出会い系サイト登録者必携!新解釈「不倫関連用語」次から次へと不倫に関するニュースが飛び込む昨今ですが、もう食傷気味でテキトーに聞き流してしまう人も多いことでしょう。

しかし、今現在不倫をしている人や、今後不倫市場に参戦しようと思う人にとっては、小さな言葉一つとて、聞き逃してはいけません。

ここに「不倫関連用語」 をまとめ、楽しい出会い系ライフを送るための「新解釈」を加えてみました。

ぜひ、これらの新解釈を活用し、女性を口説いて、不倫の言い訳をしてみてください。

「新解釈」を加えた不倫関連用語まとめ

愛人(あいじん)

愛人とは、金銭契約のもとに男女の関係を持つパートナーです。

多くは「女性」を指しますが、現内閣が推進する「女性活躍社会」においては、男性が金銭契約のもとに「愛人」になることもあります。

金銭契約上の関係であるため、ビジネスの「パートナー」「取引相手」に位置づけられるはずの愛人ですが、契約に基づいて行われる業務が「アッチ」方面に傾倒しているため、社会的にはそのように認められることはありません。

また、一般的に愛人は、経済的に余裕のある「勝ち組」の特権と言われています。自身の生活がキューキューな状況で、愛人を持つことは困難でしょう。

不倫、不倫と騒がれている著名人で、ぜひどなたかに「いや!これはわたしたち富裕層の身に与えられた権利『愛人』だ!契約書はココにある!」と言っていただきたいものです。

一線(いっせん)

「一緒にホテルには行きましたが、一線は超えていません」という苦しい言い訳の時に発せられる言葉です。

つまり「一線」という言葉が出てきた時点で「やったか、やってないか」という議論の場に引きずり出されてしまっているのです。

不倫がバレそうになり、この言葉が出てきたら、何が何でも「やったか、やってないか」の議論になることを阻止しなければなりません。

「いやぁ、今日の相手はなかなかの強敵でした。低め低めを突いてみましたが、思いのほか『見せ玉』が効いたようでホッとしました。今後も目の前の一戦一戦をしっかりと戦って行きたいと思います。熱男~!」で逃げ切りましょう。

関係(かんけい)

小学生でも使うこの言葉が、何となくイヤらしく聞こえてきたら、それはもう立派な大人の証です。

「男女の関係」というと、アレを指し、「大人の関係」というもの、アレを指します。「イイ関係」というのも、十中八九アレです。

なので、あえて「男女の」とか「大人の」と言わなくても、アレと認識されます。

しかし、「関係者各位」として配布されるお知らせは、必ずしもアレによる関係者を指すものではありません。

「職場の人間関係が最悪」というときの「関係」も、アノ関係ではありません。

そして最もややこしいのは「抜き差しならい関係」です。これは、贈賄や癒着方面の「不適切な関係」を指す言葉で、実際に抜いたり差したりしているアノ関係ではありません。

「あの女性とはどういう関係なの!?」と問い詰められたら、とりあえず「抜き差しならない関係」と答えておきましょう。

ゲス(げす)

もうすっかりおなじみの言葉です。

もともとは、品性が下劣で素性の卑しい人を指す「下衆」「下種」「下司」という古来からある言葉ですが、21世紀初頭に高い音楽性を持つキノコによって、急速に広められた言葉です。

「ゲス不倫」と言われることから、「ゲス=不倫」と思われていますが、ココは言葉の解釈として、もうひと考察加えるべきでしょう。

「ゲス不倫」は、「ゲス的な不倫」もしくは、「ゲスがやっちゃった不倫」の意味です。

つまり、ゲスではない「不倫」が存在することを、暗黙のうちに示しているのです。

「不倫なんて、ゲスよ!」と攻められたら、「そはいとしもなしことにけり」と、上衆めかしてお答えしてさしあげましょう。(*そんなこと、たいしたことではないでしょう、の意味)

セフレ(せふれ)

セックスするフレンドの意味です。

あくまでも本体は、フレンド「お友達」です。

最近は、ハグするだけの「ハフレ」や、添い寝するだけの「ソフレ」、恋人のフリをするだけの「カモフレ」、一緒にお風呂に入るだけの「オフレ」なんてものもあります。

そうです。もう何でもいいんです。なんでも「フレ」をつけてしまえば「お友達」になるんです。

「あの女性とどういう関係なの!?」と聞かれたら、「お友達ですが、何か?」と堂々と答えましょう。

間男(まおとこ・まお)

今はあまり聞くことのない言葉ですが、夫のある女性が、よそに作ってしまった男を指す、古くからある言葉です。

夫婦関係の間に入る男性なので、「間男」というらしいのですが、それでは夫婦のもめごとの仲裁に入る親戚のオジサンや、離婚調停の際の弁護士と紛らわしいので、もっとゆるぎない解釈を推奨します。

間男がどこの間に入るのかといえば、マタとマタの間にほかなりません。

この解釈のもとでは、世間に「間男認定」されれば、それはもう言い逃れはできません。

情事(じょうじ)

情事もまた、男女のアノ関係を示す言葉です。

しかし、夫婦間のアレを「情事」ということはありません。夫婦間のアレは、いうなれば「常時」。いや、すっかりご無沙汰でも「常時」が「情事」になることはありません。

「情事」というと、いかにもやっちゃいけないことをやっちゃってる感があるので、もし「情事」というキーワードを使う際は、「ジョージ」と変換することお勧めします。

好きな映画監督は、ジョージ・ルーカス。

好きな映画俳優は、ジョージ・クルーニー。

十八番のカラオケは、山本ジョージの「みちのく―」。

好きなキャラクターは、おさるのジョージ。

出会い系サイトでも、このくらいの「ジョージアピール」をしておくと、あなたが「情事目的」であることは、分かる人には分かるでしょう。

念のため、最もやってはいけないのは、「ジョジトジョージ(女児と情事)」です。「ジョジトジョウジジョウジ(女児と常時、情事)」はもっといけません。

ボーズガビョーブニジョーズニボーズノ―、くらいにけしからんことです!

本番(ほんばん)

またしてもアレです。

リハーサルや練習、お試しではないという意味です。

もし、不倫関係を疑われ、「一線を越えたのか」「ゲス不倫なのか」「ジョージ・クルーニーと情事なのか」とややこしいことを聞かれたら、一言、「いやいや、アレはリハ。ランスルーってとこかな?」と軽ーくしらばっくれることをお勧めします。

「本番とどこがちがうのっ!」とブチ切れられても、「気合の入れようが違うっ!」と、ジョージ・クルーニーばりの演劇論で論破しましょう。

割り切り(わりきり)

「出会い系の付き合いなんだから、割り切った関係で行きましょう」と提案されたとき、なんとなく「あ、そうだな」と思ってしまいませんか?

しかし、いったい何を何で割っているのでしょうか?

「割り切り・割り切る」とは、非常に日本語的な言葉で、ハッキリとした意味があるようでないような言葉です。おそらくジョージ・クルーニーには理解不能です。

もしそういった提案があった際には、割り切りというのは「ホントの恋愛関係にならない」ことだけを指すのか、「金銭関係が発生するのか」をしっかりと確認しておきましょう。

「割り切った関係って言ったでしょ!ってことは、お金でヤルってことよ!」と言われないように用心しましょう。

出会い系サイト(であいけいさいと)

男女がで会うためのサイトです。出会ってすることといえば、おおかたアレなのですが、この言葉の問題はそこではありません。

「-系」とは、似たような、あるいは関連性のある「まとまり」を示す言葉です。

「理系」とか「草食系」というようなザックリしたものです。

しかし「出会い」って何?を考えだすと、先には進めません。

「出会い」のかたちは無限です。

悩ましい言葉たちに翻弄されないよう、楽しい出会い系ライフを送りましょう。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ