不倫、というと皆さんはどんな男女の関係をイメージするでしょうか?熟年同士のねっとりとした不倫なのか、それとも若い女性社員と係長や部長などの上司とする社内不倫なのか。どちらもありがちなシチュエーションではありますが、世の中の不倫をしている人をひとまとめにした場合、40代の不倫の割合が最も高いんだそうです。

「友人が不倫をしている」割合は?時間のある中年女性に注意

不倫は我々にとって、身近なものだろうか?

たとえ自分自身は不倫を悪と考えていたとしても、友人知人はもしかしたら禁断の果実に手を出しているかもしれない。残念ながら、不倫や浮気というのは人類がある限り撲滅できそうにない。

とくに現代は、人生のあらゆる選択肢が保証されており、昔よりも不倫のハードルが低くなったことは確かだ。

■あなたの友達はクロか?

では、実際に「友人が不倫している」という人はどのくらい存在するのだろうか。しらべぇ編集部が全国1352名を対象に、「自分の友人が不倫しているか」というアンケート調査を実施した結果、全体の15.0%が「はい」と回答した。

sirabee160420hurin1

決して多い数字ではないが、それでもそうした「横のつながり」を持っている人はいるわけだ。

 

■不倫と40代の親和性

世代別のデータを見てみよう。すると興味深い結果が見て取れる。sirabee160422hurinn

まず目につくのは、40代の棒グラフの高さ。とくにこの世代の女性は、「友人が不倫している」という人が5人に1人。全世代平均を優に越えている。

これは、不倫の可能性がもっとも発生するのはこの世代だということではないだろうか。

■子供が巣立ち後、母は女に戻る?

そもそも不倫という行為は、何かと忙しい若い世代よりも時間的余裕のある中年、高年世代の間でよく行われるもの。

たとえば、子育てが一段落した女性などはそうなる可能性が高い。子供が高校ないし大学を卒業し、実家から離れると母親の仕事量はぐっと減る。「暇な時が増える」というのは、言い換えれば「不倫するだけの余裕ができる」ということ。

もちろん、これは中年女性全体の性格を断言するものではないが、不倫も「可処分時間のはけ口」という側面があることだけは間違いなさそうだ。

40代になってから不倫をする人が増える……これはとてもよくわかります。なにせ、私自身もそうでしたからね。暇な時間が増えたわけではないのですが、この歳になってなにかと自分で時間を作れる立場になれたこともあって、どのタイミングで時間を空けるか、という調整ができるようになったのは大きいですね。

ただ、私の場合は「不倫をしたくなる」→「暇な時間を増やす」といった順番でした。女性の場合は「暇な時間が増える」→「不倫をしたくなる」という順番な人のほうが多いのかもしれませんね。

上記の記事では女性の割合ばかりに注目されていますが、男性にだって注目をして欲しいです。30代男性と40代男性の不倫率を比べると、実に倍近くもの差が出ているのです。「不倫をしている友人はいますか?」という質問形式ですから、歳を重ねることで単純に交友関係が広がって友人の数が増えた……とも考えられますが、50代になるとまた下がりますから、交友関係の広さは関係ないと思われます。

「自分は誰かと不倫関係にある」と打ち明けるほど親密な関係は同年代であることが多いでしょうし、やはり40代は男女ともに最も不倫がアツい年代と言えるのでしょう。

女性の場合は子育てが一段落して、自分の時間が増えることが要因だそうですね。男性の場合は30代という心身ともに充実した時期を仕事に費やしていれば、40代になる頃には社内でもある程度の地位や役職に就くことでしょう。「ちょっと一段落して休んでみようかな」と、がむしゃらに走ってきた自分をいたわって休みたくなる時期でもありますからね。

そんな時に、ふと女性が恋しくなるんですよね。「妻とはもうとっくにセックスレスだし、いまさらオンナとして見ることもできない……。でも、昔みたいなセックスしたいなぁ……」としみじみ思ってしまうんです。「これだけ仕事を頑張って家庭に奉仕してきたんだから、ちょっとくらい遊んでもいいよな?」なんて悪魔のささやきがあるわけですね。

私と同じような人が多いからこそ、30代男性に比べて倍近くの男性が不倫をしているのでしょう。こんな気持ちを抱えていたのは私だけではなかった、みんなそうだったんだ。というのが客観的なデータとして示されるのはちょっと嬉しい気持ちにもなります。

出会い系の普及も、不倫率の上昇に一役買っています

なにも不倫というのは同年代同士で行うカップルばかりではありません。昨今はとくに、若い20代の女性が40代以上の男性を狙い撃ちして不倫したがっているケースも多いですからね。そういった若い女性と中高年男性との不倫関係は、社内不倫であることがほとんどでしたが、出会い系が当たり前となった今では一概にそうとも言えなくなりました。

むしろ、数だけで言えば出会い系を通じて知り合った不倫カップルのほうが多いかもしれませんね。社内不倫は憧れる部分も多いですが、あまりにリスクが高すぎる行為でもあります。普段の生活で身近な存在を不倫相手にするのは、それだけで十分に危険な行為ですからね。

同じ社内の人間であれば、いくら不倫相手に住所や電話番号を隠していても、相手が調べようと本気で思えばけっこうなんとかなってしまうものです。若くてカワイイ女性なら、人事部などで社員のデータベースにアクセスできる人を色仕掛けで落として教えてもらえばいいだけですし、不倫相手の男性の身近な同僚などからそれとなく情報を引っ張りだすことも出来るのですから。

ですが、出会い系を通じた不倫相手であればこちらから教えなければまず相手に知られることはありません。住所や電話番号はおろか、本名さえ教える必要が無いのですからこれほど安全なことはないでしょう。もしマズくなったら、フリーメールなら使い捨てればいいですし、LINEならブロックしてしまえばもうおしまいです。

不倫相手から家に電話をかけられたり、家におしかけられたりといった、いわゆる昼ドラのようなドロドロとした不倫に巻き込まれて修羅場になってしまうなんてケースは、きっちりと情報管理していればまず起こりません。

出会い系なんてものがなかった20年前と、出会い系がすっかり普及した現在の「不倫をしている人の絶対数」を比べた場合、間違いなく現在のほうが多いことでしょう。昔は不倫をするにも一苦労でしたし、男女の出会いの場が職場くらいしかなかったものですから、皆は「仕方なくリスクの高い社内不倫を選んでいた」だけなのです。

それが今や、携帯電話があればいつでもどこでも、5分もあれば不倫相手を探すことが可能なのですから。このありがたい時代を利用しないまま60代や70代となって「やっぱりあの時、不倫しておけばよかった……」なんて後悔しても、後の祭りですからね。不倫を始めてみたいなら今がベストなタイミングであることは間違いありませんよ。

40代は同年代からも、若い年代からもモテるゴールデンエイジ

わたしはまだぎりぎり40代ですが、そろそろ50代の仲間入りをしそうな年齢です。しかし、この時期を40代で過ごせたことをとても幸運に思っています。なにせ、いまは「前代未聞の40代男性モテモテ時代」ですからね。

若い男性よりも40代男性がモテるホントの理由

最近は“40代オトコの時代が来た!”とか“20代男子は女性に相手にされない”などと耳にする機会が多い。しかも、芸能人や一部のモテオヤジに限らない というのだ。今回登場する美女が、若い男性の恋愛力のなさを余すことなく語ってくれた。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」。若い“恋愛Fランク男子” の実態を知ることで、美女たちを狙う戦略を立ててみよう。

(中略)

同世代の男性とデートするとイライラする

Iさん「同世代の男性とデートをしたり付き合ったりしていると、イライラさせられることが多いです。自信がないからなのか、上から目線で会話してくるし。自分の知っているウンチクをわざわざ自慢げに話してくるのは、本当にヤメてほしいです。

たとえば、二人で食事をしているときに、突然『本当のマナーって知ってる?』とか『ここの土地は昔○○だったんだよ、知ってた?』とか、ドヤ顔で言ってくるんですよ。顔には出しませんが、内心は『だから?』って呆れちゃってます」

30代はカラダ目当ての男も少なくない

Iさん「女性ってレディファースト をされるとうれしいし、してくれるかどうか無意識に観察しているんですよね。私が会った20代の男性は自分のことしか考えられないから、お店に入っても 『俺、ソファ取った♪』ってはしゃいで、真っ先にテーブル奥のソファ席に座ってくつろいじゃうし、メニューとかも全然決められないでずっと迷ってて、結局 私がオーダーするハメに…。

あと、カラダ目当てなのかな? と思わせる言動も目立ちます。30代の男性と食事に行ったとき、席についた途端『今日、どうすんのー? うちに泊まりに来 たら?』ってかなり軽いノリで誘われたことがあって。不愉快な気分になったので、食事中ずっと黙っちゃいました(笑)。後日、『ごめんね、この間は変なこ と言っちゃって。気にしないでね』ってフォローメールが来ましたが、もちろん無視しました」

40代男性のジェントルさにドキドキした

Iさん「年上の男性だったら、絶対 にそういうことがない! 私が20歳のときにいい感じになった40歳の男性がいるんですが、彼とデートをしていたときはすごく安心できて、『全部任せられ るな』って思って頼りたくなる感じで。食事を選ばせてくれたり、女性を立ててくれたり、本当にジェントル。会話も途切れないし、毎回会うのが楽しみだった んです。たとえ夜が遅くなってもいやらしい雰囲気も全くない。

年上の男性とデートしたのは、彼が初めてだったんです。だから、すごくドキドキして戸惑っていたのを覚えています。なんていうか、友だちでもなく、お兄 ちゃんとかでもなく、憧れに近い感覚かな。でも、心のどこかでは“付き合えたらいいな”って思っていました。彼は結婚願望が全くなかったのでお付き合いま で発展しませんでしたが、デートしていた期間は、毎日トキメいていたし、楽しかったな」

http://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/5443

さすがにこの記事はちょっとべた褒めしすぎかな……とも思いますが、実感として40代男性がモテているのは本当に感じます。

こういった年代分けをした時によく話題になるのが就職率の話です。いわゆる「就職氷河期の世代」なんて言われるやつのことですね。

私個人の話をすれば、この就活時期のタイミングについても恵まれていたと思います。もし、あと5年生まれるのが遅かったらこの就職氷河期の世代にドンピシャリでしたからね。むしろ、バブルが崩壊する直前のもっとも売り手市場のタイミングで就職できたのですから本当に恵まれています。

そして、今ではこうして出会い系でモテモテの世代を謳歌できているのですから……1960年代後半生まれは、いまの日本でもっとも恵まれている世代なのではないでしょうか?

あなたがもし今、40代や50代であるのなら勇気を出して一歩を踏み出してみるべきです。同世代との不倫や、若い女の子との不倫はなにも絵空事ではなく、本当にすぐ身近に落ちているものなのです。あとはそれを拾うか、拾わないかだけです。携帯電話があれば、誰だって不倫相手を簡単に探せる時代ですし、出会い系でもっとも有利な世代が40代や50代なのです。このチャンスを活かさないのは、あまりにもったいないですよ。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ