現在、年金支給の開始年齢を71歳まで引き上げる案が、政府与党内で検討されています。75歳現役時代がもうそこまで来ています。

年金問題は国に任せるとして、単に長生きするのではなく、健康で生き生きと生きて行くためには、異性との交際が欠くべからざるものとして、改めて浮上してきます。

人間、いきなり年を取るわけではありません。30代、40代、50代を経て還暦を迎え、古希を迎えるのですが、少年老いやすく、学成りがたしです。年はすぐ取ってしまいます。

お金なら、年を取ってからでも稼げるかもしれませんが、気の合う異性、まして体の関係で相性のいい異性は、年を取ってからでは簡単に見つけられません。若い頃からの関係が続く場合が多いのです。

75歳現役時代に対する備えは、体の関係が相性ばっちりで、気持ちも通じ合う異性を見つけておくことです。

長い人生を見据えれば、男にも女にも一夫一婦制の限界が見えてきます。しかし、国は年金の支給開始年齢を引き上げても、一夫一婦制を法的に変えることは今後ともしないでしょう。

かといって、個人レベルで離婚と再婚を繰り返すのでは、あまりにリスクが大きすぎます。そこで、安全かつ現実的な選択となるのが、W不倫なのです。

W不倫は、75歳現役時代になれば、間違いなく世の常識となります。W不倫をネガティブにとらえる必要はありません。むしろ、長い人生では当たり前ととらえることです。

そのためにはまず、少しだけ意識の改革が必要になります。それには、いつの時代も一般人より少し先を行っている、芸能人などの生き方・考え方が参考になります。

先人の教えをポジティブにとらえ、来るべき75歳現役時代に備えて、今からW不倫の準備をしておくことです。その実現には、出会い系サイトが役立ちます。

不倫界の大御所石田純一さんを見習う

古くは「不倫は文化である」と広言してはばからなかった、イケメン俳優の石田純一さんもすでに還暦を過ぎていますが、今尚芸能界の第一線で活躍出来ていることは、表向きはともかく実際には、社会が不倫を認知しているからではないでしょうか。

社会的な影響力の大きい芸能人が、世間一般のタブーを文化であると言い放っただけでなく、見事にそれを実践され、現在は3人目の奥さんであるプロゴルファーの東尾理子さんとの間に子宝にも恵まれ、幸福な家庭を築いていらっしゃいます。

しかも石田さんは、不倫騒動で公共の電波の仕事を干されてどん底に落とされてももめげることなく復調し、2016年の東京都知事選で一時は擁立されかけたほど、仕事の出来る男のイメージも併せ持つ、いわば不倫界の大御所です。

ちなみにこの選挙では、野党統一候補として古希を過ぎたイケメン評論家の鳥越俊太郎さんが擁立されましたが、氏は講師として教えていた大学で女子学生にセクハラまがいの行為をしていた過去が暴露され、善戦空しく小池さんに敗れたことは記憶に新しいところです。

選挙期間中に暴露記事が出た時陣営からは、これなら不倫騒動の過去をもつ石田さんの方が、まだ戦えたとのため息が漏れたと言われます。

この一件から日本では、セクハラは疎まれますが、不倫は黙認される文化があることを、期せずして顕在化させてくれたととらえることも出来るではないでしょうか。

ですから、まずは不倫に対して、余り窮屈に考えることをしないようにしましょう。まして、両性が合意の上で行うW不倫は、バレなければ何も後ろめたいことではないと考えていいと思います。

石田さんほどのイケメンではなくても、「不倫は文化」を実践することで男を磨き、人生を作り上げたといっても過言ではない、石田さんから学ぶべき点はたくさんあります。わたし達も見習って生き生きライフを実現させましょう!

石田さんの「不倫は文化」発言にまつわる薀蓄

今なお名言として、広く知れ渡る「不倫は文化」発言ですが、石田さんは最初からそう決め付けたわけではありません。

事の発端は、石田さんの二番目の奥さんである女優の松原千明さんとの結婚生活中に、交際が8年余りに及ぶファッションモデルの長谷川理恵さんとの不倫が発覚してしまい、マスコミからすさまじいばかりの取材攻勢を受けたことです。

その際、反論に使ったのが、女優でタレントでもあった川島なお美さんから聞いていた、この台詞だったのです。

その言い回しは正確には、「文化や芸術といったものが、不倫という恋愛から生まれることもある」というものでした。

ちなみに川島さんもまた、不倫で女優人生を切り開かれた方なだけに、説得力が違いますね。

川島さんと著名な小説家との不倫は、枕営業と揶揄されることもありましたが、作家先生の原作に基づく注目作品で見事主演女優の座を射止め、またその不倫をエキスとして作家先生の筆の力を一段と推し進めたともいえます。

いずれにせよこの文言を、不倫騒動の最中石田さんがプレーしていたゴルフ場で取材をした芸能レポーターが、『不倫は文化』というフレーズで繰り返し報じたため、「不倫は文化」が一気にお茶の間に定着していったのです。

不倫は人生を豊かにする

このように見ても分かるように、不倫という恋愛は文化や芸術ともかかわりを持ちます。そして、こうしたものは、人生を豊かにする上で、なくてはならないものですよね。

75歳現役時代になれば、今まで以上により多くの人が、文化的で芸術の香り豊かな人生を、よりよい人生として求めるようになります。

人生の達人ともいえる石田さん、川島さんは、そのために不倫が役に立つことを、実践的に教えてくださっていると言えるのではないでしょうか。

何度も言うように、不倫に後ろめたさや背徳感情などを持つ必要は全くないといえます。ましてW不倫の場合、もし不倫をしなければ、自分のみならず相手をも、単調でつまらない人生にしかねないわけですから、不倫をするのは人のためでもあります。

要は、不倫をするに際しては、ネガティブな感情を持つのではなく、ポジティブにいくべきだということです。文化や芸術は、ポジティブ・シンキングから生まれます。

なにも文化人や芸術家を気取る話ではありません。不倫という恋愛には、そうした要素が自ずから含まれていることを理解すれば、それで十分です。不倫体験をきっかけに、生活がいい方向に変わった人は、男女とも少なくないはずです。

不倫が出来るということは、素晴らしいことであることを再確認したいものです。75歳現役社会ともなると、人生で不倫すら出来ないことをこそ、悲しむべきことなのです。ここから文化が始まるからです。

そして、この素晴らしいW不倫を具体的に可能にするのが、大手出会い系サイトです。大手の出会い系であれば、その豊富な会員の中から、文化や芸術に関心を持った異性が必ず見つかります。

年代と共に不倫相手を絞って行く

75歳現役時代のW不倫では、将来を見据えて不倫相手を探す慎重さも必要です。

正妻に比べ不倫相手なら、興味に応じてどうにでも替えられるように考えがちですが、理屈の上では確かにそうですが実際には、不倫相手もそうそう簡単にすげ替えられるものではありません。

冒頭述べましたように、年を取ってから気の合う女友達や体の相性のいい異性を見つけることは、簡単なことではありません。

現在は穏やかな家庭環境を保つ石田さんが、不倫をしまくっていたのは主に、30代から40代にかけてです。

確かに、精神的にも肉体的にも充実していて、経済的ゆとりも出て来るこの頃というのは、一番不倫をしたいときかもしれませんね。

石田さんが、先のファッションモデルをしていた長谷川理恵さんとの不倫関係をスクープされたのは、42歳の時です。

その後、松原さんとの離婚を経て石田さんが現在の奥さんである東尾理子さんと再々婚を果たされたのは、50代も半ばのことでした。

石田さんの事例は、離婚と結婚の繰り返しになりますが、一般人のW不倫では離婚しないことが前提ですので、石田さんのした離婚と結婚は、一般人においては不倫相手との出会い、別れに置き換えてみることが出来ます。

つまり、30代は複数の相手と不倫を楽しんで、40代にはある程度相手を絞り、50代に入ったら、その後75歳で現役を終えるまで付き合える相手とだけW不倫することで、石田さんのように女に不自由しない性生活を楽しめるのではないでしょうか。

それがまた生涯に渡って人生に彩を与えてくれることですし、何より日々の暮らしを充実したものにしてくれるわけです。

人妻との密会の仕方は芸能人のやり方が参考になる

石田さんの不倫がバレたきっかけは、写真雑誌のスクープ記事によってですが、長身でイケメンの石田さんとスリムなファッションモデルの交際は、黙っていても人目を引いたでしょうから、有名人の不倫は本当に隠すのが大変だと思います。

人目を欺くための変装、人目につきにくい場所の選定、そこまでの交通手段など、有名人同士の密会は、それだけでストーリーになるほどドラマチックなものだと想像されます。

その思いをすれば、一般人である我々のW不倫では、隠すといってもそれほど大袈裟な仕掛けまでは要りません。有名人の思いをすれば、密会の苦労ははるかに少なくて済みます。

ただ、そうはいっても一般人であれ相手は人妻ですから、密会にはそれなりの工夫が必要ですね。そんな時、有名人や芸能人のやり方を少し調べてみると、参考になる点が多々あります。

例えばホテルですが、有名人は会員制のホテルを使うことが多いようです。会員だけが使える専用フロントは、不特定多数に顔を見られることなくチェックインが可能で、フロントから部屋のある階へも専用エレベーターで直行出来るからです。

帰りは専用フロントからロビーまで、別々のエレベーターで降りることが出来るようになっています。一般人でもこの方法を取れば、万が一探偵を付けられても、証拠をつかまれなくて済みます。

まだ他にもあるのですが、仔細はネット等でお調べください。さすがに芸能人だけのことはあって、密会がバレないように慎重を期さなくてはならないW不倫に役立つ方法がいろいろと見つかります。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ