「07 W不倫の続け方」の記事一覧

マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない 

07 W不倫の続け方

マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない 
不倫に対する風当たりが強い今、わざわざ不倫をするなんて考えられない!

そんなことを言われた人もいるでしょう。

しかし、やめたくても簡単にやめられないのが不倫です。

なぜなら、不倫には、「イケナイことをしている」「バレるかもしれない」「バレたら大変なことになる」というような、普通の恋愛や夫婦関係では感じることのできない刺激や背徳感があるからです。

この刺激を味わいたいがために、リスクを冒してでも不倫をしてしまうのです。

不倫関係の男女は、出会って間もないうちは、何もかもが新鮮で刺激的な関係を味わえます。「普通の恋愛のドキドキ」に「リスクや背徳感によるドキドキ」が加わるので、そりゃもうかなりのドキドキです。

しかも、夫婦のように毎日一緒にいるわけではないので、新鮮さが保たれやすいというメリットもあります。

しかし、そんな新鮮さも次第に薄れていきます。

相手のことが嫌いになったわけでもないし、魅力を感じないわけでもない。好きか嫌いかといえば、もちろん好きなんだけど、一言で言うなら「飽きてしまった」。

そう、不倫にも「マンネリ」があるのです。不倫のマンネリには、どのように対処すればいいのでしょうか?

1.マンネリ化した不倫は、快楽<リスク

「はじめは緊張したけど、今は一緒にいてホッとできるし、『不倫』っていう気がしなくなってきた」なんて勘違いをしていませんか?

そんなマンネリ化した関係に、居心地の良さを感じてはいけません!

新鮮味のない楽な関係から得られるものは、それほど多くはないのです。

ましてや、どちらかが関係を終わらせたいと思っているのにダラダラと続けている不倫関係は何のためにもなりません。

それなのに、不倫がバレてしまえば、家庭や仕事、安定した暮らしそのものを失ってしまいます。

マンネリ化した不倫は、「ハイリスク・ローリターン」もしくは、「ハイリスク・ノーリターン」なのです。

2.マンネリ不倫を解消する方法

マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない 
マンネリ化した不倫関係は、リスク管理上、速やかに解消すべきです。

方法は2つあります。

不倫関係を解消して、とりあえずクリーンになる

マンネリ不倫の相手と別れ、しばらくは次の相手を探さずクリーンになる方法です。つまり、夫婦関係のみに戻ることです。

リスクや背徳感から逃れ、スッキリした気分で毎日を過ごすことができるでしょう。時間に余裕もでき、家族サービスもできます。

しかし、いいことばかりではありません。

これまで、不倫関係の刺激によって満たしてきた性欲の矛先を、妻に向けなければなりません。これはそうそう容易なことではなく、かえって怪しまれてしまうこともあります。

そうなると、すでに終わった不倫関係を勘繰られ、非難されることになりかねません。

不倫関係を解消する前に、別件に乗り換える

あえてクリーンになることをせず、そのまま別の相手に乗り換える方法です。

実は、不倫のエキスパートたちは、この方法でうまくつないでいるのです。

妻にとっては、いつ不倫相手が変わったかすら分かることはありません。

不倫相手がいることが、もはや日常でありながら、相手が変わることでマンネリに陥ることもありません。

しかし、そう次から次に相手が見つかるか心配もあります。

そういう時こそ、出会い系サイトを活用し、相手をサクッと見つけましょう。

今の不倫相手との優劣などを考える必要はありません。

むしろ、別のタイプの女性を狙うことをお勧めします。

不倫関係が始まった当初はすごくドキドキするけど、すぐに飽きてしまうことの要因の一つは、同じようなタイプの女性を選んでいることにあるのかもしれません。

大人しく清楚な女性の次には「猛獣タイプ」、超美人でスタイル抜群の女性の次には、どこにでもいそうな「中年太りのおばさんタイプ」。

思い切ってこのくらいの振り幅をとって、マンネリ癖を再燃しないようにしましょう。

3.注意!不倫のマンネリは男のほうが感じやすい!?

マンネリの不倫関係を終わらる上で、非常に大切なことがあります。

それは、マンネリ感は女性よりも男性のほうが感じやすいということです。

つまり、「あーマンネリだなぁ、もう別れよっかな」と男性が思っていても、女性はまだまだドキドキの真っ最中ということもあるのです。

女性は想像力が豊かなため、会っていない間も妄想で相手への思いを膨らますことができるのです。一方、男性は直接的な関係の中でしか気持ちを高めることができにくいので、早くマンネリを感じてしまいます。

この気持ちが冷める速度の差を理解せず、男性のほうが「飽きてきたから」という理由で不倫関係を解消しようとすると、思わぬ戦禍に見舞われます。

男性がマンネリ感を感じ始めたら、次の相手を探しつつ、焦らずかつ無駄な時間をかけ過ぎず、上手に現在の関係を終わらせるようにしましょう。

マンネリ化した不倫は、もはやリスクしかありません。

トラブルとなる前に上手に別れ、また新たな刺激を求めて、次の相手を探しましょう。

人妻や熟女と長期的なW不倫交際を続けるためのコツ

07 W不倫の続け方

人妻や熟女と長期的なW不倫交際を続けるためのコツ

出会い系での出会いは短期で終わってしまうことが多いです。それこそ、一夜限りの関係も珍しくないですからね。

ただセックスがしたいだけならそれでもいいのですが「人との関わりをもちたい」という動機で出会い系に登録する人もいることでしょう。

最近ではその傾向が増えているように感じます。

一昔前の出会い系に登録する人妻や熟女は、ほぼ全員がセックス目当てだったのですが、「人生を豊かにしたい」という目的で、長期的な交際相手を探している人もちらほらいるのです。

特に50歳60歳のような、すでに人生の折り返し地点をすぎている熟女はこの傾向にありますね。

肉欲を満たすだけのセックスよりも、精神的な充足感を味わえるデートを重視する。女性だけでなく、男性でもこう考えて出会い系に登録する人は少なくないのではないでしょうか。

更年期になると、人との繋がりが薄れてくる

女性が閉経を迎えるあたりの時期を更年期と呼びます。おおよそ45歳前後が更年期の始まりだと言われていますね。

閉経を迎えることで女性は身体的にも精神的にも、さまざまな影響があると言われています。俗に言う「更年期障害」と呼ばれるものですね。

女性ホルモンの分泌が低下することで閉経を迎えるのですが、ホルモンのバランスが崩れることで「ほてり」や「動悸」、「頭痛やめまい」などといった症状がカラダに表れるそうです。

女性は生理中になるとイライラしやすくなることで知られていますが、更年期を迎えるとそのイライラ感がずっと持続してしまうこともあるんだとか。

さらに45歳といえば人生のターニングポイントでもあります。

子供がいるのであれば、そろそろ独り立ちを迎える時期でしょうし、夫婦の生活もこれまでと一変してしまうことでしょう。

子供が自立して一人暮らしをはじめ、家には夫と二人っきりの生活。これまでは子供がいたことでうまく回っていた部分や我慢していた部分が耐えきれなくなり、夫とは衝突してばかり。

そんな時は、誰かと一緒にいたくなるものです。ただ、そばにいてくれるだけでいい。そんな時間や関係を求めている女性は、想像以上に多いのかもしれません。

閉経を迎えることで性欲が増す人もいれば、落ちる人もいる

一般的なイメージとしては閉経を迎えた女性は性欲がなくなるものですが、なかには性欲が増す人もいるようです。

そして、性欲が増すタイプの熟女たちは出会い系でセックスを求め、性欲が落ちるタイプの熟女は落ちついた関係を求めるのです。

性欲が増している女性であれば簡単です。セックスさえすれば相手は満足するのですから、セックスを続けるだけで長期的な交際が出来ることでしょう。

性欲が落ちている相手であれば、セックスはあくまでもアクセント。人との繋がりを実感するコミュニケーションツールとしてセックスは優秀ですが、そればかりでは飽きられてしまうことでしょう。

セックスなしのデートや食事など、ちょっとした工夫が必要になることが多いですね。

若い女性はとにかく刺激が欲しくて、男をとっかえひっかえする傾向にありますが、熟女はひとりの男性に依存したがる傾向にあります。

熟女と長期的な交際を築くのは簡単

人妻や熟女と長期的なW不倫交際を続けるためのコツ基本的には、40代以上の女性と長期的な交際を築くのは簡単です。勝手に向こうのほうから自分に溺れてくれることでしょう。

なにしろ「自分が女性として見てもらえる」だけで喜びを感じてしまうのです。世の中は熟女ブームだなんて言われていますが、実際の出会い系では40歳以上の女性は「余り物」になってしまっていることが多いです。

人との繋がりを求めて出会い系に登録したのに、出会い系ですら誰からも相手にされない……。そんなつらい思いをしているところに手を差し伸べてくれる男性がいたら「私にはこの人しかいない!」と思ってしまうのも無理はありませんよね。

そう思わせることが出来たとしたら、熟女との長期的な交際は約束されたようなものです。

長期的な交際はリスクもある

長期的な交際も良いことばかりではありません。長期ならではのリスクも存在します。

それは、関係がバレやすくなることです。自分の妻にバレるにしろ、交際相手が夫にバレるにしろ、長ければ長いほどそのリスクは増していきます。

仮に関係がバレる危険性が1日につき1パーセントだとしましょう。99個の白い玉と1個の赤い玉が入った袋から、毎日くじ引きをして、引いた玉はそのつど袋に戻すような感覚です。

もしそのくじ引きを100日続けた場合、バレるリスクはいったい何パーセントくらいになると思いますか?

当たりが1パーセントのくじを100回やるのだから、ほぼ確実にバレてしまうのでは? と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

100人が同じ事をした場合、当たりを引く人は100人中63人程度だと言われています。5人に3人程度です。これは当たりを1人で複数回引く人が存在するからなのですが、4割程度の人は当たりを引くことが出来ないというのはちょっと意外ですよね。

そして、これが200回になれば当たりを引く人は86パーセントまで跳ね上がりますし、300回ともなれば95パーセント確率で当たって(バレて)しまいます。

長期的な交際というのはこういうことです。たった1パーセントでも回数が増えればバレる可能性が増えていくのです。

単純に確率でいうだけでも長期的な交際はリスクですが、交際を続けていくうちに「慣れて」しまうこともバレるリスクを上げる要因です。

おそらく、初めて不倫をする人はとても警戒をすることでしょう。メールなどの連絡履歴をこまめに消し、女性と会った帰りは女性の匂いがうつっていないかを確認し、ポッケの中に変なものが入っていないかチェックしてから帰宅……。

そんな警戒行動も、バレない日々が続いてくるとおざなりになってくるものです。浮気や不倫がバレる人というのは、おしなべて油断してしまった人なのですから。

長期になればなるほど、油断してしまうのは人間として致し方のない部分でもあります。

中にはひとりの異性と10年以上に渡って秘密の関係をキープする人がいますが、おそらくとても自分に厳しいストイックな人なのでしょうね。

別れる際、面倒になることも

また、交際が長期に渡れば渡るほど、別れにくくなるのもデメリットですね。

なんだかんだいっても、ずっと同じ女性と交際していると「飽き」が来てしまうものです。お互いに同じタイミングで飽きたのであれば穏便に別れることも出来ますが、女性が自分に強く依存していた場合は面倒なことになりかねません。

「私にはあなたしかいないの」

と、思ってもらえることはこちらにとって都合のいいことでもあれば、悪いことでもあるわけです。

私も一度、大変苦労したことがありました。誇張ではなく、泣きながら足にすがりつかれたのです。「あなたがいなくなったら、私はもう死ぬしかない!」と、大声で泣き叫ぶのです。

ひとまずその場は落ち着かせて、なんとかなだめて家に帰しましたが、メールがひっきりなしに届くのでそのままブロックしてしまいましたね。

幸い、こちらの個人情報はなにもわたしていなかったので事なきを得ましたが、もし電話番号や住所・本名を教えていたら……と、思うと今でもゾッとします。

その女性とは半年ほどの付き合いでしたが、1年や2年と交際を続けていたら、もっと執拗に調べられてストーカーになっていたかもしれません。

これがセフレであれば別れるのも簡単なのですが、真面目なお付き合いとなると別れるときがもっとも体力をつかいます。

短期には短期のメリットがある

出会い系での交際は、短期的な交際に向いているシステムだと言えるでしょう。

交際期間が短ければ短いほど浮気や不倫がバレるリスクは少ないですし、代わりの女性はいくらでもいますからね。

わたしがオススメしたいのは、まずは短期的な交際を前提として会い、お互いが気に入れば長期的な交際に偏移していくパターンです。

最初から長期的な交際を求めている女性を狙った場合、もし地雷ともいえる女性を引いてしまった場合は悲惨なことになりかねません。

まずはさっぱりとした関係からスタートし、徐々に親密で濃密な関係に変わっていく過程を楽しむことも出来ますからね。

短期交際のメリットを最大限に活かし、長期的な交際でしかえられない充足感も享受する。わたしが行き着いたもっともオススメの方法です。

不倫関係の賞味期限と不倫関係を終わらせるためのテクニック

07 W不倫の続け方

不倫関係の賞味期限と不倫関係を終わらせるためのテクニック不倫関係は、はじめはとてもドキドキするものです。

出会い系サイトで知り合った相手との関係では、相手のことがよく分からない当初は、不安がありながらも、それが何ものにも代えがたい刺激になります。

また、誰にも知られてはいけない「秘密の関係」であることや、お互いの配偶者を裏切っているという背徳感もドキドキのひとつです。

しかし、いつまでもこのドキドキが続くわけではありません。

不倫関係にも賞味期限があります。

賞味期限が過ぎた不倫関係は、続けるメリットがないばかりか、思わぬ害を生み出してしまいます。

本日は、不倫関係の賞味期限の見極め方と不倫関係を終わらせるためのテクニックをご紹介します。

不倫関係の賞味期限の見極め方

1.不倫関係の三原則

不倫関係を健全に(!?)続けていくための三原則があります。「バレない」「こじれない」「マンネリ化しない」です。

このいずれかが崩れると、不倫関係は破たんします。

「バレない」

不倫関係の賞味期限と不倫関係を終わらせるためのテクニック不倫でもっとも危険なのは、当事者以外に不倫関係がバレてしまうことです。

お互いの配偶者にバレなければ大丈夫、ではありません。仕事関係者や共通の知人、よく行くお店の定員や常連客などに関係がバレたことがきっかけとなって、やがて家族にバレてしまうというケースもあります。

不倫は「誰にもバレない」ことが大原則です。

「こじれない」

不倫関係でお互いの気持ちにズレが出始めると、普通の恋愛関係以上にストレスを感じやすくなります。女性側が、こちらの都合を無視して会いたいと言ってきたり、約束の連絡方法以外のコンタクトを取ってきたり、家庭の話を聞きたがったりする行動は、「こじれる」前兆です。

関係がこじれると、「バレる」リスクが非常に高くなります。

ほかならぬ女性自身が、不倫相手である男性の関係者にリークしたり、SNSなどを使って、あえてバレるような行動をとり始めます。

「マンネリ化しない」

健全な不倫関係には「マンネリ化しない」ことも大切です。関係が長くなると、互いへの興味も薄くなり惰性で関係を続けるようになります。

この惰性を「安心」と勘違いしてしまうと、思わぬことで相手を傷つけてしまったり、周囲への緊張を欠いて、不倫関係がバレてしまうこともあります。

適度な緊張感があるからこそ、不倫関係は続けていけるのです。

2.不倫関係の賞味期限の見極め方

不倫関係の3原則、「バレない」「こじれない」「マンネリ化しない」、これが崩れ始めると不倫関係は上手くいかなくなります。

しかし「バレたとき」「こじれたとき」「マンネリになったとき」が、不倫関係の賞味期限ではありません。

それは、とうに賞味期限が切れた状態であって、不倫関係の賞味期限は、もっと手前にあるのです。

関係当初とは別の連絡方法を作ったとき

不倫関係の賞味期限と不倫関係を終わらせるためのテクニック不倫関係の場合、連絡方法は細心の注意を払わなければなりません。

  • 連絡方法を決めておく
  • メールや電話の痕跡は消去する
  • 連絡可能な時間を決めておく

など、連絡に関するルールを決めておき、それを守ることが大切です。

特に連絡の方法は、1つに限定すべきです。

いくつもの連絡方法があると、証拠隠滅し忘れたり、思わぬところで連絡を受けてしまったりするので、これらを避けるためには、連絡方法は1つに限定しておくべきです。

それなのに、別の連絡方法を作ることを求められると、そこが不倫関係の賞味期限です。

連絡方法の約束を守れなくなるのは、制限があることに不満があるからです。

この不満の解消のために別の連絡方法を作ると、さらに別の不満、欲求が生まれます。バレるリスクよりも、欲求の解消を優先し始めると、一気に不倫関係は悪化します。

お互いのプライベートを気にし始めたとき

お互いの家族や仕事の状況などを気になるのは、「自分よりもそれらを優先しているのではないか」、という不信感の前兆です。不倫と割り切ることができなくなると、関係がこじれ始めます。

そうなる前、が不倫関係の賞味期限です。

会うために、別の予定を変更したとき

不倫相手に会うために、仕事の予定や付き合いを変更したり、キャンセルしたりしなければならなくなったら、もうその不倫関係は賞味期限と思いましょう。こうした行為を続けると、周囲の信頼を失うばかりか、不倫関係にストレスを感じるようになります。

「会うためだから構わない」と思うかもしれませんが、ふたりの関係だけでなく、周囲の状況を冷静に判断できなければ、健全な不倫関係を続けることはできません。

なんだか会うのが面倒だな、と思ったとき

以前は不倫相手に会うのが楽しくて、まわりにバレないように努力してたけど、それが億劫に感じるようになった。「別に嫌いになったわけじゃないけど……」これこそが、もっとも多い不倫関係の賞味期限であり、また見過ごされやすい賞味期限でもあります。

この時期を見過ごしてしまうと、その先には惰性しかありません。惰性で続けている関係であっても、バレてしまうとそれ相応の痛手を被ります。

不倫関係には賞味期限があります。そしてその期限は意外と短いものです。

1つの関係にこだわっていないで、出会い系サイトで新しい相手と新しい関係を築いてみませんか?

不倫関係を終わらせるためのテクニック

不倫関係の賞味期限と不倫関係を終わらせるためのテクニック

始まりがあれば終わりもある、それは出会い系における不倫関係にも同じことが言えます。

でも、別れ方を間違えれば後味が悪くなるだけでなく、不倫ならではの面倒なトラブルに巻き込まれる可能性だってあるのです。

関係を持った以上はお互いに納得し、円滑に別れられる展開が1番の理想ですよね?

1.まずは強い信念を持つこと!

不倫相手との関係を終わらせるためには、「別れたい」という気持ちをしっかり持つこと。

「別れたくない、捨てないで!」「冷静に考えてみよ?」など、相手の説得に負けてしまえばいつまでたっても不倫関係を終わらせることはできません。

テクニック以前に気持ちがブレてしまえば、相手とスッパリ別れるのは難しいのです。

そのため、何を言われても揺るがない強い信念を持ってアプローチしていくことが大切。

別れた後の自分や大切な人のことを思い、「別れたい」という気持ちのモチベーションは常に高い状態を維持しておくのがベストです。

2.別れるための理由を用意する

不倫関係の賞味期限と不倫関係を終わらせるためのテクニック

「飽きたから」「他の女性と不倫してみたい」とストレートに伝えるのはNG!

相手が少しでも納得するような理由を準備すること。

例えば

  • 将来を考えた結果、一緒に居られない
  • 好きだという気持ちが無くなってしまった

こんな感じの理由が、不倫相手と別れる際によく使われています。

でも、「君が○○してくれない」「お前のせいで~」という相手きっかけの理由は避けるべき。

相手は責められていると勘違いし、怒りや悲しみで冷静な判断力を失ってしまいます。

「俺が悪かった……」という自分きっかけの理由を用意するようにしましょう。

3.別れたい気持ちを直接伝える

ここからは、どのようにアプローチしていくか?について紹介していきます。

別れたいという気持ちを素直に伝える、1番オーソドックスなアプローチ方法です。

遠回しなアプローチに比べて大胆かつわかりやすいですが、突然の告白に相手は動揺してしまうので、冷静に考えさせるために多少時間がかかります。

さらに、女性は振られることでプライドが傷つくため、相手を刺激しないためにも別れる理由や話し方、使う単語はしっかり選んでいきましょう。

4.徐々にフェードアウトしていく

会う回数や連絡頻度を落とし、不倫相手の中の自分の存在を徐々に無くしていく方法です。

ここでは“徐々”にというのがポイントで、いきなり極端に回数や頻度を減らすのはNG。

距離を離していくことで自分に気持ちがないのを悟らせ、冷え切った関係になったところで別れを切り出す!というのもアプローチとしては問題ありません。

ですが、徐々にフェードアウトして相手の気持ちをなくしていき、最終的には女性側から別れたいと言わせる展開が理想です。

しかし、上手くいけばお互い最高の形で別れられる反面、時間がかかってしまう方法なので、強引にでも今すぐ別れたいという人にはおすすめできません。

5.音信不通でバックレる!

不倫関係の賞味期限と不倫関係を終わらせるためのテクニック

「相手の気持ち?そんなのかんけーねー!!」という人には、音信不通が最適な手段です。

どうしても不倫相手から逃げたいのであれば電話帳から消し、着信やLINEを一切無視してバックレる、これが一番手っ取り早い方法かもしれません。

でも、この方法が有効なのは不倫相手に自分の情報を与えていない場合だけです。

相手に気持ちが無ければバックレて終わる可能性が高いですが、そうでないときは「こんな別れ方納得できない!」としつこく付きまとわれる恐れも……。

さらに、不倫相手が住所や職場を知っていた場合、そこまで押しかけられることも考えられるので、バックレられるかどうかは事前に判断しなければなりません。

失敗すれば関係が面倒になるだけなので、実践する相手は慎重に選びましょう。

6.不倫相手の性格によって使い分ける

別れを切り出す方法にはいくつかパターンがありますが、自分がしたいアプローチを選ぶのではなく、相手の性格を考慮して使い分けることが大切です。

例えば、「物事をハッキリさせたい」「ウジウジしたのが嫌い」という女性、こんなタイプに遠回しにじわじわとアプローチをかけていては相手を刺激するだけ…。

また、「ヒスっ気がある」「自分に依存している」という女性、いきなり気持ちがないことを伝えてしまってはどんな行動や復讐をしてくるかわかりません…。

自分にとって最良の方法だと思っても、相手にとってはそうでない可能性があるのです。

付き合いが長いと別れるのが大変ですが、それだけ一緒に居れば相手のこともわかるはず。

お互い納得して別れるためには、相手の気持ちを考えて行動するのが大切なのです。

不倫関係を終わらせるためのテクニックまとめ

出会い系を利用するなら女性を口説くテクニックは大切ですが、不倫関係を持つ以上はちゃんとした別れ方も身に付けていかなければなりません。

既婚者と付き合うのは刺激的である反面、リスクが伴う関係性。

気持ちのきちんと整理をして次の女性を探せるだけでなく、不倫のトラブルに巻き込まれないための自己防衛にもなるのです。

知識だけでなく経験も必要なので、出会い系サイトをガンガン利用して自分のスキルを磨いていきましょう!

セフレを探すならW不倫を狙え!W不倫のメリットと、ハマる人妻の心理とは?

07 W不倫の続け方

セフレを探すならW不倫を狙え!W不倫のメリットと、ハマる人妻の心理とは?

いつの時代も、障害があればあるほど恋愛は燃え上がるもの。親に結婚を反対されたから駆け落ちする、なんてことが数十年前まではたくさんありました。けれど時代は変わり、恋愛に障害がある、なんて状況はよっぽど上流階級の出身じゃないとありえない環境になりましたね。

そして、このことをちょっと物足りないと感じている女性は、意外と多いんですよ!

今の時代の新しい刺激って?

そのかわりに何が刺激になっているのかというと、「結婚しているのに恋愛をしてしまう」という環境です。そうです、不倫や浮気のことですね。特に女性は、何歳になってもドラマチックな状況が大好き。夫がいるのに他の男性と……という状況に憧れたことがない人妻なんて、いないと言っても過言ではありません。

その証拠に、女性誌コミックや遅い時間帯のドラマを見てみてください。不倫モノで溢れています。そして最近は「不倫モノ」と言っても「好きになった人に奥さんがいた」なんて昔ながらのありふれた設定では、反感を買ってしまいます。正義感を振りかざした「そういう不倫をする方が悪いんでしょ!」という女性たちからブーイングの嵐ですよ。武井咲主演のドラマ「「せいせいするほど、愛してる」が評判が悪かったのも、女性が共感できる内容ではなかったからでしょう。

けれどこれは、「羨ましい!私もそういう恋愛がしたいのに!」という嫉妬の裏返しのブーイングでもあります。テレビの中とは言え、自分ができないことを軽々とやってしまわれると不愉快になる女性が多いんです。自分ができないこととはつまり、素敵な既婚男性と苦しい恋愛をすることです。ということは、現実に不倫願望がある女性が多いということになります。これは、人生にドラマチックさを求めてしまう女性のどうしようもない性でもあります。

だからこそ、最近流行っているフィクションは女性側が既婚者であることが多いんです。女性たちが自分を投影して酔える設定がこれだと、多くのドラマ製作者は気が付き始めています。既婚女性が不倫に憧れているということ、納得してもらえたでしょうか?

既婚男性がセフレを探すなら、W不倫がおすすめ!

つまり男性側が既婚者で女性を口説くとき、「妻がいるけど君を好きになってしまった……」なんてセリフはもう古いんです。それに独身女性を狙っていては、「いつ離婚してくれるの?」なんて責められることになりかねません。最近は結婚願望(しかも専業主婦願望)が高い若い女性ばかりですからね。だからこそ今セフレを探すなら、お互いが既婚者の不倫、つまりW不倫がおすすめですよ!

W不倫のメリットとは?

W不倫のメリットはまず、男性側が責任を取ることが少ない点です。

最初から「お互い離婚するつもりはない」ということさえ確認していれば、離婚を迫られることはありません。なぜなら、あなたと結婚するためには女性だって離婚をしてこないといけないからです。自分に責任がある離婚をしたいと思う女性なんていません。お金の問題や、親権の問題にかかわることなのでこれは絶対です。浮気して離婚する方になってしまうと、子供と離れ離れになるうえに慰謝料も取られてしまいます。そんなリスクをおかす女性はいません。

「夫とは別れないけど刺激がほしい」「結婚しているけど恋愛のドキドキを楽しみたい」そういった既婚女性なら、W不倫の誘いを喜んで受けます。これなら、男性だからといってあなただけが責められることは決してありません!

つまり独身女性よりも誘いやすいうえに、責任を問われることが少ないのがW不倫なんです。

W不倫に応じる女性の特徴とは?

W不倫に応じる女性はドラマチックな状況が大好き。夫との穏やかな関係を物足りなく感じているということは、激しいセックスやアブノーマルなプレイに挑戦したい気分だって抱えています。何をするにも演出次第ではありますが、「普通とは違う」という特別感、「夫とは味わえない背徳感」の2つを意識すれば、たいていのことには応じてくれます。

女性側だって、「もう私は夫以外に相手にされないのでは?」という不安を感じて日々を寂しく思っています。これは男性からしても、よく分かる心理ですよね。「このままで終わりたくない、もう一度一花咲かせたい」と思うのは、男女共通の心理なんです。

ドラマチックさの演出をすることって、意外と楽しいもので。昔できなかったキザなことをやってみたり、妻に言うと馬鹿にされそうなセリフを言ってみたり……気分が若返ること間違いないですね。しかも女性側はドラマチックさを求めているから、そういうことも喜んで受け入れてくれます。これも実は、男性側のメリットといえるでしょうね。

W不倫のすすめ

これからセフレを探したいと思っている男性は、ぜひW不倫に挑戦してみてください。これが今一番、あとくされもなくセックスと恋愛を楽しむことができる状況です。早い人はもう気が付いていて、人妻狙いのナンパ師なんかが出てきています。このブームに遅れないように、満足のいく人妻セフレをゲットしてくださいね!

不倫を続けるコツ・不倫を早く終わらせる方法

07 W不倫の続け方

不倫を続けるコツと不倫を早く終わらせる方法……対極にあるこのふたつ。

実は、不倫を楽しむならどちらも必ず覚えておきたいポイントなのです。

始めるのは簡単?難しいのは「継続」と「終了」

実は、男性にとって既婚者というのはひとつの武器になる強み。

結婚までいけた男性なら、少なくとも女性の扱いに慣れ女心を理解し、ある程度の人柄まで掴める…というのが女性側の意見と言えるでしょう。

「合コンで指輪を外す」というのは昔の話。今ではあえて日焼けをして、指輪の跡がわかるくらいが「奥さんを大切にする、優しい男性」としてウケも抜群です。

また逆に、既婚者の女性と言えば主婦でもママでもなく独身時代には当たり前だった「女性」を取り戻せるのが不倫の魅力。

男女問わず、一度限りの不倫を楽しむのは思っている以上に難易度は低いです。

とは言え、難しいのがこの不倫を継続すること。そして更に、不倫を終わらせること。

実は不倫で気を付けたいのは、この「継続」と「終了」のふたつなのです!

不倫を長く続けるには

では、はじめに不倫を長く続ける難しさから攻略法、注意点をご紹介します。

一期一会になりやすい不倫

「なんとなく」というその場のノリでセックスまでもっていけるのが不倫の特徴ですが、その分、事後は冷静になり「不貞行為は良くない!」と後悔する人も。そのため、あれだけ盛り上がってヤッたにもかかわらず、リピなく放流されることも少なくありません。

正直、男の方も「人妻とヤル!」「不倫したい」と頑張ったものの達成感からテンションが下がることもありますが、やはりセフレとしてキープしたいのも本音。

冷静になったまま終わってしまう女性とは、温度差が出てしまいます。

長く続けるには適度な距離感

どちらかが不倫であれW不倫であれ、大切なのは適度な距離感。恋人でも略奪愛でもない、フワフワとした関係なら重さもないため「細く長く」続けることは可能です。

時に都合よく扱ったり扱われたりするのも、距離感をキープするには重要。そのため、変に時間やお金を使い、拘束するのも避けたいところ。

あくまでも「お互いタイミングが合えば、また遊ぼう」くらいの方がセフレとして長く引っ張ることができます。

マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない」のですから、マンネリに陥らないようにしましょう。

刺激がなくなると切られやすい

とは言え気を付けいたのが、距離感が離れすぎて「放置」すること。釣った魚にエサをやらない状態では、とたんに女性の心は離れてしまいます。一見、嫌われやすいセックスのプレイも、女性にとっては十分な刺激になるので、ぜひ、適度に二人の関係が深くなってきたところで、新たなプレイを投入しいつまでも刺激的な空間を作り出していきましょう。

不倫を早く終わらせるには

そして、意外に気を付けたいのが不倫を終わらせる時。どんな場面でトラブルになりやすいのか、また美しい清算方法もご紹介します。

トラブルになりやすい不倫の終わり

女性からの音信不通で寂しい想いをする男性も少なくないですが、実はまだマシな方で、最も怖いのは「相手の女性は別れたくない」という場合。

特に「旦那と離婚するから一緒になって」と暴走したり「奥さんと別れるまで待ってる」なんて考えたら、社会的抹殺のリスクもゼロではないのです!

終わらせるには”嫌われる男”を演出

最も無難に終わらせるのは、相手の女性から嫌われるような男を演じる方法。中でもセックスで前儀の時間を減らしたり、フェラや体位など自分優先の楽しみ方を続けたり…セックスに関する不満を相手の女性に抱かせるのは効果的。

不本意かもしれませんが「こんな男、こっちから願い下げよ!」と振られるくらいが、トラブルなく不倫を終わらせるやり方として簡単です。

ただし、いきなりガラッと変えるのは冷静さを失うほど女性が怒る場合もあるため、徐々にさり気なく嫌われる男を演出していくのがベスト。長い付き合いなら、1か月程度時間をかけて終わらせるのが良いでしょう。

音信不通は大トラブルに

一番やってはいけないのが、面倒くさくなって「フェードアウト」を狙うこと。相手の女性が別れたくないというオーラを放っている最中に、自然消滅を狙って音信不通にするのは非常に危険です。

「あいつだって既婚者だし」「わざわざ不倫を告白するはずない」と思ったら大間違い!

怒り心頭の女性なら、どんな状況であれ攻め続けます。また、一度冷静さを失った女性の場合、復縁をするためでなく復讐をするために連絡を取ろうとすることも……。

電話をしたりメッセージをしたり、しつこく粘着する可能性もたかいので音信不通をして逃げることだけはやめましょう。

まとめ:セックスを楽しむ!不倫を楽しむ!

結局、不倫をする最大の目的としては「セックスを楽しむ」そして「不倫を楽しむ」という部分ではないでしょうか?

出会うまでに力を注いだあの努力をほんの少し、継続させたり終わらせるのにも活用すれば、少なからず最悪のトラブルは避けることが可能です。

リスクがあるからこそ、より面白くなるのが不倫の醍醐味。ぜひ、トラブルが起こりやすい「継続」と「終了」は上手に立ち回って、数多くの不倫経験を積んでいきましょう。

セックスのテクニックだけでなく、立ち回りの技術も女性を落とすのには必要ですよ!

ページの先頭へ