マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない 
不倫に対する風当たりが強い今、わざわざ不倫をするなんて考えられない!

そんなことを言われた人もいるでしょう。

しかし、やめたくても簡単にやめられないのが不倫です。

なぜなら、不倫には、「イケナイことをしている」「バレるかもしれない」「バレたら大変なことになる」というような、普通の恋愛や夫婦関係では感じることのできない刺激や背徳感があるからです。

この刺激を味わいたいがために、リスクを冒してでも不倫をしてしまうのです。

不倫関係の男女は、出会って間もないうちは、何もかもが新鮮で刺激的な関係を味わえます。「普通の恋愛のドキドキ」に「リスクや背徳感によるドキドキ」が加わるので、そりゃもうかなりのドキドキです。

しかも、夫婦のように毎日一緒にいるわけではないので、新鮮さが保たれやすいというメリットもあります。

しかし、そんな新鮮さも次第に薄れていきます。

相手のことが嫌いになったわけでもないし、魅力を感じないわけでもない。好きか嫌いかといえば、もちろん好きなんだけど、一言で言うなら「飽きてしまった」。

そう、不倫にも「マンネリ」があるのです。不倫のマンネリには、どのように対処すればいいのでしょうか?

1.マンネリ化した不倫は、快楽<リスク

「はじめは緊張したけど、今は一緒にいてホッとできるし、『不倫』っていう気がしなくなってきた」なんて勘違いをしていませんか?

そんなマンネリ化した関係に、居心地の良さを感じてはいけません!

新鮮味のない楽な関係から得られるものは、それほど多くはないのです。

ましてや、どちらかが関係を終わらせたいと思っているのにダラダラと続けている不倫関係は何のためにもなりません。

それなのに、不倫がバレてしまえば、家庭や仕事、安定した暮らしそのものを失ってしまいます。

マンネリ化した不倫は、「ハイリスク・ローリターン」もしくは、「ハイリスク・ノーリターン」なのです。

2.マンネリ不倫を解消する方法

マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない 
マンネリ化した不倫関係は、リスク管理上、速やかに解消すべきです。

方法は2つあります。

不倫関係を解消して、とりあえずクリーンになる

マンネリ不倫の相手と別れ、しばらくは次の相手を探さずクリーンになる方法です。つまり、夫婦関係のみに戻ることです。

リスクや背徳感から逃れ、スッキリした気分で毎日を過ごすことができるでしょう。時間に余裕もでき、家族サービスもできます。

しかし、いいことばかりではありません。

これまで、不倫関係の刺激によって満たしてきた性欲の矛先を、妻に向けなければなりません。これはそうそう容易なことではなく、かえって怪しまれてしまうこともあります。

そうなると、すでに終わった不倫関係を勘繰られ、非難されることになりかねません。

不倫関係を解消する前に、別件に乗り換える

あえてクリーンになることをせず、そのまま別の相手に乗り換える方法です。

実は、不倫のエキスパートたちは、この方法でうまくつないでいるのです。

妻にとっては、いつ不倫相手が変わったかすら分かることはありません。

不倫相手がいることが、もはや日常でありながら、相手が変わることでマンネリに陥ることもありません。

しかし、そう次から次に相手が見つかるか心配もあります。

そういう時こそ、出会い系サイトを活用し、相手をサクッと見つけましょう。

今の不倫相手との優劣などを考える必要はありません。

むしろ、別のタイプの女性を狙うことをお勧めします。

不倫関係が始まった当初はすごくドキドキするけど、すぐに飽きてしまうことの要因の一つは、同じようなタイプの女性を選んでいることにあるのかもしれません。

大人しく清楚な女性の次には「猛獣タイプ」、超美人でスタイル抜群の女性の次には、どこにでもいそうな「中年太りのおばさんタイプ」。

思い切ってこのくらいの振り幅をとって、マンネリ癖を再燃しないようにしましょう。

3.注意!不倫のマンネリは男のほうが感じやすい!?

マンネリの不倫関係を終わらる上で、非常に大切なことがあります。

それは、マンネリ感は女性よりも男性のほうが感じやすいということです。

つまり、「あーマンネリだなぁ、もう別れよっかな」と男性が思っていても、女性はまだまだドキドキの真っ最中ということもあるのです。

女性は想像力が豊かなため、会っていない間も妄想で相手への思いを膨らますことができるのです。一方、男性は直接的な関係の中でしか気持ちを高めることができにくいので、早くマンネリを感じてしまいます。

この気持ちが冷める速度の差を理解せず、男性のほうが「飽きてきたから」という理由で不倫関係を解消しようとすると、思わぬ戦禍に見舞われます。

男性がマンネリ感を感じ始めたら、次の相手を探しつつ、焦らずかつ無駄な時間をかけ過ぎず、上手に現在の関係を終わらせるようにしましょう。

マンネリ化した不倫は、もはやリスクしかありません。

トラブルとなる前に上手に別れ、また新たな刺激を求めて、次の相手を探しましょう。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ