「09 不倫がバレないように」の記事一覧

不倫がバレてしまう原因とバレるリスクを最小にする方法

09 不倫がバレないように

不倫がバレてしまう原因とバレるリスクを最小にする方法

不倫で絶対に避けなければならないこと、それは「バレること」です。

しかし、次から次に不倫の話題に事欠かない昨今。

それは、不倫する人が増えているのではなく、バレてしまう人が増えているからでは?と思われます。

不倫はなぜバレてしまうのでしょうか?

不倫がバレる原因と、バレないようにするためのリスク管理を考えてみましょう。

不倫がバレるルートは3つ!漏洩ルート別の傾向

不倫は、自分自身と不倫相手の2者間のものです。

不倫がバレる原因の多くは、このどちらかというパターンが最も多くなっています。

1.自分自身から漏れてる

まさか!?と思っても、意外に多いのは、自分自身からの漏洩です。

行動が怪しくなる

オシャレにまったく興味がなかった人が、急に身なりを気にするようになったり、それまでは臭い息を吐きまくりだった人が、口臭予防剤を使ったり、体臭を気にするようになるなどの行動の変化から、不倫がバレることがあります。

また、コジャレた飲食店やデートスポットを調べたり、女性か好みそうなものを周囲にリサーチし始めるのも怪しまれます。

こうした行動の変化を怪しむのは、妻だけではありません。

会社の女子社員や行きつけのお店の店員、同類と思っていた男性の友人たちも、こうした行動の変化を敏感に感じ取ります。

不倫に浮かれてしまう

初めての不倫の場合、不倫と「恋愛」の区別がつかず、久々の恋心に浮かれてしまうことがあります。

「この胸のドキドキを誰かに伝えたい!」と、不倫中にあるまじき気持ちを友人や知人に漏らしてしまうこともあるのです。

相手の素性を言わなければバレないだろう、というのは実に安易な考えですが、不倫に浮かれていると、それが安易な考えであることにさえ気が付かなくなってしまいます。

不倫にハマってしまう

不倫相手にどっぷりとハマってしまい、本気になってしまうと冷静さを欠いて一気に不倫バレしてしまいます。

不倫相手への乗り換えを考え、離婚も考えている場合に「バレてもいい」と思いがちですが、この考えは危険です。

離婚の経済的あるいは、社会的ダメージを少なくするためにも、「バレてもいい」なんて思わず、常に冷静でいることを心がけましょう。

2.不倫相手から漏れる

もう一つの大きな漏洩元は、不倫相手です。

不倫に浮かれてしまう

不倫相手の女性も不倫関係に浮かれてしまい、普通の恋愛をしているような気持ちを持ってしまうことがあります。

初めて不倫をする女性や、独身女性、年齢の若い女性などはこの傾向が強くなります。

女性の友人同士で、あたかも普通の恋愛のように話題にしたり、不倫の罪悪感がなかったり、SNSなどに書き込んでしまうケースもあります。

周囲に愚痴ってしまう

不倫関係がうまくいかなくなると、さまざまな悩みや愚痴を発しやすくなります。

ここでも女性友達に洗いざらい話してしまったり、SNSに書き込むなどの行動をしがちです。

男性以上に女性は、この傾向が強いことを知っておきましょう。

あえてバラしにかかる

不倫関係の悩みが解消されなければ、行き着く先の最悪のケースがコレです。

不倫相手の男性の職場や関係先に近いところで不倫のうわさを流したり、家族に近づいたりし、あえて不倫がバレるような行動をとりはじめます。

3.第三者から漏れる

当事者が浮かれることなく冷静に対処していても、思わぬところから不倫がバレるケースもあります。

狭い範囲の不倫関係

会社内や取引関係先、また共通の知り合いが多い間柄での不倫関係は、当事者同士が気を付けていてもバレてしまうことがあります。

休みの予定や行先から勘繰られてしまったり、些細な会話の中からバレてしまうことがあります。

不倫調査の現状とその対策4選

09 不倫がバレないように

近年、嫁による不倫調査の手口は年々進化し、スマホや電子機器まで活用し始めています。

W不倫を楽しむためにはバレないのが大前提、嫁に隠し通してこそデキる男の嗜みです。

そこで、W不倫男性必見! 最新不倫調査の現状とその対策についてご紹介していきます!

1.スマホのアプリを利用した不倫調査

不倫が発覚するきっかけで1番多いパターンなのが、スマホや個人用PCの連絡履歴。

スマホやPCメールは不倫相手との唯一の連絡手段、通話履歴やラブラブなやり取りを削除し忘れて嫁に見つかってしまう……なんてケースが非常に多いです。

最近では、TV番組で不倫・浮気調査アプリが紹介されたことで話題になり、旦那や彼氏のスマホにこっそり仕込むというのが流行っています。

  • Prey Anti Theft
  • ケルベロス
  • Suica Reader

など、本来は防犯用として開発されたアプリも、使い方次第では不倫調査にも大活躍。

使い方はスマホにインストールするだけと簡単で、対象のスマホを遠隔操作やGPSによる位置特定、お財布ケータイの残高チェックなどやりたい放題できるのです。

不倫調査の現状とその対策4選

こんな感じで現在地が表示されてしまいます。

他にも、通話・メールの削除履歴の確認ができるアプリもあるので、昔みたいに嫁が定期的携帯の中身をチェックしなくても不倫がバレる時代になってしまいました……。

ネットでも使い方や活用法を紹介しているサイトは多いので、「嫁はスマホチェックをしない」「機械に疎いから大丈夫」と安心していてはいけませんよ。

スマホは徹底した管理を心がける!

女性は男性と違って些細な変化にも敏感なので、急にロックをかけたりするのは逆効果。

「仕事関連の情報が」というのも怪しまれるので、不倫をし始めたからといって変にスマホを意識してしまうのは避けるべきでしょう。

スマホでの不倫相手との通話・メール履歴はしっかり削除し、必要であればPCに転送。

履歴を保管する場合はPCのHDD内に保管するのではなく小型のUSBメモリーに保存、常に持ち歩くか嫁の手が届かない会社に置いておくのがベストです。

スマホやPC内に見知らぬアプリがインストールされている場合は、まず調べましょう。アプリ名で検索すればすぐに分かるので、不倫・浮気調査アプリの疑いがある場合は削除。

また、アプリを見つけることで『嫁に怪しまれている』というのが分かるのを利用し、しばらく不倫相手との連絡を断つというのも存在をカモフラージュできておすすめです。

調査アプリはどんどん新しいものが出てくるので、不倫をしているのであれば定期的にこういったアプリの情報収集することをおすすめします。

2.財布の中身から不倫発覚?!

財布には金銭やクレジットカード、レシートなどが入っていますが、これらも嫁の不倫調査になるので油断せずしっかりと管理する必要があります。

「飲み会以外でお金を使う」「クレカの利用履歴がおかしい」など、用途不明な出費から不倫相手の存在を匂わせてしまうのがよくあるケース。

レシートや領収書を見られてしまえばお金を使った場所や日時、人数がバレてしまい、メニューや商品から相手が異性であることまで見抜かれる恐れも。

財布はスマホと違ってロックできないので、嫁にいつチェックされているか分かりません。

また、毎日気軽にチェックできてしまうため、些細な変化が感じすいという特徴もあります。

他にも、普段行かない店のポイントカード、デートで購入したチケットがきっかけになることもあるので、不要なものはいつまでも入れておかない方が良いでしょう。

怪しまれるものは捨てる!作らない!

財布の中身やクレカの利用履歴をチェックされてしまっては、迂闊な行動はできません。

不倫相手との交際費は会社の飲み会や接待として誤魔化すのがベターであり、突発的に起こるイベントなので嫁にも説明しやすいのが魅力的。

不倫相手といった店のレシートは溜め込まずにすぐ捨て、ポイントカードも証拠になるのでむやみに作らないのがベストです。

また、財布の中身をチェックされるのであれば、“財布の中にないお金”を使えばトラブルも回避できます。

つまりはヘソクリで嫁が把握していないお金を使う!

出費を気づかせないというのも立派なテクニックであり、隠し財布や口座の活用もおすすめです。

「仕事で遅くなる」などと言い訳すれば、時間の誤魔化しはできるので問題ありません。

普段何気なく使っている財布にも不倫や浮気がバレるきっかけは沢山詰まっているので、定期的に整理することを心がけましょう。

3.高性能の不倫発見グッズにも要注意!

不倫調査の現状とその対策4選

スマホを利用したGPSアプリ以外にも、GPS機器を直接仕込んで調査する嫁も存在します。

これもTV番組で取り上げられたのをきっかけに話題になり、通勤用の車やバッグにGPS機器を取り付ければ旦那の行動から不倫相手や行動パターンを調査できるのです。

最近のGPS機器は非常にコンパクトで、価格も安いものは3,000円から購入できます。

他にも、不倫調査に役立つアイテムは沢山あり、小型のカメラやボイスレコーダーを使って嫁が留守のときの旦那の行動をチェックするなんて方法も。

コンパクトで長時間の録画・録音機能を持ったグッズもあるので、「嫁が旅行で不在の間に…」と不倫相手を自宅に呼んでしまえば最後、言い逃れできない証拠になります。

ここまでする嫁は少ないかもしれませんが、こういったグッズや活用法がある以上はしっかりと知識と対策法が必要です。

最新技術と結託した鬼嫁、その魔の手はどこに潜んでいるかわからないので気をつけましょう。

嫁の手の届く範囲を見極めよう!

GPS機器は取り付けることで相手の行動を把握できる反面、どうしようもできない欠点も…。

それは、対象に直接取り付けなければならないことであり、それは嫁にも限界があります!

GPS機器や小型カメラ、ボイスレコーダーは本人に取り付けなければ意味はなく、自宅や通勤車に仕込んだとしても、そこで証拠がなければ無意味です。

不倫相手と会うときは車を使わない、自宅でセックスはしないなど、嫁の手が届かない範囲で行動すればそういった電子機器に怯えることはありません。

仮に、バッグや衣類に仕込まれていたとしても発見は容易く、嫁に突きつければ機器の利用を止めさせることは簡単でしょう。

高性能で便利なアイテムですが、こういった抜け道もあるのでいざという時のために覚えておくことをおすすめします。

4.私立探偵によるプロの不倫調査

不倫調査の現状とその対策4選

旦那の不倫調査を私立探偵に依頼するケースがあり、捜査・相談件数も結構多いようです。

私立探偵の調査方法はGPSによる追跡、捜査員による尾行、証拠写真・動画の入手など、依頼内容や金額によって色々違ってきます。

さらに、私立探偵はその分野においてのプロフェッショナル。

そのため、GPSの取り付けや尾行を察知するのは難しく、素人にはまったく分かりません。

自分が調査されていることに気づけず不倫相手と会ってしまう……そうなれば探偵に決定的な証拠を抑えられてしまいアウト。

運良く会わなくても対象の時間ごとの行動経路について詳しく報告されるので、不倫相手の存在がバレるきっかけになる恐れもあるのです。

怪しいと感じたら行動は自粛する!

プロの探偵に依頼されてしまってはお手上げ状態、素直に大人しくしているのが無難です。

その前に、“自分が調査されていること”にすら気づけない恐れもあるので、日頃から不倫相手の存在をカモフラージュし、嫁に怪しまれないようにするしかありません。

市立探偵への不倫調査依頼料金は安くても3~5万からで、内容や期間によっては20~70万円以上かかるところもあるようです。

調査期間も依頼内容や目的によって違い、約1週間~1ヶ月程度。

嫁の様子がおかしいと感じたら、不倫相手と会うのはしばらく自粛しましょう。

費用がかかる調査方法なので頻繁に依頼することは難しいので、その期間を乗り切ってしまえばしばらくは安心して不倫を楽しめるはずです。

鬼嫁による不倫調査の現状とその対策まとめ

昔であれば、携帯電話の履歴やホステスの名刺から発覚するケースが多かったですが、スマホの普及や電子機器の性能向上によって不倫のチェック方法も進化しています。

古い知識だけで嫁を欺くのは難しいので、常に新しい情報や対策を取り入れるのが大切。

W不倫はスリリングで魅力的な行為ですが、バレてしまっては何の意味もありません。

出会い系でW不倫を楽しむためにも、嫁を出し抜く術は多く身に付けておきましょう!

離婚?慰謝料?不倫がばれた場合に発生するリスク

09 不倫がバレないように

一昔前に比べると不倫をラフに考える方も増えてきており、特に罪の意識もなく軽い気持ちで不倫をしている方も意外と多いかと思います。とはいうものの不倫は本来やってはならないご法度な行為であり、不倫をする事であなたの家族や財産などに大きなリスクを与える事ももちろんあります。

不倫がバレるリスクを最小にする方法」をつねに念頭に置いていても不安なものですね。

ここでは、そんな不倫がばれた場合に発生するリスクや被害についてまとめていきます。

1.不倫は犯罪ではないが慰謝料が発生

まずはじめに、法律上では、「不倫」や「浮気」とう表現はそもそも出てこず、不倫を取り締まる明確な法律はありません。ですので不倫をする事自体は犯罪にはらず、不倫をして懲役刑や罰金などの処罰が下される事は基本的にはありません。(ただし、不倫相手を無理矢理強姦など、犯罪に当たる行為をすれば、もちろん処罰の対象となります。)

しかし不倫をすると、あなたの妻(夫)、また不倫相手の夫や妻に訴えられ裁判に突入する事があります。この場合も不倫は犯罪ではないので国から懲役刑や罰金が科せられる事はありませんが、その代わりに「慰謝料」という名目の罰金は発生する事があります。

裁判所にてあなたの行った不倫の内容をもとに審議が行われ、慰謝料をどの程度の額にするかが決まります。不倫の慰謝料がどの程度になるかは行った不倫のレベルによります。全く慰謝料が発生しない事もあれば、肉体関係も含んだ濃い不倫を長年続け相手家族を離婚に追い込んだ場合などは数百万円レベルの慰謝料が発生する事もあります。

2.離婚になるケースも

不倫をすると様々なリスクが生まれてきますが、その中でも特に大きいリスクが「離婚」です。

離婚は、お互いの考えが合わなくなった、別の人生を歩みたくなったなど考え方の違いで起きるケースが最もポピュラーです。こういった場合はお互いの合意の下穏便に行われる「協議離婚」という形になりますので、手続きも簡単であり親権争いなどで有利不利もおきにくいです。

一方で不倫による離婚となると、なかなか協議離婚にもっていく事はむずかしく「調停離婚」や「裁判離婚」といった裁判所を通した離婚となる事が多いです。調停離婚や裁判離婚の場合、手続きも苦労しますし弁護士などを雇う必要もでてくるため余計な諸費用も発生する場合があります。また、基本的には不倫をした方が不利な立場となるため、子供の親権が得にくかったり、別途慰謝料を上乗せされるリスクもあります。

3.家族に迷惑が掛かる

不倫をすると、たとえ離婚に至らなくても、家族に多大な迷惑をかけます。不倫をする事であなたの妻(夫)は辛い重いをする事となり、人によっては心を壊し精神病などなる方もいます。特に女性の場合は不倫による心のダメージが大きい傾向がありあす。

子供がいる場合は、あなたの子供にも害を及ぼします。親の不倫を目の当たりにして育った子はどうしても心が屈折しやすいですし、大人になった時に親と同じように不倫をしてしまい人生を台無しにしてしまうこともあります。特に思春期など多感な時期の親の不倫は、子供への悪影響が大きくなりやすいです。

また、不倫がバレるとあなたの両親や兄弟、また妻(夫)の両親や兄弟との関係も悪くなります。いくら謝っても不倫をしたという事実は消えないため、その後肩身の狭い重いをしながら親族と関わっていかなくてはならない訳です。

4.職場での信用を無くす

例えば、職場の同僚と不倫をしてしまった、職場のツテで紹介された人と不倫をしてしまった、不倫によって離婚をしてしまった等の場合は、あなたの職場にも不倫の事実が漏れ広がってしまうことがあります。

前述もした通り不倫は犯罪ではないため、不倫をしたからといって今の仕事を解雇されたり謹慎が下される事はありません。とはいえ不倫をよく思わない方は多数おり、不倫をした事によりあなたへの信頼や信用が大きく下がる事は十分にありえます。特に普段は真面目な方や、お堅い職場で働いている方の場合、不倫がバレた事による信頼や信用の低下はより大きくなります。

それが原因で働き難くなり成果が落ち結果給料が下がることもありますし、最悪の場合、職場に居づらくなり自主退職に追い込まれる事もあります。

5.危害を加えられる

不倫は、周囲の人間に大きな怒り、苦しみを与えます。そして人によってはその怒りや苦しみが度を超えたときに、頭のネジが外れ危険行為を起こす人もいます。例えば不倫に怒り狂った妻が包丁を向けてくる、不倫に怒り狂った不倫相手の夫がバットをもって乗り込んでくるなどですね。

不倫によるダメージは計り知れないため、時にはそんなドラマのような展開になり、あなたの身に危険が及ぶ事もあります。実際にこういったトラブルは全国各地で常々おきており時には殺人事件などに発展してしまうケースもあります。

6.不倫がばれた場合に発生するリスクまとめ

いかがでしでしょうか。

「不倫なんて気にしない」、「一度や二度の不倫ぐらい仕方ない」と考える人もいますが、不倫を大問題と考える方も勿論おり、それが今回ご紹介したような様々なリスクに発展していく事もあります。

出会い系サイトなどで不倫を楽しむ場合は、今一度こういった不倫のリスクも理解した上で行動したいところです。

不倫関係の秘密を守るために「してはいけない5つのこと」

09 不倫がバレないように

不倫関係の秘密を守るために「してはいけない5つのこと」

不倫関係はまさに諸刃の剣と言えるでしょう。健全な交際では決して味わうことの出来ない、背徳的で快楽的なセックスは最高です。

しかし、もしバレてしまえば大きな代償を支払うハメになることも……。

といっても、出会い系での不倫なんてのは「風俗遊び」程度に捉えられることが多く、一発レッドカードになることは稀で、イエローカード程度で済むことが多いです。

最近は、芸能界でも毎月のように不倫スキャンダルを見かけます。バレれば仕事も家庭も社会的地位も失ってしまいかねない芸能人ですら、不倫という蜜の味には溺れてしまうものなのです。

幸いにも一般市民であれば失うものはそれほど多くありません。出会い系での不倫は恋愛感情がともなうことが少なく、ただの性のはけ口として捉える女性が多いため、バレても致命傷にはなりにくいのですが、それでもやっぱりバレないに越したことはないですよね。

今回は、不倫関係の秘密を守るために「してはいけない5つのこと」を紹介していきたいと思います。

不倫関係の秘密を守るために「してはいけない5つのこと」

その1.必要以上に個人情報を教えること

家族構成・職場の情報・交友関係など、必要以上に個人情報を教えることはやめておきましょう。

人妻なのに出会い系に登録するような女性は、なにをしでかすかわかったもんじゃありません。ここは偽名や嘘情報をつかってもいいので、隠すことをおすすめします。

万が一トラブルになったとき、自宅や職場に顔を出されたりするのが一番困りますからね。そういった事ができないように、自分の身の回りに関する情報はできるだけ遮断してください。

不倫関係の秘密を守るために「してはいけない5つのこと」これを同じような意味合いで、自分が利用しているSNS(FacebookやTwitter)などは絶対に教えないように! 教えていいことなんてひとつもありません。

必ず監視されて、ろくな結果になりません。

もう一歩踏み込んだことを言えば、SNSに投稿した画像と同じものをメールやLINEなどで不倫相手に送った場合、その画像から「画像検索」を用いて自分のSNSアカウントが特定されてしまうケースもあります。

もしくは今日はこんなことがあってさ」なんて珍しい体験をした話を不倫相手とSNSの両方でしてしまった場合、時刻やその事象を照らしあわせて特定されてしまう事も考えられます。

こんな例があります。とある会社で昼休みに突然うまい棒を部下に振る舞った上司がいたそうです。「一体何のためだろう?」と疑問に思いつつも、珍しく面白いことだったので、思わずTwitter でそのことをつぶやいてしまう社員が数名いたとか。そして、その上司はしばらくしてからTwitterの検索で「うまい棒」のワードで検索し、部下のTwitterを特定し把握していたんだそうです。

これが浮気相手だったらと思うと本当に怖い話ですね。同じことをされないよう、気をつけましょう。

その2.腕を組んだり、手をつないで出歩くこと

不倫関係の秘密を守るために「してはいけない5つのこと」普通の彼女や妻であれば、デートや買い物のときに手を繋いだり腕を組むのはごく当たり前の光景です。

しかし、これを不倫相手にもするのは絶対にNGです。いつどこで、誰に見られているかわかったものじゃありません。たとえ家族に直接みられなかったとしても、同僚や友人などに目撃され、話が広まってしまうこともあります。逆に、腕さえ組んでいなければどうとでも言い訳が立つのです。

「たまたま道案内を頼まれていた」だったり「仕事関係の付き合いだよ」というように、いくらでもとりつくろえます。しかし、腕を組むというのは親しい間柄の男女にのみ許される行為なわけですね。

腕を組んだり手をつないだりしてもいいのは、誰にも見られる心配のない密室空間のみです。また、そういった制限があるほどお互いの身体に触れた時の喜びや興奮が増すという効果もありますし、普段からベタベタしすぎるのは避けましょう。

例えば、エレベーターで二人っきりになったときだけ、一瞬だけ手を繋いだり腕を組んだりするのです。そして、エレベーターを降りればまた手を離す……。なんてことはないかもしれませんが、こういうちょっとした「演出」ってものに女性はとても弱いんです。

「自分はいま特別なことをしている」と改めて認識させることで、ただ手をつなぐだけでも「濡れて」しまうものなんですよ……。

その3.お金の貸し借りをすること

お金の貸し借りは、普通の人間関係でもあまりしたくない行為ではありますが、不倫関係であればなおさらです。不倫という関係だけでもつながりとしてはややこしいものなのに、そこに金銭関係まで持ってしまうと余計にこじれてしまいます。

こっち側が「もう返ってこないもの」だという前提で貸す(あげる)分にはまだ構いませんが、借りることはとにかくNGです。不倫関係を終えるときには、精算するなんて言葉を使いますが、実際のお金まではそれに含まれてしまうと本当に面倒なことになります。

なるべくなら、小銭程度の貸し借りも控えましょう。もし、不慮の事態でどうしようもなく借りてしまった時はすぐに返しましょう。お金は人間関係を破壊する毒になるのですから。

そういう意味でも、普段から食事をおごったりなど、どちらか一方にかたよるような関係は避けたほうがよく、理想は常に割り勘というフラットな関係です。

初期のうちに「頼れる男」をアピールするためにおごるのは戦略として正しいのですが、交際が成立してからもずっと続けていると女性がこちらに依存しすぎるようになってしまいます。

そうなると、別れを切り出しても「あなたがいないと私はもう生きていけないの」なんていう、面倒なことになりかねません。そして、そうなった場合は本当に面倒なので……。

昔から「釣った魚にエサをやらない」なんて言葉があるように、あくまでも不倫関係なのですから付かず離れずの距離感を保つことが大事なのです。

その4.避妊をしないこと

避妊は必ずしてください

最近ですと、ピルを服用している女性も増えてきていますが、不倫相手が「私はピル飲んでるからゴムつけなくてもいいよ」なんて言っていたとしても、すぐには信用しないでください。目の前でピルの薬を飲んでいたとしても、「それはただのラムネなんじゃないの?」と疑ってかかるくらいの気持ちでもいいくらいです。

自分自身ができる最大限の避妊手段としてのコンドームは必須であり、常に携帯しておくべきです。

たとえ「ねえ、中で出して……お願い」なんて甘い誘惑を受けたとしても断るくらいの気概が必要です。それくらい、不倫関係にとって妊娠というのはあってはならないことなのです。

世の中には不倫に関する本がいろいろと出ていますが、いずれの本でも「子供だけはつくるな」と厳命されています。不倫がバレてしまうだけでも相当面倒でありリスクであるのに、それに加えて子供まで出来てしまっていたとしたら……これは本当に、修羅場になってしまいます。

その不倫相手が旦那ともセックスを定期的にする関係であればまだなんとかなりますが(もっとも、これはこれで恐ろしい話ではありますが)、完全にセックスレスである場合は言い訳のしようがありませんからね。

もし、相手の女性を妊娠させてしまった場合、今の旦那と離婚するのはまず間違いありません。さらにはその「出会い系で会った男と平気で生セックスをして妊娠してしまうだらしないクソ女」を妻として結婚せざるを得ない立場に追いやられてしまうかもしれないのです。

しかも、その子供が本当に自分の子供であるかどうかもわかりません。出会い系で知り合った自分と生でセックスしているんだから、他で知り合った男とも生でセックスしていると考えるのが自然ですからね。それも、一人や二人じゃないかもしれないのです。

どうです? めちゃくちゃ恐ろしくありませんか? 出会い系で不倫しているようなクソ女と結婚しなきゃいけないだなんて、ちょっと考えただけでもおぞましいことです。

よりよいセックスをしたいがために、欲望にかられての生セックスは大変なリスクを伴います。これは常に頭に入れておいてくださいね。

その5.証拠を残すこと

不倫は証拠さえ抑えられなければ、どうとでも言い逃れが出来るのです。

例えば不倫相手と仲睦まじいツーショット写真やプリクラなどは、そのまま証拠として流用されてしまいかねません。他にも、直筆での手紙や郵便物(送り状に筆跡が残る)を送ったりするのもダメです。こういった物的証拠というのは、情況証拠や証言なんかよりもよっぽど強く、重要視されるものなのです。

ですから、連絡をとりあう際にも注意が必要です。古典的な手法ながら、相手の登録名前を全く関係のない男の名前や会社の名前にしておくことは有効な手段です。

最近ではスマホにロック機能が付いていますし、それを利用するのも当たり前となっていますので、必ずそれはオンにしておいてください。

LINEなどのアプリにも単独でロック機能がついていますので、それも忘れずにオンにしましょう。妻から「なんでLINEにロックつけてるの?やましいことでもあるの?」という風に聞かれるかもしれませんが「会社だったりもし落としたりした時に、いつ誰に見られるかわからないから」とでも言っておけば大丈夫です。

また、ここで気をつけておきたいのは最近ではごく当たり前になってきた指紋認証によるロックシステムです。これは一見、盤石で最強のロックにも思えますが……とある弱点があります。それは、もし睡眠中にそっと指を拝借されたらあっさりロックを解除されてしまう、ということですね。

スマホに関しては、その他の危険性が「スマホ(携帯電話)からの不倫バレを防ぐ方法まとめ」にもまとめてあります。

これは同じベッドで眠りにつくことのある妻に対しても、不倫相手に対しても、大変に危険な行為です。盤石のロックどころかまったくの無防備とも言えます。

携帯を覗き見されるリスクがあるのはなにも妻だけではないのです。不倫相手の女性にだって決して見られてはいけません。もしロックを解除されて、妻や会社の電話番号を調べられて、個人情報を盗まれてしまったとしたら、とても面倒なことになりかねません。

不倫ドラマで見たことがありませんか? 不倫相手が、妻のもとに電話をして挑発をするような行為を。もしくは、不倫相手がいきなり自分の勤め先に押しかける光景を。あれと同じことをされかねないのです。

もし、ロックに指紋認証を設定している方が居ましたら、見直してみることをおすすめします。

そして証拠とはまたちょっと違いますが、不倫中というのはどうしても後ろめたさを感じてしまい、それを少しでも紛らわすための自己満足として妻にプレゼントやお土産をやたらと買ってきてしまう、という男性が多いです。これはむしろ完全に逆効果としか言えません。

「いつもこんなこと絶対しないのに……なにか裏があるってこと?」と女性の勘はすぐに異常を察知します。普段はしないこと、を突然しはじめることは不自然極まりないのですので、絶対にやめましょう。

スマホ(携帯電話)からの不倫バレを防ぐ方法まとめ

09 不倫がバレないように

160305old_smartphones

皆さん、不倫したいですか?

「W不倫パートナー探し」なんてタイトルのブログを見ているくらいですから、きっとアナタは不倫に興味津々な人だと思われます。

「興味がある」で踏みとどまっている人もいるかもしれません。

不倫に興味があること自体は珍しいことではありませんし、むしろごく自然と言えるでしょう。芸能人だってしょっちゅう不倫しているのですから、一般市民が不倫しないわけがないのです。

それなのに、まだ不倫をしていない人の多くは「でも、もし不倫がバレたらいろいろヤバいし……」という不安があるんですよね。わかりますよその気持ち!

逆に言えば「バレない保証があるなら、一度くらいは不倫をしてみたい」とも言えますよね! 100パーセント安全保証というわけにはいきませんが、不倫を限りなく安全にするコツはあります。

それは、スマホ(携帯電話)の管理に気を配ることです。

「そんなの当たり前でしょ? スマホはロックしてるから大丈夫だよ」と思ったアナタは危険です。この記事を読まないまま不倫をしていたら、すぐに奥さんにバレてしまっていたかもしれません。

ではまず、多くの人はどういったシチュエーションで不倫をしているのか。そこをまず整理していきましょう。

 

出会い系での不倫はW不倫になることが多い

「人妻が好き!」という男性の多くが、すでに既婚者だったりします。いわゆるW不倫というやつですね。出会い系で人妻が絡む出会いとなると、このW不倫の形がほとんどです。

未婚女性と既婚男性は社内不倫なんかでは定番の組み合わせだったりしますが、既婚女性と未婚男性という組み合わせはなかなか珍しいですからね。

もっとも、これにはきちんとした理由があります。なぜかといえば、既婚女性はなかなか社会との関わりを持ちづらいからなんですね。今でこそ結婚や出産後も正社員として働く女性も増えてきてはいますが、まだまだ少数派なのが現実です。

多くの既婚女性は、せいぜいパート社員として社会との関わりをもつことが精一杯で、あとは町内会だったり子供の保護者同士のつながりだったりと、どうしても公共的で女性同士で固まってしまうような関係ばかりになってしまうんですね。

既婚女性と未婚男性が不倫をするケースといったら、パート先でたまたま年下の若い男の子がいて……といったケースくらいなんです。最近ではネットゲームを介しての出会いや、それこそ出会い系での出会いもありますので一概には言えなくなりましたが、まだまだ稀なケースです。

それに、出会い系での出会いだって結局は同年代同士でまとまることが多いですし、最近の若い男性はそもそも出会いに興味のない草食系男子ばかりです。そうでなくても、若い男性はお金がないので「出会い系にお金なんか払いたくない!」と考える人が多く、出会い系の男性会員は中高年層がメインになっています。

女性であれば利用は無料ですので若い女性も多いのですが、それに比べると若い男性は明らかに少ないですからね。つまり、出会い系においても人妻は結局、同年代の既婚男性と付き合うケースがほとんどなのです。

不倫をする機会が多いのは圧倒的に男性

世の中の既婚女性は、旦那が不倫をしているかもしれない、ということには敏感なんです。それは単純に男性の方が不倫をしてしまうきっかけが多いからです。

部下の若い女性と不倫関係になったり、仕事関係の交流から男女の関係に発展したりと、日常生活において女性と接する機会が多いのです。

逆に、男性側ときたら自分の妻が不倫をしているかもしれない、とはなかなか思わないものなんですよね。

どうせ家にいるだけなんだし不倫なんてしないだろ、と安心しているのか、あるいはすでに女としての興味を妻に対して失ってしまっているのか……。どちらにせよ、不倫がバレるときは妻が旦那の不倫を暴く、という方向のことのほうがだんぜん多いわけです。

女性と遊び慣れていない男性ほど、不倫をすると挙動不審になってすぐにバレる

女性と遊び慣れていない男性ほど、不倫をすると挙動不審になってすぐにバレる傾向にあります。

大事なのは、普段通りに振る舞うことなのです。それさえ出来ていれば「旦那が不倫をしているかもしれない」という警戒モードに移行することがありません。

妻がその警戒モードになってしまった場合は、些細なミスさえ疑うようになるベリーハードモードになるので、難易度はぐっと上がります。

出会い系で不倫をするのは楽しいことです。でも、楽しいことにはリスクもつきまとうもの。そのリスクをしっかり理解して、回避できるようなリスク・マネジメントを心がけましょう。

世の中、たくさんの人が不倫をしています。もちろん、今まさにこれを書いている私もしています。現在進行形で3人の方と不倫関係になっていますし、近くにもう1人が加わる予定です。

幸いにも私はまだ不倫の証拠を決定的に掴まれたことはありませんが、何度か危なかったこともあります。運良く紙一重で切り抜けたのですが、事前の心構えがなかったらあたふたと挙動不審になってしまい、トドメを刺されていたかもしれません。

いよいよ本題になりますが、そんなもしもの時に堂々と対処できる、もしくはもしもの時がそもそも起こらないようにするためのスマホの管理方法をご紹介します。

不倫がバレることになるきっかけのほとんどはスマホ・携帯電話

今の時代、もっとも多いのがスマホから証拠を掴まれてバレるケースと言われています。不倫相手と連絡をとるには必ずスマホを経由しますし、出会い系を使って不倫相手を探すにしても、その多くはスマホからの利用ですからね。

実際、妻が夫の浮気を疑った時にまっさきに調べるのはスマホだというのが今の常識です。

昔からの携帯チェックだけでなく、最近はスマホ内の通話やメール履歴、画像、位置情報などが把握できるアプリの登場により不倫するのは一苦労。

でも、アプリをインストールしなければ嫁に筒抜けにならず、スマホチェックも偽装や履歴削除を上手に行えばバレずに不倫するのは難しくありません。

出会い系サイトで知り合った不倫相手と楽しいひとときを過ごすためにも、スマホの管理や調査対策は徹底していきましょう!

愛する旦那が浮気かも…。不倫の疑いが出てきた時に取るべき3つの行動

仕事の帰りが遅い、休日に頻繁に外出する、隠れてこそこそ誰かとメールをしている…。配偶者のこのような怪しい行動から、浮気を疑った経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

一度疑いを持つと真偽をハッキリさせたくなります。本当に浮気をしているのか、していないのか知るために何をすれば良いのかはあまり分からないかもしれません。

そこで、今回は、浮気についての確証はないけれども、その疑いがあるという場合、どのような行動をとるべきかについてご説明します。また、浮気をしていた場合は証拠が必要になりますので、その収集方法なども合わせて紹介します。

(中略)

■(2)携帯電話を確認する

配偶者の携帯電話の発着信履歴やメールを確認し、異性との間で頻繁に通話やメールをしていないかを確認します。

ただし、LINEやFacebookなど、インターネット上でログインが必要なサービスについて、配偶者に無断で配偶者のIDとパスワードを利用してログインすると、不正アクセス防止法に違反して刑事罰の対象となりますので、注意してください。

そのため、メールを確認するとしても、携帯電話やパソコンの本体に保存されているものにとどめてください。

もし、異性との間で頻繁に電話をしている場合、携帯電話の発着信履歴の画面をカメラで撮影して証拠化します。

また、浮気していることを匂わせるメール(たとえば「●●ホテルで●●時に待合せよう」とか「この前の旅行は楽しかったね」とか)があれば、その画面をカメラで撮影して証拠化しておきます。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12154-068826/

スマホを直接撮影することで十分な証拠としての能力を発揮するようですから、もし寝ている間に「ロックを解除」→「ログを表示」→「撮影」→「ロックして元の位置に」とされた場合、こちらが気づくことはまず不可能でしょう。

そして、より決定的な証拠を掴むまで「泳がされて」しまい、十分な材料が揃ったところでズラッと写真を並べられて問い詰められては、もはや覚悟を決めて降参するしかありません。

このように、スマホの取りあつかいをひとつ間違えるだけで致命傷になりかねません。スマホは不倫出会いに欠かせない便利なツールであると同時に、スマホそのものが決定的な証拠になってしまうという、まさに諸刃の剣なわけです。

しかし、最近のスマホであればセキュリティに関することも充実しており、適切な設定をしておけば勝手にロックを解除されて、中身を見られてしまうリスクをかなり減らすことが可能です。

 

パスワードやロック方法を工夫する

数字を入力するタイプのロックでしたら、誕生日や電話番号の下4桁などは使わないでください。奥さまもすぐに思いつくような数字は絶対に避けてください。

適当に思いついたアトランダムな数字にするのもいいですし、いま貴方がこの記事を読んでいる日にちでもいいです。初めて付き合った彼女の誕生日など、妻とはまったく関係のない数字ならなんでもいいんです。

Androidでは、指でなぞって図形を描くロックを採用している機種も多いです。登録する際は、なるべく複雑な形にしておきましょう。

L字型やM字型のような単純な経路ですと、適当にやってみたら解除されてしまう可能性もありますし、妻がロック解除の様子をじっと観察していた場合、手元の動きで解読されてしまうこともあります。

そして、してはいけない危険なロックとしては指紋認証があります。

確かにこれは自分が居ない間に解除されてしまうケースは100%なくなるのでその点においては心強いのですが、なにしろ妻は身内です。常に同じ家にいるのですから、自分が寝てる間に指を拝借されて解除されてしまったらそれまでなのです。

他人に対しては盤石のロックを誇りますが、身内に対してはいとも簡単に崩れてしまうのがこの指紋認証システムですので、特に注意してください。

また、不意に不倫相手からメールなりLINEなりの連絡がくるケースも想定しておきましょう。

ここで呑気に着信音が鳴ってしまうと「こんな時間に誰から?」なんて聞かれてしまいますからね。別におかしな質問ではないので無視するのも変ですし、とっさに嘘をついたとしても適切なダミー相手が浮かばなかったりするものです。

なので家にいる時は必ずマナーモードにしておくか、相手によって着信音を設定できるのでしたら不倫相手からの着信はすべてオフ(無音)にしておきましょう。LINEであれば特定の相手のみ着信音を消す事ができますので、必ずそうしておきましょう。

通知システムは必ずオフに!

また、最近のスマホでは「通知システム」といってメールやLINEの文章の冒頭部分を着信した瞬間に画面にデカデカと表示してくれるありがた迷惑な機能もついています。

これに関してはリスクが有るだけですので、すべてオフにしてください。スマホの機種にもよりますが、「設定」から「通知」という項目があるはずですのでそちらから設定してください。

スマホの扱いに慣れている方であればアプリごとに通知のオンオフといった細かい設定をするのもいいですし、よくわからなかったり面倒くさいという方は通知システムそのものをオフにしておけば安心です。

不倫相手の名前は偽名で登録すること

不倫相手をスマホに登録するのであれば、名前や性別を偽装してカモフラージュするのは必須。

不倫相手の情報をスマホに登録するときはバカ正直に女性名で登録するのではなく、必ず仕事関連っぽい名前や男性の名前で登録するようにしましょう。趣味や仕事関係の知人というカテゴリにしておけば問題なく、嫁に聞かれてもいいように架空の設定やエピソードなども簡単に用意しておくと良いです。ただし、信頼性を高めようと実在の友人名を使うと、思わぬ形で嘘がバレてしまう恐れがあるため注意しましょう。

社内不倫などであれば相手がずっと一人ですので、適当な男性の名前をつけてもそれだけ覚えておけば見分けがつくのですが、出会い系で不倫相手を探していると相手をとっかえひっかえすることになりがちです。

そういう時、毎回適当な名前を新しくつけているとだんだん覚えきれなくなったり誰が誰だかわからなくなってしまうことになりかねません。

私のおすすめの方法としては、相手の名前をもじった苗字で登録する手法です。たとえば相手の名前が「ハルカ」さんだった場合は「春山 一郎」のような名前をつけておくことで、ハルカという名前が連想できるようになります。

同じように「キョウコ」さんであれば「清原 二郎」でキヨつながりにしたり、「アヤ」であれば「綾野 三郎」といった具合に名前の一部分をがつく苗字の男の名前で登録すればいいのです。

 

Facebook、Twitterなど、SNSアプリを連絡手段として使う人もいるでしょう。

であれば、相手に複数のアカウントを作ってもらい、特定の人とやり取りし続けるのを避けるというテクニックもバレないためには有効です。

やり取りの履歴は即削除

不倫相手とのメールや電話のやり取りからバレてしまうのは、昔からの王道パターン。

なので、相手とのやり取りの履歴は即削除、デートや待ち合わせ日時の情報は仕事のスケジューラーにでも登録し、不倫の証拠をスマホに残さないように心がけましょう。これさえ心がけていれば、決定的な証拠自体がなくなりますので、つかまれようにもつかむ証拠がなくなります。

連絡に使うツールは1つに絞り、簡単に履歴を消せるアプリやメールをチョイスするのがよく、必要であれば捨てアドや専用アカウントでやり取りするのが理想です。

また、いざというときのトラブル対策として、履歴を削除前にPCに保管するのもオススメ。

この場合は自分のPCのHDDに保存するのではなく、外付けのUSBメモリーなどに保管し、持ち歩くことで嫁にPC経由で履歴が見つかるのを防止できます。

メールであれば、自動振り分け機能で迷惑メールフォルダに振り分ける設定をしておくのもオススメです。もし、浮気を疑った妻がメールボックスを調べた時、受信フォルダは必ずチェックするでしょうが、迷惑メールフォルダまでチェックする人はなかなかいませんからね。

予測変換から不倫相手の名前が出てしまうケースも

もうひとつ気をつけておきたいのは文字入力の際の予測変換です。

こんな話を聞いたことがあります。とある男性が妻に料理のレシピを調べて欲しいと頼まれて、一緒にスマホを見ながら検索することになりました。すると、”料理”と入力しようと”りょう”までいれたところで”涼子ちゃん”という文字が第一候補に来てしまったそうなんです。

”了解”を差し置いて第一候補に出てきているのですから、その頻度たるや想像にかたくありません。当然ながら妻の名前ではありませんし、共通の知人にいる名前でもなかったので妻はこれに強い不信感をいだくことに。

「涼子ちゃんって誰なの?」と問いつめられて、とっさに会社の部下だよと苦しい言い訳をするものの……。「ちょっとスマホかして!」と無理やり奪われてしまいます。

そのまま”涼子ちゃん”の予測変換を確定したところ、さらに予測変換が続いてしまい……出てきた言葉が「今夜は楽しかったよ」だったとのことで、そこからはもうお察しの通りです。

こんなところにも思わぬ落とし穴があったりするそうなので、スマホ辞書の予測変換はオフにしておくか、まめにリセットしておきましょう。

このように、スマホ電話は証拠の塊です。でも、だからといってスマホを常に肌身離さず持つようになるのも怪しい話です。

例えば、いくら見られたくないからといって脱衣所にまでスマホを持ち込んだりするのはいかにも不自然で怪しい行為ですよね。ですから、スマホに関してはいつ調べられても大丈夫な状態にしておく、ということが大事です。

スマホのロックや使用頻度はそのまま

不倫相手がいればスマホをいじる機会も増え、隠すためにロック機能を使いたくなるもの。

でも、いきなりスマホにロックをかけてしまうと、嫁に「急にどうしたの…?」と怪しまれてしまうためロック機能や使用頻度には注意が必要です。

普段からロックしていない人ならそのままにするのが理想、どうしてもかけたいのであれば「仕事関係の資料やメールが…」と適当な言い訳で誤魔化すしかありません。

女性は小さな変化に敏感で、それが男性の浮気がバレてしまう大きな要因。

普段と変わらない態度を続けることが、嫁に不倫がバレないためには大切なのです。

GPSや位置情報はOFFに

スマホのGPSや位置情報から居場所を特定し、不倫が見つかるケースも少なくありません。

そのため、GPSや位置情報機能は普段から切っておき、必要なときに使うのが良いでしょう。

最近では盗難防止アプリの技術を応用し、旦那の居場所や行動を特定・追跡する活用法が話題となっているため、自分のスマホにそういった細工がされていないか要チェック。

特定や追跡するためにはアプリがインストールされていることが前提なので、削除するか嫁に問いただして消してもらえばそういった危険性はなくなります。

防犯用のアプリを応用して特定・調査に使う、女性の不倫への執念は恐ろしいです…(笑)

ICカードやお財布ケータイの履歴には注意

スマホ版Suicaやお財布ケータイなど便利な支払い機能にも、嫁の魔の手が迫っています。

ICカードやお財布ケータイの使用履歴や金額から不倫がバレてしまったケースもあるため、相手とのデートや食事の支払いに使うのは控えましょう。

また、Suicaの履歴から行った場所の特定もされる恐れがあるので注意です。

不倫相手とのデートでは現金での支払いが1番!ICカードやクレジットカードと違って履歴や領収書が残らないので、どこでいくら使おうが嫁には分かりません。

ICカードやお財布ケータイは簡単に支払いができる便利なアプリや機能ですが、これも不倫調査の対象になる項目なので不必要な使用は避けましょう。

 

スマホはチェックされるもの、と考える

外出先で妻のスマホのバッテリーが切れてしまった時など「ちょっとスマホかして」と言われる場面もあるかもしれません。そんな時に「いや、それはちょっと……」なんて渋るのもおかしいですからね。いつでもどんな時にも見られて問題のない状態にしておきましょう。

ここでひとつ、私がつかってるテクニックを紹介したいと思います。それは、パスコードを二人の結婚記念日にしておいて、それを相手にも教えているという方法です。その気になれば、いつでも妻は私のスマホを調べることが出来ます。

スマホの管理と履歴消去は徹底していますが、それでも24時間完璧というわけにはいきませんし、入浴中や就寝中などはいつ調べられてもおかしくない状況です。「本当にそんなことして大丈夫なの?」と思わず心配になってしまうかもしれません。

しかし、人間の心理は不思議なもので、いつでも調べられると思うと逆に調べなくなるんですよね。開け放たれていて中身が空っぽなのが見えている箱には誰も興味をもちませんが、厳重な鍵がかけられていて、こっそり隠されてる箱なんてものがあったら、意地でも中を見たくなってしまうものなのです。

このノーガード戦法……いざというときの不安は残りますが、個人的にはこれからも続けていこうと思います。パスコードが二人の結婚記念日というのは少しばかりあからさまかもしれませんが、相手からしても悪い気はしないでしょうし「私のことを大事に思ってくれている」と感じてくれれば、わざわざ不倫を疑ってアラ探しをしよう、なんて思いつかないでしょうから。

スマホ(携帯電話)からの不倫バレを防ぐために設定しておくべきことまとめ

不倫をしている時、どうしても妻に対しては後ろめたい気持ちになってしまい、これまでとは違う反応や発言をしてしまいがちです。

そういった態度を気取られて「不倫しているかも?」と疑われてしまい、証拠を掴んでやろう!と意気込まれた場合に、それをのらりくらりとかわしながら不倫を続けることはなかなか困難です。

繰り返しになってしまいますが、もっとも効果的な不倫がバレないための対策は、やはり「普段通りの堂々とした態度でいること」がベストだと思われます。

「普段通りの態度」と「スマホの適切な管理」の二つを常に実践できていれば、古典的なスーツの胸ポケットからラブホテルのマッチや会員カードが出てきた……なんてうっかりがない限りは、まずバレないことでしょう。

最もリスクの高いスマホの安全性を高めておくことで、自然とバレないことへの自信がわいてきて、普段通りの態度を取れることにつながります。

まずはスマホの設定と管理をしっかりと!それが楽しく安全に不倫をするための第一歩なのです。

 

 

これでバレない!浮気相手との連絡方法

09 不倫がバレないように

彼女や奥さんがいるけど女の子と遊びたい! と思っている人はたくさんいます。

でもバレるのが怖くてなかなか実行に移せない……。

女性のカンというのは本当に鋭くて恐ろしいものです。

普段は言わない「いただきます」を言った事から浮気がバレたなんて人も?!

そんな鋭い目をかいくぐって浮気相手と連絡を取るにはどうするのがベストなんでしょうか。

さらに、多少勘ぐられて調べられても証拠が見つからない浮気相手との連絡方法を紹介します!

少しでもいつもと違う事をしてはダメ

浮気相手のメールだけ後ろを向いてこそこそ送る…なんて話になりませんね。

「いつもと違う」に非常に敏感な女性。

あれ?おかしいな?と思われたらもう負けたようなもの。

甘く見てはいけません。カンだけでなく浮気を調べる捜査能力も高いんです。今やネットの時代で「浮気 調べる 方法」など検索すればたくさん出てきます。

突っ込まれても、口のうまい男性ならその場を切り抜けることができるかもしれません。しかし女性は、男性がだいぶ前に言った何気ないセリフをしっかり覚えているので、そのうち矛盾点を突かれてボロを出す可能性があります。

なので、そもそも女性のカンのスイッチを入れないような行動を心がけましょう。

「自分は大丈夫、嫁は鈍いし話をすぐ信じるから」なんて方も要注意。浮気も慣れてくると大胆になってきて、バレ対策が薄くなってきます。携帯は必ずロックしていたけど、だんだんほったらかしになったり。仕事の連絡を装って家で堂々と電話するようになったり。こういう携帯の扱い方一つで怪しまれるきっかけになります。

待ち受けでメッセージが見られないように手帳型の携帯ケースを買おうとしてませんか?

こんな事からでも怪しまれちゃいますよ。

LINEがNGなワケ

ミスが起こりやすい

LINEでの最大のミスといえば誤爆(メッセージを送る相手を間違える)です。友人などとの連絡方法としてあまりにメジャーなLINEなので、同時に複数の相手とメッセージ交換する事がよくあります。LINEは、その画面の作りと簡単操作のために、押し間違えによる誤爆が多発しやすいです。

隠そうとすると面倒&逆に怪しい

通知OFFにして待ち受けにメッセージを表示させないようにするのは常識です。あまり知られてない、プライバシー設定からLINEにロックをかけることができますが、これは逆効果。隠したいものがあるからロックをかけているという理屈ですが…はたから見れば怪しいの一言。

トークルームを非表示にできるが、友人リストからトーク見られてしまう。会話履歴を削除すると、その人だけ不自然に会話が空っぽ。普通に生活していたら履歴を削除するなんて……まずないはずです。

パソコンと連動

某芸能人の不倫騒動で出てきた不倫相手とのLINEの会話画面。あれはどうやって入手したんだろうと疑問な方が多かったと思います。そう、パソコンからログインしたものです。

LINEのパスワードがバレていると他人でもログインできてしまいます。こうなってしまったらもうお終い、全て丸見えです。

スマホのメールアプリ

スマホのメールアプリもオススメしません。

メッセージが来た瞬間に開いて、見終わった瞬間に削除できる達人ならまだしも。携帯を調べる側からしたら、間違いなくメールのアイコンを確認しますよね。

毎回すぐ消すって方も、タイミング次第ではメールが来たばかりの時に覗かれるかも……。メール型のアイコンじゃないアプリもありますが、調べればわかること。出会い系のアプリを堂々と置いてあるなんて論外です。

ゲームアプリ

ゲーム内でフレンドになり、ゲーム内でのメール機能で連絡を取り合う方法。これは「嫁バレしない!」と一時期有名になり、流行したツールでもあります。

ただしネットで有名になりすぎて、ちょっと調べればやりかたが出てきます。アイコンを押すだけでゲームは起動でき、すぐにメールは見られてしまいます。

フリーメールのススメ

じゃあ結局、どうやって浮気相手と連絡をとりあうのがいいのか?

もはや原始的とも言えるフリーメールがオススメです。yahooメールやgmaiが有名ですね。

普通ならスマホからインターネットのブラウザを開き、yahooやGoogleのサイトに飛んで、それからメールのページを開き、IDとPASSを入力してようやく見られます。

この手間と、ログインが必要なのでセキュリティはばっちりです。浮気相手専用のアカウントを作って管理するのがよいでしょう。

すぐに連絡を取り合うことができないのは不便ですが、リスクを最小限に留められます。

ただし、ブラウザを開きっぱなし、ログインしっぱなしは意味がないです、注意しましょうね。

男の不倫と女の不倫の違いを調べて不倫パートナーとの恋愛に活かす!

09 不倫がバレないように

男の不倫と女の不倫の違いを調べて不倫パートナーとの恋愛に活かす!

既婚者でも出会い系でこっそり遊ぶ人は多いですが、もちろんそれは男だけのはなしではありません。女性の既婚者、いわゆる人妻や奥様もたくさん存在しています。

とは言え、男の不倫が圧倒的にバレやすいのに対し、女の不倫はバレにくく墓場まで持っていけることもあるようです。

今回は、男の不倫と女の不倫の違いについて調べてみました!

男の不倫がバレる理由

残念ながら、男の不倫はバレやすいのが特徴的。

もちろん本人は必至で隠しているつもりでも、長年連れそった奥さんならピンとくることも。

とは言え、第六感に頼ったカンではなく、実は、男の方からバレることをしているのです……。

行動の違い

やはり一番変化が大きいのは、行動の違い。例えば、今まで家出のスマホはゲームに夢中だったのに、トイレにまで持って行ったり、お風呂場の脱衣所まで持ち歩くのはいかにもな行為。

また、メールやLINEをしている時に、うっかり奥さんの顔をチラチラしたり自分の首を傾けてまで画面を伏せて文字を打つ姿は、はたから見れば怪しすぎます。

「バレないように」というのが大前提になると「隠す」ための行動が悪目立ちするので、気をつけましょう。

言動の違い

そして、行動と同じくバレやすいのが言動の変化。不倫相手から聞いた話を、面白おかしく笑えるネタに奥さんへ話す男性も多いでしょう。

とは言え、今まであまり興味もなかった話題となれば「どこから聞いたの?」「誰とそんなに盛り上がっていたの?」と誰でも不思議に思うはず。

さらに、急に「愛している」「好きだよ」なんて奥さんに言おうものなら、確実にバレてしまいます。

罪悪感を抱いて取り繕った言葉は、相手にしてみればその先にある「罪悪感」が気になるところ。

また、不倫相手との会話で、口癖やトーンが伝染ることもあので、口調にも気をつけるのが良いでしょう。

セックスの違い

さらに、最も明確に出てしまうのが、セックスの違い。

元々奥さんともセックスをしている場合は、前戯やプレイがもろに変化が出てしまうところ。うっかり浮気相手の好みを突いてしまうと、もちろんバレるきっかけになってしまいます。

加えて、男性の場合はセックスの回数も限界があるため、いくら亜鉛サプリで頑張っても不倫相手との回数が増えれば、奥さんがおざなりになってしまいます……。

特定の相手としかしないヒメゴトだからこそ、女性はわずかな違いを敏感に感じ取ります。

女の不倫が墓場まで持っていける訳

かたや、バレにくいのが既婚者女性の不倫。その差を調べてみると、身体と脳に男性との大きな違いがあったのですが、中には例外も見受けられるのが女心といったところでしょうか。

身体の違い

男性と圧倒的に違うのは、身体……と言っても、おっぱいの話ではありません。

実は、男性の射精と違い、女性は明確な肉体的変化がなく、何度でもイケるのが特徴。残念ながら演技の場合もありますが、基本的に何回でもセックスすることは可能です。

女性向けの性風俗が発展しない理由にも上げられていますが、浮気相手とのセックス後でも旦那とできる女性は、どちらかというと受け身、もしくは常に攻めていることが多いのでセックスからバレることは少なくなっています。

脳の違い

そして、男女で脳の作りが違うなんていう話もある通り、何と言っても女性は無意識レベルで「思い込む」のが上手な生き物。

「浮気をしている」「不倫相手と遊んできた」「セフレがいる」という秘密も家に帰れば「そんなことはない」と思い込んでしまえるのです。隠そうとする男性とは違い、思い込む女性はバレることすらありません。

思い込んでいるからこそ、いつもと変わらない行動や言動で女性は夫に接します。

例外

完璧主義者の女性とは言え、誰もが全員、墓場まで持っていけるとは限りません。女性だからゆえ、かまってほしくなったりヤキモチをやかせたり…はたまた、不倫相手とのささいなケンカから、わざと不倫をバラすこともあるのです。

そのあざとさも、ある意味「女性だからこそ」が当てはまるのかもしれません……。

やっぱり手強い?!女相手だからバレるのも当然?!

やはり、浮気バレに関しては女性のほうが一枚上手。さらに、そんな女性に対して、不倫を隠し通さなければいけない男性はバレやすいのも仕方がないと言えるでしょう。

とは言え、女性の心を参考に自分も「隠すのではなく、思い込む」のは活用できそう。さらには、ダブル不倫ならうっかり相手をヒスらせないように、例外パターンを回避するのも重要です。

今回の調査結果、これからの遊びにも活用できるのではないでしょうか?

ページの先頭へ