性

メールの連絡が密に来ることがあるかと思えば、何日も音信不通になることもあります。そうした相手の生活の特徴を理解し、相手に会わせて関係を詰めていきましょう。

このタイプの女性は、会う機会をセッティングするのは、難しくありません。夜でも昼でも、都合次第で会うことが可能ですが、相手の都合に振り回されないようにしましょう。

また、不倫がバレそうになったり、会うのがイヤになり、こちらから関係を切りたいときには、逆ギレされないよう慎重に行動しましょう。

昼間だけのパートの主婦

メールのやり取りも会う時間も、基本的には昼間が多くなります。

しかし、パートがらみの口実を作ることで、夜に合う機会を作れなくもありません。

「パート先の懇親会」「パート仲間の送別会」など、何度も使える手ではありませんが、有効に使ってみましょう。

趣味やサークル活動をしているアクティブな専業主婦

自由な時間が多いアクティブな専業主婦は、メールのやり取りも多くなるでしょう。

時間も不規則になりがちですが、そのアクティブさゆえに、会う約束を取りつけることも、それほど難しくはありません。

ただし、相手の行動範囲を充分に把握し、必ず生活圏外出会うことを提案しましょう。

サークルや女子会のノリで、おいしいお店やカフェで会いたがったり、SEXが目的ではないと言い出す女性もいますが、あくまでもこれは不倫です。

そのことを相手にも充分に分かってもらいましょう。

ネットを見る時間が長い専業主婦

基本的に家から出ない専業主婦は、不倫相手としては最も難しい相手です。

メールのやり取りは頻回になり、その気がありそうな素振りも見せますが、「どうせ会う気はない」と考えている女性もいます。

無理をして会うメリットない女性であれば、その時点で連絡を取るのをやめましょう。

ただし、自分の好みの女性であったり、メールのやり取りの雰囲気から「絶対に会いたい!」と思う相手であれば、「会える不倫相手」に育成する必要があります。

まずは、不倫密会に関係なく、外出の機会を作らせることです。

といっても、専業主婦の友達関係が急に広がるのは不自然です。

時間をかけて趣味や習い事、スポーツクラブ、ボランティア活動などを口実に、外出する機会を増やすようにアドバイスしましょう。

専業主婦に外出の機会が増えれば、疑われることなく会うことも可能になります。

ただし外出の機会が増え、その中で不倫をし始めると、お金遣いや服装などが変わることがあり、夫にバレてしまう可能性もあります。

このタイプの専業主婦と不倫をする場合は、会う回数を多く望もうとはせず、少ない回数でも充実した密会にしましょう。

タイプ別不倫相手の攻略法まとめ

女性の社会進出により、仕事持つ女性はこれからも増えていきます。

女性が外に出るということは、不倫の機会も増えるといっても過言ではありません。

ただし、くれぐれもバレないように細心の注意を払って不倫ライフを楽しみましょう。

60歳以上の熟女と出会う方法

11 W不倫相手の選びかた

60歳以上の熟女は出会い系なんてやっていないと思っていませんか?

そんなことはありません。今、60歳以上で出会い系サイトを利用している熟女は本当に多いんです。

熟女と出会うチャンスは一気に広がっています。

一昔前なら、わたしたち熟女マニアは、妄想やアダルト動画の中だけで、満足していました。

今や、時代は変わりました。多くの熟女が、新しい出会いやセックスを求めて、出会い系に参加しているのです。彼女たちは子育てから開放されて、あらたな人生を味わいたいと思っています。あなたの隣の熟女のみなさまも、ひょっとしたら参加しているかもしれません。

熟女は、優しくてふくよかで、大人の魅力にあふれていて最高です。若い女性のようにわがままだったり、こちらへの要求が大きかったりするようなこともありません。

ぜひ、素敵な熟女との出会いライフをお楽しみください。

スポーツする人妻を探せ!

11 W不倫相手の選びかた

人妻や熟女が好きな人はたくさんいますが、だからといって出会い系サイトを利用している男性会員がみんなそうというわけではありません。

案外、人妻というだけで年齢に関係なくパスすることにしている人もいれば、熟女には手を出さないようにしている人も少なくありません。

一見すると、出会い系サイトの人気アイテムに思われる人妻・熟女も、内実はそうそうたくさんメールがもらえるわけではないため、自分から掲示板をこまめに覗いて、気になる男性会員にコンタクトを取ろうとしたりしています。

そもそも人妻でありながら出会い系サイトに登録をするのは、リアルの生活が少し寂しいからに他なりませんが、出会い系サイトに登録をしても、リアル同様に寂しい思いをしている人妻・熟女は決して少なくありません。

ということは、こちらから動いてあげれば、比較的簡単にコンタクトが取れるということでもありますし、会いやすいということでもあるわけですね。

ネットに登録してさえ、人妻は寂しくしているものだということを、覚えておいてください。

人妻のスポーツは出会いの準備

プロフィールを検索する際、人妻の趣味に注目します。

おしなべてアウトドア系の趣味を持つ女性が会いやすいことは、既婚・独身に関係なく一般的な法則ですが、とりわけスポーツを好む人妻は、一段と会いやすいのは確かです。

スポーツには気分転換、気晴らし、健康維持といった効果がありますが、人妻がスポーツに精を出す理由は、そうした精神面や健康面での効果に加え、ダイエット目的、スタイル維持といった美容面での期待が非常に大きいからです。

種目はテニスでも、水泳でも、あるいはウォーキングでも何でも構いません。とにかくスポーツに親しむことで体型の維持に努めている人妻は、間違いなく出会い系では会いやすいタイプです。

出会うためにそれだけの努力をしているということでもありますし、既婚で年齢がいっている負い目をスポーツで補いながら若さを保ちたいとする女心はすべからく、素敵な出会いを待ち望む心理のなせる業です。

つまり、スポーツを趣味としているということは、出会うための準備をしていますということと同義なのです。

また、会ってみてガッカリすることが少ないのも、スポーツを趣味としている女性ですから、女性を探す際にスポーツは要チェックです。

癒しを与えてあげる

こうして適当なスポーツを趣味とする人妻が見つかったら、あとはどう話を進めて行くかですが、最大公約数的にいって、出会い系サイトに登録している人妻の求めるものは、まず第一に癒しですから、とにもかくにも癒してあげます。

癒しというと、例えばエステサロンの施術なんかを思い浮かべるかもしれませんが、それも癒しには違いないのですが、出会い系サイトにいる人妻が求めている癒しは、もう少し生活に密着したものです。

よく旦那は外へ働きに出ると、その働きに応じて給与が支払われるのに、主婦は如何に家事で苦労してもその対価を手にすることは出来ず、何より家族から評価はおろか感謝さえされないのは不公平だという話を聞きます。

これなんかは言っても仕方が無いような面もありますが、主婦である人妻にとっては愚痴の一つも言いたくなるわけですね。実は、出会い系サイトはそうした言うに言われぬ愚痴をこぼす場所、不満のはけ口にもなっています。

ですから、人妻に癒しを与えるには、そうした愚痴を聞いてあげるだけでも十分なのです。逆に言えば人妻は普段それくらい、愚痴をこぼす相手すらいない場合が多いということですね。

刺激を与えてあげる

普段、家族から感謝されていない人妻を癒して仲良くなったら、次はいよいよ人妻が出会い系サイトに登録している秘められた本当の願望を満たしてあげる段階に入ります。

そもそも出会い系サイトに登録をする人妻は一様に刺激を求めています。

それほど人妻は代わり映えのしない日常に飽き飽きしています。

街を歩いていても、なんとなく刺激を求めていそうな人妻というのは見当が付くものですね。服装や髪型、持ち物であるとか、仕草、挙動などから、問わず語りにそうしたものが表出するものです。

同じことは、メールの文面などにも表出するものです。人妻も女性ですから、露骨なことは書いてきませんがしかし、よくよく読んでいると、刺激が欲しいんだなということが、手に取るように分かることがあります。

確信がもてたらすかさず、文面をエッチモードに切り替えてみます。エッチな話に乗ってきたら、半分は成功したようなものです。

ここまで来たら、思い切りエッチな話で、ツボを刺激して構いません。むしろそれこそが人妻が待ちに待った瞬間であり、人妻を女として狂喜させるからです。

先に、人妻がスポーツをするのは出会いの準備のためだと書きましたが、それも全てはこの刺激を得んがためです。出会い系サイトを利用する人妻の最終目的は、気持ちよくエッチをすることです。

不倫調査の探偵が見た人妻の出会い系利用の実態

11 W不倫相手の選びかた

近年、探偵事務所に不倫関連で持ち込まれる相談依頼がおおきく変わってきているようです。

かつては、妻が旦那の女性関係に疑いを抱いて相談に来るパターンが一般的でしたが、最近では旦那が妻の浮気を疑って事務所を訪ねるケースが急増しているそうです。

そこで見逃せないのは、人妻が旦那以外の男と知り合うきっかけとして、ある年代では、出会い系サイトが主流を占めていることです。つまり、その年代の人妻を狙えば、かなり簡単に落とせると言うことですね。

しかも、その年代の人妻には特徴があって、不倫が発覚しても、だいたい旦那と元の鞘に収まっているらしいのです。これならよけいな心労や世話がなくて最高ですね。

それでは、火遊びの相手を探している人にとって、最適とも言える年代とは、またその年代の特徴とはどういうものなのか、人妻不倫の実態をその顛末に至るまでつぶさに見て来た探偵の目で追ってみましょう。

狙い目は40代から50代のバブリー感覚を忘れられない主婦

女性が社会進出することで、職場の男性との不倫が増えてきたわけですが、その多くは、20代の人妻が中心で、その先もせいぜい30代前半までなんだそうです。

そこから上の世代が不倫相手を見つける主流は、もっぱら出会い系サイトになるそうです。

この世代で出会い系サイトを使って不倫相手を探す人妻には特徴があって、いずれも若い頃にバブルを経験しており、しかもかなりモテていたと思われる乗りのいい女性が多いそうです。

若い頃に男からちやほやされた経験が、子育てが一段落したその年代になって思い起こされ、旦那から構ってもらえない現実に欲求不満をつのらせ、いくらでも男から誘いのかかる出会い系サイトにハマりがちなのだそうです。

また、バブル期にはいくらでも欲しいものを買ってもらえた経験をしているため、主婦売春とは違う理由で、男から渡されるプレゼントやお小遣いに、女としての自分の魅力を再確認している面もあるようです。

肉食的だから後を引かない

そうした事情もあって、この世代の人妻は女として再びちやほやされ、その上プレゼントなりお金をちらつかされると、実に簡単に浮気をしてしまうことから、探偵の目には極めて刹那的、肉食的に映るそうです。

また、探偵というといたずらに不倫を暴くことが仕事のように思いがちですが、同時にその後の夫婦関係にも一定の配慮をして、出来るだけ離婚にはいたらないようにカウンセリング的なこともするそうです。

すると、ほとんどの人妻はおとなしく家庭に戻り、驚くほどあっさりと家庭を修復するそうです。

つまり、肉食的、衝動的な浮気がほとんどなので、後に引かないケースが出会い系サイトを利用したこの年代の人妻の特徴だということです。

不倫に走られた旦那からの相談依頼は増える一方だそうですから、この年代の人妻の出会い系サイト利用がいかに増えているかを裏付けているとも言えますね。

若い頃に持てた、それなりのレベルの人妻ほど、自分を女として見てくれる男を探して、今も出会い系サイトにいて、褒めれば簡単に落とせるのですから、これを食べない手はありません。

出会い系、会える人妻の見分け方

11 W不倫相手の選びかた

出会い系サイトを使って出会いを見つける場合、一番ネックになるのは人妻が会える相手かどうかと、どこかの業者(風俗など)の勧誘かどうかを見極める事だとおもいます。

今回はその部分についてお話したいと思います。

会える相手かどうか

まずは、会えるかどうかが肝心です。

基本的に会えそうな人妻というのは、警戒心と好奇心のバランスが絶妙で、速すぎても無理、遅すぎても無理です。

1週間後か2週間後に合えるかどうかを考えて誘うのが一番ではないでしょうか。1度目の誘いが無理で、2度目の誘いも無理だった場合、向こうに明らかにさっさと会話を終わらせようという意思があったり、返信がおそければ脈はないと思っていいと思います。

また、向こう側から積極的に合おうとされすぎる、かなりガッツキ系の女性は、素人でないか、やや見かけに難のある方、かなり年上である可能性などが高いので、きをつけたほうがいいでしょう。

会える相手で、見かけが「まぁまぁ」を狙うなら、全ての会話の中で中でどっちつかずな感じの「迷っている」感が強く現れる相手ほど、会いやすく、まともな相手だと思います。

素人かどうか見極める。

中には、風俗の勧誘もかなりおおいです。それを見極めないと、多額のお金を請求されたり、勧誘されまくりで、時間の無駄です。

まず、即エロトークをしかけてくる女性は危険です。大抵、勧誘の場合は、メールは専門スタッフが書いている場合が多く、女性ではありませんから、勧誘の仕方が直接的で「すぐにやれる」感をだしてくるので簡単にわかるとおもいます。

向こうとしては、100本送って1本当たればいいや感覚ですから、わざわざ食いつく事はありません。

個人情報をすぐにもらしてくる。

何処に住んでいるとか、家族構成とか、仕事の内容など、簡単に伝えてくるのもちょっと怪しいです。

普通に考えれば、どんな相手かもわからないのに最初にもらす情報としては危険すぎますから、この手は業者の可能性が高く、注意が必要です。

少しでも違和感があったら、すこし疑った方がよいでしょう。

会う場所を指定してくる

ココで合いましょう!というのを向こうから指定してきた場合、お店などでなく外で待ち合わせでなおかつ、繁華街の近くなどはかなり怪しいものです。

こういうものを回避するには、最初に相手が指定してきた場所を少し変更してみましょう。

新宿を代官山にしてみたり、池袋を恵比寿にしてみたりとかです。

頑なに会える場所を限定してくるのは、確実に業者なのでやめた方がいいと思います。

出会い系サイトでは美人妻が狙い目な理由

11 W不倫相手の選びかた

地震は、大きな揺れのあとはエネルギーが減少し、徐々に小さくなることが、原理として証明されているそうです。

何だ当たり前じゃないかと思いがちですが、この原理を知っているだけで、今の揺れより次はもう少し小さくなることが分かっているわけですから、もっと大きいのが来たらどうしようという不安をぬぐいさることが出来ます。

原理を知り、それを実生活に活かすことには大きなメリットがあるというお話です。

女の「性エネルギー」は年とともに増幅する

それでは、女の性エネルギーはどうでしょうか。

結婚、出産によって、性エネルギーが損失して、あとは徐々に小さくなっていくのでしょうか?

人間ですから個人差がありますので、完全に原理化することは出来ませんが、出会い系サイトに登録している女ということで言えば、むしろ逆であることが経験的に証明されていると見ていいのではないでしょうか。

それほど出会い系サイトにいる既婚者、人妻は性エネルギーを持て余しています。中には爆発寸前のマグマみたいな人も少なくありません。まぁそもそも人妻は、身体を持て余しているから出会い系サイトに登録しているということも言えるわけですが……。

出会い系で狙うなら人妻ですよ」という鉄則めいた格言は、幾度と無く言われていることですよね。

では、なぜ人妻が出会い系で狙い目なのか?を考えてみると、それはきちんとした理由と根拠があったのです。

人妻の相手はセックスカウンセラーたれ

火山は一度大きな噴火を続けますと、マグマを出し尽くしてしばらくおとなしくなりますが、人妻の性エネルギーは一度くらいの不倫で収まるほど生やさしいものではありません。

何故、人妻の性エネルギーはかくも絶大なのでしょうか?

これもいろいろと言われていることですが、一言に集約すれば、破綻した夫婦生活(性生活)に原因があると見て間違いありません。出会い系サイトに登録する人妻の夫婦生活の多くは破綻しているのです。

ただし破綻とは、家庭内離婚とか、性格の不一致とか、旦那の浮気とか、そういう面倒な問題は意外に少なく、旦那がしてくれないだけでなく、たまにしてくれても旦那のペニスじゃ自分には小さいとか、短いとか、感じられないとか、そういうリアルな破綻が多いのも特徴です。

そうした会話を引き出しやすいのも、出会い系サイトの持ち味のひとつですね。ですから、性エネルギーを溜めこんでいる人妻に対しては、あるていどセックスカウンセラー的に対処してあげると喜ばれます。

出会い系サイトに美人妻などいない?

でも、美人妻なら、さぞかし旦那がハッスルするから、間違っても性エネルギーを溜め込むことは無いんじゃないか?

夫婦生活がうまくいっていれば、出会い系サイトに登録する必要はないので、結局出会い系サイトに美人はいないのではないか?

なんて思いますよね。

でも、どんなに美人でも、毎晩となれば話は違います。美味しいおかずも毎晩食べれば飽きてしまうのと同じで、美人妻もいいのは最初だけ。時間が経つと飽きてしまうものなのですね。

ですから、ビックリするほどの美人妻が、家庭で性エネルギーを溜めこんでセックスをしたいとも言えず、誰かにこの問題を相談も出来ず、性エネルギーを解消するうまい方法も見つからないまま、悶々としているのです。

彼女達が何かのきっかけで出会い系サイトを知ったら、登録するなという方が無理ですよね。

問題は、あまたある出会い系サイトが彼女たちをゲット出来るかどうかになるわけですが、大手の出会い系サイトであれば間違いなく、寂しい美人妻が息を潜めて誘いを待っています。

出会い系サイトでは美人妻が狙い目な理由

「美貌とは、封筒に入れていないむき出しの推薦状のようなものだ」という言い方があります。要するに、誰もが欲しがるものだということの例えです。

美人妻もまた、男なら誰もが欲しがるものの一つのように思えます。普通ならそうです。

となると競争率はとんでもなく高くなるのでは? と思いがちですが、これが意外にもそうともいえないんです。

なぜなら出会い系サイトには、美人妻がたくさん参加しているからです。

なぜなら、若くてかわいい女の子は実生活でも、恋愛を楽しんでいます。彼氏やセフレはすぐに作れるし、出会い系サイトにわざわざ登録しなくても、普段の生活が男性との出会いに溢れています。

しかし、人妻はどんなに美人であっても、実生活で出会いを求めるわけにはいきません。実生活で恋愛なんてしていたら、すぐに不倫がバレてしまう。

だから出会い系サイトで出会いを探す必要があるんですね。

また、出会い系サイトを使っている男性の中には、美人だとライバルとの競争も大変なので、そこに時間をかけるより、手っ取り早くそこそこの相手を見つけて、早くセックスを楽しんだ方がいいと考える人も少なくありません。

以上の2つの理由から、出会い系サイトにあっては、美人妻が狙い目だったりするんです。

美人妻ほど結婚後のギャップが大きい

美人も結婚をして家庭に入ればただの主婦です。それでも子供が小さいうちは子育ても大変ですし、全てが初めての体験でそれなりに充実感があるかもしれません。

しかし、子供もあるていど手のかからない年頃にまで成長すると、急に生活に空虚さが生じたりしはじめます。

また、その頃には旦那との夫婦関係も倦怠期に入り、セックスを含めて生活に新鮮味が感じにくくなりがちです。

若い頃に美人でモテた時期があった人ほど、キレイだというだけで男からチヤホヤされたかつての栄光とかけ離れた家庭生活に味気なさを感じるのも無理からぬものがあります。

人妻が出会い系サイトに登録するのは、そんなときが多いのかもしれません。

というのも、かつての栄光は取り戻せなくても、未だ自分は十分にキレイだと、女は誰しも自惚れを抱いた生き物ですから、それを言ってくれる相手が欲しいわけです。

ですから、美人妻を相手にするとき、男の取る態度は一つしかありません。「キレイ」「可愛い」を連発して、それだけを価値基準に徹底的に賛美してあげることに尽きます。

人妻が家庭の中では普段、決して言われることのないような賛美を恥ずかしげもなく当たり前にしてくれる男こそが、出会い系サイトにいる美人妻にとっては善なのです。

美人妻がしたいのは美貌の再確認

女は、感じたままを言葉にしたがる性分があるため、一日に6000語話さないとストレスが溜まるといわれるほど、とにかく話をしたがります。

えてしてデブスと呼ばれる女性ほど話したがるのは、それだけ話し相手にすら恵まれないからだといえるかもしれませんね。

その点、美人妻というのはそうした会話をする相手にはさほど事欠きません。

やはり美貌というのは、男から見て手に入れたい対象であるだけでなく、同性の女性から見ても好ましいものなので、世間話をする程度の友達なら比較的簡単に見つかるのかもしれません。

ですから、出会い系サイトにいる美人妻がしたいのは、世間一般での標準となる6000語会話でないことは明白です。それでいいのなら茶飲み友達で十分です。

美人妻はそうではない会話をしたいから、出会い系サイトに登録をしているわけですね。

まず、美人妻が出会い系サイトで試したいことは、自分の美貌が通用するかどうかの一点にかかります。

端的に言えば、誘いが掛かるかどうかです。多少、強引なくらいの誘われ方をして来る男が、美人妻にとっては理想的なのです。

熟女になっても美人で通るのは努力してるから

若いうちは誰でも肌もキレイですし、体型も出るところは出て、くぼむところはくぼんでいますから、自ずとセクシャルで異性をひきつけます。

しかし、年を取るに連れ、体型は崩れ、肌は瑞々しさを失い、若い頃の弾けるような美しさは見て取るべくもありません。

それだけに、熟女になりながらも十分な美しさを保っている女性は、アンチエイジングに気を使い、何かしらの努力を必ず怠らずにしているものです。

何のために?

一言でいえば、異性から見た「女」であり続けたいからです。

単に生物学的な女としているのではなく、いつまでも男から女として見られた生き方、扱われ方をしたいから、努力をしているわけです。

出会い系サイトにまで登録をしているということは、主婦としてではなく、人妻としてではなく、一人の女として扱われたいからに他なりません。

美人妻は、かつての栄光を思い出させてくれるような男と、今一度出会ってみたいたいから、美貌を保つ努力をしつつ出会い系サイトにいるのです。

美を保つ努力の結果である美貌を当たり前に賛美してくれる男が出現すれば、美人妻の心が大きく傾くのに時間はかかりません。

出会い系サイトでは、美人妻が狙い目となるのです。

美人でもセコハンなら楽々乗れる

新車だと国産しか乗れなくても、中古なら外車にでも乗れたりします。人妻というのは、クルマに例えれば新車ではなく、中古ですね。

美人も独身の新車状態だと競合も激しく高嶺の花となりますが、中古の人妻ならそれほど苦労なく手に入れられるのではないでしょうか。

また有り難いことに、人妻の方でも自分が既婚者=中古車であることを自覚していますので、そこに何がしかの負い目を感じるのか、出会いに関しては割り引いて物を見てくれます。つまり相手の容姿にそれほどこだわりません。

まとめ

こうして見て来ますと、こと人妻に関しては、出会い系サイトの方でお膳立てをしてくれているようなものです。

人間は普通、何かを為すに際して相談をするにしても、相談をするときすでに決断を済ませているのだそうです。

人妻が出会い系サイトに登録をするとき、もうすでに彼女は決断を終えています。

出会い系サイトにいる人妻は、自分でパンツを下ろしかけているようなものです。

あとは食べるか食べないかだけですね。

ページの先頭へ