熟女セックスの魅力と出会い系での熟女攻略法

一昔前から熟女ブームなんて言葉が使われ始めましたが、私からしたら「なにをいまさら?」と言った感じです。むしろ私の畑を荒らさないでくれと。興味本位でちょっかいを出してこないで欲しい、といった憤りすら感じます。

もっとも、「なんで今までブームじゃなかったんだろう?」という疑問も同時にあるわけですが……。ようやく世間が熟女の良さに気付き始めた、ということなのでしょう。

さいわいなのは熟女「ブーム」となっている点ですね。ブームというのは一過性の流行のことです。ぱっと盛り上がってぱっと冷めるわけですね。私としてはさっさと冷めてほしいものですが、なかなかそうも言ってられない様子……。ブームも何年も続けば定番となって定着してしまいますから、そうはなってほしくないものです。

さて、本日は、そんな魅力いっぱいの熟女セックスの魅力と出会い系での熟女攻略法をお伝えしていきます。

熟女セックスの魅力と出会い系での熟女攻略法

そもそも、どう考えてもただ若いだけの女よりも熟女のほうがセックス相手としては優れているわけです。経験はもちろんのこと、色気と魅力が段違いです。ああいう中からにじみ出る魅力というのは年齢を重ねた女性特有のものですからね。私も若い女性とのセックスは何度か経験がありますが、なんだかおままごとのような味気なさを感じてしまうんです。

たしかに肌はぴちぴちしていてハリもツヤもあります。見た目だけなら若い女性のほうが優れていることでしょう。でもあくまでもそれは見た目だけのこと。セックスというのはカラダとカラダを重ねあう行為です。そこに見た目というのはあまり重要視されません。それよりも大事なのは体の相性であり、かもしだされるフェロモンなわけです。

世間では20代後半からオバサンと呼ばれ始め、30歳をすぎても結婚できないでいると「未婚の負け犬」といったようなレッテルを貼られるようですが、私からしたら30歳なんてのはまだまだ子犬ちゃんです。30歳といえばようやく色気と魅力が出てくるころです。そこから自分色に染め上げるのもいつかはしてみたいことです。

女性の性欲は40歳前後がピークと言われています

熟女セックスの魅力と出会い系での熟女攻略法

そもそも、20歳と40歳の女性ではセックスに対する意欲が違いすぎます。20歳の女性なんてのは黙っていても男が寄ってきてセックスに困ることはありませんので、1回のセックスに対するありがたみみたいなものはほとんどありません。むしろセックスをさせてあげている、というようなおごりすらみられます。

たいして40歳のセックスというのは、それはもうむさぼりつくような実に情熱的で精力的なセックスになります。

40歳ともなると男性との出会いも限られますし、黙っているだけではセックスの機会なんてのは巡ってきませんからね。熟女たちは「もしかしたらこれが人生最後のセックスになるかもしれない……」そんな気持ちで、セックスに対して全身全霊をかけているかのような、とても濃厚なセックスを味わえます。

男性というのは10代後半が性欲のピークであるのに対し、女性は40歳前後がピークであると言われています。性欲自体も男性は30歳くらいから下がり始めるのに比べ、女性はむしろ30歳から上がりだして40歳でピークを迎えるのですが、実はその頃には男性の性欲というのはだいぶ下がってしまい、この時点ですでに男性よりも女性のほうが性欲が強くなっている傾向にあるそうです。

同い年の夫婦がセックスレスで悩むケースの多くは、30歳の頃は妻がセックスを拒否して旦那が欲求不満になるのに対し、40歳の頃は旦那がセックスを拒否して妻が欲求不満になる、というすれ違いが起こるからなんですね。

ではその欲求不満を抱えた場合どうするか。男性であれば風俗にいけば気軽に発散できますが、女性はそうはいきません。女性向けの風俗なんてものはないですからね。そうなると手軽に解決できる手段としては、まず出会い系が選択肢にあがるわけですね。

出会い系に40歳前後の熟女が多いのには、きちんとした理由と裏付けがあったんです。

わたしも熟女とのセックスを楽しんでいます

わたし自身も熟女とのセックスを楽しんでいます。

出会い系サイトを利用している女性の中でダントツに多いのは人妻です。 そしてわたしは人妻が大好きです。淫乱でフェラチオがとっても気持ちいいですもんね。 人妻にオナニーさせながらフェラチオさせる感動はなにものにも代え難い!!!

人妻が利用する理由は旦那さんとうまくいっていないか、女性として生きたいという理由が大半です。おおよそ見当がつきますね。

今年で結婚生活17年になりました。主人も結婚初めと変わり、毎日が単調でおもしろくなく刺激を求めてここに来ました。

みたいに書きこむ人妻ですね。  私もいろんな出会い系サイトを利用していますがやはりセックスしている70パーセントは人妻です。

しかもセックス率はほぼ100パーセントです。

欲求不満でしょうか? 一番気を使うのは旦那さんにばれなくする事。 逆に言えば、 旦那にバレないということを保証してあげれば非常に食べやすいんです。

私はというと極力メールでの履歴が残る連絡手段はさけて電話での連絡交換にしています。自分の名前はすべて「シノブ」にしています。なぜかというと性別がわからないじゃないですか? これでほぼ旦那さんの目を気にせず堂々と連絡が取れます。奥さんも「友達だよ」ですみます。

メールの交換をしているときに、できるだけ女性の友達に見えるようにメールするから安心してね、なんて一言添えるのも効果的です。

熟女とセックスするには恋愛ごっこに付き合ってあげるのが近道です

熟女セックスの魅力と出会い系での熟女攻略法

一般的な男性が出会い系に何を求めているかといえば、その多くはセックスですよね。もっとわかりやすくいえば「射精」という行為そのものを求めていることがほとんどではないでしょうか。では、女性はどうでしょう?

女性だってもちろんセックスは求めています。ですがそれはあくまで「結果的にセックスをすることになっただけ」という捉え方をしていることが多いです。

別に「クリトリスでイキたい」だったり「潮を吹くほど感じてみたい」なんてアダルトビデオのようなことを主な目的としているわけではないのが男性との大きな違いでしょうか。女性もセックスを求めてはいるが、セックスそのものを求めているわけではない、という認識をしておくことが大事です。

ここを履き違えていると「どうせ熟女さんもセックスが目的なんでしょ?ならヤろうよ?」なんて風に誘ってしまいかねないですからね。女性にとってはこれは屈辱的なセリフであることが多いです。

もちろん、女性の中にもただセックスがしたいだけ、肉体的な欲求不満を解消したいだけ、という人もたくさんいるのですが、全体で見ればそういった人はどちらかと言えば少数派であることが実情です。

熟女がほんとうに求めているものとは

真に熟女が出会い系で求めていることといえば……それは恋愛ごっこを楽しめる関係です。「お互いに見つめ合ったり、手をつなぐだけでドキドキしていたような、昔のあの頃のときめきをもう一度味わいたい……」ということなんですね。でも真剣な恋愛をするつもりはありません。彼女たちにも家庭があって、子供がいたりしますからね。

あくまでも今ある生活は崩さずに、恋愛感情だけを楽しみたいんです。当然ながら、愛し合う二人は自然とセックスにいたることになりますので、そういった熟女たちと「セックスという行為」をすることはとても簡単です。単純に、相手が求めている恋愛ごっこに付き合ってあげればいいのですから。

セフレじゃなくて恋愛ごっこできる相手が欲しい

匿名(主)(13/09/23 21:23)

エッチするまでのドキドキを味わいたいんだけど、これも浮気になる?

No.3 無理でしょうね 13/09/23 21:31

男は基本下心ありですよ。無理だと思います。

No.4 匿名(主) 13/09/23 21:31

バーチャルな世界とか興味ないんです。
男はやることが最終目的だから、そんなばかな事に付き合ってくれる人なんていないよね(笑)

No.12 匿名 13/09/23 22:34

>>4
セフレに時々付き合ってもらう。自分の気分で、文字遊びして迷惑なメールだろうけど。ただふぇらしてんだから、たまには付き合えよってかんじ。

No.7 匿名 13/09/23 21:49

わかる。でも私は我慢できなくなってヤっちゃうかもw 旦那とも別居でかれこれ4年レスだし、男根が欲しい(切実)

No.14 匿名 13/09/23 22:39

このトピ私がたてたのかとびっくりした(笑)
そんな都合いい人なんていないね…

No.16 匿名 13/09/23 22:45

私した事あるんだけど、「なんで俺とはHできないの!?」って話になってしまったぜ~Hしたら終わりなのよねぇ…

No.25 匿名 13/09/24 00:15

わかる!よくわかるよ。結婚前からそんな感じの気持ちあった。セフレはセフレ、恋愛ごっこというかときめきたい人はドキドキのまんまがいい。どんな素敵な人でも、エッチに持ってこられて相手のパンツの先っちょちょいと濡れてたら何だかがっかりする。

No.29 匿名 13/09/24 00:57

主の気持ち分かるなぁ。
一週間くらいの期間限定で恋愛したい。セックスなしで。そんな男いないよね~。

セフレじゃなくて恋愛ごっこできる相手が欲しい | ママの交流掲示板 | ママスタ☆BBS

人妻が集まる交流サイトにて、このような会話がなされていました。多くの女性が「恋愛ごっこがしたい」という投稿主に対して同意を示しており、中には実際に恋愛ごっこを楽しんでいる人もちらほら。

共通しているのは「別にセックスしたいわけじゃない」「ときめきたい」「でも、そんな都合のいい男がいないのはわかってる」といったところでしょうか。

実際に恋愛ごっこを楽しんでいる人の中にはセックスなしで通している人もいるようですが……それは男性につらい思いをさせている、という自覚はあるようです。

男性からしても「そもそも恋愛ってめんどくさいし、ゴッコ遊びとはいえそれに付き合うのは面倒くさそう……」と思うかもしれません。しかし、なにも難しいことではありません。あくまで恋愛ごっこなのですから、恋愛の楽しい部分だけを味わえばいいのです。

デートで手をつないでみたり、二人でどこか遠くへ行ってみたり、カラオケボックスでちょっとエッチなことをしてみたり……といった、まさに学生レベルのことをするだけでいいんです。

恋愛の面倒なところといえば、定期的に連絡をとったりいきたくもないデートに付き合わされたり、常に相手の顔色をうかがってご機嫌取りをしなければいけないところがあると思います。

でも、出会い系で出会った不倫相手の人妻に対しては、そういった面倒な義務がすべて免除されるのです。なぜなら、こちらもあちらも守るべき家庭があるのですから、それを理由に連絡やデートを断ることが可能だからです。

普通の恋人同士に起こりうる、相手を束縛するような関係は絶対に有り得ないのです。だってお互いにお互いの生活があり、そこには不干渉で尊重しあうのが恋愛ごっこのルールですからね。

熟女とセックスするまでの具体的な流れ

私のお決まりのパターンとしては

  • 一回目:1時間程度の顔合わせのみ。長時間会ったりはしない
  • 二回目:映画館や催し物などの「話さなくてもいい」デートを選択
  • 三回目:ホテルへ連れ込むことを事前にほのめかしておき、そのまま連れ込む

というのがいつもの流れになっています。特に、三回目でセックスまでもちこむのは確定事項になっていますね。逆に言えば、三回目でエッチできなかった(できそうになかった)女性とはその後は会わないようにしています。

ぶっちゃけてしまえば、私は恋愛ごっこがしたいのではなく、セックスがしたいわけですからね。セックスぬきの恋愛ごっこがしたい女性もいますので、そういう人にあたってしまった場合はさっさと見限って次へ行くことがコツです。

なにせ、出会い系で知り合った男と3回もデートするのであればよっぽど気に入られていると思っていいでしょう。その点については自信を持ってもいいと思います。女性であれば常に誰かしらの男性からデートのお誘いを受けていてもおかしくないですからね。

その気になれば新しくメールをくれた男性になびいてもおかしくないのに、それでも三回目のデートを選択することは、あなたが「特別な男性」として認識されている何よりの証拠ですからね。そう思っている相手から自分のカラダを求められたら、応じてしまうのが女性という生き物なのです。

熟女との関係は、いわゆるセフレ状態になることが多い

セックスフレンドのことをセフレといいますが、そもそもセックスフレンドの定義とはなんでしょうか?

ごく一般的なカップルは、その先に結婚というゴールがあることがほとんどですよね。それとは逆に、セックスフレンドという関係は、ゴールが別れになることがあらかじめ決まっている関係なのではないかなと個人的には思っています。

当然、不倫や浮気の関係はほとんどがコレに当たります。中には「いまの女房と別れてオマエと結婚するから、もう少し待ってくれよな……」なんて甘い言葉をささやきつつ、まったくその気がないなんていう悪い男もいますが、出会い系の女性に対してこのような事を言うのは絶対にNGですよ!

真に受けてしまう女性がいるかもしれませんからね。あくまでも、恋愛ごっこであり割り切りのお遊びの関係なんだということを自身が忘れないのはもちろんのこと、相手の暴走をいさめることも大事です。

その点、既婚者が相手だと楽なんですよね。お互いにとって割り切ることがメリットになりますからね。セフレとして相手を選ぶのであれば人妻をオススメします。未婚だったり離婚済みの女性は、結婚を迫ってくる可能性があります。

そうなってしまえば実に面倒なことになりますからね。独り身の女性に手を出す際は「僕は既婚だから、君とは一緒になれない。でも……今だけは、君と一緒にいたい」なんて風に、都合よく綺麗事でこちらの状況を伝えておきましょう。既婚であることを隠すような真似は、リスクを考えると得策とはいえません。

人妻とセフレになるのは実に気楽で便利なものです。純粋にセックスだけを楽しめますから。

導入部分こそ、恋愛ごっこに付き合う必要がありますが、一度セックスをしてしまえばこちらのペースで進めることが可能です。

こちらが気乗りするのであれば、普通のデートを楽しむのもいいでしょうし、面倒になったらセックスだけの関係にしてしまってもいいでしょう。それで相手が不満をいうようであれば……逃すのが惜しい相手ならしぶしぶ付き合いますし、そこまででもない相手ならそのまま別れればいいだけなのですから。

なにせ、始まった時点で必ず終わることが確定してる関係なのです。早いか遅いか、それだけの問題なのですから。相手には相手の都合や望むものがありますし、自分には自分の都合や望むものがあります。

どちらが優先されるかといえば、それはやはり自分です。自分勝手でいいんです。ネットの出会い系は希薄なものですから、必要以上に相手に感情移入をするのはやめておいたほうが無難です。

もちろん、これは私の価値観であり、正解というわけではありません。出会い系はあくまでもツールです。見知らぬ男女を結びつける「場」でしかありません。そこで知り合った女性となにをするか、どう過ごすかは人それぞれですからね。

ただ確実に言えることは、出会い系を利用しなければ熟女とは知り合えないし、セックスすることもできないというわけですね。逆に言えば、利用さえすれば知り合えるし、セックスもできます。

私も最初は出会い系なんて詐欺まがいの怪しいところを利用するような男はバカばかりと思っていましたが、いまではまったくの逆ですね。なんでこんなおいしい思いができるのに、利用しないんだ?と。

私のような偏見がまだ残っている男性がそれほど多いのかもしれませんが、男性が殺到してしまえば出会いにくくなりますし、そのままのほうがいいのかもしれませんね(笑)

不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

絶対に信頼できる大手出会い系サイトを紹介します。



W不倫パートナーと出会える出会い系サイトはコチラからどうぞ