「04 W不倫メールのコツ」の記事一覧

出会い系にいる人妻は自分の存在を証明したい

04 W不倫メールのコツ

「存在の耐えられない軽さ」という映画がありました。

子育てを終えた主婦は例外なく、一度は自分の存在の軽さに思いをはせ、人知れず悩みを持ったりするようです。子供が小さいころは育児がものすごくたいへんだからそんなことは考えません。育児期間は、大変ではあるけれど、母親として人生の充実期でもあったわけです。

それが終わって、子供に手がかからなくなることは嬉しい反面、それまでの充実した生活にふと隙間が出来てしまうことでもあり、その隙間を何か別のもので埋められないと、自分の存在が軽いものに思われて来たりするわけです。

しかも、子育てが終わる適齢期である30代半ばは年齢的に、女としてもっとも美しさが出て来ると同時に、性欲も高まりを見せる時期にもあたります。ところが旦那とはすでに倦怠期であり、旦那が年上だと年齢的に減退期を迎えている頃になります。

そうしたさまざまなことが重なり合ってこの年代は、女性を惑わせる時期でもあります。そうした惑いが、出会い系サイトへの登録へつながるのです。

その関係を知って、一番美しいこの年代の女性を口説くことを考えます。

自分の存在を確かめたくて出会い系に登録する

家庭の中にあって、自分の存在を軽く感じるのは何も、子育てが終了したからだけではありません。

それと同等かそれ以上に大きいのは、旦那との関係です。セックスレスによって女としてのプライドも保ちにくくなっているときに、母親としての役回りが一段落して、一気に自分の存在に疑問を持ち出すわけですね。

母親としても、女としても、自分の存在を軽く感じたとき、ふと頭をもたげるのが、家の外で自分がどう見られるかです。

というよりも、家の中での自分のあり方に存在の軽さを見出してしまった以上、自分のことを気にかけてくれる視線は、もはや家の外に求めるしかありません。

しかし、いかに不倫や浮気にまつわる世の中の風潮が乱れて来ているといっても、自分の家庭を壊すことなど毛頭考えません。

たとえ周囲に懇意にしている異性がいるとしても、人妻はおいそれとその男性に視線の意味など確かめられません。近所での浮気は危険すぎるからです。

存在の軽さに悩む人妻が出会い系に登録するのは、安全を担保した上で、自分の存在を証明したいがゆえです。

挨拶だけでも嬉しい

自分の存在の軽さに悩んで出会い系サイトに登録して来た人妻にとっては、毎日挨拶のようなメールが来るだけでも嬉しいものです。

出会い系ではまだ、女性が少数派なので、登録をするだけで男性会員から大量のメールが来てしまい、読むのも面倒な状態になるので、ありきたりのメールなど送っても無駄だと言われたりします。

しかし挨拶であれ、毎日複数のメールが押し寄せる状況は、それだけ自分の存在に対するプライドの回復につながります。ですから、メールを送ることは決して無駄というわけではないのです。

こうした女性にとっては、何もしないこと、つまりスルーすることが一番うまくないわけですから、挨拶だけでもしておくことは決して無駄にはなりません。ですから、気になったら、どんどんメールを送ることです。

悩みを聞いてあげる

挨拶のメールの後は、ありきたりになりますが、悩みを聞いてあげることです。人間は、話を聞いてもらえることで、自分の存在が確かめられるようになります。端的には安心が出来、安定してきます。

そうして徐々に自信の回復が出来てきたら、少しずつ話題を旦那にまつわることに振ってみます。

そこで人妻の方から旦那の悪口を切りだしてきたら、おおいに脈があると判断して差しつかえありません。

そもそも、浮気や不倫に踏みだすことを考えている女性に共通の話題は、旦那の悪口だからです。

まして、自分の存在の軽さの根源とも言えるセックスレス状態を作っている旦那に対して、人妻が良く言うわけがありません。もう反応は見えているようなものなのですが、念のために確かめておきます。

女として扱われることが人妻の存在を証明する

旦那と夜の生活のないことを確認したら、人妻に女としての自信を回復させることに腐心します。ここが一番のポイントですから、焦らずにじっくりと取り組みます。

恋愛や性の快楽には、せつな的であれ、悩みや苦痛を忘れさせてくれる効用があります。

存在の軽さに悩む人妻が、女としての扱いを受けることは、実際にまだセックスはしていなくても、もはやそれだけで充分、女としての自信を回復させられるようになるものです。

ここまでくれば、家庭内での退屈な日常生活のことは忘れて、非日常に新たな生きがいを見出せるようになります。

こうして自分の存在の軽さから逃れられるようになったら、それをしてくれたあなたは、人妻にとってかけがえのない恩人となるわけですから、会うのは造作ないことです。

ファーストデートが、そのままベッドインになっても、違和感はどこにもありません。

出会い系の人妻には必ず冒険心がある

人妻によって求める冒険のレベルはまちまちです。

メルトモで十分な人妻もいれば、キスフレまで、キスフレならソフレまで、やるからにはやはりセフレでなければと、いろいろな段階があります。

求める冒険の段階はともあれ、そこに共通しているのは、夫ある身でありながら、それでも冒険がしてみたいという気持ちです。

射幸心というと男の専売特許のように思われるかも知れませんが、実は女性にも強く根付いているものなのですね。

主婦という冒険心を満たしにくい環境にいればいるほど冒険心は頭をもたげてきます。

とりわけ出会い系に登録している人妻には間違いなく冒険心があります。

出会いは運であるとか、チャンスは前髪でつかめと言われたりします。

こと出会い系では、相手が欲しがっている時、欲しがっているものをいち早く見抜き、テンポよく差し出して上げれば、出会いは成立します。

冒険心に素早く応えてあげさえすれば、出会い系の人妻はわけなく入れ食い状態になります。

出会い系で女の身体目的で遊んでいたつもりが、ひょんなことから相手が本気モードになって困ったなんてことも、一再ならずおありだと思います。

相手が独身女なんかだと本当に往生することもありますが、人妻はそういうときでも便利ですね。

夫ある身でありながら……、は人妻にとって最大の泣き所であり負い目ですから、万が一人妻が本気モードになって、処置に困っても、「夫ある身なんだから」とたしなめることができるからです。

これを言われると、たいていの人妻はしょぼんとしながら黙ってしまいます。黙るしかありませんからね。可哀相ではあるのですが、まぁ遊びですから仕方ありません。

この負い目があるから、人妻との出会いには隠微さがともない、他では得ることのできない快感をえられますから、不倫はやめられません。

夫ある身の冒険者ほど、美味しい獲物はありません。

そして、出会い系サイトに登録したとき、人妻はすでに夫ある身の冒険者なのです。

「同性にモテる」ということを伝えるテクニック

04 W不倫メールのコツ

女性と仲良くなる為には、警戒心を解くために信用してもらう事が大切です。

メールを何通も送るなどの地道な努力の結果、信用してもらうこともあります。

しかし、基本的に女性は出会い系サイトに登録している男性を疑ってみている事が多く、本当に信用してもらうためには非常に時間がかかるのです。直メを教えてもらうだけでも、相当時間のかかる女性もいます。

信用してもらえるかどうか分からないテクニックを試すよりも、ちょっと変わった方法をためしてみてはどうでしょう。

同性にモテるるというテクニック

同性にモテる!

というのを全面に出してメールのやり取りをするのです。もちろん、同性にモテるというだけなので、同性愛者ではありません。

「彼女が欲しい!遊ぼうよ!会おうよ!」と押しまくるよりも、女性に「何?この人変わってる」と思わせる方がスムーズにいきます。

俺自身は女性が好きなんだけど、よく男性に告白されるんだ……

というのを悩みとして気になる女性に相談するのです。女性は不思議なもので、男性でも同性愛者の男性に対しては何故か警戒心を直ぐに解きます。

同性愛者の場合は、女性に対して興味が無い前提なので納得できますが、同じようなノリで男性にモテると聞くと、一般の男性よりも早く警戒心を解きます。

しかもそれを相談してくるので、不思議な興味が湧くのです。

女性が会ってみたいと思う男性

女性の場合、会ってみたいなと思う男性は、気が合いそうという以外に、

  • 興味がある
  • 信用できそう

というのがあります。

男性にモテる男性は、この二つを兼ね備えているのです。

男性にモテると聞いただけで、女性に優しいイメージもあり、男性的な強さもあります。あまり説明しなくても、勝手に良い方へ解釈してくれるのです。

同性愛者では無いので、「彼女は?」と聞かれたら、前に居た事はあると答えます。そして、友達も男性ばかりで、女の子の友達が居ないと相談してみるのです。警戒心を完全に解いてくれた女性ならば「わたしが友達になろうか?」なんて立候補してくれる可能性大なのです。

女性に異性だけれど、同性のような人と認識してもらうと、更に警戒心を解いてくれます。メールのやり取りで、相手の女性がハマっているキャラクターなどがあれば、実は俺も好きなんだよね、とまるで女の子同士のような内容にするのです。

女性が友達として認識してくれると、会うのは非常に簡単なのです。デートが決まったら、なるべく綺麗な中性的なイメージのファッションで行くと完璧です。後は徐々に男らしさを見せるだけで、すんなりと上手くいきます。

不倫相手探しのメールでやりがちな失敗例5選

04 W不倫メールのコツ

出会い系サイトで不倫相手を見つける時、メールのやり取りで、「どういう口調がいいのか」「どんな内容がいいのか」と悩むことはありませんか?

あまり堅苦しくてもいけないし、かといってタメ口もどうかと……。

まだ知り合ったばかりで、直接会ったこともない相手には、メールの印象がすべてです。本来なら、あなたのイメージに合ったメールをすればいいのですが、上手くいかない例は少なくありません。

今回は、「不倫相手探しのメールでやりがちな失敗例5選」をもとに、不倫相手探しのメールについて考えてみましょう。

失敗例その1.クソ真面目と思われないために、弾けたメールを送ったところ、そのまま弾け飛んでしまった例

もともと真面目だけが取り柄のAさん。その真面目さがメールにも出てしまい、出会い系サイトではなかなか女性との話で盛り上がることができません。そこで、真面目で固すぎる文章がとっつきにくい印象を与えてしまっている、と考え、思い切ってはっちゃけてみました。

「ちーっす! 元気ぃ~! 今日仕事でマジ疲れたけど、帰りにバッティングセンターでひと汗流して来たら、チョー気持ちよくなって、ふろ上がりに一杯やってマース! 今何してる? これからビール3缶目をあけるから、飲み終わる頃までには、返事が欲しいっす!待ってマース!」

待てども返事は来ず、この日、やけ酒となってしまったAさん。翌日に自分の送ったメールを見て、唖然としましたが、時すでに遅しです。

失敗例その2.知的な人と思われたくて、博学ぶったが、かえってバカが露呈してしまった例

気になる女性が好きなタイプは「嵐の桜井君」。「そっか、あーゆーニュース番組もできる頭にいい人が好きなんか……、よし!」と、何を思ったのか、Bさんは知的キャラを演じてみました。

「こんばんわ。先日、フィギュアスケートの浅田真央さんの引退会見、ご覧になりましたか? 自分なりにやり遂げた人って、まぶしく見えますよね。ところで、ロシアの男子スケーターで「皇帝」と呼ばれた、フルチンコ選手も引退を表明したことをご存知ですか? 彼も多くの後輩に目標とされる素晴らしいスケーターでした」

フルチンコって、そこ間違っちゃダメでしょ。(注:正しくはプルシェンコです!)

失敗例その3.自分には誠実さしかない!と思い、ガチガチの仕事モードメールになってしまった例

失敗例1.2はムリなキャラ変更をしたことが仇となったケースですが、こうしたキャラ変更をしなくても、失敗してしまう例があります。

誠実さで仕事先でも信頼の厚いCさんのメールを見てみましょう。

「突然のご連絡失礼いたします。私、平成28年4月1日に出会い系サイト○○に登録いたしました、△△と申します。本日は、◇◇さまに、ぜひご挨拶をいたしたくご連絡申し上げました。ぜひ今後とも、情報交換などさせていただきながら、お互いにメリットのあるお付き合いをさせていただけたらと思っております。今後のご連絡時間など、都合の良い日時をご連絡いただきましたら、こちらで調整の上、ご連絡させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします」

仕事か!?誠実というより、ビジネス感しか伝わりません!

失敗例その4.優しい人をアピールしようとして、全生命への愛を語ってしまい、宗教チックになってしまった例

自分のいいところをアピールしよう!と頑張り過ぎて失敗してしまう人もいます。
次はそんなDさんのメールです。

「こんばんは。今日は1日あいにくのお天気でしたね。傘を持っていなかったので、駅までダッシュしようとしましたが、いけない!自分が跳ね上げた雨のしずくが、そばを歩いている人にかかってしまうかもしれない、と思い、足を止めました。見渡してみると、真新しい制服の学生さんや、春らしいキレイな色の靴を履いた女性もいました。『あ、この人達にイヤな思いをさせなくて良かった』って思いました。僕が雨に濡れることなんて、たいしたことはありません。むしろ雨は作物を育てる、神の恵みです。僕はその神の恵みに直接触れられる喜びに包まれています。」

怖いです、こんなメール。「ところで、○○さんはどういうときに神のご加護を感じますか?」とか、聞いてきそうです……。

失敗例その5.ネガティブな話題はダメ!愚痴はダメ!と考えすぎ、妙なテンションになってしまった例

では最後に、出会い系サイトで嫌われるメールの鉄板!ネガティブな内容や愚痴の多い内容のメールです。そうならないように、精一杯頑張ってみたものの、かえって妙なテンションになってしまったEさんの失敗例です。

「こんばんは。今日僕は、会社で上司とひと悶着しちゃいました!まぁ上司の立場も分かるし、言い分も分かるけど、そういうことじゃなくて、もっとポップにできないのかなぁ、って思うんですよね。揉めるの嫌じゃないですか、ネガティブになるし、愚痴も多くなるし。だから僕みたいに、絶対にネガティブじゃなくて愚痴も言わない方がいいと思うんですよね。僕、言ってないですよ、ネガティブ発言も愚痴も!」

これはもう、どうしようもないですね……。

このように、出会い系サイトでの不倫相手探しメールは、広く言われている「こんな口調がいい」「こんな話題がいい」は、必ずしも万能ではありません。あれこれ考えすぎず、あなたなりの、あなたの良さがちゃんと伝わるメールが一番です!

出会い系サイトで返信率をアップさせる意外な方法

04 W不倫メールのコツ

出会い系サイトで返信率をアップさせる意外な方法出会い系サイトの中で一番お金がかかるのは、メールを送信することですね。

出会い系サイトによって1送信ごとの料金は異なりますが、相場は大体50円程度。

メールの返信率は3割程度といわれていますから、例えば10人に送ったら3人のみ返事が来ます。

50円×10人=500円

その内7人に送ったメールが意味のないものと考えると、350円は無駄に終わるという計算になります。

そして返事があった女性とやりとりを続けていると、いつの間にか返事が来なくなったり、なんか合わないなと思ってやり取りの継続が難しい女性も必ず出てきます。

そうなると、再び新しい女性にメールを送らなければいけない状況に……。

出会い系サイトを利用していると、そういったことの繰り返しになるので、どうしてもメールの無駄打ちというのは出てきます。

そこで考えたいのは、メールの返信率。返信率が高くなれば、それだけ無駄使いもなくなりますね。

しかし大半のケースでは、いきなり「友達になりましょう!」とお誘いメールを送るのが一般的。しかし、これではイケメンでもない限り、どうしても返信率は下がります。

そこで返信率をアップするのに有効活用したいのが、日記です!

日記のメリットとは

出会い系サイトでは、コンテンツとして日記を用意しているサイトが多いです。日記は普通にブログ感覚で、日々あったことなどを文章や写真を使って載せていくもの。

「日記なんて出会いに繋がるわけでもないし、書く意味がない」と思っている人もいるかもしれません。しかし、実は日記経由で仲良くなってから、メッセージのやり取りをする男女も非常に多いんです!

しかも出会い系サイトの日記は閲覧無料でコメントの書き込みも無料というところが非常に多いです。日記きっかけで新たな出会いを見つけるのも一つの方法です。

また日記のメリットとして、素人女性を見つけやすいという点もあります。業者やサクラは手間の掛かる日記をほとんどやりませんから、素人女性を簡単に見つけるには日記はとても有効です。

日記の攻略法とは

基本的にどんな人にでもコメントしていいのですが、一番コメントしやすいのは、

  • 「はじめまして!」
  • 「初登録!」
  • 「初日記!」

などの書き込み。
相手もまだサイトに登録して間もない状況なので、固定の友達ができていない状況。

書き込めば、いち早く友達になれる可能性があります。書き込む内容は最初は簡単なもので十分です。

「はじめまして○○です。日記見させていただきました。お互い楽しみましょう!僕の日記も見てくださいね!」

こうやって書けば、特にメールを送らなくても友達関係に発展する可能性が高いです。また、すでにサイト利用が長い相手でも日記を見て、書き込むことが可能です。

例えば相手が日記に旅行や趣味のことを書いていたとしましょう。

出会い系サイトで返信率をアップさせる意外な方法そこでは少しでも自分に共通のものがあれば、そのことを書き込みましょう。そこをきっかけに仲良くなれます。

女性「先週は沖縄に旅行に行ってきました!天気に恵まれ、海も綺麗で最高だった!」

自分「はじめまして、初めて書き込みさせていただきます○○と申します。自分もつい最近沖縄に行ったので、ついつい書き込みをしてしまいました。沖縄最高ですよね。自分もまた行きたい!」

このように相手の日記を読んで自分の感想を書くと、それをきっかけに友達関係に発展していく可能性が高いです。

日記のやり取りに成功したらメールでお誘い!

日記でのやり取りに成功したら、その相手に直接メールで連絡を取ってみましょう。

日記でのやり取りはサイト利用者全員が閲覧できてしまうため、プライベートな会話を楽しめる場ではありません。日記の書き込みをお互いにするような関係になったらメールでやりとりしましょう。

お互いのことがわかっているので、そこで返事がもらえないという可能性は極めて低いはずです。このように日記を経由することで、圧倒的に返信率がアップします。

若干手間かもしれませんが、お金がかかるわけでもないのでお勧めの方法です。ちなみに日記は相手の日記に書き込むのも良いですが、自分自身の日記も書いておくのがお勧めです。

男性の場合は日記を書いても、見ず知らずの女性が見てくれることは少ないのですが、やりとりをきっかけに自分の日記も見てくれる女性が現れる可能性があります。

しかも日記は自分の素性を明かせる場所でもあるので、安心感を与え、相手との親密度がアップする重要なものです。

最初のうちは誰も見ないかもしれませんが、こまめに日記を書いておきましょう。そしてその内容はできるだけ、人間性がわかるようなプライベートな書き込みがお勧めです。

この方法を使えばポイント消費が圧倒的に減り、返信率もアップしますから一石二鳥です。なかなか返信が来なくて悩んでいる人はぜひ実践してみてください!

40代がモテている今だからこそ、自分に自信を持って積極的になりましょう

04 W不倫メールのコツ

本日は、わたしと同じ40代男性に出会い系サイトでのW不倫をオススメします。

もし、いま日々の日常に「恋愛感情」や「ときめき」といった気持ちが不足している中高年男性のかたがこれをお読みでしたら、どうか知ってください。

2017年になった今、あなたが恋愛に積極的になるだけで、必ずと言ってもいいほど相手が見つかる状況なんです。

なのに、なぜ行動しないんですか? なにも街中の衆人環視の中でナンパをしろというわけじゃないんです。ただ出会い系に登録して好みの相手を探すだけでいいんです。

なんなら、メールが来るのを待つだけでも可能性はあるでしょう。それくらい、いま出会い系サイトでは中高年男性が求められていることを知っておくべきです。

中高年男性がモテることはデータとしても実証されているのです。

「3度目のモテ期」は40代でやってくるって本当か? アンケート調査してみた結果…

40代男性1000人へ事前調査したところ、40代でモテ期を経験した人は319人と実に3割。中年というハンディを考えればこの数字は破格だ。

「会社の後輩主催の合コンに呼ばれることがあるのですが、ガツガツしていないのが逆に新鮮なんでしょうね。トークも自分語りではなく、相手や部下を褒める。そうすると“余裕ある大人の男性”だと勝手に評価が上がっていき、この1年で20代のコと4人も付き合えました」(42歳・金融)

さらに、この40代モテ期は「人生3度目のモテ期」であることが36.7%と最多。1度目・2度目と合計すれば75%を超える。

つまり、「常にモテるイケメンではない普通の男性が、40代でなぜかモテだす」現象が起こっているのだ。

https://news.nifty.com/article/magazine/12193-20161204-1248355/

いかがでしょうか? ちょっと心当たりがあるかも……と感じた人もいるのではないでしょうか?ちなみに、私は思いっきり「ふつうの男性がなぜか40代でモテだす」パターンでした。

40代男性は恋愛が面倒

そもそもの話として、中高年男性は恋愛に積極的ではありません。それは「恋愛」というものにたいして、飽きていたり嫌になっていたりすることが多いからです。

  • 「もう恋愛は面倒くさい」
  • 「仕事が忙しくてそんなヒマがない」
  • 「性欲がなくて、セックスそのものにもうあまり興味が無い」

などなど。世の中の中高年男性の多くは、こういった理由で女性を求めていなかったり、最初から諦めていたりするのです。

求めている女性といえば、キャバ嬢のようなお金を払えばこちらを褒めて気持ちよくしてくれるだけの都合のいい存在なんです。あるいはオナニーのネタとしてのAV女優だったり。同年代の一般女性には目もくれないのが普通になりつつあります。

だからこそ、40代男性にはライバルが少ないのです。

一方で女性は恋愛がしたい

しかし、実はその同年代の一般女性こそ積極的に恋愛をしたがっていることが多いのです。女性の性欲は40歳あたりがピークであるとも言われています。さらに、専業主婦ともなれば人とのふれあいが極端に少ないのもあって、人肌恋しくなります。

抑えきれない性欲と、日常生活における人とのコミュニケーションへの飢え。それらが合わさることで「誰でもいいから、私を連れ去って!」と、まるで恋に恋い焦がれる乙女のような気持ちになってしまうのです。

男性はキャバクラなり風俗なりで、異性との会話や性的なコミュニケーション欲求を簡単に満たせますが、年配の女性はそうはいきませんよね。

ホストクラブの客層なんてのは若い風俗嬢がメインですし、出張ホストを呼ぶにしろ継続的な関係を考えたら大金がかかります。平均的なサラリーマンの家庭ではそんなホスト遊びする余裕なんてものもありません。

そんな迷える年配の女性たちが流れ着くのが出会い系なわけですね。

でも、そこには思ったほど同世代の男性はいないんです。一昔前であれば、女性というだけで出会い系ではちやほやされてありがたがられる存在でした。ですが、今はそれほどでもありません。

なにしろ出会い系に登録する女性が増え続ける一方なのに対し、男性のほうはといえば横ばいかむしろ減ってすらいます。

いつ効果がでるのかまったくわからないアベノミクスに加えて、トランプ大統領誕生による世界的な混乱への不安もあり、貯蓄傾向が強まっています。出会い系にお金や時間をつかうのがもったいないと考える男性も多いことでしょう。

だからこそ、会いやすさでいえば今が圧倒的に有利だと言えます。男性会員のライバルが減って女性会員が増えたことにより、男女バランスが均等になりつつあることも要因の一つですが、出会いに対して消極的な男性が増えていることがあげられます。

それは現実社会だけではなく、せっかく登録した出会い系の中においてすらそうなのです。特に中高年の男性は、登録してみたはいいものの「待ち」の体勢で自分から仕掛けることは少ないように思えます。

そこには、恋愛に対する恐怖心のようなものがあるのではないかと、私は思います。

中高年が恋愛を求めるのは恥ずかしいこと……そんな間違った認識をしていませんか?

中高年が恋愛に踏み出せない大きな理由として

  • こんな歳で相手を探しているだなんてみっともない……
  • いまさら恋愛に意欲的だなんて恥ずかしい……
  • もし、フラれたりしたら若いころとは違って立ち直れなさそう……
  • 相手ができるとは限らないから「骨折り損のくたびれ儲け」になってしまいそう……

そんなネガティブな理由があげられます。あなたも思い当たるフシはありませんか? 事実、中高年代でパートナーがいない男性・女性は最初から出会いを諦めてしまっている人たちがほとんどです。

まじめに出会いを探し始めた中高年代の方たちは、すでに恋愛相手をしっかり見つけて第二の人生を歩み始めているのですよ。

当たり前の話ですが、行動しなければ何も変わりません。いま、幸せな思いをしているひとは皆さんすべてが自ら幸せをつかみたいと思い、行動した結果なのです。

あなたはなにか行動を起こしましたか?「女性とセックスをしたい」という気持ちがあっても、どうせ自分にはもう無理だからと諦めて、アダルトビデオを借りてシコシコとオナニーをするだけで満足してしまっていませんか?

とはいっても、普段の生活において出会いの機会がそもそもないのもまた事実。若い世代であれば合コンや友だちの紹介などが自然とまいこんでくるものですが、中高年世代となるとなかなかそうもいきません。

今、中高年の出会いは男性も女性も、インターネットを通じた出会い系における出会いがメインとなっています。

もう一つの選択肢としては結婚相談所のような、中高年専門の出会い仲介サービスのようなものがありますが、これは結構な額の金額がかかる上に、自分の好みの女性がみつかることはめったにありません。

いくら「こういう女性がいいです」と詳細なプロフィールを伝えたとしても、紹介されてくる女性はそれからかけ離れた女性ばかり。どうにかして会員同士で当てはめようとしてくるので、望まない出会いを強制されてしまうこともしばしば。

悪質なところであればサクラのような架空の女性会員を紛れ込ませているところもあります。メールアドレスを交換するには別料金でいくらだの、優先的に会うことが出来る権利がいくらだのと、詐欺そのものな商売です。

その点、出会い系であればいつでもどこでも自分のペースで始められますし、こちらで紹介しているサイトは日本でもっとも有名で利用者の多い安全安心な出会い系です。わずか数千円程度の金額で、存分にお楽しみいただけます。

女性との出会いに何万円もかける必要はないのです。そんなお金があるのなら、女性とのデートにつかいましょう。

中高年の魅力はその経験からくる人間としての完成度

もし、あなたが自分の年齢が出会いに対してマイナスポイントになっていると思っているのなら、それは大きな誤解です。

むしろ、今の時代は40代以降の男性がすごく人気があるんです! 同年代の女性はもちろんのこと、若い女性の間でも中高年男性の魅力に気づく人が増えてきているのです。

わたしは昔、女性は若ければ若いほどいいものだと思っていました。いまもそういう考えを持つ男性は多いことでしょう。しかし、出会い系で中高年女性と出会うにつれてその考えはまるっきり変わることになりました。中高年女性……いわゆる熟女は素晴らしいです。

日本には大和撫子なんて言葉がありますが、いまその言葉に最も近いのはその年代だといえるでしょう。

これまでの人生経験から、自分の長所や短所をきちんと把握していて、相手の長所をすぐにみつけてくれる。そんな男を立ててくれるつつましい淑女なんてのは若い世代ではほとんどいないのですから。

中高年同士の出会いで「このひととは上手くいきそう」とお互いが感じた場合、それは長いお付き合いになる可能性が非常に高いです。

人が人との出会いを求めることはとても素晴らしいことですし、そこに年齢制限などは一切ありません。もういい歳だから……、と勝手に諦めてしまうのは、あまりにもったいなくて愚かなことなのです。

あなたがもし40歳だとしたら、人生はちょうど折り返しか少し過ぎたあたりになるかもしれません。

そんな人生の復路を歩むにつれて、自分の気持ちや感情を分かち合えるパートナーがいるといないとでは、充実度に大きな違いを生み出すことでしょう。等身大の自分をさらけ出すことができるパートナーの存在は、人生において必ずプラスになります。

最後にもう一度だけいいます。中高年が出会いを求めることは恥ずかしくも、みっともなくもありません。

むしろ素晴らしくて誇らしいことなのです。その気持ちは絶対に忘れないで下さいね。

40代男性の出会い系戦略

それでは実際の40代男性の出会い系戦略に移ります。

40代にはその年齢でしか出せない多くの魅力が存在します。

今からでも遅くない! その強力な武器活かして素敵な出会いに繋げていきましょう!

 

出会い系なら、不倫相手探しにはうってつけですし、最初から直接会う必要がなくメールやLINEからやり取りを開始できるのも嬉しいポイント。

女性に慣れていない方でもメールなら時間をかけて文章を考えられますし、上手に使いこなせばメールだけで相手をその気にさせることだってできちゃいます。

出会い系でのメールテクニックを習得し、それを実践で活かしながら磨いていけば、40代が恋愛につなげていくのはとても容易いことなのです!

40代を強みにする

まず、「40代のオッサンだから……」というネガティブな思考は捨て去りましょう。ポジティブに、40代であることを武器にするのです。

出会い系や特定の女性とメールでやり取りする場合は、落ち着いた感じを装い大人な雰囲気を醸し出すことがとても重要です。

顔文字やネットスラングなどはなるべく控えるほうが良いでしょう。あまりに使いすぎると逆に引かれてしまうので、たまに簡単なものを使う程度に控えましょう。

40代に求められているのは若さではありません、落ち着き払った大人でワイルドな要素であり、キャピキャピした感じなんて相手の女性は必要としていないのです。

出会い系でも年齢はプロフィール上に記載されます、それはつまり相手はこちらの年齢を把握しながらもやり取りをしているということ。

なので、相手の女性が求めているのはその40代という年齢!その魅力を活かしながら、やり取りを進めていくことが非常に重要なのです。

メールでは聞き手に徹する

女性はお喋りが大好きで、1日に2万単語以上発するそうです。

やり取りをする女性に対しては徹底して聞き手に回るのが鉄則、相手に自分の魅力を知ってもらおうと熱弁するのはNG!

最初はお互いのことを知るためのやり取りが主ですが、ある程度関係が続くと会話のネタもなくなり、日々の不満や出来事を勝手に話すようになります。

「こんな酷いことがあった!」
「あの上司マジムカつく!」

など、思いの丈をぶつけてくる相手に対し

「なるほど、そんなことがあったのか」
「君は悪くないよ」

など、こんな感じで返しながら、熱心に話を聞いてあげているのを装うのがポイント。

この様なやり取りが続けば、相手は自分の話をしっかり聞いてくれる存在と認識しますし、いつの間にか何でも話せる間柄になるほど距離は詰まっていくのです。

俺の若い頃は~というのは絶対NG

メールでもお喋りでもそうですが、「俺の若い頃は~」という言い回しは絶対に使用してはいけません!相手に不快感を与えるだけです。

確かに年上の人は人生経験豊富でためになる知識を沢山持っていますが、説教じみた自分の過去話なんて相手は全然興味ありません。

なので、相手を諭す場合は「~な考え方もあるんじゃない?」や「相手は○○と思ってたんじゃないかな?」など、相手の気持ちを否定せず子供をなだめる様な感じでやるのがGOOD!

同じ目線で物事を見定め、一歩先の思考を持って会話すれば相手は自分よりも優れた人間だと認識するので、大人で頼りがいがある男性と思わせるためにはこういった言い回しが必要になるのです。

40代であることを逆に武器にするメール戦術まとめ

メールでのやり取りでもっとも重要なこと、それは「面倒臭がらず、しっかり相手と接すること」です。

しっかり相手の話を聞くことだって大人の魅力の1つ、まずはそこで相手を探りながら地道に距離を詰めていくのが大切。

関係を維持し、隙あらばデートやホテルに誘う。そのためにもメールはお互いを知るために欠かせないツールとなっているのです。

このステップ無くして素敵な出会いは生まれません、根気強く続けていきましょう。

不倫をしてしまう人妻は、とある驚くべき特徴を抱えていることが解明される!

04 W不倫メールのコツ

1417763652_804v

不倫をしてしまう人妻たちの共通点ってなんだと思いますか?性的に欲求不満であり、日常生活にストレスを抱え、寂しい気持ちを感じている……、といったところは人妻が不倫をする時の定番の動機ですよね。

しかし、実はそういった動機よりも、もっと根の深いところに驚くべき共通点があることが、イギリスの研究者によって解明されました。

なぜ女性は不倫するのか、学者が解明

研究のため、約1000人の英国住人が参加した調査を行った。子ども時代の教育は、女性の将来の性的行動に直接影響していると明らかになった。

研究の結果は、71%の女性が母に例をとり不倫をしたと示した。調査に参加した女性は、女性たち本人と全く同じように、彼女たちの母親が不倫していたと告白した。また、不倫した男性のうち、彼らの父親もまた結婚生活において誠実ではなかったと告白したのは45%だけだった。

https://jp.sputniknews.com/science/201610302957234/

不倫をしていた人妻の娘も、また不倫をしてしまう。そんな悲しいスパイラルが事実として起きているようなのです。これと似たような話を効いたことがありませんか?

そう、児童虐待とまったく同じ構図なのです。

幼いころに母親からされたことを娘にもしてしまう。あれだけ母親からされて嫌だった行為を、自分も同じように繰り返してしまうのです。

きっと、不倫行為をする母親を子供の頃に見るのはつらかったことでしょう。「どうしてお父さんと仲良くしてくれないの?」と、子供心に傷ついてしまっていたとしてもおかしくありません。

そんな娘を見て、母親はどういった行動を取ると思いますか?

それは、自分を正当化して父親の悪口を娘にひたすら言うのです。

「お父さんはお母さんのことをもう愛してくれなくなった」「お父さんだって他に女をつくってる」「私はいつも我慢を強いられてきた」「あなたはお父さんみたいな男に騙されちゃダメよ」

……と、あることないこと娘に吹き込んで味方にしようとするのです。もちろん、すべての不倫人妻がそういうわけではなりませんが、こういったケースは非常に多いことでしょう。

「そうだったんだ。お母さんは悪くないんだ。悪いのはお父さんなんだ」

そうして不倫に対しては「男が悪いこと」と認識することで、その結果として娘も同じように不倫を繰り返してしまうのです。こういった女性たちは自分のことを被害者だと思っていることが大きな特徴ですね。

不倫をする人妻はなんでもかんでも肯定してあげることがコツ

このように、不倫をしてしまう人妻の多くは「自分は悪くない」と思い込んでいます。その是非はどうあれ、その気持ちをうまく利用してやることで効率よく出会いを探すことが出来ます。

とにかく、彼女たちの言うことについては肯定をしてあげてください。たとえば、メールで旦那の愚痴の話になった時。どう転んでも聞いててつまらない話なので、多くの男は軽く聞き流してしまいがちです。

あるいは、男の悪いクセとして「相談されたからには解決しなければ」と余計なおせっかいをしてしまい、女性をがっかりさせてしまうことも。

女性が男性に何かを相談する時は、ただ聞いてほしいだけなのです。うなずいて、同情してほしいだけなのです。解決方法なんてのは求めていないのですから。

旦那の愚痴は、ただただ聞いて彼女の味方をしてあげましょう。旦那の肩をもつ必要はまったくありません。とはいえ、調子にのって旦那のことをゴミクズのように悪口をいってしまうのはNGです。

よほど壊滅的な関係になってもいない限り「赤の他人に身内の悪口を言われまくるのはさすがにいい気分じゃない」と感じるのが普通ですので。あくまでも人妻の味方をして肯定してあげるだけでいいんです。旦那のことをことさらに否定するのはあまり得策ではありません。

そうして人妻の気分を良くしてあげれば、セックスだって驚くほど簡単に出来たりするものです。

もし、出会い系で知り合った人妻に年頃の母や娘がいたなら……

この不倫は遺伝するという学説。出会い系において応用するとすれば、出会い系で知り合った人妻の母親か娘を狙ってみる、というのも面白いかもしれません。

20代の若妻と知り合ったのなら40代くらいの母親を狙ってみるのもいいですし、逆に40代の人妻を捕まえたのなら20代の娘がいる可能性だって大いにあります。

不倫をしている人妻の母か娘なのですから、その相手とも不倫が成立する可能性も高い……?もし、そうなれば夢の「母娘丼(おやこどん)」が実現するということに!

残念ながら私はまだ実現できていませんが、機会があればぜひ狙ってみたいと思います。

出会う為に必要なテクニック

04 W不倫メールのコツ

出会い系サイトを長く利用していて、随分と色々な人妻と遊んできました。今回は出会う為に必要なテクニックの一つをお話ししてみようと思います。

それは、視点を変えてみるということ。

出会いサイトを利用していてもエッチする相手どころか、全く出会えないという話を聞くことがあります。私の知人の話です。 話をよく聞いてみると「エロいメールを沢山おくってその気になったら会いたくなるやろ、男やってエロい事ばっかり言われたらすぐにでもヤリたいと思うやん」という発想でした。

そういうケースが無いかと言うと無いとは言い切れませんが、私が思うにそれは凄く少ないレアなケースではないかと思ったりします。まぁ世の中には色んな例がありますから、酔った女性が出会いサイトでテキトーに選んだ男性とすぐ会ってセックスしたなんて話もありましたが、それに自分が当たるのは宝くじ並の運が必要でしょう。 私が知人にしたアドバイスは「実際に会うまでエロい話はするな」でした。

エロい話で誘うんじゃなくて逆の発想で引き込めという意味でした。すると知人は言います「だって向こうからエロいメール送ってくるじゃん」これで少し分かった気がしました。 知人はいわゆるサクラや業者相手にメールを繰り返しており、実際に会えるはずが無い相手や業者ばかりだったのです。

リアルに出会いを求めている女性の気持ちを考えるということが大切です。

女心が語れるほど私も達者ではないのですが、人とのコミュニケーションの基本みたいな話です。

大半の人は見ず知らずの人とコミュニケーションを取る場合、相手がどんな人なのかを気にします。出会い系サイトになれていると言っても半数以上がそうだと思います。 そう考えると女性が早々にエッチに関するネタをガンガン振ってくるというのはどうでしょうか。たしかに男性側としては話が早いと感じるかもしれませんし、その気になるかもしれません。

しかしそういうケースの大半はサクラの可能性が高いと考えた方が無難です。 早々のエロ話は、男側としては「エロ女なら好都合」と考えますが、女性としては「この人超変態だ」という印象が強まる可能性の方が高いです。出会いを求める女性がそんな男との出会いを求めるでしょうか。むしろ怖がられるのではないでしょうか。 つまりここでの結論はこうです。

いきなりエロ話で盛り上げようとしている女性はその時点で却下する。

リアルな初対面と同じようなメールを心がける。(相手に出会いたい気持ちがあれば相応の返事が返ってきます)。

もちろん、相手は人なのでこれで百戦錬磨かというとそうでは有りませんが、少なくとも全然出会えてない知人よりも圧倒的に私は出会い系サイトで出会えています。 実際に会えるまで「エロ話作戦」で攻略を続けるのか、少々回りくどくても私のような手法で攻略するのか。考えるまでも無いかと思います。

とにかく、早々に女性側からエロい話に持ち込もうという意図が見えたらその女性は避けるようにしましょう。出会い系サイトの攻略テクニックは案外みなさんの考えの逆方向にあるかもしれません。

出会い系サイトでは人妻を狙え!「タイプ別・人妻を落とすテクニック」

04 W不倫メールのコツ

0455happy

リアルの世界では、女性は若ければ若いほどいいという風潮がありますね。若い女の子はなんといっても素直だし、肌もピチピチしています。実際に付き合っていて恥をかかされたりすることが少ないと思って、男性にとても好まれます。特に20代前半の女性は、「俺色に染めたい!」という願望を持っている男性にモテまくりです。同世代の20代前半から、40代の男性までがこの層を狙っていると言ってもいいでしょう。

この風潮は出会い系サイトでもよく見られて、メッセージが多く来るのはなんといっても若い女性。ちょっと可愛いらしい自撮り写真でもつけていれば、一日に百件以上のメッセージが来ることも珍しくないそうです。

もちろん実際に付き合ったりセックスをしたりするなら、若い女の子がいいに決まっています。けれどこのメッセージの多さでは、よっぽど男性側のスペックが高くないと相手にしてもらえないことが多いのが事実。それに若い女の子には切羽詰まって出会い系サイトを使っている人は少なく、リアルの交友関係と同時進行で進めていたりすることが多いです。だからメッセージを無視する・会う約束をドタキャンする・急に出会い系サイトをやめてしまう、なんてことをよくします。リアルで彼氏ができそうになれば、すぐにやめてしまうんです。彼女たちは出会い系サイトを、サークル感覚のとても軽い気持ちで使っているんですね。

せっかくメッセージを送っても無視されたり、会話を続けていても急にサイトをやめられたりしたら困ってしまいますよね。出会い系サイトでは、軽い気持ちでサイトを使っている若い女性とやり取りをしていても実際に会うことまでこぎつけること自体がとても難しいです。

どうせリアルとは違った出会い系サイトを使うなら、確実に出会える相手を落とす方が効率がいいと思いませんか? わたしたち既婚者は恋人づくりをしたいわけではありませんよね? ただたんにセックスをしたいだけですよね?

じゃあ、どういう女性なら確実に出会えるんでしょうか。それは人妻です。人妻と言っても年増ではなくて、20代後半の女の子だってたくさんいます。一番多いのは30代女性ですが、前半の子もたくさんいます。どうして人妻なら落としやすいのかと言うと、軽い気持ちで出会い系サイトに登録していないからです。

人妻は独身の女の子と違って、男性との出会いが限られてしまいます。リアルの世界では、いくら可愛い子でも人妻だととたんに口説かれなくなります。人妻だと知っていて口説いてくる男性はただの遊び人だし、彼女たちは浮気願望があったとしても結婚生活を壊したいとは思っていません。だから、リアルの関係者と浮気をすることにはためらいがあります。けれどどうしても浮気願望を押さえられない、セフレがほしい、そういう人妻が出会いを求めて登録するのが、出会い系サイトです。彼女たちは確実に出会いを求めているので、ドタキャンはほとんどしません。約束を取り付けてしまえば、実際に会うのは簡単です。リアルでは浮気相手を見つけにくい人妻こそ、出会い系サイトで落としやすいんです。

というかわたしたち既婚者は人妻を簡単に落とすことができるのです。

人妻を落とすには、自分のキャラ設定を考えよう!2つのタイプ分類

それでは、どういうメッセージのやり取りをすれば人妻と会えるのかについて説明します。まずは、相手を見定めてニーズを解釈することが重要です。

人妻には2つのタイプがいます。この2つのタイプは、どういう男性を求めているのかで分類することができます。

まず1つ目は、リアルでは出会えない若い男性を求めているタイプ。このタイプで好まれるのは、誠実そうな男性です。こちらは結婚生活を壊すことなく、なんとなく軽く体の関係だけを求めているタイプです。だから浮気がバレそうにない、誠実そうでこちらを困らせなさそうな男性を求めています。

ただの浮気ならあわよくば年下がいいと考えているので、男性側にお金はあってもなくてもかまわないと言えます。このタイプの人妻を落とすには、言葉使いは丁寧めにしてまめにメッセージを送ることが重要です。こちらは年上が好きなこと、人妻でも全然気にならないことをアピールしておけば安心してメッセージをやり取りしてくれます。もしこのタイプの人妻とやり取りをするなら、歳は彼女より少し低めに設定するといいでしょう。

自分の方が優位に立っていると思わせることができれば、このタイプの人妻は安心します。安心させてしまえば、出会ってセックスをすることのハードルがぐんと下がります。

もう1つのタイプは、浮気をすることで非日常感を味わいたい人妻です。このタイプの人妻が求めているのは、どちらかというと遊び人の男性です。話題のスポットを知っていて連れて行ってくれる、今はやっているものについて話ができる、会った時にチヤホヤしてくれる、そういう男性を求めています。

どちらかと言うと年齢は気にしないけど、あまりにお金がない男性だと困るという感じです。だからこのタイプの人妻を落とすなら、とにかく楽しい話題ばかりをメッセージでやり取りすることです。雑誌やテレビで見かけた流行りのものやレストランの話をして、日常生活では味わえないような楽しさを提供しましょう。

話すこと自体に飢えていることが多いのもこのタイプなので、メッセージはすぐに盛り上がります。特にまめに連絡は取らなくても大丈夫ですが、楽しい話題ばかりを提供しましょう。実際に向こうが会っても良さそうな素振りを見せ始めてから、一気にメッセージを送るようにすると効果的です。

1つ目のタイプの人妻と会うなら、メッセージで交流を深めておいてホテルに誘えば問題ありません。待ち合わせ場所はどこでもいいので、適度に地元から離れた場所を提案してみましょう。身バレを嫌がる人妻が多いので、地元で会うことは断られてしまう可能性があります。誠実さをアピールしておけば、最初からホテルに誘っても問題はありません。相手が逃げることはないでしょう。

2つ目のタイプの人妻と会うなら、場所自体も流行りの場所を設定すると喜ばれます。ここに行きたいから一緒に行こう、という誘い方をすれば、比較的簡単に会うことができます。夫とは行かないような場所、メジャーなデートスポットなんかがいいです。少し面倒ですが、ホテルに誘う前にデートをして恋人気分を演出してみましょう。最初からホテルに行こうと言うと、このタイプは残念に感じてしまいます。とにかくこのタイプは、非日常感が鍵です。一度恋人気分になってしまえば、すぐにホテルに誘うことができます。

逆の考え方をすれば、あなたが単にセックスをしたいだけなら1つ目のタイプ、ついでにこちらも恋人気分を味わいたいなら2つ目のタイプの人妻を落とせばいいとも言えます。とにかく相手がどちらのタイプの人妻なのかを見極めて、それに合った自分のキャラ設定をすることが大切です。けれどどちらのタイプでも、セックス自体は簡単にすることができます。リアルの世界で男性に不自由しない年代の独身女性と違って、そもそも人妻はセックスを目的として出会い系サイトに登録しているからです。そこに至るまでにどうお膳立てをするかが重要なのであって、実際に会ってしまえば確実に簡単にセックスをすることができます。

出会い系サイトでは人妻を狙うと効率がいい、ということが分かっていただけたでしょうか? 競争率が高い独身の若い女性にばかりメッセージを送って苦労している既婚者のみなさまは、人妻にも目を向けてみることをおすすめします。

レベルの高い人妻を手に入れるための「僕と結婚してください!」という戦略

04 W不倫メールのコツ

wedding_hanayome

ネット上にあまたある人妻攻略指南サイトでは異口同音に人妻に本気になるなと注意しています。

人妻は、若い子に比べれば比較的簡単にゲット出来るものの、なかなかしたたかな生き物でもあるため、浮気がばれそうな相手だと嗅覚を働かせて会おうとしないから要注意だという教えです。

したがって、人妻を食べるためにはまずもって、本気ではないこと、出来ればこっちも浮気心でセックスを楽しみたいくらいのスタンスがちょうど手頃で喜ばれるのだというわけです。

もうこれは何遍となく聞かされ、耳にたこが出来るくらいではないかと思いますが、人妻攻略の初歩も初歩の大真理ですから、うっとうしいと思われますが繰り返しておきます。

この大前提は理解した上で、よりレベルの高い人妻を楽しくゲットする方法をご紹介します。

人妻メールでもインパクトあるタイトルは不可欠

いかに人妻熟女が釣りやすいターゲットであるといっても、世の中には人妻、熟女と聞いただけで、股間を反応させてしまうような人も少なくありません。

そういう人たちがライバルとして出会い系サイトを利用している以上、やはり何らかの対策を立てなくては、好みの人妻は手に入れにくいのが実情です。

人妻の場合、比較的掲示板の書き込みに対しても反応を得やすいのは確かですが、やはりなんと言っても主戦場は個別に送信するメールになります。

ここでまずライバル達に差を付けることが、初めの第一歩になります。

とりわけメールで大事なのはタイトルであることは言を待ちません。タイトルだけで中を読まない女性も少なくないからです。それは人妻でも同じで、人気の高い人妻にメールを読んでもらうのは大変です。

そんな相手にお勧めしたいのが、意表を突いたタイトルの考案です。

冒頭で人妻には本気になるな、本気を見せるなという初源的な指南サイトの教えを紹介しました。

そうした指南サイトの教えが蔓延した結果、ほとんどのライバルはその教えに従って、当たり障りなくファーストメールのタイトルと文面をひねり出している姿が想像されます。

それだけに、ほとんどのライバルが本気を隠して付けて来るタイトルは、意表を突く作戦におあつらえ向きのターゲットになるのです。

つまりのっけからタイトルで本気をぶつけるのです。

本気を見せないお気軽な遊びの真逆は結婚です。ですから、「僕と結婚してください!」と申し出るのです。

もちろん冗談です。

目的は意表を突いてメールの中身を読んでもらうことですから、タイトルは冗談でもいいのです。

メールで遊んであげる

だいたい出会い系サイトに登録をしている人妻は、旦那に構ってもらえない寂しい女がほとんどです。

寂しさの中には人肌を求める気持ちも含まれているわけですが、これについても多くの人妻攻略指南サイトが取り扱っているように、人妻がそれを求めているのは疑う余地もありません。

それは隠された登録の動機として当然と認識した上で、メールで遊んであげるわけです。

こうした遊びは面倒に思われるかもしれませんが、「僕と結婚してください!」と冗談路線で注意を向けさせ、返信をゲットした手前、その続きとしてセットで考えてください。

メールで遊んであげながら、競争倍率の高い人妻を懐柔していくのです。

具体的にメールの中では、タイトルの結婚して下さいを散りばめます。これもまた冗談ですが、ただし通り一遍の紋切型の文面にはしません。

冗談ですが結婚を申し込んだ文面を作り上げます。

すでに旦那との新婚当初を、遠い昔の幻であるかのように感じている人妻は、この手の冗談にも食い付きが違います。ぜひ試してみてください。

ヴァーチャル上で夫婦生活をする

僕と結婚してくださいと冗談から入ってメールで遊ぶわけですから、まずはヴァーチャル上で夫婦生活に入ります。

馬鹿げた遊びだと一笑に付さないようにしてください。このヴァーチャル上の夫婦生活の中から、人妻の実相が見えてくることがあるからです。

ヴァーチャル上といえども夫婦になるわけですから、身に付ける下着を教えてもらうことも出来ますし、お風呂に入る時間を知ることも、身体のどこから洗うかを教えてもらうことも出来ます。

むしろそうしたことを探ることがこの遊びのひとつの目的です。ヴァーチャル上の夫婦生活から、実生活におけるもろもろの習慣の一端が見えてきたらしめたものです。

それを細大漏らさず覚えておくと、後に面接をするにせよ、ホテルに行くにせよ、予定が組みやすくなるからです。

どうしても人妻と会えるのは日中の短い時間になりがちであり、それに合わせる事が通常の仕事を持つ者にとって最大のネックになるわけですが、人妻の行動パターンが分かれば、それだけ接点も見つけやすくなります。

冗談モードからの切り替えは難しい

いつまでもメールで遊んでばかりはいられません。冗談モードから徐々に面接に向けた準備を整えていかなくてはなりません。

また、そうでなくては相手の人妻にも飽きられ、呆れられてしまいます。

ですから遊びメールの期間はそう長々とはしません。頃合は相手の人妻次第ですが、2~3週間を目処にするのがいいような感じがします。

ただ、この冗談モードから真面目モードに切り替えるのは、案外難しいものです。

なにしろそれまでは嘘か真かわからないことを言い合った後に、現実に向けた真面目な話をしようとしても、最初は変な感じがなかなか抜けないものだからです。

人妻によっては、真面目モードでは詰まらないと言い出し、もう一度ヴァーチャル上の夫婦生活に戻ろうよといってきたりします。

その際は臨機応変に対処するしかないのですが、一点注意しなくてはならないことは、万が一人妻がサクラの場合、この遊びは格好の餌食にされてしまうことです。

実情、この見極めはモードチェンジと同じように大変難しいといえますので、この遊び方は中級から上の方にお勧めします。

ヴァーチャルでも夫婦は夫婦

首尾よく冗談モードから真面目モードに移行が済んだら、あとは面接の日程を詰めるだけです。

移行すると、ヴァーチャルであれ夫婦生活を済ませているため、その後の展開は実にスピーディです。

基本的に人妻の要望を聞き入れながらも、ある程度こちらの都合に合わさせることも十分可能です。

また、夫婦生活の予行演習まで済ませて面接に臨むメリットは、ホテルに誘って断られる可能性がほとんどないことです。

なにしろ下着の色から好きな体位、性感帯まで知っているわけですから、人妻にすれば逃れようもなければ、逃げる理由がもはやどこにもないからです。

一見するととおまわりに思えるメールでの遊び期間、ヴァーチャル結婚生活ですが、このプロセスを踏んでゲットした人妻は、その他の方法で辿り着いた人妻に比べ、格段に質が高かったのは偶然ではないように思います。

それもそのはず、何事も必要は発明の母。競争率の高い、人気の人妻の目に留まることは並大抵のことではありません。そのために編み出した意表を突く方法、それが「僕と結婚してください!」だったからです。

人妻はゲットしやすく、セフレにしやすいというのが出会い系サイトの定説になっていますが、それを否定するつもりはありません。事実だからです。

しかし、こと質の高い誰もが手に入れたくなるレベルの高い人妻の場合、その競争は非常に激しいものがあります。ライバルから抜け出すには、時に意表を突いて、さらに時間をかける必要もあります。

それをすると、しただけの結果が付いて来るのもまた、出会い系サイト利用の実相です。

一般的なSNSで不倫パートナーを探す時のメリットとデメリットまとめ

04 W不倫メールのコツ

20160420-600x320

いまやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用していない人のほうが少ないのではないかと思えるほど普及しているSNS。Twitter・Facebook・Instagram・mixi……などなど、いろいろなSNSがありますよね。中高年のおじさんでこれらのSNSをフル活用している人は稀でしょうが、女性であればSNSを利用している確率は非常に高いのです。

それはなぜかといえば、女性は共感を求める生き物であり、その共感を得るのにSNSは非常に適しているからなんですね。

例えば、とある女性Aさんがカワイイと思ったものを写真でアップする。それを見てカワイイと思った女性Bさんが「いいね!」を押す。そうすることで女性Aさんは喜びますし、女性Bさんも喜んでくれたことを喜ぶ……といったサイクルが発生します。

女性たちが買い物をしていて「あっ、これかわいい!」「ほんとだ!かわいいね!」なんて会話をひたすら続ける光景を見たことがありませんか?あれと同じことをネット上でもしているのです。

男性から見ればなんとも不毛で中身が無い行為にみえてしまうのですが、これは女性にとってはとても楽しいことであり、人によってはセックスの快感に近い快楽を得るともいわれています。

そんな「共感」をお手軽に得ることの出来るSNSなのですから、時間をカラダを持て余した人妻にとってはまさにうってつけのツールと言えます。

同性のつながりを増やしてかわいいものに共感したり、愚痴を話しあったりしているだけならまだいいのですが、異性のつながりを求めている人妻も多くいることでしょう。

では、出会い系ではない一般的なSNSでそういった不倫パートナーは探せるのでしょうか?

SNSは不倫の温床!?「文字でのプレイ」にハマる中年たち

出会い系サイトやテレクラなどを利用した、「いかにも」といった感じの遊びには抵抗があっても、SNSを通じてなら自然に不倫相手を探せる――そんな気軽さからか、SNSの諸機能をうまく活用をした不倫が増殖中だ。

● 普通の主婦が自然にハマる SNSでの出会いが不倫に発展

「どうせ不倫するならエッチの相性が合う人がいいじゃないですか」――。

今や、3人のうち1人が、浮気・婚外恋愛経験者だといわれる時代、不倫相手に求めるものは優しさでも頼りがいでもなく「性の相性」に尽きるようだ。

「どんなに優しくされても、話が面白くても、気が合っても、体の相性が合わなければ恋の終わりも早いです。だったら最初から体の相性が合う相手を探せば いいではないですか? 」。こう語るのは東京都23区内に住む専業主婦のケイコさん(44)だ。10歳年上の夫と中学生の娘1人、3人家族で幸せに暮らす 彼女が、文字でのやり取りで行う「サイバーセックス」にハマったきっかけは、ズバリ、夫との夜の生活の不一致に尽きる。

「変な性癖があるとかそういうわけではないのです。ただただ合わない。話し合おうにも、こればかりはどうしようもありません。SNSでの出会いだと、最 初からこの手の話も自然にできます。完全とはいいませんが、ある程度の性的嗜好を窺い知れるというものです。実際にベッドインする時には、もうお相手の嗜 好はすべてわかっているので。楽ですね」

そもそもパソコンやインターネットに疎かったケイコさんが、SNSをはじめたきっかけは高校の同級生からSNSのmixiに招待されたことに遡る。今か ら10年ほど前の話だ。「ネット上ですが、かつての同窓生と再会できたり、普通に暮らしていれば出会うはずのない人と出会えたり。SNSのお陰で一気に世 界が広がりました」。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160716-00095836-diamond-soci

このように、結論からいってしまえば、SNSで不倫相手と出会うことは十分に可能です。

私も実際に1ヶ月ほどTwitterで出会いを求めてみましたが、出会い系と比べて様々なメリットやデメリットがあることがわかりました。

SNSで不倫相手を探すメリット

その1.とにかく人数が多い

当たり前な話なのですが、TwitterやFacebookの登録者数と日本最大手とも言えるハッピーメールの登録者数においては、圧倒的にTwitterやFacebookほうが上回ります。

Twitterの国内ユーザーは3500万人で、Facebookは2500万人と言われています。

一方のハッピーメールは1200万人だそうですから、2~3倍もの差をつけられてしまっています。それでも、ものすごい数なんですけどね1200万人って。

数が多ければそれだけ出会いのチャンスもありますし、選べる対象が増えることでこちらの好みと一致した女性を探し出せる確率も上がります。

やはりユーザー数は多いにこしたことはないのは確かです。

その2.自然で気軽なつながりから始められる

Twitterであれば黙ってフォローするところから始めればいいですし、Facebookだって友だち申請ボタンをポチっと押すだけです。出会いのきっかけ自体はとても気軽に始めることが出来ます。

それにとにかくユーザー数が多いのですから、気になった人を片っ端からフォローや友だち申請をしてみて、反応があった人にだけアプローチを開始していけば無駄な手間や時間を省くことが出来ます。

もっとも、あまりに短時間で大量にフォローや友だち申請をしてしまうと、運営からスパム行為と受け取られて最悪の場合は強制退会させられてしまうケースもあるので注意してください。

TwitterにしろFacebookにしろ、多くの女性は自分の日常なり愚痴なりを公開しています。あとはそれに好意的なコメントを付けてあげるだけで、簡単に知り合いになれるのです。

ペットの写真をアップしていたら「かわいいね!」。食事の写真をアップしていたら「おいしそうだね!」。自撮り写真をアップしていたら「かわいいね!きれいだね!」というだけの簡単なお仕事です。

長々とプロフィールを書いたり、相手のプロフィールや掲示板をしっかりと読んだ上で練りに練ったファーストメールを送る労力をかけずに、とても自然で気軽につながりが生まれるのです。

その3.利用料金はすべて無料

TwitterもFacebookも、ほとんどすべての機能が無料で使うことが出来ます。いくら女性のプロフィールや写真を見ようが、いくら女性にコメントをしようが、いくら女性に個別メッセージを送ろうが、1円もかかりません。

Twitterのコメントには140文字以内という制限がつきますが、ダイレクトメールであればそんな制限はなく、最大10000文字まで送れますから困ることはほぼありません。

ハッピーメールやワクワクメールはいかに格安とはいえ、たった数十円が積もり積もれば数千円になったりしますからね。すべての機能が永遠に無料で使いたい放題というのは、SNSの気軽さをより上げてくれることでしょう。

メリットのまとめ

なにはともあれ、人が多くて気軽に繋がることが出来る。そして無料でコミュニケーションを取り放題。それが組み合わさることにより、十数人もの人妻と同時進行で仲良くなれることも珍しくありません。

とにかく友だちがほしい、話し相手がほしい、という人にとってはSNSはベストな選択といえるでしょう。

SNSで不倫相手を探すデメリット

その1.相手が不倫関係を求めているかどうかがわからない

一般的なSNSで不倫相手を探す時の最大の障壁がこれです。いくら仲良くなったところで、相手が不倫関係をそもそも求めていない、不満のない恵まれた家庭環境にある人であれば、まったく意味のない「ただの知り合い」で終わってしまうのです。

かといって、まだそれほど親しくもない段階で「あなたは不倫に興味がありますか?」なんて質問をしようものなら、運営会社に通報されてしまい強制退会させられてしまうことでしょう。

TwitterもFacebookも、出会い目的で利用しているユーザーに対しては厳しい処置を取ることで有名です。1人だけからの通報ならまだしも、複数人から通報されてしまえばまず間違いなく処罰されます。

いくらユーザー数が多くても、不倫を求めている相手でなければそれは存在していないのと同じですし、むしろ邪魔な存在になっているだけです。

その点、出会い系であれば「出会いを求めている」という目的に関してはまず間違いありませんし、人妻なのに出会い系に登録しているのであれば、それは100%不倫関係を求めていると思って間違いないでしょう。

つまり、ハッピーメールやワクワクメールにいる人妻は100%不倫関係を求めているのに対し、TwitterやFacebookにいる人妻は必ずしもそうではないということです。

不倫に興味がある、程度でしたらたくさんいるかもしれませんが、会ったりセックスをしたりといった行為まで実際にしようと考えている人はやはり少数派です。

気軽に知り合いになることは出来ても、そこから不倫関係まで発展するかどうかがわからないのがSNSで不倫相手を探す最大のデメリットでしょう。

その2.やり取りが他人に見られてしまう

TwitterにしろFacebookにしろ、オープンなSNSなのですから基本的には全てのやり取りは公開されます。気になる相手がつぶやいたことや、アップロードした写真に対してコメントをしたり「いいね!」を入れたりすれば、それは誰からも見られる状態になります。

一応、ダイレクトメッセージやプライベートメッセージといった非公開でその人にしか見えないメールのようなものを送る機能もありますが、それはあくまでもある程度仲良くなってから使うべき機能であり、いきなりそういった個別メッセージを送っても相手を怖がらせたり困らせるだけです。

人に見られながら女性を口説くのはこっ恥ずかしいものがありますし、その女性のアカウントを旦那や友人が見ていた場合は不穏な気配を察知して「この人、出会い厨っぽいから気をつけなよ」とアドバイスをされて疎遠になってしまうことも。

独身の女性を口説くのであればあまり障害になりませんが、人妻を口説くとなるとこのやり取りが全部公開されてしまうSNSの仕組みは大変にやりづらいものがあります。

その3.SNS界隈において「出会い厨」は嫌われている

「出会い厨」というのは「SNSで出会いを執拗に求めてくる人」のことであり、多くの一般SNSユーザーにとっては迷惑な存在として認識されています。

恐怖!SNS出会い目的おじさん対処法!

女性なら誰もが経験する?意味不明な男性からのメッセージ

彼女はTwitterにかなりハマッているOLさんで、日々の出来事やらランチの内容やら、まあ様々なことをつぶやいているようです。
ちなみに彼女のアカウントはフォローしているのですが、OLの性事情には大いに惹かれるものの、日常には興味がないのでタイムラインに表示されないようにミュートしています。

で、Twitterをやっているという女性なら多分理解できると思うのですが、ツイートに対して、全く脈絡もなく面白くないコメントを寄せてくる男性ってのがかなり多いんですよね。
食べた料理、飲んだお酒の話をしているのに「こんばんは! 今日も綺麗だね」とか、悲しい報告をしているのに「いつも元気もらってるよ」とか。
こういう空気を読んでいないコメントをしてしまう男性というのは、一体何者なんでしょう。

筆者が独自に調べまくったところ、大体の生態が分かってきました。
まずは彼らはSNSを通じて女性と知り合い、あわよくば大人の関係になりたいと思っているということ。
そして第二に、彼らは比較的年齢層が高めで、40代、50代もザラにいるということ。
最後に、彼らは同じような内容のコメントを、フォローしまくった女性に毎日嫌がらせのように絨毯爆撃しているということです。

脈絡のないコメントをしてくるのは、大体にして多くの女性に「数撃ちゃ当たる」精神でコメントしまくっているからで、そこには相手への興味も「異性である」以外にはなく、
持て余した欲望の捌け口を探しているだけのことなのです。
また、同じような傾向はFacebookでも散見されるところです。
あちらは実名で登録しているユーザーが多い分、まだマシですが……。

http://koigaku.machicon.jp/column/42789/

なんともひどい言われようですが、実際にそうなのですから反論もできません。

あわよくば大人の関係になるのがそもそもの目的ですし、この歳になってもエネルギッシュであるからこそSNSで貪欲に出会いを探しているわけですし、いちいち女性ごとにメッセージを変えるのも面倒なので同じような内容を爆撃しているのです。

もっとも、それで一定の効果があるからこそ、こういった「出会い厨」が跡を絶たないのでしょうね。

しかし、やはり嫌われていて迷惑行為を感じる人が多いのもまた事実です。出会い系であれば、登録している会員の全員が出会いを求めているので問題になりませんが、TwitterやFacebookには別に出会いを求めていない人がたくさんいるわけです。

そういった人たちに出会いを求めるメールを送るのは相手にとっても迷惑ですし、こちらにとってもまったくの無駄な時間と労力を使うだけなのですから、お互いに不幸になってしまうだけですね。

デメリットのまとめ

「相手が出会いを求めているかどうかがわからない」という点が非常に足を引っ張っています。

いくら自分好みで気に入った女性がいても、いくら自然に仲良くなれた女性がいても、結局相手が出会いを求めていなければそれは絵に描いた餅であり、食べることは出来ません。

セックスは抜きでいいから、女性とおしゃべりをして仲良くなりたい、というのが目的であればSNSは最適なツールといえますが、実際に会うことを目的としている人にとっては「あまりに非効率的である」と言わざるを得ません。

というよりは、出会い系が効率的すぎるとも言えますね。そもそもハッピーメールやワクワクメールなんかは日記機能やつぶやき機能なんかもありますし、SNSのいいところを取り入れた出会い系として成り立っています。

私自身、実際にTwitterで出会いを探してみてわかったことは「出会い系は本当に簡単で楽ちん」ということです。

相手が必ず出会いを求めている、というのはとても大きいです。やはり、出会いを求める以上は実際に会いたいですし、会うだけではなくセックスが大きな目的でありモチベーションですからね。

実際に会える相手を求めているのであれば、やはり出会い系がまず間違いない選択肢といえるでしょう。

TwitterやFacebookといった一般のSNSでも出会えることは出会えますが、出会い系と比べてしまうと時間と手間があまりにも割に合わないというのが私の結論です。

ページの先頭へ