不倫は実に楽しいものです。

狙うならぜったい人妻です。人妻は、すでに家庭を持っているわけですから、大胆な行動は取れません。面倒な事に巻き込まれるリスクが低いわけですね。仮に独身女性をセフレに持ったとすると……私もそろそろ子供がほしいとか、お嫁さんになりたい、なんていいだす可能性があります。

そういった心配がないのが人妻のいいところですね。

そもそも人妻と関係をもつことになるのなら、それは必然的にセフレという関係になります。人の妻なのですから、彼女にはできませんし、こちらとしてもそういった関係は望んでいないわけですからね。人妻といえばセフレ。セフレといえば人妻。それくらい密接な関係にあると言えます。

ただ都合のいい時に会って、セックスだけを楽しむ。プレゼントをせがまれたり、どこどこへ連れて行ってなど、煩わしいことがなく肉体関係を楽しめるのですから、一度人妻セフレの味を知ってしまったら戻れませんね。

そんな楽しい人妻との不倫関係を出会い系サイトで探すために、本日は、出会い系でのプロフィールの作成方法をまとめました。

写真の撮影の仕方は「中高年の魅力が詰まったブロフ写真の撮り方」にまとめてありますので、そちらもあわせてごらんください。

普通の出会いとは違う、人妻とのW不倫だからこそ、プロフィール作成で注意すべき点があるのです。

女性はプロフィールを見る

女性は必ずといってもいいほど男性のプロフィールをしっかりと見ます。男性が女性のプロフィールを見るときはけっこう適当だったりします。顔写真がのっていなければスルーしたり、プロフィールを見るとしても年齢やスタイル・スリーサイズだけで趣味や好きなことについて長々と書かれた部分は完全に読み飛ばしたり……と。単純にいってしまえば、胸の谷間が載っている写真さえあれば男はそれで満足してしまう生き物なのです。

しかし、女性の場合はそうはいきません。なにせ、出会い系というのは見ず知らずの男女が出会う場所ですし、会ってみなければ相手がどんな人物かというのはわかりません。男性と女性では多くの場合、女性のほうが体力や体格的にハンデを背負っていますので、いざという場合には力づくでどうにかされてしまうかもしれない、という心配もありますからね。

とくに不倫をしたいと思っている人妻たちは、その他にバラされるリスクや馬鹿と不倫をしてバレてしまうリスクを徹底的に避けようとします。だから会おうとする男性に関してはできるだけ情報を集めたいとおもうものですし、吟味するものなんです。

また、W不倫の出会いをするなら、もしもあなたが独身でも、既婚者という設定にしなければいけません。独身男性を警戒している既婚女性も多いですからね。

出会い系で出会いたいならプロフィールにチカラを入れる

そのため出会い系で出会いたいならプロフィールにチカラを入れる、というのはもはや鉄則と言えるでしょう。

プロフィールは、一度しっかりと書いてしまえば、あとは放っておくだけで効果を発揮してくれるのです。プロフィールをつくる際には最低でも1時間以上、できれば2~3時間はかけてください。

面倒くさいとおもうかもしれませんが、ここをおろそかにしてしまうのは本当に損なんです。

プロフィールの書きかた

「そう言われてもプロフィールなんてどう書けばいいの? 趣味をちょっとかいて、あとはよろしくお願いします、くらいしか思いつかなかった……」という男性諸君も多いことでしょう。そういう場合はどうすればいいのか。

簡単です。パクればいいんです。あなたが男性のプロフィールをいろいろと巡回して見て回って「これはいいな」や「なるほどな」と思った自己紹介の仕方を真似してしまえばいいんです!

もちろん、プロフィールだけに限りません。たとえば自撮りの撮り方を参考にしたり、プロフィールに公開掲示板やつぶやきシステムがあるのでしたら、どういう書きこみが女性にウケているのか、というのを勉強することが出来ます。

こういう生の情報というのはまず間違いなく役に立ちます。

趣味

趣味だって嘘っぱちでいいんです。たとえばスノーボードを趣味にしておけば冬場にしかできない趣味ですし、不倫相手と一緒にスキー旅行なんてのはよっぽど仲が深まらないとしないものですから、ウソをついていてもバレません。雪国にお住まいの人でしたら、バレてしまうかもしれませんが……(笑)

趣味に読書や映画鑑賞というのもいいですが、それだけというのはやめてください。実際にそうだったとしても、読書や映画鑑賞しか書いてない人というのはあまりにも多すぎて、その他大勢という印象になってしまうからです。ウソでもいいので、なにかひとつスペシャルな趣味をいれておくのがいいでしょう。たとえば料理なんてのは無難ですが、女性ウケとしてはNo.1クラスにいいものですからね。

あとは語学の勉強なんていうのも頭が良さそうに思われて好印象だったりします。ドイツ語を習っているんだ、なんていっておけばちょっとかっこいい印象になりますからね。適当なドイツ語を3つ4つ覚えてさえいれば、それを適当に披露すれば相手はどうせわかりませんので、信じてくれるものです(笑)あとはピアノやギターなどの音楽系も人気ですね。どうせラブホにピアノやギターなんておいてないんですから、披露する場もないので安全です。

ちなみに以前、刀剣収集というのを趣味にしていたのですが、ちょうど1年位前から急に刀剣について食いついてくる女性が増えてきたことがありました。当然、刀剣なんてほとんど知識がないのでそのつど検索などをして適当に答えていたのですが、いかんせん数が多すぎる。不思議におもっていたら、どうも刀剣をモチーフにしたソーシャルゲームが女性に人気だったからなんだそうです。かなり突っ込まれてオタク知識の披露会みたいになってしまったので、刀剣収集の趣味はもう封印しています(笑)

とにかく、多少はつっこまれたとしてもこっちは検索する時間がありますのでなんとかなります。そういう反応を女性にしてもらえてる時点でこっちのものでもありますからね。

しっかりとプロフィールを書けば、女性の方から声をかけてくる確率が格段に増えますし、こちらからメールをした際にも返事がかえってくる期待が持てます。必ずしっかりとプロフィールをつくっておきましょう!

「話題のきっかけになるようなこと」を書く

プロフィールを書くときにもうひとつ気をつけなければならないことがあります。それは「話題のきっかけになるようなこと」を書くこと。

たとえば、あなたは女性のプロフィールを見て、気になったことを質問したりしますよね。だから、あなたも女性がメールに書いてくれるようなことを書くべきなんです。つまり、プロフィールを書く段階でメールのヤリトリは始まっているということなんです。

女性の方が書くことを簡単に思いつくことが大切なんです。書くことを思いつかない人よりも、書くことを思いつくことのほうがはるかに多くのメールを貰うことができるのです。

メールの交換が始まった後も「そういえばプロフィールに書いてありましたけど○○が好きなんですか?」なんて話題が続くこともあります。きちんと書けているプロフィールは何度でもあなたを助けてくれるのです。

あえてサイト内やり取りを続けるテクニック

いまの女性たちが不倫相手に求めているものはなによりも安全・安心です。いまや不倫の動かぬ証拠としてLINEのやりとりが雑誌に載ってしまう時代なのですから、メールやLINEからバレるのはこわいな……と、不倫をしている女性ならそう思うはずです。

だからこそ、あえてサイト内でのやりとりが今、相手に安心感を与えることが出来るんです。 いまや出会い系においてLINEやメールアドレスの交換というのは当たり前です。LINEであればブロック、フリーメールであれば使い捨てできますので、手軽な手段として便利ですからね。

しかし、いまはその安全性に疑問の声が上がっています。もっとも、あの事件でのLINEの流出はiPhone特有の問題であるところのクローンiPhoneを利用した盗み見だったようですし、あれからLINEも頻繁にアップデートしていますので、いずれ対策されることでしょう。でも、一度ついてしまった「LINEは怖い」というイメージはなかなか拭えませんので「サイト内のままでいいよ」と言ってあげることで、なによりも安心感を与えることが出来るんです。

私もそうですが、基本的に会う約束をする段階になったら必ず連絡先をききます。ここで教えてくれないような女性は冷やかしかサクラか?!と断定するような勢いでいたのですが、今はそれを改めています。

もっとも、しばらくすればこの風潮もなくなって元通りになると思いますが、まだあの事件の興奮冷めやらぬ今においてはこの気配りが出来る男性なら安心、という印象を手軽に与えることが出来ますから。

そこまで気が回らない男たちは、昔の私のようにさっさとLINEなどの連絡先を聞き出そうとして、断られたり不安に思われたりして損をしているわけです。サイト内のメールにかかる費用なんて小銭程度なのですから、それで女性からぐっと信頼されるのであれば安い買い物と言えるでしょう。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ