不倫出会いでもやはり誠実に嘘をつく男がモテる

嘘も方便とは、「目的を遂げるために、時には嘘をつくことも必要になる」という意味です。

出会い系サイトに限らずネットに嘘は付きもの。

出会い系でつく嘘は、犯罪でない限りすべて許されます。

嘘をつくことに、罪悪感を持つ必要など全くありません。

女性が誠実な男を求めているのであれば、誠実な人間であるように嘘をつけばいいだけです。

そもそも不倫をしようなんていう女性は、ウソのカタマリなわけですから、罪悪感をもつ必要はまったくないのです。

だいたい自分が嘘をついている人ほど、相手に誠実さを求めますから、出会い系では誠実な男を求めている女性が大半ということになります。

自分は旦那や彼氏に隠れて出会い系サイトに登録していても、ほとんどの女性は誠実な男を求めます。

誠実を装ったところで、つまるところセックスをしたいだけですよね。

それならのっけから「一発やらせろ」でいいじゃないか、そもそもそういう女が集まっているのが出会い系サイトなのだから、と思うかもしれませんが、それをすると女からはスルーされてしまうのです。

女性とはそういうものなので、まずは嘘でも誠実な男を演じます。具体的にはプロフ、最初のうちのメールでは文面にも気を遣います。

女心を歌った名曲のフレーズに、「どうせ私を だますなら だまし続けて ほしかった」というくだりがあります。

自分も嘘をついていながら、男には誠実さを求め、騙されていると思いながらも騙し続けて欲しい、これもまた女の心理です。

ですから、女は徹底的に騙し続けてあげればいいことになります。それで女も幸せになるのです。

ただそうはいっても、あからさまな嘘はすぐにバレます。

女がイケメンを好むからといって、他のイケメンの写真を貼っても、実際に会ったときにどうしようもありませんから、その手の嘘はつけません。

しかし、実際にイケメンでなくても、イケメンに「思わせる」ことならいくらでも出来るのが、出会い系サイトを利用するメリットのひとつです。

例えば、よく芸能人と間違われるとか、同僚からは福山雅治に少し似ているねと言われたことがあると書いて、実際にはまるで似ていなくても、それは嘘にはなりません。

相手が勝手にそう思い込んで、それなら会ってみようと思ったわけですから、夢を見させてあげたことは感謝こそされても、非難される筋合いはありません。

それに顔は如何ともしがたくとも、仕草や服装だけ福山雅治に近づけることなら誰でも出来ます。

そういう男は、女にとって誠実なのです。

嘘も方便の定義を繰り返します。それは、目的(あれ)をやり遂げるためには、時に嘘をつくことも必要になる、という意味です。

誠実な嘘で女を騙してあげることは、出会い系サイト利用の基本です。

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ