160305old_smartphones

皆さん、不倫したいですか?

「W不倫パートナー探し」なんてタイトルのブログを見ているくらいですから、きっとアナタは不倫に興味津々な人だと思われます。

「興味がある」で踏みとどまっている人もいるかもしれません。

不倫に興味があること自体は珍しいことではありませんし、むしろごく自然と言えるでしょう。芸能人だってしょっちゅう不倫しているのですから、一般市民が不倫しないわけがないのです。

それなのに、まだ不倫をしていない人の多くは「でも、もし不倫がバレたらいろいろヤバいし……」という不安があるんですよね。わかりますよその気持ち!

逆に言えば「バレない保証があるなら、一度くらいは不倫をしてみたい」とも言えますよね! 100パーセント安全保証というわけにはいきませんが、不倫を限りなく安全にするコツはあります。

それは、スマホ(携帯電話)の管理に気を配ることです。

「そんなの当たり前でしょ? スマホはロックしてるから大丈夫だよ」と思ったアナタは危険です。この記事を読まないまま不倫をしていたら、すぐに奥さんにバレてしまっていたかもしれません。

ではまず、多くの人はどういったシチュエーションで不倫をしているのか。そこをまず整理していきましょう。

 

出会い系での不倫はW不倫になることが多い

「人妻が好き!」という男性の多くが、すでに既婚者だったりします。いわゆるW不倫というやつですね。出会い系で人妻が絡む出会いとなると、このW不倫の形がほとんどです。

未婚女性と既婚男性は社内不倫なんかでは定番の組み合わせだったりしますが、既婚女性と未婚男性という組み合わせはなかなか珍しいですからね。

もっとも、これにはきちんとした理由があります。なぜかといえば、既婚女性はなかなか社会との関わりを持ちづらいからなんですね。今でこそ結婚や出産後も正社員として働く女性も増えてきてはいますが、まだまだ少数派なのが現実です。

多くの既婚女性は、せいぜいパート社員として社会との関わりをもつことが精一杯で、あとは町内会だったり子供の保護者同士のつながりだったりと、どうしても公共的で女性同士で固まってしまうような関係ばかりになってしまうんですね。

既婚女性と未婚男性が不倫をするケースといったら、パート先でたまたま年下の若い男の子がいて……といったケースくらいなんです。最近ではネットゲームを介しての出会いや、それこそ出会い系での出会いもありますので一概には言えなくなりましたが、まだまだ稀なケースです。

それに、出会い系での出会いだって結局は同年代同士でまとまることが多いですし、最近の若い男性はそもそも出会いに興味のない草食系男子ばかりです。そうでなくても、若い男性はお金がないので「出会い系にお金なんか払いたくない!」と考える人が多く、出会い系の男性会員は中高年層がメインになっています。

女性であれば利用は無料ですので若い女性も多いのですが、それに比べると若い男性は明らかに少ないですからね。つまり、出会い系においても人妻は結局、同年代の既婚男性と付き合うケースがほとんどなのです。

不倫をする機会が多いのは圧倒的に男性

世の中の既婚女性は、旦那が不倫をしているかもしれない、ということには敏感なんです。それは単純に男性の方が不倫をしてしまうきっかけが多いからです。

部下の若い女性と不倫関係になったり、仕事関係の交流から男女の関係に発展したりと、日常生活において女性と接する機会が多いのです。

逆に、男性側ときたら自分の妻が不倫をしているかもしれない、とはなかなか思わないものなんですよね。

どうせ家にいるだけなんだし不倫なんてしないだろ、と安心しているのか、あるいはすでに女としての興味を妻に対して失ってしまっているのか……。どちらにせよ、不倫がバレるときは妻が旦那の不倫を暴く、という方向のことのほうがだんぜん多いわけです。

女性と遊び慣れていない男性ほど、不倫をすると挙動不審になってすぐにバレる

女性と遊び慣れていない男性ほど、不倫をすると挙動不審になってすぐにバレる傾向にあります。

大事なのは、普段通りに振る舞うことなのです。それさえ出来ていれば「旦那が不倫をしているかもしれない」という警戒モードに移行することがありません。

妻がその警戒モードになってしまった場合は、些細なミスさえ疑うようになるベリーハードモードになるので、難易度はぐっと上がります。

出会い系で不倫をするのは楽しいことです。でも、楽しいことにはリスクもつきまとうもの。そのリスクをしっかり理解して、回避できるようなリスク・マネジメントを心がけましょう。

世の中、たくさんの人が不倫をしています。もちろん、今まさにこれを書いている私もしています。現在進行形で3人の方と不倫関係になっていますし、近くにもう1人が加わる予定です。

幸いにも私はまだ不倫の証拠を決定的に掴まれたことはありませんが、何度か危なかったこともあります。運良く紙一重で切り抜けたのですが、事前の心構えがなかったらあたふたと挙動不審になってしまい、トドメを刺されていたかもしれません。

いよいよ本題になりますが、そんなもしもの時に堂々と対処できる、もしくはもしもの時がそもそも起こらないようにするためのスマホの管理方法をご紹介します。

不倫がバレることになるきっかけのほとんどはスマホ・携帯電話

今の時代、もっとも多いのがスマホから証拠を掴まれてバレるケースと言われています。不倫相手と連絡をとるには必ずスマホを経由しますし、出会い系を使って不倫相手を探すにしても、その多くはスマホからの利用ですからね。

実際、妻が夫の浮気を疑った時にまっさきに調べるのはスマホだというのが今の常識です。

昔からの携帯チェックだけでなく、最近はスマホ内の通話やメール履歴、画像、位置情報などが把握できるアプリの登場により不倫するのは一苦労。

でも、アプリをインストールしなければ嫁に筒抜けにならず、スマホチェックも偽装や履歴削除を上手に行えばバレずに不倫するのは難しくありません。

出会い系サイトで知り合った不倫相手と楽しいひとときを過ごすためにも、スマホの管理や調査対策は徹底していきましょう!

愛する旦那が浮気かも…。不倫の疑いが出てきた時に取るべき3つの行動

仕事の帰りが遅い、休日に頻繁に外出する、隠れてこそこそ誰かとメールをしている…。配偶者のこのような怪しい行動から、浮気を疑った経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

一度疑いを持つと真偽をハッキリさせたくなります。本当に浮気をしているのか、していないのか知るために何をすれば良いのかはあまり分からないかもしれません。

そこで、今回は、浮気についての確証はないけれども、その疑いがあるという場合、どのような行動をとるべきかについてご説明します。また、浮気をしていた場合は証拠が必要になりますので、その収集方法なども合わせて紹介します。

(中略)

■(2)携帯電話を確認する

配偶者の携帯電話の発着信履歴やメールを確認し、異性との間で頻繁に通話やメールをしていないかを確認します。

ただし、LINEやFacebookなど、インターネット上でログインが必要なサービスについて、配偶者に無断で配偶者のIDとパスワードを利用してログインすると、不正アクセス防止法に違反して刑事罰の対象となりますので、注意してください。

そのため、メールを確認するとしても、携帯電話やパソコンの本体に保存されているものにとどめてください。

もし、異性との間で頻繁に電話をしている場合、携帯電話の発着信履歴の画面をカメラで撮影して証拠化します。

また、浮気していることを匂わせるメール(たとえば「●●ホテルで●●時に待合せよう」とか「この前の旅行は楽しかったね」とか)があれば、その画面をカメラで撮影して証拠化しておきます。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12154-068826/

スマホを直接撮影することで十分な証拠としての能力を発揮するようですから、もし寝ている間に「ロックを解除」→「ログを表示」→「撮影」→「ロックして元の位置に」とされた場合、こちらが気づくことはまず不可能でしょう。

そして、より決定的な証拠を掴むまで「泳がされて」しまい、十分な材料が揃ったところでズラッと写真を並べられて問い詰められては、もはや覚悟を決めて降参するしかありません。

このように、スマホの取りあつかいをひとつ間違えるだけで致命傷になりかねません。スマホは不倫出会いに欠かせない便利なツールであると同時に、スマホそのものが決定的な証拠になってしまうという、まさに諸刃の剣なわけです。

しかし、最近のスマホであればセキュリティに関することも充実しており、適切な設定をしておけば勝手にロックを解除されて、中身を見られてしまうリスクをかなり減らすことが可能です。

 

パスワードやロック方法を工夫する

数字を入力するタイプのロックでしたら、誕生日や電話番号の下4桁などは使わないでください。奥さまもすぐに思いつくような数字は絶対に避けてください。

適当に思いついたアトランダムな数字にするのもいいですし、いま貴方がこの記事を読んでいる日にちでもいいです。初めて付き合った彼女の誕生日など、妻とはまったく関係のない数字ならなんでもいいんです。

Androidでは、指でなぞって図形を描くロックを採用している機種も多いです。登録する際は、なるべく複雑な形にしておきましょう。

L字型やM字型のような単純な経路ですと、適当にやってみたら解除されてしまう可能性もありますし、妻がロック解除の様子をじっと観察していた場合、手元の動きで解読されてしまうこともあります。

そして、してはいけない危険なロックとしては指紋認証があります。

確かにこれは自分が居ない間に解除されてしまうケースは100%なくなるのでその点においては心強いのですが、なにしろ妻は身内です。常に同じ家にいるのですから、自分が寝てる間に指を拝借されて解除されてしまったらそれまでなのです。

他人に対しては盤石のロックを誇りますが、身内に対してはいとも簡単に崩れてしまうのがこの指紋認証システムですので、特に注意してください。

また、不意に不倫相手からメールなりLINEなりの連絡がくるケースも想定しておきましょう。

ここで呑気に着信音が鳴ってしまうと「こんな時間に誰から?」なんて聞かれてしまいますからね。別におかしな質問ではないので無視するのも変ですし、とっさに嘘をついたとしても適切なダミー相手が浮かばなかったりするものです。

なので家にいる時は必ずマナーモードにしておくか、相手によって着信音を設定できるのでしたら不倫相手からの着信はすべてオフ(無音)にしておきましょう。LINEであれば特定の相手のみ着信音を消す事ができますので、必ずそうしておきましょう。

通知システムは必ずオフに!

また、最近のスマホでは「通知システム」といってメールやLINEの文章の冒頭部分を着信した瞬間に画面にデカデカと表示してくれるありがた迷惑な機能もついています。

これに関してはリスクが有るだけですので、すべてオフにしてください。スマホの機種にもよりますが、「設定」から「通知」という項目があるはずですのでそちらから設定してください。

スマホの扱いに慣れている方であればアプリごとに通知のオンオフといった細かい設定をするのもいいですし、よくわからなかったり面倒くさいという方は通知システムそのものをオフにしておけば安心です。

不倫相手の名前は偽名で登録すること

不倫相手をスマホに登録するのであれば、名前や性別を偽装してカモフラージュするのは必須。

不倫相手の情報をスマホに登録するときはバカ正直に女性名で登録するのではなく、必ず仕事関連っぽい名前や男性の名前で登録するようにしましょう。趣味や仕事関係の知人というカテゴリにしておけば問題なく、嫁に聞かれてもいいように架空の設定やエピソードなども簡単に用意しておくと良いです。ただし、信頼性を高めようと実在の友人名を使うと、思わぬ形で嘘がバレてしまう恐れがあるため注意しましょう。

社内不倫などであれば相手がずっと一人ですので、適当な男性の名前をつけてもそれだけ覚えておけば見分けがつくのですが、出会い系で不倫相手を探していると相手をとっかえひっかえすることになりがちです。

そういう時、毎回適当な名前を新しくつけているとだんだん覚えきれなくなったり誰が誰だかわからなくなってしまうことになりかねません。

私のおすすめの方法としては、相手の名前をもじった苗字で登録する手法です。たとえば相手の名前が「ハルカ」さんだった場合は「春山 一郎」のような名前をつけておくことで、ハルカという名前が連想できるようになります。

同じように「キョウコ」さんであれば「清原 二郎」でキヨつながりにしたり、「アヤ」であれば「綾野 三郎」といった具合に名前の一部分をがつく苗字の男の名前で登録すればいいのです。

 

Facebook、Twitterなど、SNSアプリを連絡手段として使う人もいるでしょう。

であれば、相手に複数のアカウントを作ってもらい、特定の人とやり取りし続けるのを避けるというテクニックもバレないためには有効です。

やり取りの履歴は即削除

不倫相手とのメールや電話のやり取りからバレてしまうのは、昔からの王道パターン。

なので、相手とのやり取りの履歴は即削除、デートや待ち合わせ日時の情報は仕事のスケジューラーにでも登録し、不倫の証拠をスマホに残さないように心がけましょう。これさえ心がけていれば、決定的な証拠自体がなくなりますので、つかまれようにもつかむ証拠がなくなります。

連絡に使うツールは1つに絞り、簡単に履歴を消せるアプリやメールをチョイスするのがよく、必要であれば捨てアドや専用アカウントでやり取りするのが理想です。

また、いざというときのトラブル対策として、履歴を削除前にPCに保管するのもオススメ。

この場合は自分のPCのHDDに保存するのではなく、外付けのUSBメモリーなどに保管し、持ち歩くことで嫁にPC経由で履歴が見つかるのを防止できます。

メールであれば、自動振り分け機能で迷惑メールフォルダに振り分ける設定をしておくのもオススメです。もし、浮気を疑った妻がメールボックスを調べた時、受信フォルダは必ずチェックするでしょうが、迷惑メールフォルダまでチェックする人はなかなかいませんからね。

予測変換から不倫相手の名前が出てしまうケースも

もうひとつ気をつけておきたいのは文字入力の際の予測変換です。

こんな話を聞いたことがあります。とある男性が妻に料理のレシピを調べて欲しいと頼まれて、一緒にスマホを見ながら検索することになりました。すると、”料理”と入力しようと”りょう”までいれたところで”涼子ちゃん”という文字が第一候補に来てしまったそうなんです。

”了解”を差し置いて第一候補に出てきているのですから、その頻度たるや想像にかたくありません。当然ながら妻の名前ではありませんし、共通の知人にいる名前でもなかったので妻はこれに強い不信感をいだくことに。

「涼子ちゃんって誰なの?」と問いつめられて、とっさに会社の部下だよと苦しい言い訳をするものの……。「ちょっとスマホかして!」と無理やり奪われてしまいます。

そのまま”涼子ちゃん”の予測変換を確定したところ、さらに予測変換が続いてしまい……出てきた言葉が「今夜は楽しかったよ」だったとのことで、そこからはもうお察しの通りです。

こんなところにも思わぬ落とし穴があったりするそうなので、スマホ辞書の予測変換はオフにしておくか、まめにリセットしておきましょう。

このように、スマホ電話は証拠の塊です。でも、だからといってスマホを常に肌身離さず持つようになるのも怪しい話です。

例えば、いくら見られたくないからといって脱衣所にまでスマホを持ち込んだりするのはいかにも不自然で怪しい行為ですよね。ですから、スマホに関してはいつ調べられても大丈夫な状態にしておく、ということが大事です。

スマホのロックや使用頻度はそのまま

不倫相手がいればスマホをいじる機会も増え、隠すためにロック機能を使いたくなるもの。

でも、いきなりスマホにロックをかけてしまうと、嫁に「急にどうしたの…?」と怪しまれてしまうためロック機能や使用頻度には注意が必要です。

普段からロックしていない人ならそのままにするのが理想、どうしてもかけたいのであれば「仕事関係の資料やメールが…」と適当な言い訳で誤魔化すしかありません。

女性は小さな変化に敏感で、それが男性の浮気がバレてしまう大きな要因。

普段と変わらない態度を続けることが、嫁に不倫がバレないためには大切なのです。

GPSや位置情報はOFFに

スマホのGPSや位置情報から居場所を特定し、不倫が見つかるケースも少なくありません。

そのため、GPSや位置情報機能は普段から切っておき、必要なときに使うのが良いでしょう。

最近では盗難防止アプリの技術を応用し、旦那の居場所や行動を特定・追跡する活用法が話題となっているため、自分のスマホにそういった細工がされていないか要チェック。

特定や追跡するためにはアプリがインストールされていることが前提なので、削除するか嫁に問いただして消してもらえばそういった危険性はなくなります。

防犯用のアプリを応用して特定・調査に使う、女性の不倫への執念は恐ろしいです…(笑)

ICカードやお財布ケータイの履歴には注意

スマホ版Suicaやお財布ケータイなど便利な支払い機能にも、嫁の魔の手が迫っています。

ICカードやお財布ケータイの使用履歴や金額から不倫がバレてしまったケースもあるため、相手とのデートや食事の支払いに使うのは控えましょう。

また、Suicaの履歴から行った場所の特定もされる恐れがあるので注意です。

不倫相手とのデートでは現金での支払いが1番!ICカードやクレジットカードと違って履歴や領収書が残らないので、どこでいくら使おうが嫁には分かりません。

ICカードやお財布ケータイは簡単に支払いができる便利なアプリや機能ですが、これも不倫調査の対象になる項目なので不必要な使用は避けましょう。

 

スマホはチェックされるもの、と考える

外出先で妻のスマホのバッテリーが切れてしまった時など「ちょっとスマホかして」と言われる場面もあるかもしれません。そんな時に「いや、それはちょっと……」なんて渋るのもおかしいですからね。いつでもどんな時にも見られて問題のない状態にしておきましょう。

ここでひとつ、私がつかってるテクニックを紹介したいと思います。それは、パスコードを二人の結婚記念日にしておいて、それを相手にも教えているという方法です。その気になれば、いつでも妻は私のスマホを調べることが出来ます。

スマホの管理と履歴消去は徹底していますが、それでも24時間完璧というわけにはいきませんし、入浴中や就寝中などはいつ調べられてもおかしくない状況です。「本当にそんなことして大丈夫なの?」と思わず心配になってしまうかもしれません。

しかし、人間の心理は不思議なもので、いつでも調べられると思うと逆に調べなくなるんですよね。開け放たれていて中身が空っぽなのが見えている箱には誰も興味をもちませんが、厳重な鍵がかけられていて、こっそり隠されてる箱なんてものがあったら、意地でも中を見たくなってしまうものなのです。

このノーガード戦法……いざというときの不安は残りますが、個人的にはこれからも続けていこうと思います。パスコードが二人の結婚記念日というのは少しばかりあからさまかもしれませんが、相手からしても悪い気はしないでしょうし「私のことを大事に思ってくれている」と感じてくれれば、わざわざ不倫を疑ってアラ探しをしよう、なんて思いつかないでしょうから。

スマホ(携帯電話)からの不倫バレを防ぐために設定しておくべきことまとめ

不倫をしている時、どうしても妻に対しては後ろめたい気持ちになってしまい、これまでとは違う反応や発言をしてしまいがちです。

そういった態度を気取られて「不倫しているかも?」と疑われてしまい、証拠を掴んでやろう!と意気込まれた場合に、それをのらりくらりとかわしながら不倫を続けることはなかなか困難です。

繰り返しになってしまいますが、もっとも効果的な不倫がバレないための対策は、やはり「普段通りの堂々とした態度でいること」がベストだと思われます。

「普段通りの態度」と「スマホの適切な管理」の二つを常に実践できていれば、古典的なスーツの胸ポケットからラブホテルのマッチや会員カードが出てきた……なんてうっかりがない限りは、まずバレないことでしょう。

最もリスクの高いスマホの安全性を高めておくことで、自然とバレないことへの自信がわいてきて、普段通りの態度を取れることにつながります。

まずはスマホの設定と管理をしっかりと!それが楽しく安全に不倫をするための第一歩なのです。

 

 

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ