「存在の耐えられない軽さ」という映画がありました。

子育てを終えた主婦は例外なく、一度は自分の存在の軽さに思いをはせ、人知れず悩みを持ったりするようです。子供が小さいころは育児がものすごくたいへんだからそんなことは考えません。育児期間は、大変ではあるけれど、母親として人生の充実期でもあったわけです。

それが終わって、子供に手がかからなくなることは嬉しい反面、それまでの充実した生活にふと隙間が出来てしまうことでもあり、その隙間を何か別のもので埋められないと、自分の存在が軽いものに思われて来たりするわけです。

しかも、子育てが終わる適齢期である30代半ばは年齢的に、女としてもっとも美しさが出て来ると同時に、性欲も高まりを見せる時期にもあたります。ところが旦那とはすでに倦怠期であり、旦那が年上だと年齢的に減退期を迎えている頃になります。

そうしたさまざまなことが重なり合ってこの年代は、女性を惑わせる時期でもあります。そうした惑いが、出会い系サイトへの登録へつながるのです。

その関係を知って、一番美しいこの年代の女性を口説くことを考えます。

自分の存在を確かめたくて出会い系に登録する

家庭の中にあって、自分の存在を軽く感じるのは何も、子育てが終了したからだけではありません。

それと同等かそれ以上に大きいのは、旦那との関係です。セックスレスによって女としてのプライドも保ちにくくなっているときに、母親としての役回りが一段落して、一気に自分の存在に疑問を持ち出すわけですね。

母親としても、女としても、自分の存在を軽く感じたとき、ふと頭をもたげるのが、家の外で自分がどう見られるかです。

というよりも、家の中での自分のあり方に存在の軽さを見出してしまった以上、自分のことを気にかけてくれる視線は、もはや家の外に求めるしかありません。

しかし、いかに不倫や浮気にまつわる世の中の風潮が乱れて来ているといっても、自分の家庭を壊すことなど毛頭考えません。

たとえ周囲に懇意にしている異性がいるとしても、人妻はおいそれとその男性に視線の意味など確かめられません。近所での浮気は危険すぎるからです。

存在の軽さに悩む人妻が出会い系に登録するのは、安全を担保した上で、自分の存在を証明したいがゆえです。

挨拶だけでも嬉しい

自分の存在の軽さに悩んで出会い系サイトに登録して来た人妻にとっては、毎日挨拶のようなメールが来るだけでも嬉しいものです。

出会い系ではまだ、女性が少数派なので、登録をするだけで男性会員から大量のメールが来てしまい、読むのも面倒な状態になるので、ありきたりのメールなど送っても無駄だと言われたりします。

しかし挨拶であれ、毎日複数のメールが押し寄せる状況は、それだけ自分の存在に対するプライドの回復につながります。ですから、メールを送ることは決して無駄というわけではないのです。

こうした女性にとっては、何もしないこと、つまりスルーすることが一番うまくないわけですから、挨拶だけでもしておくことは決して無駄にはなりません。ですから、気になったら、どんどんメールを送ることです。

悩みを聞いてあげる

挨拶のメールの後は、ありきたりになりますが、悩みを聞いてあげることです。人間は、話を聞いてもらえることで、自分の存在が確かめられるようになります。端的には安心が出来、安定してきます。

そうして徐々に自信の回復が出来てきたら、少しずつ話題を旦那にまつわることに振ってみます。

そこで人妻の方から旦那の悪口を切りだしてきたら、おおいに脈があると判断して差しつかえありません。

そもそも、浮気や不倫に踏みだすことを考えている女性に共通の話題は、旦那の悪口だからです。

まして、自分の存在の軽さの根源とも言えるセックスレス状態を作っている旦那に対して、人妻が良く言うわけがありません。もう反応は見えているようなものなのですが、念のために確かめておきます。

女として扱われることが人妻の存在を証明する

旦那と夜の生活のないことを確認したら、人妻に女としての自信を回復させることに腐心します。ここが一番のポイントですから、焦らずにじっくりと取り組みます。

恋愛や性の快楽には、せつな的であれ、悩みや苦痛を忘れさせてくれる効用があります。

存在の軽さに悩む人妻が、女としての扱いを受けることは、実際にまだセックスはしていなくても、もはやそれだけで充分、女としての自信を回復させられるようになるものです。

ここまでくれば、家庭内での退屈な日常生活のことは忘れて、非日常に新たな生きがいを見出せるようになります。

こうして自分の存在の軽さから逃れられるようになったら、それをしてくれたあなたは、人妻にとってかけがえのない恩人となるわけですから、会うのは造作ないことです。

ファーストデートが、そのままベッドインになっても、違和感はどこにもありません。

出会い系の人妻には必ず冒険心がある

人妻によって求める冒険のレベルはまちまちです。

メルトモで十分な人妻もいれば、キスフレまで、キスフレならソフレまで、やるからにはやはりセフレでなければと、いろいろな段階があります。

求める冒険の段階はともあれ、そこに共通しているのは、夫ある身でありながら、それでも冒険がしてみたいという気持ちです。

射幸心というと男の専売特許のように思われるかも知れませんが、実は女性にも強く根付いているものなのですね。

主婦という冒険心を満たしにくい環境にいればいるほど冒険心は頭をもたげてきます。

とりわけ出会い系に登録している人妻には間違いなく冒険心があります。

出会いは運であるとか、チャンスは前髪でつかめと言われたりします。

こと出会い系では、相手が欲しがっている時、欲しがっているものをいち早く見抜き、テンポよく差し出して上げれば、出会いは成立します。

冒険心に素早く応えてあげさえすれば、出会い系の人妻はわけなく入れ食い状態になります。

出会い系で女の身体目的で遊んでいたつもりが、ひょんなことから相手が本気モードになって困ったなんてことも、一再ならずおありだと思います。

相手が独身女なんかだと本当に往生することもありますが、人妻はそういうときでも便利ですね。

夫ある身でありながら……、は人妻にとって最大の泣き所であり負い目ですから、万が一人妻が本気モードになって、処置に困っても、「夫ある身なんだから」とたしなめることができるからです。

これを言われると、たいていの人妻はしょぼんとしながら黙ってしまいます。黙るしかありませんからね。可哀相ではあるのですが、まぁ遊びですから仕方ありません。

この負い目があるから、人妻との出会いには隠微さがともない、他では得ることのできない快感をえられますから、不倫はやめられません。

夫ある身の冒険者ほど、美味しい獲物はありません。

そして、出会い系サイトに登録したとき、人妻はすでに夫ある身の冒険者なのです。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ