近年、嫁による不倫調査の手口は年々進化し、スマホや電子機器まで活用し始めています。

W不倫を楽しむためにはバレないのが大前提、嫁に隠し通してこそデキる男の嗜みです。

そこで、W不倫男性必見! 最新不倫調査の現状とその対策についてご紹介していきます!

1.スマホのアプリを利用した不倫調査

不倫が発覚するきっかけで1番多いパターンなのが、スマホや個人用PCの連絡履歴。

スマホやPCメールは不倫相手との唯一の連絡手段、通話履歴やラブラブなやり取りを削除し忘れて嫁に見つかってしまう……なんてケースが非常に多いです。

最近では、TV番組で不倫・浮気調査アプリが紹介されたことで話題になり、旦那や彼氏のスマホにこっそり仕込むというのが流行っています。

  • Prey Anti Theft
  • ケルベロス
  • Suica Reader

など、本来は防犯用として開発されたアプリも、使い方次第では不倫調査にも大活躍。

使い方はスマホにインストールするだけと簡単で、対象のスマホを遠隔操作やGPSによる位置特定、お財布ケータイの残高チェックなどやりたい放題できるのです。

不倫調査の現状とその対策4選

こんな感じで現在地が表示されてしまいます。

他にも、通話・メールの削除履歴の確認ができるアプリもあるので、昔みたいに嫁が定期的携帯の中身をチェックしなくても不倫がバレる時代になってしまいました……。

ネットでも使い方や活用法を紹介しているサイトは多いので、「嫁はスマホチェックをしない」「機械に疎いから大丈夫」と安心していてはいけませんよ。

スマホは徹底した管理を心がける!

女性は男性と違って些細な変化にも敏感なので、急にロックをかけたりするのは逆効果。

「仕事関連の情報が」というのも怪しまれるので、不倫をし始めたからといって変にスマホを意識してしまうのは避けるべきでしょう。

スマホでの不倫相手との通話・メール履歴はしっかり削除し、必要であればPCに転送。

履歴を保管する場合はPCのHDD内に保管するのではなく小型のUSBメモリーに保存、常に持ち歩くか嫁の手が届かない会社に置いておくのがベストです。

スマホやPC内に見知らぬアプリがインストールされている場合は、まず調べましょう。アプリ名で検索すればすぐに分かるので、不倫・浮気調査アプリの疑いがある場合は削除。

また、アプリを見つけることで『嫁に怪しまれている』というのが分かるのを利用し、しばらく不倫相手との連絡を断つというのも存在をカモフラージュできておすすめです。

調査アプリはどんどん新しいものが出てくるので、不倫をしているのであれば定期的にこういったアプリの情報収集することをおすすめします。

2.財布の中身から不倫発覚?!

財布には金銭やクレジットカード、レシートなどが入っていますが、これらも嫁の不倫調査になるので油断せずしっかりと管理する必要があります。

「飲み会以外でお金を使う」「クレカの利用履歴がおかしい」など、用途不明な出費から不倫相手の存在を匂わせてしまうのがよくあるケース。

レシートや領収書を見られてしまえばお金を使った場所や日時、人数がバレてしまい、メニューや商品から相手が異性であることまで見抜かれる恐れも。

財布はスマホと違ってロックできないので、嫁にいつチェックされているか分かりません。

また、毎日気軽にチェックできてしまうため、些細な変化が感じすいという特徴もあります。

他にも、普段行かない店のポイントカード、デートで購入したチケットがきっかけになることもあるので、不要なものはいつまでも入れておかない方が良いでしょう。

怪しまれるものは捨てる!作らない!

財布の中身やクレカの利用履歴をチェックされてしまっては、迂闊な行動はできません。

不倫相手との交際費は会社の飲み会や接待として誤魔化すのがベターであり、突発的に起こるイベントなので嫁にも説明しやすいのが魅力的。

不倫相手といった店のレシートは溜め込まずにすぐ捨て、ポイントカードも証拠になるのでむやみに作らないのがベストです。

また、財布の中身をチェックされるのであれば、“財布の中にないお金”を使えばトラブルも回避できます。

つまりはヘソクリで嫁が把握していないお金を使う!

出費を気づかせないというのも立派なテクニックであり、隠し財布や口座の活用もおすすめです。

「仕事で遅くなる」などと言い訳すれば、時間の誤魔化しはできるので問題ありません。

普段何気なく使っている財布にも不倫や浮気がバレるきっかけは沢山詰まっているので、定期的に整理することを心がけましょう。

3.高性能の不倫発見グッズにも要注意!

不倫調査の現状とその対策4選

スマホを利用したGPSアプリ以外にも、GPS機器を直接仕込んで調査する嫁も存在します。

これもTV番組で取り上げられたのをきっかけに話題になり、通勤用の車やバッグにGPS機器を取り付ければ旦那の行動から不倫相手や行動パターンを調査できるのです。

最近のGPS機器は非常にコンパクトで、価格も安いものは3,000円から購入できます。

他にも、不倫調査に役立つアイテムは沢山あり、小型のカメラやボイスレコーダーを使って嫁が留守のときの旦那の行動をチェックするなんて方法も。

コンパクトで長時間の録画・録音機能を持ったグッズもあるので、「嫁が旅行で不在の間に…」と不倫相手を自宅に呼んでしまえば最後、言い逃れできない証拠になります。

ここまでする嫁は少ないかもしれませんが、こういったグッズや活用法がある以上はしっかりと知識と対策法が必要です。

最新技術と結託した鬼嫁、その魔の手はどこに潜んでいるかわからないので気をつけましょう。

嫁の手の届く範囲を見極めよう!

GPS機器は取り付けることで相手の行動を把握できる反面、どうしようもできない欠点も…。

それは、対象に直接取り付けなければならないことであり、それは嫁にも限界があります!

GPS機器や小型カメラ、ボイスレコーダーは本人に取り付けなければ意味はなく、自宅や通勤車に仕込んだとしても、そこで証拠がなければ無意味です。

不倫相手と会うときは車を使わない、自宅でセックスはしないなど、嫁の手が届かない範囲で行動すればそういった電子機器に怯えることはありません。

仮に、バッグや衣類に仕込まれていたとしても発見は容易く、嫁に突きつければ機器の利用を止めさせることは簡単でしょう。

高性能で便利なアイテムですが、こういった抜け道もあるのでいざという時のために覚えておくことをおすすめします。

4.私立探偵によるプロの不倫調査

不倫調査の現状とその対策4選

旦那の不倫調査を私立探偵に依頼するケースがあり、捜査・相談件数も結構多いようです。

私立探偵の調査方法はGPSによる追跡、捜査員による尾行、証拠写真・動画の入手など、依頼内容や金額によって色々違ってきます。

さらに、私立探偵はその分野においてのプロフェッショナル。

そのため、GPSの取り付けや尾行を察知するのは難しく、素人にはまったく分かりません。

自分が調査されていることに気づけず不倫相手と会ってしまう……そうなれば探偵に決定的な証拠を抑えられてしまいアウト。

運良く会わなくても対象の時間ごとの行動経路について詳しく報告されるので、不倫相手の存在がバレるきっかけになる恐れもあるのです。

怪しいと感じたら行動は自粛する!

プロの探偵に依頼されてしまってはお手上げ状態、素直に大人しくしているのが無難です。

その前に、“自分が調査されていること”にすら気づけない恐れもあるので、日頃から不倫相手の存在をカモフラージュし、嫁に怪しまれないようにするしかありません。

市立探偵への不倫調査依頼料金は安くても3~5万からで、内容や期間によっては20~70万円以上かかるところもあるようです。

調査期間も依頼内容や目的によって違い、約1週間~1ヶ月程度。

嫁の様子がおかしいと感じたら、不倫相手と会うのはしばらく自粛しましょう。

費用がかかる調査方法なので頻繁に依頼することは難しいので、その期間を乗り切ってしまえばしばらくは安心して不倫を楽しめるはずです。

鬼嫁による不倫調査の現状とその対策まとめ

昔であれば、携帯電話の履歴やホステスの名刺から発覚するケースが多かったですが、スマホの普及や電子機器の性能向上によって不倫のチェック方法も進化しています。

古い知識だけで嫁を欺くのは難しいので、常に新しい情報や対策を取り入れるのが大切。

W不倫はスリリングで魅力的な行為ですが、バレてしまっては何の意味もありません。

出会い系でW不倫を楽しむためにも、嫁を出し抜く術は多く身に付けておきましょう!

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ