「01 W不倫の基礎知識」の記事一覧

出会い系サイト登録者必携!新解釈「不倫関連用語」

01 W不倫の基礎知識

出会い系サイト登録者必携!新解釈「不倫関連用語」次から次へと不倫に関するニュースが飛び込む昨今ですが、もう食傷気味でテキトーに聞き流してしまう人も多いことでしょう。

しかし、今現在不倫をしている人や、今後不倫市場に参戦しようと思う人にとっては、小さな言葉一つとて、聞き逃してはいけません。

ここに「不倫関連用語」 をまとめ、楽しい出会い系ライフを送るための「新解釈」を加えてみました。

ぜひ、これらの新解釈を活用し、女性を口説いて、不倫の言い訳をしてみてください。

「新解釈」を加えた不倫関連用語まとめ

愛人(あいじん)

愛人とは、金銭契約のもとに男女の関係を持つパートナーです。

多くは「女性」を指しますが、現内閣が推進する「女性活躍社会」においては、男性が金銭契約のもとに「愛人」になることもあります。

金銭契約上の関係であるため、ビジネスの「パートナー」「取引相手」に位置づけられるはずの愛人ですが、契約に基づいて行われる業務が「アッチ」方面に傾倒しているため、社会的にはそのように認められることはありません。

また、一般的に愛人は、経済的に余裕のある「勝ち組」の特権と言われています。自身の生活がキューキューな状況で、愛人を持つことは困難でしょう。

不倫、不倫と騒がれている著名人で、ぜひどなたかに「いや!これはわたしたち富裕層の身に与えられた権利『愛人』だ!契約書はココにある!」と言っていただきたいものです。

一線(いっせん)

「一緒にホテルには行きましたが、一線は超えていません」という苦しい言い訳の時に発せられる言葉です。

つまり「一線」という言葉が出てきた時点で「やったか、やってないか」という議論の場に引きずり出されてしまっているのです。

不倫がバレそうになり、この言葉が出てきたら、何が何でも「やったか、やってないか」の議論になることを阻止しなければなりません。

「いやぁ、今日の相手はなかなかの強敵でした。低め低めを突いてみましたが、思いのほか『見せ玉』が効いたようでホッとしました。今後も目の前の一戦一戦をしっかりと戦って行きたいと思います。熱男~!」で逃げ切りましょう。

関係(かんけい)

小学生でも使うこの言葉が、何となくイヤらしく聞こえてきたら、それはもう立派な大人の証です。

「男女の関係」というと、アレを指し、「大人の関係」というもの、アレを指します。「イイ関係」というのも、十中八九アレです。

なので、あえて「男女の」とか「大人の」と言わなくても、アレと認識されます。

しかし、「関係者各位」として配布されるお知らせは、必ずしもアレによる関係者を指すものではありません。

「職場の人間関係が最悪」というときの「関係」も、アノ関係ではありません。

そして最もややこしいのは「抜き差しならい関係」です。これは、贈賄や癒着方面の「不適切な関係」を指す言葉で、実際に抜いたり差したりしているアノ関係ではありません。

「あの女性とはどういう関係なの!?」と問い詰められたら、とりあえず「抜き差しならない関係」と答えておきましょう。

ゲス(げす)

もうすっかりおなじみの言葉です。

もともとは、品性が下劣で素性の卑しい人を指す「下衆」「下種」「下司」という古来からある言葉ですが、21世紀初頭に高い音楽性を持つキノコによって、急速に広められた言葉です。

「ゲス不倫」と言われることから、「ゲス=不倫」と思われていますが、ココは言葉の解釈として、もうひと考察加えるべきでしょう。

「ゲス不倫」は、「ゲス的な不倫」もしくは、「ゲスがやっちゃった不倫」の意味です。

つまり、ゲスではない「不倫」が存在することを、暗黙のうちに示しているのです。

「不倫なんて、ゲスよ!」と攻められたら、「そはいとしもなしことにけり」と、上衆めかしてお答えしてさしあげましょう。(*そんなこと、たいしたことではないでしょう、の意味)

セフレ(せふれ)

セックスするフレンドの意味です。

あくまでも本体は、フレンド「お友達」です。

最近は、ハグするだけの「ハフレ」や、添い寝するだけの「ソフレ」、恋人のフリをするだけの「カモフレ」、一緒にお風呂に入るだけの「オフレ」なんてものもあります。

そうです。もう何でもいいんです。なんでも「フレ」をつけてしまえば「お友達」になるんです。

「あの女性とどういう関係なの!?」と聞かれたら、「お友達ですが、何か?」と堂々と答えましょう。

間男(まおとこ・まお)

今はあまり聞くことのない言葉ですが、夫のある女性が、よそに作ってしまった男を指す、古くからある言葉です。

夫婦関係の間に入る男性なので、「間男」というらしいのですが、それでは夫婦のもめごとの仲裁に入る親戚のオジサンや、離婚調停の際の弁護士と紛らわしいので、もっとゆるぎない解釈を推奨します。

間男がどこの間に入るのかといえば、マタとマタの間にほかなりません。

この解釈のもとでは、世間に「間男認定」されれば、それはもう言い逃れはできません。

情事(じょうじ)

情事もまた、男女のアノ関係を示す言葉です。

しかし、夫婦間のアレを「情事」ということはありません。夫婦間のアレは、いうなれば「常時」。いや、すっかりご無沙汰でも「常時」が「情事」になることはありません。

「情事」というと、いかにもやっちゃいけないことをやっちゃってる感があるので、もし「情事」というキーワードを使う際は、「ジョージ」と変換することお勧めします。

好きな映画監督は、ジョージ・ルーカス。

好きな映画俳優は、ジョージ・クルーニー。

十八番のカラオケは、山本ジョージの「みちのく―」。

好きなキャラクターは、おさるのジョージ。

出会い系サイトでも、このくらいの「ジョージアピール」をしておくと、あなたが「情事目的」であることは、分かる人には分かるでしょう。

念のため、最もやってはいけないのは、「ジョジトジョージ(女児と情事)」です。「ジョジトジョウジジョウジ(女児と常時、情事)」はもっといけません。

ボーズガビョーブニジョーズニボーズノ―、くらいにけしからんことです!

本番(ほんばん)

またしてもアレです。

リハーサルや練習、お試しではないという意味です。

もし、不倫関係を疑われ、「一線を越えたのか」「ゲス不倫なのか」「ジョージ・クルーニーと情事なのか」とややこしいことを聞かれたら、一言、「いやいや、アレはリハ。ランスルーってとこかな?」と軽ーくしらばっくれることをお勧めします。

「本番とどこがちがうのっ!」とブチ切れられても、「気合の入れようが違うっ!」と、ジョージ・クルーニーばりの演劇論で論破しましょう。

割り切り(わりきり)

「出会い系の付き合いなんだから、割り切った関係で行きましょう」と提案されたとき、なんとなく「あ、そうだな」と思ってしまいませんか?

しかし、いったい何を何で割っているのでしょうか?

「割り切り・割り切る」とは、非常に日本語的な言葉で、ハッキリとした意味があるようでないような言葉です。おそらくジョージ・クルーニーには理解不能です。

もしそういった提案があった際には、割り切りというのは「ホントの恋愛関係にならない」ことだけを指すのか、「金銭関係が発生するのか」をしっかりと確認しておきましょう。

「割り切った関係って言ったでしょ!ってことは、お金でヤルってことよ!」と言われないように用心しましょう。

出会い系サイト(であいけいさいと)

男女がで会うためのサイトです。出会ってすることといえば、おおかたアレなのですが、この言葉の問題はそこではありません。

「-系」とは、似たような、あるいは関連性のある「まとまり」を示す言葉です。

「理系」とか「草食系」というようなザックリしたものです。

しかし「出会い」って何?を考えだすと、先には進めません。

「出会い」のかたちは無限です。

悩ましい言葉たちに翻弄されないよう、楽しい出会い系ライフを送りましょう。

不倫が流行してしまうメカニズム

01 W不倫の基礎知識

不倫が流行してしまうメカニズム

芸能界では、不倫の話題が尽きることがありません。

記者に囲まれて謝罪会見をしたり、ネットで叩かれたり、社会的制裁も大きい「不倫」なのに、なぜ次々と「不倫」が発覚してしまうのでしょうか。バレないと思っているからでしょうか?

実は、「不倫はダメ!」という世間の声が強まっていることにこそ不倫が流行してしまうメカニズムがあるのです。

この不倫が流行するメカニズムを理解し、流行に乗り遅れないように不倫をしてみませんか?

そしておさえておくべき「バレない不倫の秘訣」もご紹介します。

○○しちゃダメ! は、○○したくなる心理

「この箱は絶対に開けてはなりません!」 そう言われていたのに玉手箱をあけてしまった浦島太郎のように、「○○しちゃダメ!」と言われると、かえってしたくなることってありませんか?

これは「カリギュラ効果」といわれる心理現象なのです。

ネットに「閲覧注意!」とあると、つい見てしまったり、TVのイニシャルトークを見ると、それが誰か知りたくなったりします。

不倫が流行してしまうメカニズム

これは「見ちゃダメですよ」と言いながら、見るように仕掛けられているからなのです。

連日の不倫報道も、一見バッシングしていながら事細かに報道し、見る人の興味を巧みに掻き立てています。もはや不倫バッシングではなく不倫キャンペーンの様相です。

こうした不倫キャンペーン中の今だからこそ、不倫がしやすい状況なのです。

不倫に対する風当たりが強くなればなるほど、不倫をしたい女性は増える

TVやネットの不倫報道を多くの女性は見ています。

不倫をしてしまう男性を非難したりしますが、その報道を見ている以上、何らかの興味を持っているのです。

また、不倫は芸能人だけはありません。旧友やママ友、フィットネスクラブで知り合った仲間たちの中にも、不倫経験者はいます。

世間の話題につられて、自分たちの経験話で盛り上がると、それを聞いている不倫未経験の女性も、知らず知らずのうちに「不倫って……アリかも」とインプットされてしまうのです。さらに、人妻だけでなく、恋愛やSEXに興味津々の若い女性は、ただ単に「最近、よく話題になってるから」という軽いノリで、不倫をお試しすることもあります。

芸能人が不倫騒動を起こすたびに、世間の不倫キャンペーンが起こり、不倫したい女性が量産されるのです。

不倫を否定している女性は脈アリ!

「不倫をしてはいけない」「不倫をしたらたいへんなことになる」など、不倫を禁止する気持ちは、「不倫したい」という気持ちを生み出します。

このカリギュラ効果を使って、女性をうまく不倫にいざないましょう。

はじめから不倫を前提にアプローチするのではなく、冗談ぽく不倫を否定しましょう。

「ダメダメ!俺、奥さんいるから~。ゲスみたいになりたくないよ。」

しかし、本気で否定するのではなく、うまく女性を「不倫」の話題の中に落としていきましょう。

「俺の友達にも何人か不倫経験者がいるんだけど、怖くないのかね、バレたらどうするんだろう? うまくやれる自信ある? 俺、どうかな……」

女性も「ムリ~」と言いつつ、その話題を楽しんでいるうちに、潜在的な不倫欲求が大きく膨らんでいきます。

「不倫はダメ」を繰り返しながら、女性が不倫したくなるように仕掛けていきましょう。

注意!不倫に興味がある女性は落としやすいが、バラされやすい

不倫を否定しながらも興味を持っていた女性は、比較的落としやすいでしょう。

しかし、注意しておかなければならないのは、そうした女性ほど、不倫をバラしやすいということです。

芸能人の不倫発覚も女性側からのリークがほとんどです。

しかもそれは、相手を陥れるために仕掛けたものではなく、不倫したことを誰かに知ってほしいという欲求によるものです。

あなたとの関係が分かりやすいメールを送ってきたり、知っている人が見れば、あなたと分かる写真をSNSに投稿したり、不用意な行動をとってしまいます。

「バレない不倫の秘訣」やってはいけない行動とは?

不倫がバレることを恐れて、さっさと別れようとしてはいけません。

男性の女性への興味は、はじめてのSEXのときがピークで、あとは下る一方ですが、女性は違います。会う回数を重ねるごとに気持ちが高ぶってくる傾向があり、あなたが醒めてしまっても、相手はまだまだ燃えている場合があります。

ここで関係を断ち切ろうとすると、女性の思わぬ行動を引き起こし、バラされてしまうことにつながります。

また、不倫に興味があった女性も不倫の関係が当たり前になると、当初の刺激がなくなりリスクを負ってまでも続けるものではない、と考えるようになります。

相手が自分や不倫そのもの興味がなくなるまで、割り切って付き合いを続けることこそが、バレない不倫のコツです。

世間の不倫への風当たりの強さは、逆風に見えて実は強力な追い風です。

「不倫はダメ」という風潮を逆手に、カリギュラ効果をうまく使って、いまこそ不倫を楽しみましょう。

モテない男が必ず成功する不倫における女性の口説き方

01 W不倫の基礎知識

1611happy

1.デートの約束をするまでの方法

女性の立場になってメールをする

出会い系サイトで女性を口説くにはまずはメールのやり取りがポイント。実際に会えるまでの信頼感を得るには、毎回のメール内容が結果を左右します。そこで大切なのは何を目的に出会い系サイトを利用するか。覚えておきたいのは、かなりの割合で、女性は真剣交際を求めているという点。

もちろんエッチだけが目的の遊び系ギャルなどもいますが、それ以上に真剣な不倫相手を探している女性が多いのです。

そこで上手に出会い系で女性を口説くためには。女性の目的に合わせてアプローチすること。実際にデートするまではまずはどんな相手なのか。女性が持つ不安をなくすことが大切です。

初回のメールはまずは自己紹介。いきなりプライベートな話や自分の住んでいる場所、連絡先の交換を要求するのは女性が警戒してしまう原因。趣味の話や仕事の話程度にしましょう。

メールで距離感を縮めるポイント

メールのレスポンスの速さはとても重要。女性からメールが来たら遅くても1時間以内には返信をしましょう。夜中や自分が仕事中などの忙しい時間に返信をするとさらにポイントアップ。それほど気にかけてくれてるんだと女性は安心します。またメールでは自分の家族や友達など情報を共有することでさらに親近感がアップ。

まだ会っていないけどなんとなく昔からお互いを知っているような錯覚をおこします。そしてメールは仕事が終わった後、家に着いた時など、まるで付き合っているカップルのような習慣性をつけることもポイント。女性はとにかくまめな男性が好き。メールを放置してしまうようではそれ以上の進展は期待できませんね。

女性にリードさせてデートの約束をする

メールのやり取りで徐々に距離感が縮まってきたらいよいよ次はデート。出会い系サイトの人と実際に会うのは女性にとっては不安な場面。

そこで男性から無理やりデートの約束を強要するのは避けましょう。自分が空いているスケジュールをいくつか教えて後は女性にお任せ。行きたいお店や待ち合わせ場所も女性に選んでもらうことがポイント。どうしても決まらないときは、なるべく人が多い場所を待ち合わせ場所に選びましょう。

少しでも女性の不安を取り除く思いやりがポイントアップ。できればデートをするまでに電話でのやり取りがあるとさらに会った時もスムーズに会話が進むでしょう。初めてのデートをするまでは、あくまでも紳士的な態度が基本。相手の目的が何にせよ女性優先することが成功のポイントです。

2.実際のデートの成功ポイント

まずは食事から

どんな目的にせよ女性を口説くにはまず適度な信頼関係を築くことが最初のステップ。初めて会った女性とそのままホテルへ直行というケースはとても少ないのです。まずはワンクッションおくために、初回のデートは食事から。ここで相手の反応を見ながら徐々に目的意識をはっきりさせていきましょう。初回のデートでは、女性は男性の品定めをするために色々な点をチェックしています。ファッション、香り、持ち物など、女性目線で準備して行くことが重要です。

またお会計は必ず男性が払うこと。ここで割り勘にしてしまうと、ケチな男と思われて次回のデートはなくなってしまいます。特にルックスに自信がない男性は、楽しい会話術を持つか金銭的な余裕をアピールするか。女性が興味を持つデート内容が大切です。

お酒を飲みにく

食事の流れで少しはお互いのことも理解できますよね。大切なのは次のステップ。その場で楽しくお別れする場合は必ず次のデートの約束をすること。とても盛り上がって女性がまだ帰りたくない様子であれば、次はお酒を飲みに誘ってみましょう。

アルコールの力を借りると徐々に女性の緊張感もほぐれ、少しずつ大胆になってきます。ここからがさらに重要なステップ。女性が気を許してお酒のピッチが上がるときはその後どうなっても良いというサイン。「酔ってたから」という言い訳を作っています。

ほろ酔いになってきたら女性の手を握ったり、足を触ったり軽めのボディタッチをしてみましょう。嫌がることがなければそれはエッチOKサイン。楽しそうに笑顔が満面に浮かんでいるときは楽しんでいる証拠。女性からの質問攻撃がある場合も自分に興味を持っている証拠です。

女性がどれほど興味を持っているかがチェックポイント

お酒を飲まない場合のチェックポイントは女性の態度。どんな男性でもゴールはエッチをすること。

そこまでたどり着くには、とにかくデートで相手を褒めまくること。性格的なことをはじめ、体型などセクシー度も褒めまくってみましょう。会話のなかで徐々に方向性を決めていくことが大切。女性が嫌がる表情をしたり、準備できないときは時間をかけて次回に再度チャレンジ。

女性が好きな男性タイプはそれぞれ違いますが、母性本能をくすぐられるタイプ、肉食系、草食系など、相手の好みに合わせてアプローチするのも成功するコツ。エッチのステージに行けるかどうか、それは女性が男性にどれほど興味を持っているか判断することが必要です。女性は男性のルックスよりも性格的なものを重視しています。モテないからといって諦めるのはまだまだ早いですよ。

40代女性の不倫率が突出して高いこと、ご存知でしたか?

01 W不倫の基礎知識

不倫、というと皆さんはどんな男女の関係をイメージするでしょうか?熟年同士のねっとりとした不倫なのか、それとも若い女性社員と係長や部長などの上司とする社内不倫なのか。どちらもありがちなシチュエーションではありますが、世の中の不倫をしている人をひとまとめにした場合、40代の不倫の割合が最も高いんだそうです。

「友人が不倫をしている」割合は?時間のある中年女性に注意

不倫は我々にとって、身近なものだろうか?

たとえ自分自身は不倫を悪と考えていたとしても、友人知人はもしかしたら禁断の果実に手を出しているかもしれない。残念ながら、不倫や浮気というのは人類がある限り撲滅できそうにない。

とくに現代は、人生のあらゆる選択肢が保証されており、昔よりも不倫のハードルが低くなったことは確かだ。

■あなたの友達はクロか?

では、実際に「友人が不倫している」という人はどのくらい存在するのだろうか。しらべぇ編集部が全国1352名を対象に、「自分の友人が不倫しているか」というアンケート調査を実施した結果、全体の15.0%が「はい」と回答した。

sirabee160420hurin1

決して多い数字ではないが、それでもそうした「横のつながり」を持っている人はいるわけだ。

 

■不倫と40代の親和性

世代別のデータを見てみよう。すると興味深い結果が見て取れる。sirabee160422hurinn

まず目につくのは、40代の棒グラフの高さ。とくにこの世代の女性は、「友人が不倫している」という人が5人に1人。全世代平均を優に越えている。

これは、不倫の可能性がもっとも発生するのはこの世代だということではないだろうか。

■子供が巣立ち後、母は女に戻る?

そもそも不倫という行為は、何かと忙しい若い世代よりも時間的余裕のある中年、高年世代の間でよく行われるもの。

たとえば、子育てが一段落した女性などはそうなる可能性が高い。子供が高校ないし大学を卒業し、実家から離れると母親の仕事量はぐっと減る。「暇な時が増える」というのは、言い換えれば「不倫するだけの余裕ができる」ということ。

もちろん、これは中年女性全体の性格を断言するものではないが、不倫も「可処分時間のはけ口」という側面があることだけは間違いなさそうだ。

40代になってから不倫をする人が増える……これはとてもよくわかります。なにせ、私自身もそうでしたからね。暇な時間が増えたわけではないのですが、この歳になってなにかと自分で時間を作れる立場になれたこともあって、どのタイミングで時間を空けるか、という調整ができるようになったのは大きいですね。

ただ、私の場合は「不倫をしたくなる」→「暇な時間を増やす」といった順番でした。女性の場合は「暇な時間が増える」→「不倫をしたくなる」という順番な人のほうが多いのかもしれませんね。

上記の記事では女性の割合ばかりに注目されていますが、男性にだって注目をして欲しいです。30代男性と40代男性の不倫率を比べると、実に倍近くもの差が出ているのです。「不倫をしている友人はいますか?」という質問形式ですから、歳を重ねることで単純に交友関係が広がって友人の数が増えた……とも考えられますが、50代になるとまた下がりますから、交友関係の広さは関係ないと思われます。

「自分は誰かと不倫関係にある」と打ち明けるほど親密な関係は同年代であることが多いでしょうし、やはり40代は男女ともに最も不倫がアツい年代と言えるのでしょう。

女性の場合は子育てが一段落して、自分の時間が増えることが要因だそうですね。男性の場合は30代という心身ともに充実した時期を仕事に費やしていれば、40代になる頃には社内でもある程度の地位や役職に就くことでしょう。「ちょっと一段落して休んでみようかな」と、がむしゃらに走ってきた自分をいたわって休みたくなる時期でもありますからね。

そんな時に、ふと女性が恋しくなるんですよね。「妻とはもうとっくにセックスレスだし、いまさらオンナとして見ることもできない……。でも、昔みたいなセックスしたいなぁ……」としみじみ思ってしまうんです。「これだけ仕事を頑張って家庭に奉仕してきたんだから、ちょっとくらい遊んでもいいよな?」なんて悪魔のささやきがあるわけですね。

私と同じような人が多いからこそ、30代男性に比べて倍近くの男性が不倫をしているのでしょう。こんな気持ちを抱えていたのは私だけではなかった、みんなそうだったんだ。というのが客観的なデータとして示されるのはちょっと嬉しい気持ちにもなります。

出会い系の普及も、不倫率の上昇に一役買っています

なにも不倫というのは同年代同士で行うカップルばかりではありません。昨今はとくに、若い20代の女性が40代以上の男性を狙い撃ちして不倫したがっているケースも多いですからね。そういった若い女性と中高年男性との不倫関係は、社内不倫であることがほとんどでしたが、出会い系が当たり前となった今では一概にそうとも言えなくなりました。

むしろ、数だけで言えば出会い系を通じて知り合った不倫カップルのほうが多いかもしれませんね。社内不倫は憧れる部分も多いですが、あまりにリスクが高すぎる行為でもあります。普段の生活で身近な存在を不倫相手にするのは、それだけで十分に危険な行為ですからね。

同じ社内の人間であれば、いくら不倫相手に住所や電話番号を隠していても、相手が調べようと本気で思えばけっこうなんとかなってしまうものです。若くてカワイイ女性なら、人事部などで社員のデータベースにアクセスできる人を色仕掛けで落として教えてもらえばいいだけですし、不倫相手の男性の身近な同僚などからそれとなく情報を引っ張りだすことも出来るのですから。

ですが、出会い系を通じた不倫相手であればこちらから教えなければまず相手に知られることはありません。住所や電話番号はおろか、本名さえ教える必要が無いのですからこれほど安全なことはないでしょう。もしマズくなったら、フリーメールなら使い捨てればいいですし、LINEならブロックしてしまえばもうおしまいです。

不倫相手から家に電話をかけられたり、家におしかけられたりといった、いわゆる昼ドラのようなドロドロとした不倫に巻き込まれて修羅場になってしまうなんてケースは、きっちりと情報管理していればまず起こりません。

出会い系なんてものがなかった20年前と、出会い系がすっかり普及した現在の「不倫をしている人の絶対数」を比べた場合、間違いなく現在のほうが多いことでしょう。昔は不倫をするにも一苦労でしたし、男女の出会いの場が職場くらいしかなかったものですから、皆は「仕方なくリスクの高い社内不倫を選んでいた」だけなのです。

それが今や、携帯電話があればいつでもどこでも、5分もあれば不倫相手を探すことが可能なのですから。このありがたい時代を利用しないまま60代や70代となって「やっぱりあの時、不倫しておけばよかった……」なんて後悔しても、後の祭りですからね。不倫を始めてみたいなら今がベストなタイミングであることは間違いありませんよ。

40代は同年代からも、若い年代からもモテるゴールデンエイジ

わたしはまだぎりぎり40代ですが、そろそろ50代の仲間入りをしそうな年齢です。しかし、この時期を40代で過ごせたことをとても幸運に思っています。なにせ、いまは「前代未聞の40代男性モテモテ時代」ですからね。

若い男性よりも40代男性がモテるホントの理由

最近は“40代オトコの時代が来た!”とか“20代男子は女性に相手にされない”などと耳にする機会が多い。しかも、芸能人や一部のモテオヤジに限らない というのだ。今回登場する美女が、若い男性の恋愛力のなさを余すことなく語ってくれた。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」。若い“恋愛Fランク男子” の実態を知ることで、美女たちを狙う戦略を立ててみよう。

(中略)

同世代の男性とデートするとイライラする

Iさん「同世代の男性とデートをしたり付き合ったりしていると、イライラさせられることが多いです。自信がないからなのか、上から目線で会話してくるし。自分の知っているウンチクをわざわざ自慢げに話してくるのは、本当にヤメてほしいです。

たとえば、二人で食事をしているときに、突然『本当のマナーって知ってる?』とか『ここの土地は昔○○だったんだよ、知ってた?』とか、ドヤ顔で言ってくるんですよ。顔には出しませんが、内心は『だから?』って呆れちゃってます」

30代はカラダ目当ての男も少なくない

Iさん「女性ってレディファースト をされるとうれしいし、してくれるかどうか無意識に観察しているんですよね。私が会った20代の男性は自分のことしか考えられないから、お店に入っても 『俺、ソファ取った♪』ってはしゃいで、真っ先にテーブル奥のソファ席に座ってくつろいじゃうし、メニューとかも全然決められないでずっと迷ってて、結局 私がオーダーするハメに…。

あと、カラダ目当てなのかな? と思わせる言動も目立ちます。30代の男性と食事に行ったとき、席についた途端『今日、どうすんのー? うちに泊まりに来 たら?』ってかなり軽いノリで誘われたことがあって。不愉快な気分になったので、食事中ずっと黙っちゃいました(笑)。後日、『ごめんね、この間は変なこ と言っちゃって。気にしないでね』ってフォローメールが来ましたが、もちろん無視しました」

40代男性のジェントルさにドキドキした

Iさん「年上の男性だったら、絶対 にそういうことがない! 私が20歳のときにいい感じになった40歳の男性がいるんですが、彼とデートをしていたときはすごく安心できて、『全部任せられ るな』って思って頼りたくなる感じで。食事を選ばせてくれたり、女性を立ててくれたり、本当にジェントル。会話も途切れないし、毎回会うのが楽しみだった んです。たとえ夜が遅くなってもいやらしい雰囲気も全くない。

年上の男性とデートしたのは、彼が初めてだったんです。だから、すごくドキドキして戸惑っていたのを覚えています。なんていうか、友だちでもなく、お兄 ちゃんとかでもなく、憧れに近い感覚かな。でも、心のどこかでは“付き合えたらいいな”って思っていました。彼は結婚願望が全くなかったのでお付き合いま で発展しませんでしたが、デートしていた期間は、毎日トキメいていたし、楽しかったな」

http://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/5443

さすがにこの記事はちょっとべた褒めしすぎかな……とも思いますが、実感として40代男性がモテているのは本当に感じます。

こういった年代分けをした時によく話題になるのが就職率の話です。いわゆる「就職氷河期の世代」なんて言われるやつのことですね。

私個人の話をすれば、この就活時期のタイミングについても恵まれていたと思います。もし、あと5年生まれるのが遅かったらこの就職氷河期の世代にドンピシャリでしたからね。むしろ、バブルが崩壊する直前のもっとも売り手市場のタイミングで就職できたのですから本当に恵まれています。

そして、今ではこうして出会い系でモテモテの世代を謳歌できているのですから……1960年代後半生まれは、いまの日本でもっとも恵まれている世代なのではないでしょうか?

あなたがもし今、40代や50代であるのなら勇気を出して一歩を踏み出してみるべきです。同世代との不倫や、若い女の子との不倫はなにも絵空事ではなく、本当にすぐ身近に落ちているものなのです。あとはそれを拾うか、拾わないかだけです。携帯電話があれば、誰だって不倫相手を簡単に探せる時代ですし、出会い系でもっとも有利な世代が40代や50代なのです。このチャンスを活かさないのは、あまりにもったいないですよ。

W不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

01 W不倫の基礎知識

478661_1_2

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。

独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

しかし、残念ながら、世の中にある不倫専門サイトや人妻出会いサイトは、詐欺サイトばかりです。そもそも、そんなサイトに普通の人妻が入会するはずがありません。

それらはすべて、サクラしかいない、絶対に出会えないサイトなのです。

普通の人妻がW不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。

ハッピーメールW不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

ワクワクメールW不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

PCMAXW不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

ネットの出会い系ならではの不倫

01 W不倫の基礎知識

ネットの出会い系というのは気軽なものです。 入り口が気軽ですから、不倫に至るのも簡単です。

人妻との不倫エッチは遊びなんだからとことん遊びましょう

人妻との不倫エッチというのは遊びでしかありません。本気になる必要はまったくありません。ならとことん遊んでみちゃいませんか!?

大事な妻や恋人には出来ない&打ち明けられない性癖というのは誰しも一つや二つは持っていると思います。AVでは憧れのシチュエーションだけどリアルではなかなか……と思っている人にこそ、人妻相手にその夢を実現させてほしいです。

人妻はとにかく刺激がほしい生き物ですから、割とホイホイ乗ってきたりするものです

より刺激を味わうためにも、野外や公共の場でエロい行為をするというのをオススメします。

みんなの想像する不倫というとドロドロとしたイメージですが、そこまでいくことはなくもっと気軽に不倫を楽しもうという感覚を持ってください。 出会い系ならそれが可能ですし、なおかつ不倫の醍醐味である背徳感も味わえるわけですからどちらにとっても都合の良い、まさに次世代の不倫関係といえるかもしれませんね。

不倫向きの女性とは?

さて、遊びで不倫をするとはいっても、不倫向き女性ってどんな女性なんでしょう?

キャリアウーマンタイプの仕事をバリバリこなし自分の目標に向かって働いていて、プライベートも充実しているタイプ。 趣味や習い事があり、自分の時間を楽しめる女性。妹キャラで甘え上手、恋愛にぞっこん。すぐに恋した男性の好みに染まれるカメレオン女は、不倫には向きません。

この手の女の子を好きになる男性は多いでしょうが、ややこしく泥沼化まっしぐらですから一番めんどくさいです。 最初に不倫ターゲットから除外しましょう。

やっぱり不倫ターゲットは、内気で、社会との関係が薄い専業主婦です。専業主婦なら、社会経験もあまりないので、こちらのいいなりにしやすいし、あまり過度な要求をしてこないので、安全なんです。

自分のことを紹介するときは?

次に自分の設定もします。ネットでの出会い不倫なんだから、自分のことを馬鹿正直に紹介する必要はありません。 融通の利きやすい自営業や連絡が取りやすい営業マンと自己紹介しておくのはやめ、夜連絡が取りにくい職業にします。

たとえば、バーテンダーや夜勤の仕事がある仕事設定にしていれば、夜我が家に帰宅してから自分が不倫相手の連絡を気にせずに奥さんとの時間が守られ、メールやLINEにドキドキしなくて済みますので楽ですし、不倫がばれにくいと思います。 スマホは不倫相手専用に新たに契約する方がいいですね。シークレットやスマホをロックさせても人間ですから忘れることがあります。

不倫を楽しむなら不倫相手に情がわかないよう、LINEをブロックするだけで切れる程度の繋がりが理想的です。

たとえば、自分の友人は紹介しない、奥さんが普段行動しない地域で会う。同じホテルや同じようなデートコースは奥さんと不倫相手との思い出を混同して勘違いしまいがちなので、墓穴をほる原因になります。 不倫がばれると奥さんとのこれからの人生に亀裂がはいりますので、くれぐれもばれないようにしてください。

また、メールなど形として残ってしまうものはマメに削除する癖をつけておくと何かと安全です。

最近はスマホをつかいこなせず不倫がバレてしまった……というケースも有るようです。パスコードロックや通知のオンオフなど、やれる防衛策はやっておきましょう。

出会い系不倫を成功させる方法

実際に不倫を成功させるには数が大切です。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるという言葉がありますね。あれは出会い系を利用する上では最高の言葉です。

よっぽどプロフィールや写真を見て好みにドストライクというのであれば別ですが、とにかく会ってセックスがしたいという動機であれば誰彼かまわずメールをばらまいて、好感触だった相手だけとやり取りをするのが効率がいいです。

金銭的な効率においてはあまり良くないかもしれませんが、時間的な効率でお釣りが来ることは確実です。

2~3週間かけて一人の女性とやりとりをしていたとして、その人の気まぐれでメールが途絶えてしまったらどうなりますか? その期間は全くの無駄になってしまい何も残らないのです。

その危険は常にはらんでいるわけですから保険として並行してやり取りをするのは基本ですね。

W不倫成功のためのテクニックまとめ

01 W不倫の基礎知識

W不倫成功のためのテクニックまとめ

やはり不倫は安全な範囲でスリルを楽しみたいものです。ただ会っているだけでも普段は味わえない気持ちを堪能できますからね。

デートでさえそんな気持ちになれるのですから、セックスともなればなおさらです。普段は夫の前でいい妻を演じている女が、今は自分にまたがって腰を振っているわけですから。

そういった情緒面から興奮を得られるというのは人間的にも豊かになれますね。

でも、出会い系で不倫パートナーを見つけてW不倫関係を続けていくのって最初はなかなか難しいんですよね。でも、出会い系でのW不倫って一度簡単になっちゃったら難しくなることはないんです。自転車と一緒ですね。一度テクニックを覚えてしまえば、少なくともあと20年は出会い系サイトで遊んでいられるでしょう。

しかし、方法を知らなければ、時間と労力だけが無駄に過ぎて行ってしまいます。それってホントにもったいないと思いませんか?

 

そんなわけで、本日は、W不倫成功のためのテクニックをまとめました。

 

W不倫成功のためのテクニックまとめ

 

視野が狭くなりがち

楽しい時間や関係というのはどうしてもハマって視野が狭くなりがちです。

しかし不倫という関係は広く見ることが出来なければ色々と危険なことを、忘れないでくださいね。

そのためにも短期的ではなく長期的に付き合うつもりで探しましょう。短期であれば不倫である必要がありません。不倫という関係を求めるのなら、そして不倫の醍醐味を味わうのなら、やはり長期関係に限りますね。

ただ、長ければいいというものでもありません。

3ヶ月目には継続していくかどうかを一度考えましょう。はっきり言って今の時代、相手を探すのは簡単です。乗り換えも視野に入れましょう。

本名・職業・住所などを教えない

とくに聞かれない限り、本名・職業・住所を教える必要はありません。とくに名前を教えないようにするために、呼びやすく恥ずかしくないハンドルネームを使ってください。

メールや電話をしていい時間を聞いておく

不倫の場合は、お互いメールや電話をしてはいけない時間があるかもしれません。無用なトラブルを避けるために、その時間の連絡はやめておきましょう。

会う時間と場所は相手に合わせる

とくに場所に関しては、相手が会いたくない場所というのがぜったいにあるはずです。その場所は避けるようにしてあげてください。友人に会ってしまったりしたら最悪ですからね。

都会の場合は、人が多いところのほうが逆に目立たずいいかもしれません。

アブノーマルも良い

わたしの場合マイブームは、大人のおもちゃでのちょっとしたアブノーマルプレイです。

やはりいまの40代以上の女性というのは存在は知っていてもなかなか実際に使う機会はなかったようです。なにせ昔は見るからに怪しくいかがわしいお店に足を運んで購入しないと使えなかったですし、レパートリーや個性も単調といったことでアンダーグラウンドな文化でした。

ですが今ではドン・キホーテなどでごく普通に売っていますし、ネット通販で気軽に買える時代です。

とてもユニークな形だったり動きが独特だったりして、話のネタとしてもおもしろいですし、実際にそれを使えばさらに盛り上がります!

引き際が肝心

よく言われることではありますが、やはりねちねちとしつこかったり過去を引きずる男というのは男からみても女からみても気持ちのいいものではありません。引き際にこそ美学があるのです。

と、 いっても実際は「撤退」という言葉のほうが似合うかもしれません(笑)やはりどのサイトにも業者は紛れ込んでしまいますし、実際の女性でも大して会う気はなく冷やかし半分だったり、本命の滑り止めとしてのキープだったりなど、投資が見返りに合わないケースが多々あります。

そういう場合は思い切ってすっぱり諦めましょう。ここまで時間とお金を使ったんだから成果が出るまでしないと、すべてが無駄になってしまう。そういう考えもわかりますが、それはまさにドツボというものです。

その昔、コンコルドという飛行機があったのをご存知でしょうか? 音速で飛ぶという夢の飛行機でしたが、試作段階でこのままでは費用がかさみすぎてとても じゃないが回収できないし、今のまま開発を続ければ損をし続けるだけだと誰もが気づいていながら、それまで投資してきた金額が膨大なものだったために引くに 引けず、結局最後まで作ってしまい大赤字のまま倒産という事例がありました。

これを教訓にしていきたいものです。

近所で会うのはマズイ

会社関係者や友人関係にを不倫相手にしてしまうと、奥さんにばれやすいです。女は、ちょっとしたことで気付きます。

近所で会うのはさすがにまずいですからね。待ち合わせ場所までは必ず別々に行動するようにして、できれば行動時間もずらした方がよいでしょう。お互いしょっちゅう顔は見られると思うので、2人で会うのは、1か月に一度程度で我慢しましょう。

細く長くが続けるコツです。ただし、一番気を使うのは、別れる時です。別れ方を間違えると全てばらされたりして取り返しのつかないことになります。

バレるのは匂いから

自分が既婚者だとしても、相手がそうだったとしても好きになってしまうのは仕方がないことです。 その先に待つのは不倫という、世間では認められない行為だとしてもです。 不倫を行う上で何より大切なのはバレないこと。

でも、あまり深く考えて色々な策を使うと逆に怪しまれます。 もっとも大切な対策は「匂い」です。 パートナーからいつもと違うシャンプーや使うはずもない香水の香りがしてくると、途端に怪しまれてしまいます。 ラブホテルなどで行為を行った後のシャワーでも自宅で使っている石鹸やシャンプーと同じものを使う必要があります。

またパートナーが香水をつけていなら不倫相手にもつけない様にしてもらったり、同じ種類の物を使ってもらうのも大切です。 匂いに対して敏感な方はとても多いからです。 焼き肉の様な匂いの強い食事をしてくる、そんな対策もあります。 後はパートナーの行動範囲の中で不倫相手と過ごさない様にしてください。 当然のことですが、不倫も月日を重ねてくると近場で済まそうと考えてしまい墓穴を掘ることになりかねません。

また携帯やスマホに登録する時の名前も同性の名前に変えたりしておくことも必要です。 大切なのはバレないこと。 それさえ出来れば誰も傷つくことはありません。 お互いの過程を守り、さらに幸せになるために最新の注意を払ってください。

人妻は下の名前で呼ぶ

人は、下の名前で呼ばれると、無意識に親しい間柄であるということを意識することになります。

若い頃でしたら、女の子であれば下の名前で呼ばれることが当たり前ですが、人妻となってくると話は別なのです。人妻世代になると、下の名前で呼んでくれる人がほとんどいなくなります。

普段から遊ぶような友達というのもそれぞれバラバラになってしまいますし、学校の保護者会やパート先などの社会的な場所でしたら苗字で呼ばれることが一般的です。ママ友であれば下の名前で呼んでくれるかもしれませんが、多くの人はママ友のつながりを負担に感じているそうです。常に比べられて気が抜けない間柄なのですから、とてもじゃないですが昔のようにただ遊んで一緒にいて楽しい本当の友達とはまったく違う存在ですからね。

あるいは「◯◯くんのママ」といった感じで、子供の名前で呼ばれてしまうことも珍しくありませんからね。苗字も多くの人は結婚したときに変えていることでしょうから、結婚後の苗字で呼ばれたとしてもどこか自分のものではないといった感じになってしまうのも無理はありません。本当の自分がどこかに消えてしまったかのような心細さを感じるそうです。

そんな状況の中、自分のことを下の名前で呼んでくれる異性が現れたらどう感じるでしょうか。まるで白馬に乗った王子様のような……というのは言いすぎかもしれませんが、それに近い印象を覚えることでしょう。「やっと私のことを見てくれる人が現れた!」という救世主のような存在にうつるかもしれません。

出会い系に登録している女性の多くは下の名前っぽいネームを設定していますが、それが自分の本名であるとは限りませんし、むしろ多くの女性は少しもじった名前にしていたり、まったく関係のない名前をつけていたりするものです。

だから、ある程度親しくなってきて、連絡先の交換をしたり会う約束をするような間柄になったのでしたら、思い切って聞いてみましょう。「ほんとうの下の名前はなんていうの?」と。そこがベストなタイミングです。

むこうもこちらに好印象を持っていなければ連絡先の交換や会う約束などはしてくれないでしょうから、大抵の場合は教えてくれるものです。そうしたら、それ以降は必ず教えてくれた下の名前で呼びかけるようにしましょう。◯◯さんでもいいですし、年下であれば◯◯ちゃんというのもいいでしょう。

不倫に慣れていない人妻であれば、それだけでもうメロメロになってしまうものなのです。相手は恋愛感情という水をまったくもらえていない花なのですから。ちょっと水をかけただけで、スポンジのように水を吸収してしまう貪欲な生き物となっているのです。

人妻に、まずはその女としての自分を思い出させるきっかけを与えてあげましょう。もっとも簡単なのは、下の名前で呼んであげることなんです。

淋しがりやであることを理解する

人妻出会い系サイトに登録する人妻の多くは淋しがりやです。 旦那は仕事ばかり。少しもかまってくれない。という女性が多いものです。 なのに男性は、女性に癒しを求めようとします。それでは失敗するのは当たり前です。 淋しいと思っている人妻は、自分が癒して欲しいと思っているのです。

それを間違って、女性に癒しを求めていてはセフレはできません。 男性は人妻の淋しさを癒してあげることのできる存在でなければならないのです。 決して、女性に甘えたり、癒しを求めてはいけません。 逆に、女性から頼りになる男を演じ続けることが大切です。

淋しがりやの人妻は男性からかまって欲しいのです。 夏の暑い日は「身体どう? 大丈夫?」と声をかけ、冬の寒い日は「風邪ひいてない?」と声をかけましょう。 女性のことを常に気遣うようにしなければなりません。 もしかすると、彼女や奥さんに接する以上に気をつけなければいけないかもしれません。 女性をかまうのは面倒で嫌だという男性ではセフレはできません。

甘えさせてあげる

女性はいくつになっても少女でいたいものです。 旦那には相手にされないからこそ、甘えさせてくれる男性が欲しい、と思っているものなのです。 あなたはそんな人妻を甘えさせてあげられるような男性を演じることができますか? 手をつなぐとか、髪の毛をなでるとか、軽いタッチでも人妻はとても喜びます。 女心がわかっている男性がモテるのは当たり前なのです。

強いところを見せる

人妻はたくましい男性に憧れています。 マッチョな男性という意味ではありません。 精神的に頼れる強い男性が好きなのです。 ワイルドなのにナイーブ。そんな男性になら人妻はメロメロになります。 もちろん、そんな男性になりたくともなれないものです。 大切なのは女性と会っている時だけはそんな男を演じることです。

強いセックスを「演じる」

人妻が一番、求めているのは、ズハリ、セックスです。自分の身体の乾きを満たしてくれる男性を求めています。

強引に唇を奪い、激しく求めてくる男性に出会いたいと思っているのです。 乱暴な男性になれというのではありません。 時には激しいセックスをして女性を満足させてあげましょう。 どれも大切なことは「演じる」ということです。

月に一度か二度くらいしか会うことはないのですから、会うときは女性の理想の男性を演じることがとても大切です。 メールでのアプローチでも実は同じことが言えます。 女性が求めている男性を「演じる」このことを意識するだけでずいぶんと違います。 全て当たり前のことですか、この当たり前のことを忘れて、素の自分のままで女性にアタックしている男性が多いんですよね。 それでは人妻からよくあるつまらない男、と思われてしまいます。 ぜひ、「演じる」ということを忘れないでいてください。

男性がリードする

昨今の若いカップルの間では女性がリードすることも珍しくないそうですが、私達の年代というのはやはり勝手が違ってきます。どうしても男尊女卑といいますか、女性は男性を引き立てるものとしての価値観がまだ根強く残っていた時期に青春時代を過ごしておりますので、それを引きずってしまっている女性は多いです。女から誘うのははしたない…と思ってしまっているということですね。それの是非はおいておくとしても、こちらがリードすれば話がうまく進むのもまた事実です。

今の若い世代の女性たちは恥じらうという文化に鈍くなってきている気がします。その点、熟年の女性たちは古き良き恥じらいを今も持ち続けております。恥じらうリアクションがあってこそ、輝く女性の魅力というものがあります。なので奥手で煮え切らない態度の女性も、包み込むようなおおらかな心で接してあげましょう!

メールをするときには、私達のような世代ではどうしても堅苦しい文章になってしまいます。若い人達のような文章を真似しろとは申しませんし、最初はどうしても堅くなってしまうものです。ですがずっとそれを続けていたのでは、やはり打ち解けるのに時間がかかってしまいますし、そうなる前に関係が霧散してしまう可能性もあります。礼儀正しく、時にはフランクに。ナイスミドルやロマンスグレーといった雰囲気を心がけましょう。

最近の若い人たちの間ではセックスだけの関係が当たり前になりつつあるようです。それの影響なのか、私達のような世代の人でもそういった願望をもつ男性はおろか、女性も少なからず増えているとか。私個人としてはあまり好ましくない関係ではありますが、そのほうがいいという人がいるのには理解はできます。あなたもあなたにあった最適の関係を探してみましょう。

ページの先頭へ