W不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

01 W不倫の基礎知識

478661_1_2

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。

独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

しかし、残念ながら、世の中にある不倫専門サイトや人妻出会いサイトは、詐欺サイトばかりです。そもそも、そんなサイトに普通の人妻が入会するはずがありません。

それらはすべて、サクラしかいない、絶対に出会えないサイトなのです。

普通の人妻がW不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。

ハッピーメールW不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

ワクワクメールW不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

PCMAXW不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

「同窓会に参加する人の9割は不倫を期待している!?」驚きの中高年の本音とは

02 W不倫の心がまえ

「同窓会に参加する人の9割は不倫を期待している!?」驚きの中高年の本音とは

早いもので今年も年末年始の時期がやってまいりました。この時期は、なにかと同窓会が開催されるシーズンでもありますよね。毎年というわけでもないですが、わたしも定期的に参加をしておりますし、次回の開催を今か今かと楽しみにしております。

我々のような中高年世代にとって、数少ない楽しみなイベントのひとつが同窓会である人は多いと思われます。古くは小学校の同級生からはじまり、中学校・高校、そして大学のゼミやサークルなどの若かりし青春の時代をともに過ごした友人と一堂に会するイベントは、出会いそのものが少なくなってくる中高年にとって貴重なイベントであることは間違いありません。

学生時代をともに遊んだ男友達とバカ話をして盛り上がるのもまた楽しいのですが、その頃に片思いをしていた女性や、あるいはクラスのマドンナ的存在だった女性と再会出来ることを楽しみに参加する人も多いのではないでしょうか?

それは男性側だけではなく、女性も同じこと。むしろ女性のほうがその目的は強いといえるかもしれません。なにしろ、中高年の男性は仕事ざかりの時期で、仕事を通じていろんな人と関わる機会がありますが、女性となるとそうもいきません。

専業主婦であれば家にこもりきりになってしまいがちですし、外とのつながりはパートの時間だけ……という人妻だって珍しくありませんからね。

そんな人妻たちが「女」として見てもらえる晴れの舞台が「同窓会」なのです。同窓会をテーマにした不倫ドラマがいくつも制作されるほど、同窓会と不倫は切っても切れない関係なのです。

同窓会をきっかけに不倫に走る女性はとても多い

◯◯くんのお母さんであったり、パートのおばちゃんだったりと、「女」として見られる機会の少なくなった人妻が、自分のことを「女」として見てくれる男性に出会った場合、それが久々であればあるほど急激に恋心が芽生えてしまうそうなんですね。

20代や30代の頃の同窓会であれば、まだまだ日常的に女として見られることが多い時期ですから、未婚ならともかく既婚であれば男女の関係を期待して同窓会に参加する人は少ないことでしょう。

しかし、40代以降となれば話はまた別です。中高年となった男女が再び集まる同窓会には、不倫の匂いがプンプンとただよっているのです。

同窓会で出会った男女の不倫をテーマにしたマンガの原作者であり、ドラマの脚本も手掛けた「柴門ふみ」さんという同窓会のスペシャリストがこう断言しているのです。同窓会の参加者の9割は不倫目当てだ、と。

9割が不倫目当てって本当!? 柴門ふみさんが断言した、同窓会に出席する理由とは。このドラマは、同窓会で再会した者同士が、不倫関係になっていくというもの。
実際に柴門さんが30代の頃に出席した同窓会での経験が、ドラマに反映されているそうです。

番組中、「同窓会ってそういう(不倫)目的で行ってる人がいるってことなのですか?」という問いかけに、柴門さんは9割以上がそうである、と断言され、このことが話題になったのです。

(中略)

柴門さんが「特に専業主婦の方は、日頃イベントが少ない分、気合いが入っちゃって、ドラマも起きやすい」と言われていたように、出会いが少ないと言われる専業主婦の方が不倫に発展する可能性が少なくないのかもしれません。

かつての同級生に若く美しく見られたい、と思うのは女性として当然の気持ち。
さらに元カレや、かつて憧れていた人が出席するとわかっていたら・・・
新しい服を買い、美容院にも行き、メイクもしっかり整える女ごころも理解できます。

http://select.mamastar.jp/19098

これは、とてもよくある話です。本当によくある話なんです。何を隠そう、このわたしも同窓会をキッカケに不倫関係になった女性がいました。それもひとりではありません……。3人もいるんです。

わたしの初めての不倫も、同窓会からでした

わたしがした初めての不倫は同級生とでした。もう十年前のことです。当時はまだ妻との関係も今よりは良好で、自分も仕事が楽しくて仕事のことばかりを考えていた時期です。不倫をしたいなんて気持ちはまったくなかったですし、そうなる可能性があることも考えたことすらありませんでした。

仕事でそれなりの成功を収めて気分が良い時期だったこともあり、意気揚々と同窓会に出席をしました。きっとその時のわたしは自信に満ち溢れていて、魅力的にうつったのでしょう。

舞台は中学校時代の同窓会で、どんな仕事をしているだの、結婚しただのしないだの、そんなありきたりの話で盛り上がっていた頃です。学生時代に親しくしていたわけではありませんが、好意を寄せていた同級生の女性から、やたらとボディタッチをされていることに気づきました。

他のクラスメイトたちは自分のグラスを持ちながらあっちへこっちへと移動をして昔話に花を咲かせているのに、彼女はわたしの横から動こうとしないのです。聞けば彼女もとっくに結婚をしており、もう中学生の子供がいるとのこと。

しかし子供の話もそこそこに、彼女は立て板に水のような勢いで夫の愚痴を話し始めたのです。やれ家に帰ってこないだの、家事も育児もまったくしないだの、絶対に浮気をしているだの……。お酒が入っていることもあり、すっかり彼女の独擅場になっていました。

正直、その時のわたしはとても面倒に感じていたと思います。「あの頃はあんなにかわいかったあの子が、今じゃこんな風にやさぐれちゃって……。あーあ、こんなとこ見たくなかったなあ」と、話を聞き流しながらそう思っていました。

それでも彼女の愚痴は止まらずに、ついにはセックスレスであるとか、夫のセックスのここが気に食わなかっただとか、かなりプライベートなことまで話し始めたのです。興奮のあまり時々大声になることもあり、クラスメイトが何度か振り返る場面も。

これはまずいと思い、彼女の腕を掴んでちょっと席を離れたのです。少し夜風に当たらせれば酔いも冷めて落ち着くだろうと。この時は、まったくもって善意からくる行動でした。

しかし、彼女からすればそうは思わなかったのかもしれません。突然、わたしの胸ぐらを掴んだかと思うといきなりキスをされたのです。青天の霹靂とはこのことでしょうか。この状況を理解するのに長い時間がかかりました。

実際は2~3秒ほどだったのでしょうが、わたしには10秒以上のとても長いキスに感じたのです。やっと「これはいけないことだ」と頭が理解し、彼女の肩をつかんで引き剥がしますが、彼女は満面の笑みでこういうのです。

「ふふ、これでわたしも浮気してやった!」

と。素晴らしくかわいらしい笑顔でした。きっと、もう何ヶ月も心から笑ったことがなかったのかもしれません。キスは浮気をしている旦那への当てつけであり、復讐だったのでしょう。勝手に八つ当たり相手にされるわたしにとってはたまったもんじゃありませんが(笑)

過去に好意を寄せていた女性であったからよかったものの、何の興味もないブスに同じことをされていたらぶん殴っていたかもしれません(笑)

「ずっとこの場に二人きりでいたらまずい」と、本能的に感じてその後はすぐ会場に戻ったのですが、その後は誰となにを話したのかまったく覚えていません。先ほどの彼女とのキスのことばかり考えていたのです。

彼女はすっかり酔いつぶれてしまい、女友達から介抱されている始末。人の心をかき乱しておいてのん気なものだなあと、少しイラついたのをよく覚えています。

その日はそのままなにもなく解散となりました。帰宅後に妻から「どう?楽しかった?」と聞かれたときには心臓がバクバクと高鳴ってしまい「……まあ、普通だったよ」と後ろめたさからか、そっけない態度をとってしまったものです。

そしてその翌日。彼女から電話がかかってきました。酔いつぶれる前に携帯電話の番号を交換していたのです。

「本当にごめんなさい!!」

と、彼女はひたすら謝り倒してきました。どうも、昨夜の記憶はきちんとあるようでした。わたしはものすごく気にしていたのですが、思わず「気にしないでいいよ」と、本心とは裏腹にオトナの態度をとってしまったのです。

しかし、気にしているのは彼女のほうが強いようで、どうしてもまた会って謝りたいと。わたしも、もう一度会いたい気持ちはありましたので、そこまでいうのなら、と。

「会ってどうするんだろう?謝って終わり?それとも口止めをしたいだけ?まさか、昨夜の続きになったり……?」

と、いろいろな考えがめぐったものです。それまでは仕事のことしか考えていなかった毎日が、彼女のことばかり考えるようになってしまったのです。

そして、1週間後くらいにまた会うわけですが……。さすがに、長々と語りすぎてしまいましたね(笑)老人の昔話は長くなってしまい、申し訳ないです。

結論からいえば、もう一度会ったその日にホテルへ行き、セックスをしました。それも、何度も、何度もです。なんとなく、わたしも感じていたんですよね。

「次に会ったら……きっと彼女とセックスをするんだろうなあ」

と、漠然と思っていました。まるでそれが確定事項のように、会うことが決まった日から一度もオナニーをしなかったものです。それは大正解でしたね。

残念ながら彼女とはあまり長続きはしませんでした。やはり地元同士の不倫関係はリスクが大きく、わたしが不倫初心者だったこともあり、いろいろと危なくなってしまったからです。

しかし、同窓会からの不倫セックスはわたしの今後の人生を大きく変えました。不倫セックスという蜜の味を知ってしまったのです。それ以降、不倫セックスの魅力から抜けだせず……今に至るというわけですね。

同窓会は不倫のトリガーである

このように、同窓会をきっかけに不倫をはじめる人は非常に多いと思われます。

不倫関係にまで至らなくても、ひさびさに再開したクラスメイトを見て「男」や「女」を感じ取り、思わずムラムラっとくるくらいが正常な中高年世代とも言えるでしょう。

わたしのように当時の同級生同士で不倫関係に陥るケースも多いのですが、同窓会に出たことをきっかけにして出会い系に登録する人妻もとても多いのです。

そんな人妻は出会いに対して非常に高いモチベーションを持っていることは間違いありません。今すぐにでも「あの若かった頃のトキメキと、女としての自信を取り戻したい」と思っているのですから。

これは男性がアダルトビデオコーナーでどの作品を借りようかor購入しようかと、迷っている時の心境に似ているでしょう。

アダルトビデオ作品を選んでいる時ってワクワクしますよね。そして「早く帰ってオナニーをしたい!」と思いますよね。出会い系に登録したばかりの人妻は、それと似たような心境をもっているといえます。「早く男を見つけてセックスをしたい!」と考えているのです。

男に飢えた人妻をピンポイントで見つけることが出来れば、実にスピーディで即エッチな出会いが成立しやすくなるのですから、これをむざむざ見過ごす手はありません。

自分も最近、同窓会に行ってきたとアピールする

女性は共感を大切にする生き物です。同じ考えを持っていたり、同じ境遇に置かれている人に対しては強い親近感を覚えます。

それを利用して「自分も最近同窓会に出て、昔のトキメキを思い出したくなって……」といった具合に、ストーリーをでっち上げればいいのです。本当に同窓会に行ったかどうかは関係ありません。

「あっ、この人も同窓会に出たんだ!そっか、きっとわたしと同じ思いをしたのね。この人ならわたしをわかってくれる……」

と、勝手に期待をしてくれるのです。同窓会をきっかけにして登録した人妻であれば、ほぼ間違いなく食いついてくれることでしょう。そうでなくても、中高年世代であれば、参加した同窓会で多かれ少なかれ青春時代のようなトキメキを感じたことがあるはずです。

そして、同窓会ネタで食いついてくれた人妻であれば、ほぼ間違いなく即セックスが可能なのも特徴のひとつです。

1週間オナニーを我慢していて、アダルトビデオというオカズを目の前にしたらシコらずにはいられません。人妻だって何年もセックスを我慢していて、出会い系というツールを手にしたら男をあさらずにはいられません。表向きの顔こそ、淑女ぶったりするものですが、その実はドロドロでチンポを欲しがる顔をしているのです。

こうなっている時の人妻とのセックスはそりゃもうすごいですよ。飢えた人妻のむさぼるようなセックスを存分に体験することが出来ます。

実際の同窓会でも出会いを探してみる

こうして同窓会絡みのネタで出会いを繰り返していると、自分にも本当の同窓会が開催されるのがとても楽しみになってくるものです。

なにせ、何人も人妻との出会いを繰り返していれば自分に自信がつきますし、ちょっとでも不倫に興味のある人妻や、家庭環境に不満のある人妻であれば、実際に落とすことが簡単にできるのですから。

わたしが最初の不倫セックスをどうしても忘れられずに、出会い系を始めたのが8年ほど前です。それから3度ほど同窓会に出席する機会があったのですが、その3度とも当時の同級生だった女性とセックスまで持ち込んでいます。もちろん、それぞれ別の女性です。

もし、これが出会い系での出会いをまったく経験していない状態であれば、そんな勇気はとてもじゃないけど出なかったことでしょう。長々と語ってしまった最初の同窓会での不倫なんて事故のようなものでしたからね。自ら積極的に探していくことが大事です。

しかし、実際にいろんな人妻と出会い系を介してセックスをしていくうちに、本当に世の中の女性はセックスレスで悩む人が多く、自分を女として見てほしい願望を強く抱えていることがわかりました。

実体験からくる裏付けがあると自信がつきますし、勇気を持って行動することができるようになるんですよね。そして、女性の多くは自信を持つ男性に惹かれるものです。最初の同窓会では仕事の成功もあって、自分に自信がある状態でしたからね。それもプラスに働いたのでしょう。

自分で言うのもなんですが、出会い系を始める前の自分と、出会い系で遊べるようになった今の自分では、圧倒的に今の自分のほうが男として魅力的だと思います。

本気で大好きだったけど高嶺の花過ぎて話すことはおろか、目を合わせることすら恥ずかしかった。そんなクラスのマドンナな的存在の女の子ともセックスすることが出来ました。その頃の自分に教えてやりたいですね。

「今から30年後に、その子とセックスするんだよ」

と、片思いでマドンナを見つめることしか出来なかった自分に耳打ちをしてあげたいです。

これを読んでいるあなたにも、学生の頃に憧れて片思いをしていた女性がいることでしょう。その頃にさかのぼってセックスすることは出来ませんが、今からセックスする可能性は大いにあるのです。

きたるべき次の同窓会に備えて、いまから出会い系で人妻とセックスをする練習をしておきましょう。そして、憧れだった存在の女性と実際にセックスするのは決して夢物語ではありません。

出会い系にいる人妻は自分の存在を証明したい

04 W不倫メールのコツ

「存在の耐えられない軽さ」という映画がありました。

子育てを終えた主婦は例外なく、一度は自分の存在の軽さに思いをはせ、人知れず悩みを持ったりするようです。子供が小さいころは育児がものすごくたいへんだからそんなことは考えません。育児期間は、大変ではあるけれど、母親として人生の充実期でもあったわけです。

それが終わって、子供に手がかからなくなることは嬉しい反面、それまでの充実した生活にふと隙間が出来てしまうことでもあり、その隙間を何か別のもので埋められないと、自分の存在が軽いものに思われて来たりするわけです。

しかも、子育てが終わる適齢期である30代半ばは年齢的に、女としてもっとも美しさが出て来ると同時に、性欲も高まりを見せる時期にもあたります。ところが旦那とはすでに倦怠期であり、旦那が年上だと年齢的に減退期を迎えている頃になります。

そうしたさまざまなことが重なり合ってこの年代は、女性を惑わせる時期でもあります。そうした惑いが、出会い系サイトへの登録へつながるのです。

その関係を知って、一番美しいこの年代の女性を口説くことを考えます。

自分の存在を確かめたくて出会い系に登録する

家庭の中にあって、自分の存在を軽く感じるのは何も、子育てが終了したからだけではありません。

それと同等かそれ以上に大きいのは、旦那との関係です。セックスレスによって女としてのプライドも保ちにくくなっているときに、母親としての役回りが一段落して、一気に自分の存在に疑問を持ち出すわけですね。

母親としても、女としても、自分の存在を軽く感じたとき、ふと頭をもたげるのが、家の外で自分がどう見られるかです。

というよりも、家の中での自分のあり方に存在の軽さを見出してしまった以上、自分のことを気にかけてくれる視線は、もはや家の外に求めるしかありません。

しかし、いかに不倫や浮気にまつわる世の中の風潮が乱れて来ているといっても、自分の家庭を壊すことなど毛頭考えません。

たとえ周囲に懇意にしている異性がいるとしても、人妻はおいそれとその男性に視線の意味など確かめられません。近所での浮気は危険すぎるからです。

存在の軽さに悩む人妻が出会い系に登録するのは、安全を担保した上で、自分の存在を証明したいがゆえです。

挨拶だけでも嬉しい

自分の存在の軽さに悩んで出会い系サイトに登録して来た人妻にとっては、毎日挨拶のようなメールが来るだけでも嬉しいものです。

出会い系ではまだ、女性が少数派なので、登録をするだけで男性会員から大量のメールが来てしまい、読むのも面倒な状態になるので、ありきたりのメールなど送っても無駄だと言われたりします。

しかし挨拶であれ、毎日複数のメールが押し寄せる状況は、それだけ自分の存在に対するプライドの回復につながります。ですから、メールを送ることは決して無駄というわけではないのです。

こうした女性にとっては、何もしないこと、つまりスルーすることが一番うまくないわけですから、挨拶だけでもしておくことは決して無駄にはなりません。ですから、気になったら、どんどんメールを送ることです。

悩みを聞いてあげる

挨拶のメールの後は、ありきたりになりますが、悩みを聞いてあげることです。人間は、話を聞いてもらえることで、自分の存在が確かめられるようになります。端的には安心が出来、安定してきます。

そうして徐々に自信の回復が出来てきたら、少しずつ話題を旦那にまつわることに振ってみます。

そこで人妻の方から旦那の悪口を切りだしてきたら、おおいに脈があると判断して差しつかえありません。

そもそも、浮気や不倫に踏みだすことを考えている女性に共通の話題は、旦那の悪口だからです。

まして、自分の存在の軽さの根源とも言えるセックスレス状態を作っている旦那に対して、人妻が良く言うわけがありません。もう反応は見えているようなものなのですが、念のために確かめておきます。

女として扱われることが人妻の存在を証明する

旦那と夜の生活のないことを確認したら、人妻に女としての自信を回復させることに腐心します。ここが一番のポイントですから、焦らずにじっくりと取り組みます。

恋愛や性の快楽には、せつな的であれ、悩みや苦痛を忘れさせてくれる効用があります。

存在の軽さに悩む人妻が、女としての扱いを受けることは、実際にまだセックスはしていなくても、もはやそれだけで充分、女としての自信を回復させられるようになるものです。

ここまでくれば、家庭内での退屈な日常生活のことは忘れて、非日常に新たな生きがいを見出せるようになります。

こうして自分の存在の軽さから逃れられるようになったら、それをしてくれたあなたは、人妻にとってかけがえのない恩人となるわけですから、会うのは造作ないことです。

ファーストデートが、そのままベッドインになっても、違和感はどこにもありません。

出会い系の人妻には必ず冒険心がある

人妻によって求める冒険のレベルはまちまちです。

メルトモで十分な人妻もいれば、キスフレまで、キスフレならソフレまで、やるからにはやはりセフレでなければと、いろいろな段階があります。

求める冒険の段階はともあれ、そこに共通しているのは、夫ある身でありながら、それでも冒険がしてみたいという気持ちです。

射幸心というと男の専売特許のように思われるかも知れませんが、実は女性にも強く根付いているものなのですね。

主婦という冒険心を満たしにくい環境にいればいるほど冒険心は頭をもたげてきます。

とりわけ出会い系に登録している人妻には間違いなく冒険心があります。

出会いは運であるとか、チャンスは前髪でつかめと言われたりします。

こと出会い系では、相手が欲しがっている時、欲しがっているものをいち早く見抜き、テンポよく差し出して上げれば、出会いは成立します。

冒険心に素早く応えてあげさえすれば、出会い系の人妻はわけなく入れ食い状態になります。

出会い系で女の身体目的で遊んでいたつもりが、ひょんなことから相手が本気モードになって困ったなんてことも、一再ならずおありだと思います。

相手が独身女なんかだと本当に往生することもありますが、人妻はそういうときでも便利ですね。

夫ある身でありながら……、は人妻にとって最大の泣き所であり負い目ですから、万が一人妻が本気モードになって、処置に困っても、「夫ある身なんだから」とたしなめることができるからです。

これを言われると、たいていの人妻はしょぼんとしながら黙ってしまいます。黙るしかありませんからね。可哀相ではあるのですが、まぁ遊びですから仕方ありません。

この負い目があるから、人妻との出会いには隠微さがともない、他では得ることのできない快感をえられますから、不倫はやめられません。

夫ある身の冒険者ほど、美味しい獲物はありません。

そして、出会い系サイトに登録したとき、人妻はすでに夫ある身の冒険者なのです。

「同性にモテる」ということを伝えるテクニック

04 W不倫メールのコツ

女性と仲良くなる為には、警戒心を解くために信用してもらう事が大切です。

メールを何通も送るなどの地道な努力の結果、信用してもらうこともあります。

しかし、基本的に女性は出会い系サイトに登録している男性を疑ってみている事が多く、本当に信用してもらうためには非常に時間がかかるのです。直メを教えてもらうだけでも、相当時間のかかる女性もいます。

信用してもらえるかどうか分からないテクニックを試すよりも、ちょっと変わった方法をためしてみてはどうでしょう。

同性にモテるるというテクニック

同性にモテる!

というのを全面に出してメールのやり取りをするのです。もちろん、同性にモテるというだけなので、同性愛者ではありません。

「彼女が欲しい!遊ぼうよ!会おうよ!」と押しまくるよりも、女性に「何?この人変わってる」と思わせる方がスムーズにいきます。

俺自身は女性が好きなんだけど、よく男性に告白されるんだ……

というのを悩みとして気になる女性に相談するのです。女性は不思議なもので、男性でも同性愛者の男性に対しては何故か警戒心を直ぐに解きます。

同性愛者の場合は、女性に対して興味が無い前提なので納得できますが、同じようなノリで男性にモテると聞くと、一般の男性よりも早く警戒心を解きます。

しかもそれを相談してくるので、不思議な興味が湧くのです。

女性が会ってみたいと思う男性

女性の場合、会ってみたいなと思う男性は、気が合いそうという以外に、

  • 興味がある
  • 信用できそう

というのがあります。

男性にモテる男性は、この二つを兼ね備えているのです。

男性にモテると聞いただけで、女性に優しいイメージもあり、男性的な強さもあります。あまり説明しなくても、勝手に良い方へ解釈してくれるのです。

同性愛者では無いので、「彼女は?」と聞かれたら、前に居た事はあると答えます。そして、友達も男性ばかりで、女の子の友達が居ないと相談してみるのです。警戒心を完全に解いてくれた女性ならば「わたしが友達になろうか?」なんて立候補してくれる可能性大なのです。

女性に異性だけれど、同性のような人と認識してもらうと、更に警戒心を解いてくれます。メールのやり取りで、相手の女性がハマっているキャラクターなどがあれば、実は俺も好きなんだよね、とまるで女の子同士のような内容にするのです。

女性が友達として認識してくれると、会うのは非常に簡単なのです。デートが決まったら、なるべく綺麗な中性的なイメージのファッションで行くと完璧です。後は徐々に男らしさを見せるだけで、すんなりと上手くいきます。

本日は、「プチフリンEX」をご紹介します

13 W不倫をおすすめする理由

本日は、「プチフリンEX」をご紹介します本日は、こちらの商品「プチフリンEX」をご紹介します。

男性司会者A:いやぁ、わたしも先週から使っていますが、毎日の疲れがスッキリとれて、とても調子がいいんですよ。

女性司会者B:あら、Aさんもさっそくお試しなんですね。 今、巷で大人気のサプリ「プチフリンEX」。こちらは当社が独自に開発したフリン成分がたっぷり凝縮されているんですよ。

男性A:え?でも、サッパリしていますよね。身体に残ることないですし、これはほかにも秘密があるんじゃないですか?

女性B:はい、気になりますよね。実は、この「プチフリンEX」にはこれまでにない新たな成分「ワルビレナーイ」が配合されているんです!

男性A:えっ!「ワルビレナーイ?!」どんな成分なんですか?

女性B:はいっ!みなさんも気になると思いまして、本日は「プチフリンEX」の新成分「ワルビレナーイ」の効果を実感されている、東京都のC子さんとお電話がつながっていまーす!

C子さーん!コンニチワ!ムラムラ通販のB子でーす。

電話女性C:コンニチワ!

女性B:あらぁ、とっても声の感じがお若いのですが、大変失礼ですがお歳をお伺いしてもよろしいですか?

女性C:フフフ……。50歳でーす。

会場一同:エーッツ!!

女性B:ビックリです!とてもお若く聞こえますよ。20代かな?って思いました。

ところでCさんは「プチフリンEX」をお使いとのことですが、どのくらいの期間使用されていますか?

女性C:えーっと、はじめは2年前で半年ほど使用しました。事情があって一度止めていたんですが、今回またひと月ほど前から使っています。

男性A:前に使っていて、止めて、また使っている、となると、どうですか?使っているときと使っていないときの違いがハッキリ分かるものですか?

女性C:はい、そのとおりなんです。使っているときはすごく調子がいいんです。気持ちに張りがあって、毎日生き生きと過ごすことができるんです。お肌の艶もいいですし……。

女性B:でも使っていないと?

女性C:なんだかもうイライラしたり、落ち込んじゃったりして、まったく楽しくないんです。

女性B:今回再び始められたときに、新成分「ワルビレナーイ」が配合されたことはご存知でしたか?

女性C:イヤ、それをよく知らなかったんですが、前のより、さらに調子がいいなーって思ってたんです。あとで「ワルビレナーイ」の効果と知って、なるほどなぁって実感しました。

女性B:C子さん!今日はありがとうございました。これからも新成分「ワルビレナーイ」配合の「プチフリンEX」をどうぞご愛用ください!

女性C:ハーイ!ありがとうございました・

女性B:どうですAさん、新成分「ワルビレナーイ」にはたしかな効果があることがお分かりでしょう?

男性A:うむうむ。

女性B:では、ここで新成分「ワルビレナーイ」について、専門家のお話を聞いてみましょう。

専門家

プチフリンEXに配合されている新成分「ワルビレナーイ」とは、フリンに伴う「後ろめたさ」や「罪悪感」を不活化する効果があります。

ワルビレナーイは、本場スウェーデンの「愛の泉」の源泉だけで採取される特別な成分です。

臨床実験では、ワルビレナーイを2週間投与したマウスが、投与したなったマウスに比べ、複数の異性との関係を保ちながら3ヵ月も長く生存した、という結果が出ています。

女性B:いかがですか?新成分「ワルビレナーイ」の効果をお分かりいただけましたか?

男性A:複数の異性と関係を保ちながら……ですか、そりゃいいですね。これはもう、やめられませんな!

女性B:ちょっと待ってください!今回、ご紹介している新成分「ワルビレナーイ」配合の「プチフリンEX」には、必ず守っていただきたい使用上の注意がございます。

新成分「ワルビレナーイ」配合の「プチフリンEX」の使用上の注意

  • 「プチフリンEX」はエッチをしないフリン用のサプリメントです。使用中にエッチをなさると、プチフリンの効果が失われます。
  • 新成分「ワルビレナーイ」配合の「プチフリンEX」を使用中は、SNSやLINE、ママ友、ゴルフ仲間などに効果を拡散したくなります。拡散後の炎上について、当社は一切責任を負えませんので、自己責任のもとご使用ください。

男性A:なるほど、効果が高いだけに注意も必要ですね。ところで気になるのは…、効果が高いだけに、お値段もお高いんでしょ?

女性B:いえいえ、今回はムラムラ通販だけの特別価格でご奉仕いたします!

1か月分9,800円のところを、特別価格4,980円です!

会場:おーっ(拍手)パチパチパチ

男性A:1ヵ月分9,800円が4,980円!お買い得ですね。

女性B:はいっ!でもまだ、これだけじゃないんですよ。3か月分まとめてご購入になりますと、さらにまとめて2,000円を、お値引きさせていただきます!

男性:え、っと言うことは3か月分で、12,940円!いいんですか?そんなに安くて大丈夫ですか?

女性B:はい、今回限りの特別奉仕でございます。店頭では一切販売しておりませんので、ぜひこの機会に、新成分「ワルビレナーイ」配合の「プチフリンEX」をお求めください。

なお、こちらの商品は限定100個限りとさせていただきます。商品がなくなり次第終了となりますので、ご注文はお早めにお願いいたします。

この後30分間、オペレーターを増員してお電話お待ちしております!

新成分「ワルビレナーイ」配合の「プチフリンEX」は、このようなお客様にご購入いただいております。

41歳会社員男性

出会い系サイトで、なかなかいい相手に出会えなかったけど、「プチフリンEX」を始めたら、気軽に出会えるようになりました。エッチしないのは物足りないかな?と思ったのですが、案外イイですよ、「プチフリンEX」。おすすめです。

38歳主婦

友達が「ゲスフリン」で大変なことになって、「フリン」は怖いなって思ってたんです。

でも、「プチフリンEX」は全然怖くないですし、安全で安心です。

旦那さんは旦那さんで大好きですが、その他に、もう一人彼氏ができたって感じです。

24歳フリーター男性

出会い系サイトで知り合うキレイな人妻はみんな使ってますよね、「プチフリンEX」。

自分も勧められて使ってるんですが、イイですよね、これ。

出会い系の相手で、「しまった、写真よりも××じゃん」って思っても、「プチフリンEX」だったら軽く済ませられるでしょ?そういう使い方もアリなんだって、思いましたよ。

71歳男性

最近、妻の様子が妙に明るいと思って、タンスの中を調べたら、へそくりと一緒にこの「プチフリンEX」が出てきたんですよ。

まぁ、ビックリはしましたが、ついね、わたしもやってみよっかなーって、思っちゃって。

妻には内緒ですが、今ではわたしも定期購入しています。

34歳キャリアウーマン

今どき、ホンフリンなんて流行らないでしょ?

平日は夕方まで仕事して、スポーツクラブに行ったり、ネイルサロンに行ったりするんだけど、「プチフリンEX」はそれと同じようなもの。

食事して、お酒飲んで、キスして……。正直、その先は面倒だったりするの。

本命が見つかるまでは、「プチフリンEX」を愛用するつもりです。

このように、多くの「プチフリンEX」愛好者からの声が届いています。

時代は「プチフリンEX」です。新成分「ワルビレナーイ」配合の「プチフリンEX」をぜひお試しください。

尚、当社では姉妹品、本格的な照りと艶の「ホンフリン」、両成敗でおなじみの「ゲスフリン」も引き続き販売しております。ぜひ一度お試しください。

W不倫で来るべき75歳現役時代に備えよう

02 W不倫の心がまえ

現在、年金支給の開始年齢を71歳まで引き上げる案が、政府与党内で検討されています。75歳現役時代がもうそこまで来ています。

年金問題は国に任せるとして、単に長生きするのではなく、健康で生き生きと生きて行くためには、異性との交際が欠くべからざるものとして、改めて浮上してきます。

人間、いきなり年を取るわけではありません。30代、40代、50代を経て還暦を迎え、古希を迎えるのですが、少年老いやすく、学成りがたしです。年はすぐ取ってしまいます。

お金なら、年を取ってからでも稼げるかもしれませんが、気の合う異性、まして体の関係で相性のいい異性は、年を取ってからでは簡単に見つけられません。若い頃からの関係が続く場合が多いのです。

75歳現役時代に対する備えは、体の関係が相性ばっちりで、気持ちも通じ合う異性を見つけておくことです。

長い人生を見据えれば、男にも女にも一夫一婦制の限界が見えてきます。しかし、国は年金の支給開始年齢を引き上げても、一夫一婦制を法的に変えることは今後ともしないでしょう。

かといって、個人レベルで離婚と再婚を繰り返すのでは、あまりにリスクが大きすぎます。そこで、安全かつ現実的な選択となるのが、W不倫なのです。

W不倫は、75歳現役時代になれば、間違いなく世の常識となります。W不倫をネガティブにとらえる必要はありません。むしろ、長い人生では当たり前ととらえることです。

そのためにはまず、少しだけ意識の改革が必要になります。それには、いつの時代も一般人より少し先を行っている、芸能人などの生き方・考え方が参考になります。

先人の教えをポジティブにとらえ、来るべき75歳現役時代に備えて、今からW不倫の準備をしておくことです。その実現には、出会い系サイトが役立ちます。

不倫界の大御所石田純一さんを見習う

古くは「不倫は文化である」と広言してはばからなかった、イケメン俳優の石田純一さんもすでに還暦を過ぎていますが、今尚芸能界の第一線で活躍出来ていることは、表向きはともかく実際には、社会が不倫を認知しているからではないでしょうか。

社会的な影響力の大きい芸能人が、世間一般のタブーを文化であると言い放っただけでなく、見事にそれを実践され、現在は3人目の奥さんであるプロゴルファーの東尾理子さんとの間に子宝にも恵まれ、幸福な家庭を築いていらっしゃいます。

しかも石田さんは、不倫騒動で公共の電波の仕事を干されてどん底に落とされてももめげることなく復調し、2016年の東京都知事選で一時は擁立されかけたほど、仕事の出来る男のイメージも併せ持つ、いわば不倫界の大御所です。

ちなみにこの選挙では、野党統一候補として古希を過ぎたイケメン評論家の鳥越俊太郎さんが擁立されましたが、氏は講師として教えていた大学で女子学生にセクハラまがいの行為をしていた過去が暴露され、善戦空しく小池さんに敗れたことは記憶に新しいところです。

選挙期間中に暴露記事が出た時陣営からは、これなら不倫騒動の過去をもつ石田さんの方が、まだ戦えたとのため息が漏れたと言われます。

この一件から日本では、セクハラは疎まれますが、不倫は黙認される文化があることを、期せずして顕在化させてくれたととらえることも出来るではないでしょうか。

ですから、まずは不倫に対して、余り窮屈に考えることをしないようにしましょう。まして、両性が合意の上で行うW不倫は、バレなければ何も後ろめたいことではないと考えていいと思います。

石田さんほどのイケメンではなくても、「不倫は文化」を実践することで男を磨き、人生を作り上げたといっても過言ではない、石田さんから学ぶべき点はたくさんあります。わたし達も見習って生き生きライフを実現させましょう!

石田さんの「不倫は文化」発言にまつわる薀蓄

今なお名言として、広く知れ渡る「不倫は文化」発言ですが、石田さんは最初からそう決め付けたわけではありません。

事の発端は、石田さんの二番目の奥さんである女優の松原千明さんとの結婚生活中に、交際が8年余りに及ぶファッションモデルの長谷川理恵さんとの不倫が発覚してしまい、マスコミからすさまじいばかりの取材攻勢を受けたことです。

その際、反論に使ったのが、女優でタレントでもあった川島なお美さんから聞いていた、この台詞だったのです。

その言い回しは正確には、「文化や芸術といったものが、不倫という恋愛から生まれることもある」というものでした。

ちなみに川島さんもまた、不倫で女優人生を切り開かれた方なだけに、説得力が違いますね。

川島さんと著名な小説家との不倫は、枕営業と揶揄されることもありましたが、作家先生の原作に基づく注目作品で見事主演女優の座を射止め、またその不倫をエキスとして作家先生の筆の力を一段と推し進めたともいえます。

いずれにせよこの文言を、不倫騒動の最中石田さんがプレーしていたゴルフ場で取材をした芸能レポーターが、『不倫は文化』というフレーズで繰り返し報じたため、「不倫は文化」が一気にお茶の間に定着していったのです。

不倫は人生を豊かにする

このように見ても分かるように、不倫という恋愛は文化や芸術ともかかわりを持ちます。そして、こうしたものは、人生を豊かにする上で、なくてはならないものですよね。

75歳現役時代になれば、今まで以上により多くの人が、文化的で芸術の香り豊かな人生を、よりよい人生として求めるようになります。

人生の達人ともいえる石田さん、川島さんは、そのために不倫が役に立つことを、実践的に教えてくださっていると言えるのではないでしょうか。

何度も言うように、不倫に後ろめたさや背徳感情などを持つ必要は全くないといえます。ましてW不倫の場合、もし不倫をしなければ、自分のみならず相手をも、単調でつまらない人生にしかねないわけですから、不倫をするのは人のためでもあります。

要は、不倫をするに際しては、ネガティブな感情を持つのではなく、ポジティブにいくべきだということです。文化や芸術は、ポジティブ・シンキングから生まれます。

なにも文化人や芸術家を気取る話ではありません。不倫という恋愛には、そうした要素が自ずから含まれていることを理解すれば、それで十分です。不倫体験をきっかけに、生活がいい方向に変わった人は、男女とも少なくないはずです。

不倫が出来るということは、素晴らしいことであることを再確認したいものです。75歳現役社会ともなると、人生で不倫すら出来ないことをこそ、悲しむべきことなのです。ここから文化が始まるからです。

そして、この素晴らしいW不倫を具体的に可能にするのが、大手出会い系サイトです。大手の出会い系であれば、その豊富な会員の中から、文化や芸術に関心を持った異性が必ず見つかります。

年代と共に不倫相手を絞って行く

75歳現役時代のW不倫では、将来を見据えて不倫相手を探す慎重さも必要です。

正妻に比べ不倫相手なら、興味に応じてどうにでも替えられるように考えがちですが、理屈の上では確かにそうですが実際には、不倫相手もそうそう簡単にすげ替えられるものではありません。

冒頭述べましたように、年を取ってから気の合う女友達や体の相性のいい異性を見つけることは、簡単なことではありません。

現在は穏やかな家庭環境を保つ石田さんが、不倫をしまくっていたのは主に、30代から40代にかけてです。

確かに、精神的にも肉体的にも充実していて、経済的ゆとりも出て来るこの頃というのは、一番不倫をしたいときかもしれませんね。

石田さんが、先のファッションモデルをしていた長谷川理恵さんとの不倫関係をスクープされたのは、42歳の時です。

その後、松原さんとの離婚を経て石田さんが現在の奥さんである東尾理子さんと再々婚を果たされたのは、50代も半ばのことでした。

石田さんの事例は、離婚と結婚の繰り返しになりますが、一般人のW不倫では離婚しないことが前提ですので、石田さんのした離婚と結婚は、一般人においては不倫相手との出会い、別れに置き換えてみることが出来ます。

つまり、30代は複数の相手と不倫を楽しんで、40代にはある程度相手を絞り、50代に入ったら、その後75歳で現役を終えるまで付き合える相手とだけW不倫することで、石田さんのように女に不自由しない性生活を楽しめるのではないでしょうか。

それがまた生涯に渡って人生に彩を与えてくれることですし、何より日々の暮らしを充実したものにしてくれるわけです。

人妻との密会の仕方は芸能人のやり方が参考になる

石田さんの不倫がバレたきっかけは、写真雑誌のスクープ記事によってですが、長身でイケメンの石田さんとスリムなファッションモデルの交際は、黙っていても人目を引いたでしょうから、有名人の不倫は本当に隠すのが大変だと思います。

人目を欺くための変装、人目につきにくい場所の選定、そこまでの交通手段など、有名人同士の密会は、それだけでストーリーになるほどドラマチックなものだと想像されます。

その思いをすれば、一般人である我々のW不倫では、隠すといってもそれほど大袈裟な仕掛けまでは要りません。有名人の思いをすれば、密会の苦労ははるかに少なくて済みます。

ただ、そうはいっても一般人であれ相手は人妻ですから、密会にはそれなりの工夫が必要ですね。そんな時、有名人や芸能人のやり方を少し調べてみると、参考になる点が多々あります。

例えばホテルですが、有名人は会員制のホテルを使うことが多いようです。会員だけが使える専用フロントは、不特定多数に顔を見られることなくチェックインが可能で、フロントから部屋のある階へも専用エレベーターで直行出来るからです。

帰りは専用フロントからロビーまで、別々のエレベーターで降りることが出来るようになっています。一般人でもこの方法を取れば、万が一探偵を付けられても、証拠をつかまれなくて済みます。

まだ他にもあるのですが、仔細はネット等でお調べください。さすがに芸能人だけのことはあって、密会がバレないように慎重を期さなくてはならないW不倫に役立つ方法がいろいろと見つかります。

出会い系サイト登録者必携!新解釈「不倫関連用語」

01 W不倫の基礎知識

出会い系サイト登録者必携!新解釈「不倫関連用語」次から次へと不倫に関するニュースが飛び込む昨今ですが、もう食傷気味でテキトーに聞き流してしまう人も多いことでしょう。

しかし、今現在不倫をしている人や、今後不倫市場に参戦しようと思う人にとっては、小さな言葉一つとて、聞き逃してはいけません。

ここに「不倫関連用語」 をまとめ、楽しい出会い系ライフを送るための「新解釈」を加えてみました。

ぜひ、これらの新解釈を活用し、女性を口説いて、不倫の言い訳をしてみてください。

「新解釈」を加えた不倫関連用語まとめ

愛人(あいじん)

愛人とは、金銭契約のもとに男女の関係を持つパートナーです。

多くは「女性」を指しますが、現内閣が推進する「女性活躍社会」においては、男性が金銭契約のもとに「愛人」になることもあります。

金銭契約上の関係であるため、ビジネスの「パートナー」「取引相手」に位置づけられるはずの愛人ですが、契約に基づいて行われる業務が「アッチ」方面に傾倒しているため、社会的にはそのように認められることはありません。

また、一般的に愛人は、経済的に余裕のある「勝ち組」の特権と言われています。自身の生活がキューキューな状況で、愛人を持つことは困難でしょう。

不倫、不倫と騒がれている著名人で、ぜひどなたかに「いや!これはわたしたち富裕層の身に与えられた権利『愛人』だ!契約書はココにある!」と言っていただきたいものです。

一線(いっせん)

「一緒にホテルには行きましたが、一線は超えていません」という苦しい言い訳の時に発せられる言葉です。

つまり「一線」という言葉が出てきた時点で「やったか、やってないか」という議論の場に引きずり出されてしまっているのです。

不倫がバレそうになり、この言葉が出てきたら、何が何でも「やったか、やってないか」の議論になることを阻止しなければなりません。

「いやぁ、今日の相手はなかなかの強敵でした。低め低めを突いてみましたが、思いのほか『見せ玉』が効いたようでホッとしました。今後も目の前の一戦一戦をしっかりと戦って行きたいと思います。熱男~!」で逃げ切りましょう。

関係(かんけい)

小学生でも使うこの言葉が、何となくイヤらしく聞こえてきたら、それはもう立派な大人の証です。

「男女の関係」というと、アレを指し、「大人の関係」というもの、アレを指します。「イイ関係」というのも、十中八九アレです。

なので、あえて「男女の」とか「大人の」と言わなくても、アレと認識されます。

しかし、「関係者各位」として配布されるお知らせは、必ずしもアレによる関係者を指すものではありません。

「職場の人間関係が最悪」というときの「関係」も、アノ関係ではありません。

そして最もややこしいのは「抜き差しならい関係」です。これは、贈賄や癒着方面の「不適切な関係」を指す言葉で、実際に抜いたり差したりしているアノ関係ではありません。

「あの女性とはどういう関係なの!?」と問い詰められたら、とりあえず「抜き差しならない関係」と答えておきましょう。

ゲス(げす)

もうすっかりおなじみの言葉です。

もともとは、品性が下劣で素性の卑しい人を指す「下衆」「下種」「下司」という古来からある言葉ですが、21世紀初頭に高い音楽性を持つキノコによって、急速に広められた言葉です。

「ゲス不倫」と言われることから、「ゲス=不倫」と思われていますが、ココは言葉の解釈として、もうひと考察加えるべきでしょう。

「ゲス不倫」は、「ゲス的な不倫」もしくは、「ゲスがやっちゃった不倫」の意味です。

つまり、ゲスではない「不倫」が存在することを、暗黙のうちに示しているのです。

「不倫なんて、ゲスよ!」と攻められたら、「そはいとしもなしことにけり」と、上衆めかしてお答えしてさしあげましょう。(*そんなこと、たいしたことではないでしょう、の意味)

セフレ(せふれ)

セックスするフレンドの意味です。

あくまでも本体は、フレンド「お友達」です。

最近は、ハグするだけの「ハフレ」や、添い寝するだけの「ソフレ」、恋人のフリをするだけの「カモフレ」、一緒にお風呂に入るだけの「オフレ」なんてものもあります。

そうです。もう何でもいいんです。なんでも「フレ」をつけてしまえば「お友達」になるんです。

「あの女性とどういう関係なの!?」と聞かれたら、「お友達ですが、何か?」と堂々と答えましょう。

間男(まおとこ・まお)

今はあまり聞くことのない言葉ですが、夫のある女性が、よそに作ってしまった男を指す、古くからある言葉です。

夫婦関係の間に入る男性なので、「間男」というらしいのですが、それでは夫婦のもめごとの仲裁に入る親戚のオジサンや、離婚調停の際の弁護士と紛らわしいので、もっとゆるぎない解釈を推奨します。

間男がどこの間に入るのかといえば、マタとマタの間にほかなりません。

この解釈のもとでは、世間に「間男認定」されれば、それはもう言い逃れはできません。

情事(じょうじ)

情事もまた、男女のアノ関係を示す言葉です。

しかし、夫婦間のアレを「情事」ということはありません。夫婦間のアレは、いうなれば「常時」。いや、すっかりご無沙汰でも「常時」が「情事」になることはありません。

「情事」というと、いかにもやっちゃいけないことをやっちゃってる感があるので、もし「情事」というキーワードを使う際は、「ジョージ」と変換することお勧めします。

好きな映画監督は、ジョージ・ルーカス。

好きな映画俳優は、ジョージ・クルーニー。

十八番のカラオケは、山本ジョージの「みちのく―」。

好きなキャラクターは、おさるのジョージ。

出会い系サイトでも、このくらいの「ジョージアピール」をしておくと、あなたが「情事目的」であることは、分かる人には分かるでしょう。

念のため、最もやってはいけないのは、「ジョジトジョージ(女児と情事)」です。「ジョジトジョウジジョウジ(女児と常時、情事)」はもっといけません。

ボーズガビョーブニジョーズニボーズノ―、くらいにけしからんことです!

本番(ほんばん)

またしてもアレです。

リハーサルや練習、お試しではないという意味です。

もし、不倫関係を疑われ、「一線を越えたのか」「ゲス不倫なのか」「ジョージ・クルーニーと情事なのか」とややこしいことを聞かれたら、一言、「いやいや、アレはリハ。ランスルーってとこかな?」と軽ーくしらばっくれることをお勧めします。

「本番とどこがちがうのっ!」とブチ切れられても、「気合の入れようが違うっ!」と、ジョージ・クルーニーばりの演劇論で論破しましょう。

割り切り(わりきり)

「出会い系の付き合いなんだから、割り切った関係で行きましょう」と提案されたとき、なんとなく「あ、そうだな」と思ってしまいませんか?

しかし、いったい何を何で割っているのでしょうか?

「割り切り・割り切る」とは、非常に日本語的な言葉で、ハッキリとした意味があるようでないような言葉です。おそらくジョージ・クルーニーには理解不能です。

もしそういった提案があった際には、割り切りというのは「ホントの恋愛関係にならない」ことだけを指すのか、「金銭関係が発生するのか」をしっかりと確認しておきましょう。

「割り切った関係って言ったでしょ!ってことは、お金でヤルってことよ!」と言われないように用心しましょう。

出会い系サイト(であいけいさいと)

男女がで会うためのサイトです。出会ってすることといえば、おおかたアレなのですが、この言葉の問題はそこではありません。

「-系」とは、似たような、あるいは関連性のある「まとまり」を示す言葉です。

「理系」とか「草食系」というようなザックリしたものです。

しかし「出会い」って何?を考えだすと、先には進めません。

「出会い」のかたちは無限です。

悩ましい言葉たちに翻弄されないよう、楽しい出会い系ライフを送りましょう。

50代熟女は最高のターゲット

11 W不倫相手の選びかた

50代熟女は最高のターゲット

50代熟女は「時には娼婦のように~♪」なんて歌をリアルタイムで聞いてきた世代です。日本人の男性が考える、理想の大和撫子というのはまさにいまの50歳以上の熟女のことかもしれません。

もちろん出会い系攻略のターゲットとしても最高です。

なぜ50代熟女が最高のターゲットなのか?

彼女たちは、約束を守ってくれます。そんな当たり前な……と思うかもしれませんが、インターネットという顔の見えない世界では、いとも簡単に約束がやぶられてしまうものなんです。特に若い子はドタキャンばっかりです。あいつらは約束を破ることをなんとも思っていません。

しかし、もう何十年と大人として生きてきた熟女たちは、そんな失礼なことはまずしません。一度した約束は必ずと言ってもいいほど守ってくれます。もちろん、なにか突発的な事情で約束を果たせない場合もまれにありますが、そういった場合もきちんと非礼を詫びた上で連絡をくれるのですから、嫌な気持ちにはなりません。

そして、いざ親密な関係になったときは……その淑女の顔からは想像もつかないほど、淫らに乱れてくれるものです。この顔を知っているのは自分だけ、という優越感も味わえますし、実にねっとりとした濃厚なセックスも味わえます。

それにいまや50代熟女もみんなスマホを持っています。

いわゆる「らくらくケータイ」といったタイプではなく、iPhoneやAndroidといった若い子たちでも使いこなすのに苦労する最新スマートフォンを使っている熟女たちも珍しくありません。

オバサン=機械に弱い、というのは偏見です。いまやSNSの主要ユーザーはオバサンなんです。

そして、お年寄り特有の「横のネットワーク」というものが、さらに出会い系を広めているんです。人はいくつになっても、異性といちゃつきたいもの……。昔であれば、そのチャンス自体がなかなかありませんでしたが、いまはスマホ一つで気軽につくれる、ということが徐々に認知されてきています。

それでおいしい思いをした人が、ここでこんなことがあったの、と友人に話し、なら私もやってみようかしら……と口コミでドンドン広まっているわけです。

ほんとうにエッチな50代熟女がインターネットにはあふれているんです。ぜひトライしてみてください。

50代熟女を実際に誘うときはどうしたらいいのか?

50代熟女を実際に誘うときはどうしたらいいのか?

まずはどのへんに住んでいるのか聞きましょう。

そしてあなたがその場所に詳しいのなら、その場所の情報で盛り上がりましょう。

「ぼくも○○に行ったことがあるよ。あそこはご飯が美味しいね」

みたいなかんじですね。

よく知らない場所なら、どんな場所か、どんなお店があるかを聞きましょう。

そのうえで、その場所に一緒に行こうと言ってみましょう。

その他、結婚している女性なら、最近の夫婦仲を聞きましょう。

出会い系に参加している女性なんて大抵は夫婦仲が悪いので、一緒にストレスを発散するように誘いましょう。

50大熟女に実際に会ったら?

実際に会った時は視線に気をつけてください。

男性の多くは女性の胸元などに視線がいってしまうそうですが、仲の良い人なら「どこ見てるの?」と笑いながら注意することができますが、初対面の男性が同じような視線を向けてくると、体目当てに近づいてきたかのような印象を持ってしまうので、警戒されてしまいます。特にチラチラ見てしまうと、より怪しく感じてしまいます。

絶対に見ないというのは難しいと思いますが、一緒にいる時はできるだけ相手の目や口元などを見るように意識するのが良いと思います。

よく就職活動の時には相手のネクタイを見るように言われますが、女性の場合はすぐ下が胸元になってしまうのでダメです。「目は口ほどにものを言う」という言葉そのものです。楽しそうに笑顔で相手の目を見ることができたら、口下手でも好印象です。

清潔感

それから、会った時には清潔感も大切。

女性の多くの人は、男性に対して、清潔感のある人に好感を持っています。それは、いくらかっこいいとおもう男性が、不潔であると思うと、いくら好きでも、嫌になってしまうことがあるのです。

そのことからも、初対面の女性に好感を持ってもらうためには、清潔感のある服装や、身なりを整えることが大切と思います。

その清潔感があるというのは、その人にとって無理をすることではなく、服装がおしゃれでなくても好感を持つことができます。

そのため、ヒゲをきれいに剃っていることや、汚れていない服装や靴を履くといった、基本的に大切な事を、しっかりと行える男性に、安心感を持つことが出来るので、その結果、好感を持つことにつながると思っています。

50代熟女との体験談

50代熟女は最高のターゲットここからは50代熟女との思い出話です。

その当時、わたしは年下の彼女と別れて、一人になっていました。年下の彼女は、浮気はするし、わがままだしで少し疲れていました。

年上の優しい女性に甘えたい……そんな想いが強くなってきました。一人でオナニーを重ねて、夜が本当に寂しかったのです。

そんな時に出会い系サイトをはじめました。

本当に年上の優しい女性に出会えるのか!?半信半疑で、不安なまま始めました。でも、期待で胸が膨らんでいました。

ドキドキしながら、女性を検索しました。すると30代、40代、50代と様々な年代の女性がいました。

50代の女性数人とメールのやり取りをしてみました。本当に年上の女性は優しくて、包み込む優しさがあります。

最初はどんな女性がいるのか、本当に出会えるのか、メールはちゃんと来るのかなどものすごい不安でした。

でも、年上女性は仕事の話を聞いてくれて、アドバイスをくれて、こんなわたしを励まして、ほめてくれました。

もうわたしは年上女性の魅力にどっぷりはまってしまい、いろいろな出会い系サイトにものめりこんでしまいました。メールを見ながら、オナニーするときもありました。

仲良くしてくれる人の中で、50歳のOLさんがいました。彼女も独身で、一人の夜がさみしいと言っていました。ものすごく共感して、一緒に寂しさをあたため合いたいと思うようになりました。

わたしは勇気をだして「夜会いたい」とメールしました。すると「私も勇気出すね。すごくあなたに会いたい」と言ってくれたのです。

メールを見ながらオナニーしている時は、まさか会えるなんて思っていませんでしたが、相手も同じ気持ちだったのがすごくうれしかったです。

ファッションビルの前で待ち合わせをして、待っている時本当に来てくれるのかまだ信じられなくて、心臓がはちきれそうでした。

でも彼女は、来てくれました。50歳の大人の女性らしくタイトなスカートにジャケット、中は真っ白なぴったりなキャミを着ていました。

綺麗な形のお尻はプリッとしていて、胸ははち切れそうで、谷間がくっきり出ていました。わたしは、股間が膨らむのを我慢していました。

すると彼女は、くすっと笑って、わたしのズボンのちん○の形を指でつーっとなぞりました。わたしはびくんとしてしまい、恥ずかしくなりました。

「ホテルにいこうか?^^」と彼女は言ってくれました。「本当に、い・い・いいんですか!?わたしなんかと・・・!」「私は、わたしがいいの^^」

二人で腕を組みながらホテルに行きました。部屋に入ると、彼女は優しいキスをしてくれました。

わたしはそのキスで、理性が吹っ飛び、彼女の胸をモミながら、ディープキスしました。ちゅぱちゅぱといやらしい音が響いて、股間がはちきれそうでした。

ズボンをおろし、もどかしいパンツも脱ぎ捨てました。すでに先っぽから汁がでていました。

すると彼女は、「私も濡れてる・・・一緒だね^^」と優しい笑顔をしてくれました。そしてわたしの手を彼女の股間に導いてくれました。

すごいぬれぬれで、わたしも余計に汁がでてきました。その後、優しくフェラをしてくれて、我慢できなくなったわたしは、彼女のおまん○にゆっくりと入れました。

「あ~っ」すごい気持ちよかったです。ゆっくりと動かしていき、パンパンと音が響くようになると彼女もものすごい感じて、腰を振ってくれました。

正常位から、乳首を舐めながらつまみながらの騎乗位をして、最後バックで激しく中をこすりあげました。わたしは、彼女のお尻に精子を沢山だしました。彼女もびくっびくと体を震わせていました。一緒にイッたのは初めてでした。

まさか、出会い系サイトを最初利用した時は、素敵な女性とこんなに激しいSEXが出来るなんて思ってもみませんでした。

出会い系を迷いながら始めて、どっぷりはまって、そして快感のSEXへとたどり着くことが出来ました。

不倫がなくなってしまった世界をシミュレーションする

02 W不倫の心がまえ

不倫がなくなってしまった世界をシミュレーションする世の中の不倫バッシングは留まるところを知りません。

有名芸能人や政治家の不倫は、相手がどういう立場の人であろうが、当人の夫婦関係がどうであろうが、子供がいようがいまいが、「悪いものは悪い!」という論調一色です。

たしかに、不倫はよろしくないことですが、もし、この世に不倫という人間関係がなくなったらどうなるのでしょうか。

不倫が必要であることは間違いないのです。

みなさまの不倫にたいする罪悪感を一掃するために、本日は、不倫がなくなってしまった世界をシミュレーションしてみました。

夫婦制度の変化

結婚に慎重になる

不倫がなくなってしまった世界をシミュレーションする不倫がなくなるということは、生涯、結婚相手としか男女関係を結ばないということになります。「本当にこの人でいいのか」「もっといい人が現れるのではないか」と慎重になり、結婚に踏み切ることができなくなります。

離婚率が高くなる

結婚に慎重になる一方、離婚率も高くなります。不倫で折り合いをつけていた人たちは、不倫という道が閉ざされれば「離婚」するしかありません。今、不倫が発覚して何とか収拾しようとオロオロしている人たちも、すべて離婚です。おそらく離婚率は、現在の10倍~20倍に急増するでしょう。

一夫多妻国家への民族大移動が始まる

関係を持つために、いちいち「結婚」「離婚」を繰り返していたら、身が持ちません。結婚や離婚にかかる費用もかさむため、一夫多妻制国家への移住を考える人が急増します。

ちなみに、2017年現在、一夫多妻制を採用している国家は、アフリカ諸国に多く、特にセネガル、ナイジェリア、コートジボアールなどの西アフリカ諸国に多くあります。

国家が衰退する

国民の流出により、労働人口は激減します。この国に残るのは、生殖機能が衰え果てた高齢者のみとなり、やがて国家は衰退します。

産業構造が変化する

不倫がなくなってしまった世界をシミュレーションする

性風俗産業が栄える

不倫で解消することができなくなった性活動を補うのは「性風俗産業」です。風俗にどれだけ通おうとも「不倫」と咎められることはありません。キャバ嬢たちは、今以上にビジネスライクになりますが、性風俗産業は空前の活況となります。

大企業がこぞって性風俗産業に乗り出す

大手通信会社や電力会社、金融機関もすべて性風俗産業に乗り出します。規制緩和が進み、24時間コンビニエンス感覚で風俗の利用が可能になります。風俗でTポイントがジャンジャン貯まるようになります。

性風俗のIT化が進み、無人風俗が主流となる

性風俗産業の拡大は、やがてIT化の方向へ進みます。自宅に居ながらにして性欲を満たすことができるようになりますが、技術の発達は「無人化」をもたらします。ペッパーくんのようなロボットが性処理にあたるようになります。

男性のEDが深刻化する

技術の進歩とはいえ、無人化の風俗で生身の男の性欲が満たされることはありません。男性のEDが深刻化し、病院の待合室はED男性であふれかえります。

出生率が0になる

男性の生殖機能が失われ、出生率は急激に低下し、やがて0になります。

国家が衰退する

生殖機能を失った男性は、その他の欲といいう欲を失い、企業業績は悪化、政治機能も失われ国家は衰退します。

医療構造が変化

男女ともに見た目を気にしなくなる

不倫がなくなると、異性の目を気にすることがなくなります。オシャレに気を遣うこともなく、外出の機会も減ります。

好きなだけ飲み食いし肥満化する

自宅で好きなだけ飲み食いし、運動不足が深刻となり肥満化が進みます。ナイスバディを作る必要がないので、糖質制限やカロリー計算、筋トレ、ヨガなどすべての節制から解放されます。

生活習慣病になる

急速に生活習慣病患者が増え、重症化による深刻な合併症を発症し、医療機関での治療が必要になります。

医療費が国費を圧迫する

重症化した生活習慣病患者の治療費だけでなく、国民全体の健康意識の低下から感染症が蔓延し、治療費は国費を圧迫するようになります。

国家が衰退する

国家予算の多くが医療費に費やされ、国防もできなくなり、隣国の紛争に巻き込まれ、国家は危機にさらされます。

芸術文化の変化

文学や映画で不倫が描かれなくなる

文学や映画、音楽、絵画など、すべての芸術において、不倫を描くことができなくなります。夏目漱石も太宰治も三島由紀夫も、すべて発禁です。主人公が胸をときめかせる相手は、同級生に限定されます。

中年男女の恋は、それぞれにパートナーのいない「イケてないヤツ」の話になります。

ベストセラーは「アンパンマン」になる

不倫を描くことのできない文学は急速に衰退し、書店には児童書一色となり、ベストセラーは毎年「アンパンマン」となります。

ヒット映画も「アンパンマン」になる

映画の世界でもイケメン俳優や熟女女優へのオファーがなくなります。ヒット映画は「アンパンマン」で、アンパンマンの実写化に対応できる役者のみが生き残る世界になります。

失楽園の主演も「アンパンマン」に差し替えられる

過去の作品も、不倫を題材にしたものはお蔵入りになります。それでも何とか再上映するために、主演の差し替えが行われます。失楽園で役所広司が演じた役は、アンパンマンに差し替えられます。

アンパンマンが疲労する

アンパンマンの使い過ぎにより、アンパンマンの疲労が回復できなくなります。アンパンチの威力はなく、お仲間も見切りをつけ、早々に西アフリカ諸国へ移住を始めます。

国家が衰退する

弱体化したアンパンマンに対する、敵の容赦ない攻撃がはじまります。バイキンマンが猛威をふるい、感染症が蔓延します。

すでに生活習慣病でボロボロになっている国民の体力では抵抗することもできず、一気にパンデミックの状況となります。周辺国から渡航禁止国家に指定され、救済の手も絶たれ、国家は衰退します。

同窓会の変化

参加者の目的が本当に懐かしむだけになる

「同窓会がきっかけで不倫関係に―」、という期待がなくなり、純粋に昔を懐かしむだけの会になります。

過去の話の記憶違いで言い争いが絶えなくなる

同窓会では昔の話をするほかありません。そんななか、「あの時のエラーはお前のせいだろ?」「いや、あれは俺じゃない田中だ!」「ボケてんじゃねーのか!」という不毛な言い争いが絶えなくなります。

同窓会の開催に伴い厳重な警備体制が必要になる

同窓会の言い争いから暴力沙汰への発展が深刻化し、同窓会には警備員を配置することが緊急法案によって義務化されます。

警備員が不足する

疲労困憊のアンパンマン、もしくは生活習慣病の警備員しかおらず、やがてその警備員すらいなくなります。

国家が衰退する

同窓会の警備が困難となり、各地で抗争が勃発し、国家が衰退します。

出会い系サイトの変化

マジ出会い以外の登録ができなくなる

不倫やセフレ目的で登録ができなくなるので、あくまでも結婚を前提とした相手探しの場となります。

肥満、生活習慣病の集まりになる

もはや国民総肥満、総生活習慣病の社会となっており、病状の深刻さでマッチングされるようになります。

プロフの写真がアンパンマン一色になる

欲求不満から、素顔が不倫を想像させる人が増え、画像掲載ができなくなります。差し替え可能な画像は、アンパンマン一択です。

誰も出会えなくなる

アンパンマンだらけのサイトでは、誰を選べば良いのか判断できず、誰もと出会えなくなります。

国家は滅亡する

出会い系サイトが次々と閉鎖され、闇サイトが発生します。官邸職員の闇サイト登録がもとで、重要な国家機密のデータハッキングされ、国家は滅亡します。

とにかく、どう考えても不倫がない世の中は滅亡に向かいます。これ以上、不倫バッシングが増大しないよう、安全で健全な不倫ライフを「出会い系サイト」で楽しみましょう。

不倫がバレてしまう原因とバレるリスクを最小にする方法

09 不倫がバレないように

不倫がバレてしまう原因とバレるリスクを最小にする方法

不倫で絶対に避けなければならないこと、それは「バレること」です。

しかし、次から次に不倫の話題に事欠かない昨今。

それは、不倫する人が増えているのではなく、バレてしまう人が増えているからでは?と思われます。

不倫はなぜバレてしまうのでしょうか?

不倫がバレる原因と、バレないようにするためのリスク管理を考えてみましょう。

不倫がバレるルートは3つ!漏洩ルート別の傾向

不倫は、自分自身と不倫相手の2者間のものです。

不倫がバレる原因の多くは、このどちらかというパターンが最も多くなっています。

1.自分自身から漏れてる

まさか!?と思っても、意外に多いのは、自分自身からの漏洩です。

行動が怪しくなる

オシャレにまったく興味がなかった人が、急に身なりを気にするようになったり、それまでは臭い息を吐きまくりだった人が、口臭予防剤を使ったり、体臭を気にするようになるなどの行動の変化から、不倫がバレることがあります。

また、コジャレた飲食店やデートスポットを調べたり、女性か好みそうなものを周囲にリサーチし始めるのも怪しまれます。

こうした行動の変化を怪しむのは、妻だけではありません。

会社の女子社員や行きつけのお店の店員、同類と思っていた男性の友人たちも、こうした行動の変化を敏感に感じ取ります。

不倫に浮かれてしまう

初めての不倫の場合、不倫と「恋愛」の区別がつかず、久々の恋心に浮かれてしまうことがあります。

「この胸のドキドキを誰かに伝えたい!」と、不倫中にあるまじき気持ちを友人や知人に漏らしてしまうこともあるのです。

相手の素性を言わなければバレないだろう、というのは実に安易な考えですが、不倫に浮かれていると、それが安易な考えであることにさえ気が付かなくなってしまいます。

不倫にハマってしまう

不倫相手にどっぷりとハマってしまい、本気になってしまうと冷静さを欠いて一気に不倫バレしてしまいます。

不倫相手への乗り換えを考え、離婚も考えている場合に「バレてもいい」と思いがちですが、この考えは危険です。

離婚の経済的あるいは、社会的ダメージを少なくするためにも、「バレてもいい」なんて思わず、常に冷静でいることを心がけましょう。

2.不倫相手から漏れる

もう一つの大きな漏洩元は、不倫相手です。

不倫に浮かれてしまう

不倫相手の女性も不倫関係に浮かれてしまい、普通の恋愛をしているような気持ちを持ってしまうことがあります。

初めて不倫をする女性や、独身女性、年齢の若い女性などはこの傾向が強くなります。

女性の友人同士で、あたかも普通の恋愛のように話題にしたり、不倫の罪悪感がなかったり、SNSなどに書き込んでしまうケースもあります。

周囲に愚痴ってしまう

不倫関係がうまくいかなくなると、さまざまな悩みや愚痴を発しやすくなります。

ここでも女性友達に洗いざらい話してしまったり、SNSに書き込むなどの行動をしがちです。

男性以上に女性は、この傾向が強いことを知っておきましょう。

あえてバラしにかかる

不倫関係の悩みが解消されなければ、行き着く先の最悪のケースがコレです。

不倫相手の男性の職場や関係先に近いところで不倫のうわさを流したり、家族に近づいたりし、あえて不倫がバレるような行動をとりはじめます。

3.第三者から漏れる

当事者が浮かれることなく冷静に対処していても、思わぬところから不倫がバレるケースもあります。

狭い範囲の不倫関係

会社内や取引関係先、また共通の知り合いが多い間柄での不倫関係は、当事者同士が気を付けていてもバレてしまうことがあります。

休みの予定や行先から勘繰られてしまったり、些細な会話の中からバレてしまうことがあります。

マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない 

07 W不倫の続け方

マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない 
不倫に対する風当たりが強い今、わざわざ不倫をするなんて考えられない!

そんなことを言われた人もいるでしょう。

しかし、やめたくても簡単にやめられないのが不倫です。

なぜなら、不倫には、「イケナイことをしている」「バレるかもしれない」「バレたら大変なことになる」というような、普通の恋愛や夫婦関係では感じることのできない刺激や背徳感があるからです。

この刺激を味わいたいがために、リスクを冒してでも不倫をしてしまうのです。

不倫関係の男女は、出会って間もないうちは、何もかもが新鮮で刺激的な関係を味わえます。「普通の恋愛のドキドキ」に「リスクや背徳感によるドキドキ」が加わるので、そりゃもうかなりのドキドキです。

しかも、夫婦のように毎日一緒にいるわけではないので、新鮮さが保たれやすいというメリットもあります。

しかし、そんな新鮮さも次第に薄れていきます。

相手のことが嫌いになったわけでもないし、魅力を感じないわけでもない。好きか嫌いかといえば、もちろん好きなんだけど、一言で言うなら「飽きてしまった」。

そう、不倫にも「マンネリ」があるのです。不倫のマンネリには、どのように対処すればいいのでしょうか?

1.マンネリ化した不倫は、快楽<リスク

「はじめは緊張したけど、今は一緒にいてホッとできるし、『不倫』っていう気がしなくなってきた」なんて勘違いをしていませんか?

そんなマンネリ化した関係に、居心地の良さを感じてはいけません!

新鮮味のない楽な関係から得られるものは、それほど多くはないのです。

ましてや、どちらかが関係を終わらせたいと思っているのにダラダラと続けている不倫関係は何のためにもなりません。

それなのに、不倫がバレてしまえば、家庭や仕事、安定した暮らしそのものを失ってしまいます。

マンネリ化した不倫は、「ハイリスク・ローリターン」もしくは、「ハイリスク・ノーリターン」なのです。

2.マンネリ不倫を解消する方法

マンネリ化した不倫ほど無意味なものはない 
マンネリ化した不倫関係は、リスク管理上、速やかに解消すべきです。

方法は2つあります。

不倫関係を解消して、とりあえずクリーンになる

マンネリ不倫の相手と別れ、しばらくは次の相手を探さずクリーンになる方法です。つまり、夫婦関係のみに戻ることです。

リスクや背徳感から逃れ、スッキリした気分で毎日を過ごすことができるでしょう。時間に余裕もでき、家族サービスもできます。

しかし、いいことばかりではありません。

これまで、不倫関係の刺激によって満たしてきた性欲の矛先を、妻に向けなければなりません。これはそうそう容易なことではなく、かえって怪しまれてしまうこともあります。

そうなると、すでに終わった不倫関係を勘繰られ、非難されることになりかねません。

不倫関係を解消する前に、別件に乗り換える

あえてクリーンになることをせず、そのまま別の相手に乗り換える方法です。

実は、不倫のエキスパートたちは、この方法でうまくつないでいるのです。

妻にとっては、いつ不倫相手が変わったかすら分かることはありません。

不倫相手がいることが、もはや日常でありながら、相手が変わることでマンネリに陥ることもありません。

しかし、そう次から次に相手が見つかるか心配もあります。

そういう時こそ、出会い系サイトを活用し、相手をサクッと見つけましょう。

今の不倫相手との優劣などを考える必要はありません。

むしろ、別のタイプの女性を狙うことをお勧めします。

不倫関係が始まった当初はすごくドキドキするけど、すぐに飽きてしまうことの要因の一つは、同じようなタイプの女性を選んでいることにあるのかもしれません。

大人しく清楚な女性の次には「猛獣タイプ」、超美人でスタイル抜群の女性の次には、どこにでもいそうな「中年太りのおばさんタイプ」。

思い切ってこのくらいの振り幅をとって、マンネリ癖を再燃しないようにしましょう。

3.注意!不倫のマンネリは男のほうが感じやすい!?

マンネリの不倫関係を終わらる上で、非常に大切なことがあります。

それは、マンネリ感は女性よりも男性のほうが感じやすいということです。

つまり、「あーマンネリだなぁ、もう別れよっかな」と男性が思っていても、女性はまだまだドキドキの真っ最中ということもあるのです。

女性は想像力が豊かなため、会っていない間も妄想で相手への思いを膨らますことができるのです。一方、男性は直接的な関係の中でしか気持ちを高めることができにくいので、早くマンネリを感じてしまいます。

この気持ちが冷める速度の差を理解せず、男性のほうが「飽きてきたから」という理由で不倫関係を解消しようとすると、思わぬ戦禍に見舞われます。

男性がマンネリ感を感じ始めたら、次の相手を探しつつ、焦らずかつ無駄な時間をかけ過ぎず、上手に現在の関係を終わらせるようにしましょう。

マンネリ化した不倫は、もはやリスクしかありません。

トラブルとなる前に上手に別れ、また新たな刺激を求めて、次の相手を探しましょう。

ページの先頭へ