不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

不倫の基本

478661_1_2世の中にある不倫専門サイトや人妻出会いサイトは、詐欺サイトばかりです。

そもそも、そんなサイトに普通の人妻が入会するはずがありません。

それらはすべて、サクラしかいない、絶対に出会えないサイトなのです。

普通の人妻が不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。

ハッピーメール

言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

ワクワクメール

ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

PCMAX

PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする4つの理由

不倫テクニック

「家に帰れば妻がいる」「旦那がかまってくれない」

やはり、既婚者が出会い系サイトでセフレを選ぶなら、独身の相手になりがち。

ですが実は、既婚者同士の2人のほうが長くトラブルなくセフレ関係を構築できます。

少しでも手堅くリスクを減らし、かつセックスを楽しみたいなら既婚者の人は、あえて既婚者をターゲットに絞って探していくのがおすすめです。

既婚者同士の組み合わせはナゼ長く続く?

既婚者だと、非日常の仮想空間を味わえる独身相手を探したくなりますが、独身男性・独身女性問わず、セフレ関係の不倫を続けるのは、なかなか難しいところ。

最初はお互い、燃え上がって情熱的なセックスや擬似恋愛にのめり込みますが、そのうち「やっぱり面倒臭い」「つまらない」という溝ができる恐れはもちろん、「本当にこの人こそ、運命の人なんだ!」と勘違いな暴走モードに入ってしまうリスクも……。

しょせんは出会い系で知り合ったセフレの関係、泥沼を防いで楽しいヒトトキをすごすなら既婚同士の方がラクというのが、長く続く本音なのかもしれません。

それではなぜ、既婚者同士はトラブルを回避しながら、長いお付き合いができるのか?

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする4つの理由をご紹介しましょう。

「同じ既婚者なんて、パス!」と思っていた人も、新しい世界を広げるきっかけになりますよ!

理由1.お互いわがままを言わない

独身のセフレを作って、まず感じる不満は「わがまま」です。

  • 「クリスマスに遊びたい」
  • 「誕生日に◯◯が欲しい」
  • 「夜中だけど、会いたくなった」

こんな可愛いわがままも、独身だったら許せますが既婚者ならどんな状況でも無理と言わざるをえません。

特に、子どももいる既婚者男性なら、土日やお盆、年末年始などは絶好の家族サービス日和。そんな時、相手も既婚者の人妻ちゃんなら当然、同じ立場なのでわがままは出てきません。

いちいち謝って、機嫌をとって、フォローの何かを用意してあげて……というわがままの対応も一切いらないのが既婚者同士の不倫カップル。

余計なイライラや心配をする必要がないのは、長く付き合いを続ける大きな理由と言えるでしょう。

理由2.家庭の愚痴をこぼせる

  • 「おじさん好き」
  • 「人のものが欲しい」
  • 「女の子の扱いが得意」

こんな理由で不倫好きの独身女性も数多く存在しています。

ですが、もちろんヤルのが簡単な反面、切るのが面倒くさいのがデメリット。

いざ、不倫関係を構築したら「家のことは話さないで!」「奥様と比べないで!」なんて
ヒステリックに怒り出すことも少なくありません。

また「いつ別れてくれるの?」なんて、世にも恐ろしいフレーズを平気な顔で口にする恐れも…。

意外に、不倫慣れしている独身女性は、リスクが大きいこともあるのです。

その点、同じ既婚者の人妻なら、問題なく家庭の愚痴をこぼすことができます。

もちろん「だから主婦はダメなんだ」なんて、その人妻にも当てはまる話はNGですが、「その点、君は」と軽くフォローしたり、相手がこぼす”旦那の愚痴”も聞いてあげればまったく問題ありません。

家庭の話もナチュラルに切り出せる安心感と、同時に解き放たれるストレス。これも一緒にいる時間が楽しく感じる、大切な理由となってきます。

理由3.「既婚だから」の融通が効く

さらに、既婚者同士のセフレの場合、嬉しいのが「既婚者だから」という融通が効く部分

  • 「今月は飲み会が多くって……」
  • 「ちょっとお財布がピンチだから」
  • 「あまり高級なラブホはちょっと」

など、独身男性とは違い、現実問題お財布事情は厳しいのが本音。

独身女性だと「貧乏くさい」「私はそこまでの女じゃないの?」と誤解をされることもありますが、既婚者女性なら、その立場も理解できるので「そっか」と文句を言わず合わせてくれます。

余計な見栄を張ることもなく、出費を抑えられるのは魅力的。

もちろん、相手も既婚者だからこそ、イベントや誕生日のプレゼントだって必要ありません。こんな融通が効くのは、男性が細く長いひっぱるのにおすすめの物件と言えますね。

理由4.弱みを握れる

さらに、いやらしい話、既婚者同士のセフレで一番のうま味と言えば、弱みを握れるという点。実際、不倫は不貞行為にあたるのでバレたら、慰謝料を払う恐れだって大いにありえます。加えて社会的制裁を受けるハメになることも……。

いくら割りきった関係を築けたとしても、既婚者はどうしても立場が弱いというのが本音です。

ですが、お互いが既婚者同士のカップルなら、そのリスクは相手だってまったく同じ。お互いがお互いの弱みを握っている状態なので、下手に自滅するようなトラブルにはならないのです。

また、この弱みを握り合う行為は、2人だけが共有する秘密。この背徳的な行為がより強く、セフレの絆を太いものにしてくれるのも魅力となってきます。

まとめ:なんやかんやで都合がイイ!

実際、既婚者同士の組み合わせがなぜ、セフレに良いのか…という理由を覗いてみると、ぶっちゃけ「なんやかんやで都合がイイ」というのが男にとっての本音です。

余計なトラブルやリスクを回避しつつ、お財布にも厳しくなく、わがままも言えたりするのは他でもない、同じ立場の人妻だかからこそ。

もちろん、男慣れした欲求不満気味の人妻をGETできれば、セックスライフだって堪能できます。新しい出会いは、ぜひ既婚者にターゲットを絞って攻めてみてください!

携帯電話からの不倫バレを防ぐために設定しておくべきこと

不倫テクニック 不倫の基本

160305old_smartphones

皆さん、不倫したいですか!?

こんな「不倫パートナー探し」だなんてタイトルのブログを見ているくらいですから、きっとアナタは不倫に興味津々な人だと思われます。

逆に言えば「興味がある」で踏みとどまっている人とも言えるわけですね。すでに不倫をしている人であればこんなブログに用はないでしょうから。

不倫に興味がある事自体は珍しいことではありませんし、むしろごく自然と言えるでしょう。なにしろ芸能人だってしょっちゅう不倫しているのですから、一般市民が不倫しないわけがないのです。

それでも、まだ不倫をしていない人の多くはきっとこう思っているはずです。「でも、もし不倫がバレたらいろいろヤバいし……」という不安があるんですよね。わかりますよその気持ち!

逆に言えば「バレない保証があるなら、一度くらいは不倫をしてみたい」とも言えますよね!100%安全保証というわけにはいきませんが、不倫を限りなく安全にするコツはあります。

それは、携帯電話の管理に気を配ることです。

「ん?そんなの当たり前でしょ?携帯電話はロックしてるから大丈夫だよ」と思ったアナタは危険です。この記事を読まないまま不倫をしていたら、すぐに奥さんにバレてしまっていたかもしれません。

ではまず、多くの人はどういったシチュエーションで不倫をしているのか。そこをまず整理していきましょう。

出会い系での不倫はW不倫になることが多い

人妻が好き!という男性の多くが、すでに既婚者だったりします。いわゆるダブル不倫というやつですね。出会い系で人妻が絡む出会いとなると、このダブル不倫の形がほとんどです。

未婚女性と既婚男性は社内不倫なんかでは定番の組み合わせだったりしますが、既婚女性と未婚男性という組み合わせはなかなか珍しいですからね。

もっとも、これにはきちんとした理由があります。なぜかといえば、既婚女性はなかなか社会との関わりを持ちづらいからなんですね。今でこそ結婚や出産後も正社員として働く女性も増えてきてはいますが、まだまだ少数派なのが現実です。

多くの既婚女性は、せいぜいパート社員として社会との関わりをもつことが精一杯で、あとは町内会だったり子供の保護者同士のつながりだったりと、どうしても公共的で女性同士で固まってしまうような関係ばかりになってしまうんですね。

既婚女性と未婚男性が不倫をするケースといったら、パート先でたまたま年下の若い男の子がいて……といったケースくらいなんです。最近ではネットゲームを介しての出会いや、それこそ出会い系での出会いもありますので一概には言えなくなりましたが、まだまだ稀なケースです。

それに、出会い系での出会いだって結局は同年代同士でまとまることが多いですし、最近の若い男性はそもそも出会いに興味のない草食系男子ばかりです。そうでなくても、若い男性はお金がないので「出会い系にお金なんか払いたくない!」と考える人が多く、出会い系の男性会員は中高年層がメインになっています。

女性であれば利用は無料ですので若い女性も多いのですが、それに比べると若い男性は明らかに少ないですからね。つまり、出会い系においても人妻は結局、同年代の既婚男性と付き合うケースがほとんどなのです。

不倫をする機会が多いのは圧倒的に男性

世の中の既婚女性は、旦那が不倫をしているかもしれない、ということには敏感なんです。それは単純に男性の方が不倫をしてしまうきっかけが多いからです。

部下の若い女性と不倫関係になったり、仕事関係の交流から男女の関係に発展したりと、日常生活において女性と接する機会が多いのです。

逆に、男性側ときたら自分の妻が不倫をしているかもしれない、とはなかなか思わないものなんですよね。

どうせ家にいるだけなんだし不倫なんてしないだろ、と安心しているのか、あるいはすでに女としての興味を妻に対して失ってしまっているのか……。どちらにせよ、不倫がバレるときは妻が旦那の不倫を暴く、という方向のことのほうがだんぜん多いわけです。

女性と遊び慣れていない男性ほど、不倫をすると挙動不審になってすぐにバレる傾向にあります。

大事なのは、普段通りに振る舞うことなのです。それさえ出来ていれば「旦那が不倫をしているかもしれない」という警戒モードに移行することがありません。

妻がその警戒モードになってしまった場合は、些細なミスさえ疑うようになるベリーハードモードになるので、難易度はぐっと上がります。

出会い系で不倫をするのは楽しいことです。でも、楽しいことにはリスクもつきまとうもの。そのリスクをしっかり理解して、回避できるようなリスク・マネジメントを心がけましょう。

世の中、たくさんの人が不倫をしています。もちろん、今まさにこれを書いている私もしています。現在進行形で3人の方と不倫関係になっていますし、近くにもう1人が加わる予定です。

幸いにも私はまだ不倫の証拠を決定的に掴まれたことはありませんが、何度か危なかったこともあります。運良く紙一重で切り抜けたのですが、事前の心構えがなかったらあたふたと挙動不審になってしまい、トドメを刺されていたかもしれません。

いよいよ本題になりますが、そんなもしもの時に堂々と対処できる、もしくはもしもの時がそもそも起こらないようにするための携帯電話の管理方法をご紹介します。

不倫がバレることになるきっかけのほとんどは携帯電話

今の時代、もっとも多いのが携帯電話から証拠を掴まれてバレるケースと言われています。不倫相手と連絡をとるには必ず携帯電話を経由しますし、出会い系を使って不倫相手を探すにしても、その多くは携帯電話からの利用ですからね。

実際、妻が夫の浮気を疑った時にまっさきに調べるのは携帯電話だというのが今の常識です。

愛する旦那が浮気かも…。不倫の疑いが出てきた時に取るべき3つの行動

仕事の帰りが遅い、休日に頻繁に外出する、隠れてこそこそ誰かとメールをしている…。配偶者のこのような怪しい行動から、浮気を疑った経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

一度疑いを持つと真偽をハッキリさせたくなります。本当に浮気をしているのか、していないのか知るために何をすれば良いのかはあまり分からないかもしれません。

そこで、今回は、浮気についての確証はないけれども、その疑いがあるという場合、どのような行動をとるべきかについてご説明します。また、浮気をしていた場合は証拠が必要になりますので、その収集方法なども合わせて紹介します。

(中略)

■(2)携帯電話を確認する

配偶者の携帯電話の発着信履歴やメールを確認し、異性との間で頻繁に通話やメールをしていないかを確認します。

ただし、LINEやFacebookなど、インターネット上でログインが必要なサービスについて、配偶者に無断で配偶者のIDとパスワードを利用してログインすると、不正アクセス防止法に違反して刑事罰の対象となりますので、注意してください。

そのため、メールを確認するとしても、携帯電話やパソコンの本体に保存されているものにとどめてください。

もし、異性との間で頻繁に電話をしている場合、携帯電話の発着信履歴の画面をカメラで撮影して証拠化します。

また、浮気していることを匂わせるメール(たとえば「●●ホテルで●●時に待合せよう」とか「この前の旅行は楽しかったね」とか)があれば、その画面をカメラで撮影して証拠化しておきます。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12154-068826/

携帯電話を直接撮影することで十分な証拠としての能力を発揮するようですから、もし寝ている間に「ロックを解除」→「ログを表示」→「撮影」→「ロックして元の位置に」とされた場合、こちらが気づくことはまず不可能でしょう。

そして、より決定的な証拠を掴むまで「泳がされて」しまい、十分な材料が揃ったところでズラッと写真を並べられて問い詰められては、もはや覚悟を決めて降参するしかありません。

このように、携帯電話の取り扱いをひとつ間違えるだけで致命傷になりかねません。携帯電話は不倫出会いに欠かせない便利なツールであると同時に、携帯電話そのものが決定的な証拠になってしまうという、まさに諸刃の剣なわけです。

しかし、最近のスマホであればセキュリティに関することも充実しており、適切な設定をしておけば勝手にロックを解除されて、中身を見られてしまうリスクをかなり減らすことが可能です。

パスワードやロック方法を工夫する

数字を入力するタイプのロックでしたら、誕生日や電話番号の下4桁など、妻もすぐに思いつくような数字は絶対に避けてください。解除してください、といっているようなものです。

適当に思いついたアトランダムな数字にするのもいいですし、いま貴方がこの記事を読んでいる日にちでもいいです。初めて付き合った彼女の誕生日など、妻とはまったく関係のない数字ならなんでもいいんです。

Androidでは、指でなぞって図形を描くロックを採用している機種も多いです。登録する際は、なるべく複雑な形にしておきましょう。

L字型やM字型のような単純な経路ですと、適当にやってみたら解除されてしまう可能性もありますし、妻がロック解除の様子をじっと観察していた場合、手元の動きで解読されてしまうこともあります。

そして、してはいけない危険なロックとしては指紋認証があります。

確かにこれは自分が居ない間に解除されてしまうケースは100%なくなるのでその点においては心強いのですが、なにしろ妻は身内です。常に同じ家にいるのですから、自分が寝てる間に指を拝借されて解除されてしまったらそれまでなのです。

他人に対しては盤石のロックを誇りますが、身内に対してはいとも簡単に崩れてしまうのがこの指紋認証システムですので、特に注意してください。

また、不意に不倫相手からメールなりLINEなりの連絡がくるケースも想定しておきましょう。

ここで呑気に着信音が鳴ってしまうと「こんな時間に誰から?」なんて聞かれてしまいますからね。別におかしな質問ではないので無視するのも変ですし、とっさに嘘をついたとしても適切なダミー相手が浮かばなかったりするものです。

なので家にいる時は必ずマナーモードにしておくか、相手によって着信音を設定できるのでしたら不倫相手からの着信はすべてオフ(無音)にしておきましょう。LINEであれば特定の相手のみ着信音を消す事ができますので、必ずそうしておきましょう。

通知システムは必ずオフに!

また、最近のスマホでは「通知システム」といってメールやLINEの文章の冒頭部分を着信した瞬間に画面にデカデカと表示してくれるありがた迷惑な機能もついています。

これに関してはリスクが有るだけですので、すべてオフにしてください。携帯電話の機種にもよりますが、「設定」から「通知」という項目があるはずですのでそちらから設定してください。

スマホの扱いに慣れている方であればアプリごとに通知のオンオフといった細かい設定をするのもいいですし、よくわからなかったり面倒くさいという方は通知システムそのものをオフにしておけば安心です。

不倫相手の名前は偽名で登録すること

古典的な手法ではありますが、不倫相手の情報を携帯に登録するときはバカ正直に女性名で登録するのではなく、必ず仕事関連っぽい名前や男性の名前で登録するようにしましょう。

社内不倫などであれば相手がずっと一人ですので、適当な男性の名前をつけてもそれだけ覚えておけば見分けがつくのですが、出会い系で不倫相手を探していると相手をとっかえひっかえすることになりがちです。

そういう時、毎回適当な名前を新しくつけているとだんだん覚えきれなくなったり誰が誰だかわからなくなってしまうことになりかねません。

私のおすすめの方法としては、相手の名前をもじった苗字で登録する手法です。たとえば相手の名前が「ハルカ」さんだった場合は「春山 一郎」のような名前をつけておくことで、ハルカという名前が連想できるようになります。

同じように「キョウコ」さんであれば「清原 二郎」でキヨつながりにしたり、「アヤ」であれば「綾野 三郎」といった具合に名前の一部分をがつく苗字の男の名前で登録すればいいのです。

そして、もっとも基本的なことですが、LINEやメールの履歴は毎日削除してください。これさえ心がけていれば、決定的な証拠自体がなくなりますので、つかまれようにもつかむ証拠がなくなります。

メールであれば、自動振り分け機能で迷惑メールフォルダに振り分ける設定をしておくのもオススメです。もし、浮気を疑った妻がメールボックスを調べた時、受信フォルダは必ずチェックするでしょうが、迷惑メールフォルダまでチェックする人はなかなかいませんからね。

予測変換から不倫相手の名前が出てしまうケースも

もうひとつ気をつけておきたいのは文字入力の際の予測変換です。

こんな話を聞いたことがあります。とある男性が妻に料理のレシピを調べて欲しいと頼まれて、一緒に携帯を見ながら検索することになりました。すると、”料理”と入力しようと”りょう”までいれたところで”涼子ちゃん”という文字が第一候補に来てしまったそうなんです。

”了解”を差し置いて第一候補に出てきているのですから、その頻度たるや想像にかたくありません。当然ながら妻の名前ではありませんし、共通の知人にいる名前でもなかったので妻はこれに強い不信感をいだくことに。

「涼子ちゃんって誰なの?」と問いつめられて、とっさに会社の部下だよと苦しい言い訳をするものの……。「ちょっと携帯かして!」と無理やり奪われてしまいます。

そのまま”涼子ちゃん”の予測変換を確定したところ、さらに予測変換が続いてしまい……出てきた言葉が「今夜は楽しかったよ」だったとのことで、そこからはもうお察しの通りです。

こんなところにも思わぬ落とし穴があったりするそうなので、携帯辞書の予測変換はオフにしておくか、まめにリセットしておきましょう。

このように、携帯電話は証拠の塊です。でも、だからといって携帯を常に肌身離さず持つようになるのも怪しい話です。

例えば、いくら見られたくないからといって脱衣所にまで携帯を持ち込んだりするのはいかにも不自然で怪しい行為ですよね。ですから、携帯電話に関してはいつ調べられても大丈夫な状態にしておく、ということが大事です。

携帯電話はチェックされるもの、と考える

外出先で妻の携帯のバッテリーが切れてしまった時など「ちょっと携帯かして」と言われる場面もあるかもしれません。そんな時に「いや、それはちょっと……」なんて渋るのもおかしいですからね。いつでもどんな時にも見られて問題のない状態にしておきましょう。

ここでひとつ、私がつかってるテクニックを紹介したいと思います。それは、パスコードを二人の結婚記念日にしておいて、それを相手にも教えているという方法です。その気になれば、いつでも妻は私の携帯を調べることが出来ます。

携帯の管理と履歴消去は徹底していますが、それでも24時間完璧というわけにはいきませんし、入浴中や就寝中などはいつ調べられてもおかしくない状況です。「本当にそんなことして大丈夫なの?」と思わず心配になってしまうかもしれません。

しかし、人間の心理は不思議なもので、いつでも調べられると思うと逆に調べなくなるんですよね。開け放たれていて中身が空っぽなのが見えている箱には誰も興味をもちませんが、厳重な鍵がかけられていて、こっそり隠されてる箱なんてものがあったら、意地でも中を見たくなってしまうものなのです。

このノーガード戦法……いざというときの不安は残りますが、個人的にはこれからも続けていこうと思います。パスコードが二人の結婚記念日というのは少しばかりあからさまかもしれませんが、相手からしても悪い気はしないでしょうし「私のことを大事に思ってくれている」と感じてくれれば、わざわざ不倫を疑ってアラ探しをしよう、なんて思いつかないでしょうから。

まとめ

不倫をしている時、どうしても妻に対しては後ろめたい気持ちになってしまい、これまでとは違う反応や発言をしてしまいがちです。

そういった態度を気取られて「不倫しているかも?」と疑われてしまい、証拠を掴んでやろう!と意気込まれた場合に、それをのらりくらりとかわしながら不倫を続けることはなかなか困難です。

繰り返しになってしまいますが、もっとも効果的な不倫がバレないための対策は、やはり「普段通りの堂々とした態度でいること」がベストだと思われます。

「普段通りの態度」と「携帯電話の適切な管理」の二つを常に実践できていれば、古典的なスーツの胸ポケットからラブホテルのマッチや会員カードが出てきた……なんてうっかりがない限りは、まずバレないことでしょう。

最もリスクの高い携帯電話の安全性を高めておくことで、自然とバレないことへの自信がわいてきて、普段通りの態度を取れることにつながります。

まずは携帯電話の設定と管理をしっかりと!それが楽しく安全に不倫をするための第一歩なのです。

「人妻が浮気を正当化する方法」を知ることによって簡単に人妻とセックスをすることができる

不倫の基本

不倫や浮気でさえも、人間には自分のしている行為を、正当化したがる傾向があります。

決して犯罪のような反社会的な行為をするのではないにしても、一般的な社会通念からするとやや人の道を外れるような行為をする際、この傾向は一段と強まります。

そして人間には、自分のしていることを否定する人より、批判しない人を好む傾向があります。

出会い系サイトにいる人妻は、自分がこれから行おうとしている不倫や浮気を、正当化してくれる人の出現を待っているのだともいえます。

だから、人妻が浮気を正当化する方法を知ることによって、簡単に人妻とセックスをすることができるのです。

また、こちらとしても、人妻の気持ちを知ることによって、安全な不倫セックスをすることができるのです。

人妻が浮気を正当化する方法その1「構ってくれない旦那が悪い」

的確な言葉で人妻の背中を押して上げるだけで、出会い系サイトにいる人妻はやすやすと一線を越えていきます。難しい理屈は要りません。

なぜなら、出会い系サイトに登録したときすでに、人妻は落ちる準備をしているからです。

人妻が浮気をする際、自分を正当化するパターンとして最も多い旦那を悪く言う事例を挙げ、効果的な対処方を探ります。

旦那が悪いから浮気をする

「旦那が仕事にばかりかまけていて構ってくれない。外で女を作っているのかもしれない。私のことを抱いてくれない。なぜか分からない。もう何年もない」

これは人妻の旦那に対する不満としては、古典的といいますか、典型例になります。

だから「私は出会い系サイトに登録したのだ」という人妻は、たくさんいます。

肝の部分は言うまでもなく、あっちの方は何年もご無沙汰状態につき、我慢も限界ということです。

こういう人妻を落とすのはわけなく思われるかもしれませんが、実際落としやすいことは確かなのですがただ、この手の人妻はかなりしたたかです。

夫婦間のセックスレスをちらつかせれば、既婚でも男が食らいついてくることを、経験的に知っているからです。

こうした話をして来る人妻は、少なくとも数人の男に同じ話をしていると思った方がいいですね。

あとはライバルとの競り合いになるわけですから、セックスレスで溜まっているからわけなくやれるとは思わず、気を抜かずに対処する事が肝要です。

特に、人妻がモーションをかけてきたら、逡巡せずに動くことがもっとも大事です。ためらっていると、簡単に別の男に気移りしてしまうのが、この手系の人妻の特徴かもしれません。

なにしろ、目的は欲求不満の解消ですから、男の品定めが済んだら、あとは優先順位に従って行動に移すのみだからです。まごまごしていると順番を飛ばされてしまいます。

正当化に対する協調的後押しとしては、「同じ男だから分かるけど、旦那さんも大変なんだと思いますよ。でも、それはさすがにちょっと酷いですよね……」とでも言ってあげれば十分です。

人妻が浮気を正当化する方法その2「稼ぎのない旦那が悪い」

子育て世代だと、旦那の社会的地位がまだそれほど高くない中で、子供の教育費などがかさみ、普通に生活をする分には何も問題がなくても、レジャーを楽しむ余裕までは持てなかったりします。

周囲の家のことがさほど気にならない男とは異なり、女性は世間体を一番に気にする生き物であるだけに、他人の家庭と比べた自分の家の経済状況に対しても敏感です。

出会い系サイトに登録をしている人妻の中には、そうした負い目を知り合った男の財力によって、しばしの間忘れて振舞いたいと考えている向きが少なからず存在します。

経済状況が厳しいから、周りの家の主婦のようにレジャーを楽しむことも出来ない。だから私は金を持った男と浮気をして楽しむのだ。稼ぎのない旦那が悪いのだと、自分を正当化するパターンです。

本当の金持ちである必要はない

この手の人妻が待ち望んでいるのは、ひと握りのブルジョア階級の男かというと、そうであればそれに越したことはありませんが、必ずしもそうでなくても構いません。

普通のサラリーマンでも十分、相手をすることが出来ます。人妻が求めているのは日常の気晴らしですから、それをするのに大枚をはたく必要はないからです。

ただ、旦那がサラリーマンや公務員系だと、毎月決まったサラリーしか取れないことを熟知しているわけですから、この手の人妻には自営業の方が受けがいいのは確かです。

えてして旦那が公務員など固い職業に就いている人妻ほど、自営業者は自由になるお金をいつも持っているという印象を抱いているようです。

自営業者の奥さんは身なりも派手で、お正月はいつもハワイに行っていて、本当に羨ましいといったりします。

それで相手をするには自営業者有利といえますが、かといって高価な服やハワイ旅行をねだっているわけではありませんから、サラリーマンの懐具合も十分相手が務まります。なんなら職業を自営業者とごまかしてもいいかもしれません。

連休が近づくと需要が高まる

大型連休やお盆、歳末以外でも、最近は泊りがけで遊びに出やすい祝日が増えた分、テレビや携帯で暇を潰す生活に味気なさを感じる機会も増えているといえます。

そうした休みの日には、家族も家にいるわけですから、連休自体に遊びに誘ってくれる相手を探すことはなくても、近所や知り合いから遊びの予定を聞かされ、心穏やかではない人妻が、出会い系サイトで相手探しをすることは十分考えられます。

連休を前にすると、この手の人妻の動きが活発化しますので、身近なレジャー施設を絡めた遊びを提案すると、乗って来やすくなります。

正当化に対する協調としては、お金の絡むことですから旦那の稼ぎが悪い部分には触れず、「いつもは子育てで大変でしょうから、たまには面白いところに行って遊びましょうか。レジャーに出てサビをとることも人間、必要ですよね」とでも言っておきます。

人妻が浮気を正当化する方法その3「旦那とは相性が悪い」

結婚をしてみて初めて、今の旦那とは相性が悪いことが分かった。夫婦関係はめちゃくちゃで、すでに破綻している。だから新しい人と人生をやり直したいと考えている。

こう書くとなにやらシリアスで厄介な人妻に思われるかもしれませんが、そこは出会い系サイトに登録する人妻です。

人生をやり直したいと考えているのは本当かもしれませんが、実際に今の旦那と離婚をして、出会い系サイトで知り合った男と再婚をしたいなどとは露ほども考えていませんから、この手の一見面倒なことを言う人妻であれ、食べても問題はありません。

ともかく、旦那との相性の悪さを浮気の正当化理由にするこの手の人妻に対しては、徹底して話を聞いてやることで対処します。だいたいが話を聞いて欲しいタイプの人妻だからです。

基本的にわがままです

どこの夫婦でも大なり小なり、行き違いもあれば誤解もあります。理想どおりに行かないことの方がむしろ、普通の夫婦関係ではないかとも言えます。

ところがこの手系の人妻は、その責任を全て旦那に押し付け、とにかく悪いのは旦那で、自分は精一杯努力しているのに上手く行かない、と思い込んでいたりします。

少し考え方が幼く、いわばわがままなのが特徴です。性格的にやや壊れかけていたりもします。

まともに取り合うのもバカらしい気もしますがまず、人妻がしている努力なるものを聞いてあげて、それでも上手く行かないから、新しい人と人生をやり直すしかないと考えるに至った方針も支持してあげます。

ただし、その相手が出会い系で知り合った自分であるとはよもや匂わさず、あくまで第三者的に接して聞き役に徹します。

すると徐々に刺々しい性格に丸みが帯び出し、時折女性らしさが見えてきたりします。そうなるまで多少辛抱を要します。

旦那に見放されているケースがほとんど

だいたいこうした人妻は、家庭内でも旦那に見放されていて、まともに相手にされていません。

人妻の方でも、見放してきた旦那を見限っている状態ですから、旦那に関しては悪口は言っても、浮気をあえて正当化する必要さえもはや感じてもいなかったりします。

それでもこの手の人妻は、根は真面目な人だったりします。むしろ真面目な人が多いくらいです。

ですから、壊れている家庭であっても、だからすぐやれるだろうとは安直には考えずに、人妻のした努力を認めてあげ、人妻の味方であることを強調します。

味方であることで心を開かせれば、あとは自然に出会いに話を運ぶことが出来ます。

レベルの高い人妻を手に入れるための「僕と結婚してください!」という戦略

不倫テクニック

ネット上にあまたある人妻攻略指南サイトでは異口同音に人妻に本気になるなと注意しています。

人妻は、若い子に比べれば比較的簡単にゲット出来るものの、なかなかしたたかな生き物でもあるため、浮気がばれそうな相手だと嗅覚を働かせて会おうとしないから要注意だという教えです。

したがって、人妻を食べるためにはまずもって、本気ではないこと、出来ればこっちも浮気心でセックスを楽しみたいくらいのスタンスがちょうど手頃で喜ばれるのだというわけです。

もうこれは何遍となく聞かされ、耳にたこが出来るくらいではないかと思いますが、人妻攻略の初歩も初歩の大真理ですから、うっとうしいと思われますが繰り返しておきます。

この大前提は理解した上で、よりレベルの高い人妻を楽しくゲットする方法をご紹介します。

人妻メールでもインパクトあるタイトルは不可欠

いかに人妻熟女が釣りやすいターゲットであるといっても、世の中には人妻、熟女と聞いただけで、股間を反応させてしまうような人も少なくありません。

そういう人たちがライバルとして出会い系サイトを利用している以上、やはり何らかの対策を立てなくては、好みの人妻は手に入れにくいのが実情です。

人妻の場合、比較的掲示板の書き込みに対しても反応を得やすいのは確かですが、やはりなんと言っても主戦場は個別に送信するメールになります。

ここでまずライバル達に差を付けることが、初めの第一歩になります。

とりわけメールで大事なのはタイトルであることは言を待ちません。タイトルだけで中を読まない女性も少なくないからです。それは人妻でも同じで、人気の高い人妻にメールを読んでもらうのは大変です。

そんな相手にお勧めしたいのが、意表を突いたタイトルの考案です。

冒頭で人妻には本気になるな、本気を見せるなという初源的な指南サイトの教えを紹介しました。

そうした指南サイトの教えが蔓延した結果、ほとんどのライバルはその教えに従って、当たり障りなくファーストメールのタイトルと文面をひねり出している姿が想像されます。

それだけに、ほとんどのライバルが本気を隠して付けて来るタイトルは、意表を突く作戦におあつらえ向きのターゲットになるのです。

つまりのっけからタイトルで本気をぶつけるのです。

本気を見せないお気軽な遊びの真逆は結婚です。ですから、「僕と結婚してください!」と申し出るのです。

もちろん冗談です。

目的は意表を突いてメールの中身を読んでもらうことですから、タイトルは冗談でもいいのです。

メールで遊んであげる

だいたい出会い系サイトに登録をしている人妻は、旦那に構ってもらえない寂しい女がほとんどです。

寂しさの中には人肌を求める気持ちも含まれているわけですが、これについても多くの人妻攻略指南サイトが取り扱っているように、人妻がそれを求めているのは疑う余地もありません。

それは隠された登録の動機として当然と認識した上で、メールで遊んであげるわけです。

こうした遊びは面倒に思われるかもしれませんが、「僕と結婚してください!」と冗談路線で注意を向けさせ、返信をゲットした手前、その続きとしてセットで考えてください。

メールで遊んであげながら、競争倍率の高い人妻を懐柔していくのです。

具体的にメールの中では、タイトルの結婚して下さいを散りばめます。これもまた冗談ですが、ただし通り一遍の紋切型の文面にはしません。

冗談ですが結婚を申し込んだ文面を作り上げます。

すでに旦那との新婚当初を、遠い昔の幻であるかのように感じている人妻は、この手の冗談にも食い付きが違います。ぜひ試してみてください。

ヴァーチャル上で夫婦生活をする

僕と結婚してくださいと冗談から入ってメールで遊ぶわけですから、まずはヴァーチャル上で夫婦生活に入ります。

馬鹿げた遊びだと一笑に付さないようにしてください。このヴァーチャル上の夫婦生活の中から、人妻の実相が見えてくることがあるからです。

ヴァーチャル上といえども夫婦になるわけですから、身に付ける下着を教えてもらうことも出来ますし、お風呂に入る時間を知ることも、身体のどこから洗うかを教えてもらうことも出来ます。

むしろそうしたことを探ることがこの遊びのひとつの目的です。ヴァーチャル上の夫婦生活から、実生活におけるもろもろの習慣の一端が見えてきたらしめたものです。

それを細大漏らさず覚えておくと、後に面接をするにせよ、ホテルに行くにせよ、予定が組みやすくなるからです。

どうしても人妻と会えるのは日中の短い時間になりがちであり、それに合わせる事が通常の仕事を持つ者にとって最大のネックになるわけですが、人妻の行動パターンが分かれば、それだけ接点も見つけやすくなります。

冗談モードからの切り替えは難しい

いつまでもメールで遊んでばかりはいられません。冗談モードから徐々に面接に向けた準備を整えていかなくてはなりません。

また、そうでなくては相手の人妻にも飽きられ、呆れられてしまいます。

ですから遊びメールの期間はそう長々とはしません。頃合は相手の人妻次第ですが、2~3週間を目処にするのがいいような感じがします。

ただ、この冗談モードから真面目モードに切り替えるのは、案外難しいものです。

なにしろそれまでは嘘か真かわからないことを言い合った後に、現実に向けた真面目な話をしようとしても、最初は変な感じがなかなか抜けないものだからです。

人妻によっては、真面目モードでは詰まらないと言い出し、もう一度ヴァーチャル上の夫婦生活に戻ろうよといってきたりします。

その際は臨機応変に対処するしかないのですが、一点注意しなくてはならないことは、万が一人妻がサクラの場合、この遊びは格好の餌食にされてしまうことです。

実情、この見極めはモードチェンジと同じように大変難しいといえますので、この遊び方は中級から上の方にお勧めします。

ヴァーチャルでも夫婦は夫婦

首尾よく冗談モードから真面目モードに移行が済んだら、あとは面接の日程を詰めるだけです。

移行すると、ヴァーチャルであれ夫婦生活を済ませているため、その後の展開は実にスピーディです。

基本的に人妻の要望を聞き入れながらも、ある程度こちらの都合に合わさせることも十分可能です。

また、夫婦生活の予行演習まで済ませて面接に臨むメリットは、ホテルに誘って断られる可能性がほとんどないことです。

なにしろ下着の色から好きな体位、性感帯まで知っているわけですから、人妻にすれば逃れようもなければ、逃げる理由がもはやどこにもないからです。

一見するととおまわりに思えるメールでの遊び期間、ヴァーチャル結婚生活ですが、このプロセスを踏んでゲットした人妻は、その他の方法で辿り着いた人妻に比べ、格段に質が高かったのは偶然ではないように思います。

それもそのはず、何事も必要は発明の母。競争率の高い、人気の人妻の目に留まることは並大抵のことではありません。そのために編み出した意表を突く方法、それが「僕と結婚してください!」だったからです。

人妻はゲットしやすく、セフレにしやすいというのが出会い系サイトの定説になっていますが、それを否定するつもりはありません。事実だからです。

しかし、こと質の高い誰もが手に入れたくなるレベルの高い人妻の場合、その競争は非常に激しいものがあります。ライバルから抜け出すには、時に意表を突いて、さらに時間をかける必要もあります。

それをすると、しただけの結果が付いて来るのもまた、出会い系サイト利用の実相です。

一般的なSNSで不倫パートナーを探す時のメリットとデメリットまとめ

不倫の基本

20160420-600x320

いまやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用していない人のほうが少ないのではないかと思えるほど普及しているSNS。Twitter・Facebook・Instagram・mixi……などなど、いろいろなSNSがありますよね。中高年のおじさんでこれらのSNSをフル活用している人は稀でしょうが、女性であればSNSを利用している確率は非常に高いのです。

それはなぜかといえば、女性は共感を求める生き物であり、その共感を得るのにSNSは非常に適しているからなんですね。

例えば、とある女性Aさんがカワイイと思ったものを写真でアップする。それを見てカワイイと思った女性Bさんが「いいね!」を押す。そうすることで女性Aさんは喜びますし、女性Bさんも喜んでくれたことを喜ぶ……といったサイクルが発生します。

女性たちが買い物をしていて「あっ、これかわいい!」「ほんとだ!かわいいね!」なんて会話をひたすら続ける光景を見たことがありませんか?あれと同じことをネット上でもしているのです。

男性から見ればなんとも不毛で中身が無い行為にみえてしまうのですが、これは女性にとってはとても楽しいことであり、人によってはセックスの快感に近い快楽を得るともいわれています。

そんな「共感」をお手軽に得ることの出来るSNSなのですから、時間をカラダを持て余した人妻にとってはまさにうってつけのツールと言えます。

同性のつながりを増やしてかわいいものに共感したり、愚痴を話しあったりしているだけならまだいいのですが、異性のつながりを求めている人妻も多くいることでしょう。

では、出会い系ではない一般的なSNSでそういった不倫パートナーは探せるのでしょうか?

SNSは不倫の温床!?「文字でのプレイ」にハマる中年たち

出会い系サイトやテレクラなどを利用した、「いかにも」といった感じの遊びには抵抗があっても、SNSを通じてなら自然に不倫相手を探せる――そんな気軽さからか、SNSの諸機能をうまく活用をした不倫が増殖中だ。

● 普通の主婦が自然にハマる SNSでの出会いが不倫に発展

「どうせ不倫するならエッチの相性が合う人がいいじゃないですか」――。

今や、3人のうち1人が、浮気・婚外恋愛経験者だといわれる時代、不倫相手に求めるものは優しさでも頼りがいでもなく「性の相性」に尽きるようだ。

「どんなに優しくされても、話が面白くても、気が合っても、体の相性が合わなければ恋の終わりも早いです。だったら最初から体の相性が合う相手を探せば いいではないですか? 」。こう語るのは東京都23区内に住む専業主婦のケイコさん(44)だ。10歳年上の夫と中学生の娘1人、3人家族で幸せに暮らす 彼女が、文字でのやり取りで行う「サイバーセックス」にハマったきっかけは、ズバリ、夫との夜の生活の不一致に尽きる。

「変な性癖があるとかそういうわけではないのです。ただただ合わない。話し合おうにも、こればかりはどうしようもありません。SNSでの出会いだと、最 初からこの手の話も自然にできます。完全とはいいませんが、ある程度の性的嗜好を窺い知れるというものです。実際にベッドインする時には、もうお相手の嗜 好はすべてわかっているので。楽ですね」

そもそもパソコンやインターネットに疎かったケイコさんが、SNSをはじめたきっかけは高校の同級生からSNSのmixiに招待されたことに遡る。今か ら10年ほど前の話だ。「ネット上ですが、かつての同窓生と再会できたり、普通に暮らしていれば出会うはずのない人と出会えたり。SNSのお陰で一気に世 界が広がりました」。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160716-00095836-diamond-soci

このように、結論からいってしまえば、SNSで不倫相手と出会うことは十分に可能です。

私も実際に1ヶ月ほどTwitterで出会いを求めてみましたが、出会い系と比べて様々なメリットやデメリットがあることがわかりました。

SNSで不倫相手を探すメリット

その1.とにかく人数が多い

当たり前な話なのですが、TwitterやFacebookの登録者数と日本最大手とも言えるハッピーメールの登録者数においては、圧倒的にTwitterやFacebookほうが上回ります。

Twitterの国内ユーザーは3500万人で、Facebookは2500万人と言われています。

一方のハッピーメールは1200万人だそうですから、2~3倍もの差をつけられてしまっています。それでも、ものすごい数なんですけどね1200万人って。

数が多ければそれだけ出会いのチャンスもありますし、選べる対象が増えることでこちらの好みと一致した女性を探し出せる確率も上がります。

やはりユーザー数は多いにこしたことはないのは確かです。

その2.自然で気軽なつながりから始められる

Twitterであれば黙ってフォローするところから始めればいいですし、Facebookだって友だち申請ボタンをポチっと押すだけです。出会いのきっかけ自体はとても気軽に始めることが出来ます。

それにとにかくユーザー数が多いのですから、気になった人を片っ端からフォローや友だち申請をしてみて、反応があった人にだけアプローチを開始していけば無駄な手間や時間を省くことが出来ます。

もっとも、あまりに短時間で大量にフォローや友だち申請をしてしまうと、運営からスパム行為と受け取られて最悪の場合は強制退会させられてしまうケースもあるので注意してください。

TwitterにしろFacebookにしろ、多くの女性は自分の日常なり愚痴なりを公開しています。あとはそれに好意的なコメントを付けてあげるだけで、簡単に知り合いになれるのです。

ペットの写真をアップしていたら「かわいいね!」。食事の写真をアップしていたら「おいしそうだね!」。自撮り写真をアップしていたら「かわいいね!きれいだね!」というだけの簡単なお仕事です。

長々とプロフィールを書いたり、相手のプロフィールや掲示板をしっかりと読んだ上で練りに練ったファーストメールを送る労力をかけずに、とても自然で気軽につながりが生まれるのです。

その3.利用料金はすべて無料

TwitterもFacebookも、ほとんどすべての機能が無料で使うことが出来ます。いくら女性のプロフィールや写真を見ようが、いくら女性にコメントをしようが、いくら女性に個別メッセージを送ろうが、1円もかかりません。

Twitterのコメントには140文字以内という制限がつきますが、ダイレクトメールであればそんな制限はなく、最大10000文字まで送れますから困ることはほぼありません。

ハッピーメールやワクワクメールはいかに格安とはいえ、たった数十円が積もり積もれば数千円になったりしますからね。すべての機能が永遠に無料で使いたい放題というのは、SNSの気軽さをより上げてくれることでしょう。

メリットのまとめ

なにはともあれ、人が多くて気軽に繋がることが出来る。そして無料でコミュニケーションを取り放題。それが組み合わさることにより、十数人もの人妻と同時進行で仲良くなれることも珍しくありません。

とにかく友だちがほしい、話し相手がほしい、という人にとってはSNSはベストな選択といえるでしょう。

SNSで不倫相手を探すデメリット

その1.相手が不倫関係を求めているかどうかがわからない

一般的なSNSで不倫相手を探す時の最大の障壁がこれです。いくら仲良くなったところで、相手が不倫関係をそもそも求めていない、不満のない恵まれた家庭環境にある人であれば、まったく意味のない「ただの知り合い」で終わってしまうのです。

かといって、まだそれほど親しくもない段階で「あなたは不倫に興味がありますか?」なんて質問をしようものなら、運営会社に通報されてしまい強制退会させられてしまうことでしょう。

TwitterもFacebookも、出会い目的で利用しているユーザーに対しては厳しい処置を取ることで有名です。1人だけからの通報ならまだしも、複数人から通報されてしまえばまず間違いなく処罰されます。

いくらユーザー数が多くても、不倫を求めている相手でなければそれは存在していないのと同じですし、むしろ邪魔な存在になっているだけです。

その点、出会い系であれば「出会いを求めている」という目的に関してはまず間違いありませんし、人妻なのに出会い系に登録しているのであれば、それは100%不倫関係を求めていると思って間違いないでしょう。

つまり、ハッピーメールやワクワクメールにいる人妻は100%不倫関係を求めているのに対し、TwitterやFacebookにいる人妻は必ずしもそうではないということです。

不倫に興味がある、程度でしたらたくさんいるかもしれませんが、会ったりセックスをしたりといった行為まで実際にしようと考えている人はやはり少数派です。

気軽に知り合いになることは出来ても、そこから不倫関係まで発展するかどうかがわからないのがSNSで不倫相手を探す最大のデメリットでしょう。

その2.やり取りが他人に見られてしまう

TwitterにしろFacebookにしろ、オープンなSNSなのですから基本的には全てのやり取りは公開されます。気になる相手がつぶやいたことや、アップロードした写真に対してコメントをしたり「いいね!」を入れたりすれば、それは誰からも見られる状態になります。

一応、ダイレクトメッセージやプライベートメッセージといった非公開でその人にしか見えないメールのようなものを送る機能もありますが、それはあくまでもある程度仲良くなってから使うべき機能であり、いきなりそういった個別メッセージを送っても相手を怖がらせたり困らせるだけです。

人に見られながら女性を口説くのはこっ恥ずかしいものがありますし、その女性のアカウントを旦那や友人が見ていた場合は不穏な気配を察知して「この人、出会い厨っぽいから気をつけなよ」とアドバイスをされて疎遠になってしまうことも。

独身の女性を口説くのであればあまり障害になりませんが、人妻を口説くとなるとこのやり取りが全部公開されてしまうSNSの仕組みは大変にやりづらいものがあります。

その3.SNS界隈において「出会い厨」は嫌われている

「出会い厨」というのは「SNSで出会いを執拗に求めてくる人」のことであり、多くの一般SNSユーザーにとっては迷惑な存在として認識されています。

恐怖!SNS出会い目的おじさん対処法!

女性なら誰もが経験する?意味不明な男性からのメッセージ

彼女はTwitterにかなりハマッているOLさんで、日々の出来事やらランチの内容やら、まあ様々なことをつぶやいているようです。
ちなみに彼女のアカウントはフォローしているのですが、OLの性事情には大いに惹かれるものの、日常には興味がないのでタイムラインに表示されないようにミュートしています。

で、Twitterをやっているという女性なら多分理解できると思うのですが、ツイートに対して、全く脈絡もなく面白くないコメントを寄せてくる男性ってのがかなり多いんですよね。
食べた料理、飲んだお酒の話をしているのに「こんばんは! 今日も綺麗だね」とか、悲しい報告をしているのに「いつも元気もらってるよ」とか。
こういう空気を読んでいないコメントをしてしまう男性というのは、一体何者なんでしょう。

筆者が独自に調べまくったところ、大体の生態が分かってきました。
まずは彼らはSNSを通じて女性と知り合い、あわよくば大人の関係になりたいと思っているということ。
そして第二に、彼らは比較的年齢層が高めで、40代、50代もザラにいるということ。
最後に、彼らは同じような内容のコメントを、フォローしまくった女性に毎日嫌がらせのように絨毯爆撃しているということです。

脈絡のないコメントをしてくるのは、大体にして多くの女性に「数撃ちゃ当たる」精神でコメントしまくっているからで、そこには相手への興味も「異性である」以外にはなく、
持て余した欲望の捌け口を探しているだけのことなのです。
また、同じような傾向はFacebookでも散見されるところです。
あちらは実名で登録しているユーザーが多い分、まだマシですが……。

http://koigaku.machicon.jp/column/42789/

なんともひどい言われようですが、実際にそうなのですから反論もできません。

あわよくば大人の関係になるのがそもそもの目的ですし、この歳になってもエネルギッシュであるからこそSNSで貪欲に出会いを探しているわけですし、いちいち女性ごとにメッセージを変えるのも面倒なので同じような内容を爆撃しているのです。

もっとも、それで一定の効果があるからこそ、こういった「出会い厨」が跡を絶たないのでしょうね。

しかし、やはり嫌われていて迷惑行為を感じる人が多いのもまた事実です。出会い系であれば、登録している会員の全員が出会いを求めているので問題になりませんが、TwitterやFacebookには別に出会いを求めていない人がたくさんいるわけです。

そういった人たちに出会いを求めるメールを送るのは相手にとっても迷惑ですし、こちらにとってもまったくの無駄な時間と労力を使うだけなのですから、お互いに不幸になってしまうだけですね。

デメリットのまとめ

「相手が出会いを求めているかどうかがわからない」という点が非常に足を引っ張っています。

いくら自分好みで気に入った女性がいても、いくら自然に仲良くなれた女性がいても、結局相手が出会いを求めていなければそれは絵に描いた餅であり、食べることは出来ません。

セックスは抜きでいいから、女性とおしゃべりをして仲良くなりたい、というのが目的であればSNSは最適なツールといえますが、実際に会うことを目的としている人にとっては「あまりに非効率的である」と言わざるを得ません。

というよりは、出会い系が効率的すぎるとも言えますね。そもそもハッピーメールやワクワクメールなんかは日記機能やつぶやき機能なんかもありますし、SNSのいいところを取り入れた出会い系として成り立っています。

私自身、実際にTwitterで出会いを探してみてわかったことは「出会い系は本当に簡単で楽ちん」ということです。

相手が必ず出会いを求めている、というのはとても大きいです。やはり、出会いを求める以上は実際に会いたいですし、会うだけではなくセックスが大きな目的でありモチベーションですからね。

実際に会える相手を求めているのであれば、やはり出会い系がまず間違いない選択肢といえるでしょう。

TwitterやFacebookといった一般のSNSでも出会えることは出会えますが、出会い系と比べてしまうと時間と手間があまりにも割に合わないというのが私の結論です。

「人妻たちとセックスするためのテクニック」~現代は不倫をしたい人妻が増えている?~

不倫テクニック

テレビをよく見る人なら気がついているかもしれませんが、最近の恋愛ドラマのトレンドの一つに「不倫モノ」があります。しかも、人妻が浮気をするパターンのものです。色々な美人女優が、手を変え品を変え似たような脚本で浮気を世間に見せつけています。

以前だったらショボい主演女優で昼ドラでしか放送されなかったような婚外恋愛が、夜の時間帯に美しく飾られて放送されているのです。

これは、何を意味しているのでしょうか? 不倫モノが昼ドラでしか放送されていなかった頃は、テレビ局側の思惑として「暇な主婦が見るだろう」という点がありました。

主婦を対象とした、ちょっと刺激的な昼間のエンターテイメントというわけです。この時点ではこれは妄想に近く、これを見るだけで満足する人妻も多かったでしょう。

それが夜の時間帯にも進出してきたということは、不倫ドラマが市民権を得てきたことに他なりません。つまりテレビ局側に、暇ではない主婦も喜んで見るだろうという思惑があるのです。そしてその手のドラマが後を絶たないということは、視聴率も取れているということです。

これは不倫ドラマがただの妄想エンターテイメントではなく、共感を持ってもらえる恋愛ジャンルに昇格したという証拠です。

そういったドラマに慣れてきた人妻が、ドラマのロマンティックな展開に憧れて「自分の不倫をしてみたい」と思うことは、とても自然です。また、そういう欲求があるからこそドラマが人気になるのでしょう。

こういうことを考えると、現代はとても「人妻を口説きやすい」時代だと言えるでしょう。人妻の欲求を逆手に取ることによって、不倫で遊ぶことは簡単です。人妻と付き合えば結婚を迫られることはありませんし、ただ刺激的な関係だけを求める割りきった関係を作ることができます。人妻を口説くことは、もはや責められることではないのです。

不倫をしたい人妻が求めているものは、大きく分けて2つあります。それはまず「夫とはできない刺激的なセックスをしたい」こと。もう1つは「ロマンティックな関係で悩んでみたい」ということです。

性欲が10代でピークを迎える男性と違い、女性の性欲は30代以上になってからの方が激しくなるという科学的な統計があります。だからセックスについては理解ができますね。日本は特に結婚後にセックスレスになる夫婦が多いため、人妻の性欲が夫以外に向くのは自然なことです。

悩んでみたい、というのは男性には分かりにくい点です。けれど女性にはいくつになっても「たくさんの男性からモテて困ってしまう」という状況に対する憧れがあります。うまく口説けば、「夫がいるから困ります」なんて無粋なことを言われる可能性は低いです。

ここで必要なテクニックは、女性の虚栄心やモテたい心理をくすぐることです。そのためには、少しくらい強引な方がちょうどいいです。「夫がいるなんて関係ない!あなたが欲しい!」と分かりやすく言ってしまえば、女性は自分がモテていることを強く感じてロマンティックな気分に浸れます。更に今ではドラマの影響があるので、まるで自分がドラマの主演女優になれたような気分にもなるでしょう。その気分は麻薬のようなもので、女性は逆らうことができません。

そうすれば少々条件が悪くても、不倫の関係に突入してしまうのが人妻というものです。人妻は若い女性と違って、奢ってくれないと嫌だとか、会いたい時に会えないと寂しいというワガママは言いません。自分でも適度にお金は持っているし、男性に求めているのはロマンティックな演出だけなのです。それに、会いたい時に会えないのは自分のせいだ、と自分を責めることで人妻の気分はもっと盛り上がります。

それに、刺激的なセックスを求めている点も男性側からは好都合です。自分のパートナーとはできないことを試してみることも、セックスレスになってしまった人妻からすれば刺激的で楽しいものです。会えない時間に人妻側が勝手に気分を盛り上げているので、大抵のことは断られません。

一度会うだけで何度セックスしても応じてもらえるし、アブノーマルなセックスだって刺激の一つになるので抵抗されません。

つまり人妻を口説いて割りきった関係に持ち込むには、どれだけ相手をロマンティックな気分に酔わせるか、という点が大事なテクニックになります。

そしてそれには強引な言葉、夫に隠れたマメな連絡、会った時の過激なセックスくらいしか必要じゃないのです。こういう点を考えると普通の恋愛よりも、もはや不倫の方が簡単かもしれませんね。

ここで気にしてほしいのが、女性を捨てているようなオバサンになってしまっている女性は例外だということです。結婚していても綺麗に着飾っている女性こそ、潜在的に不倫願望があると見て間違いありません。男性側からしても、綺麗な人妻ほど口説きたいものですしここで需要と供給は完全にマッチします。

オバサンになっている女性を再び女性として目覚めさせるのも面白いかもしれませんが、簡単に割りきった関係が持てるのは美人な人妻です。これはもう、人妻を口説かないのは損だと言っても言い過ぎではないですね。男性側に都合がいい楽しい不倫関係を作るのは、現代ではとても簡単なのです。

男性と女性の浮気や不倫の違いを調べて不倫パートナーとの恋愛に活かす!

不倫テクニック

既婚者でも出会い系でこっそり遊ぶ人は多いですが、もちろんそれは男だけのはなしではありません。女性の既婚者、いわゆる人妻や奥様もたくさん存在しています。

とは言え、男の浮気が圧倒的にバレやすいのに対し、女の不倫はバレにくく墓場まで持っていけることもあるようです。

そこで、今回は、不倫パートナーとの恋愛に活かすために既婚者男性と既婚者女性それぞれの、浮気や不倫の違いについて調べてみました!

男の浮気がバレる理由

残念ながら、男の浮気はバレやすいのが特徴的。

もちろん本人は必至で隠しているつもりでも、長年連れ添った奥さんならピンとくることも。

とは言え、第六感に頼ったカンではなく、実は、男の方からバレることをしているのです……。

行動の違い

やはり一番変化が大きいのは、行動の違い。例えば、今まで家出のスマホはゲームに夢中だったのに、トイレにまで持って行ったり、お風呂場の脱衣所まで持ち歩くのはいかにもな行為。

また、メールやLINEをしている時に、うっかり奥さんの顔をチラチラしたり自分の首を傾けてまで画面を伏せて文字を打つ姿は、はたから見れば怪しすぎます。

「バレないように」というのが大前提になると「隠す」ための行動が悪目立ちするので、気をつけましょう。

言動の違い

そして、行動と同じくバレやすいのが言動の変化。

不倫相手から聞いた話を、面白おかしく笑えるネタに奥さんへ話す男性も多いでしょう。

とは言え、今まであまり興味もなかった話題となれば「どこから聞いたの?」「誰とそんなに盛り上がっていたの?」と誰でも不思議に思うはず。

さらに、急に「愛している」「好きだよ」なんて奥さんに言おうものなら、確実にバレてしまいます。

罪悪感を抱いて取り繕った言葉は、相手にしてみればその先にある「罪悪感」が気になるところ。

また、不倫相手との会話で、口癖やトーンが伝染ることもあので、口調にも気をつけるのが良いでしょう。

セックスの違い

さらに、最も明確に出てしまうのが、セックスの違い。

元々奥さんともセックスをしている場合は、前戯やプレイがもろに変化が出てしまうところ。うっかり浮気相手の好みを突いてしまうと、もちろんバレるきっかけになってしまいます。

加えて、男性の場合はセックスの回数も限界があるため、いくら亜鉛サプリで頑張っても不倫相手との回数が増えれば、奥さんがおざなりになってしまいます……。

特定の相手としかしないヒメゴトだからこそ、女性はわずかな違いを敏感に感じ取ります。

女の不倫が墓場まで持っていける訳

かたや、バレにくいのが既婚者女性の不倫。その差を調べてみると、身体と脳に男性との大きな違いがあったのですが、中には例外も見受けられるのが女心といったところでしょうか。

身体の違い

男性と圧倒的に違うのは、身体……と言っても、おっぱいの話ではありません。

実は、男性の射精と違い、女性は明確な肉体的変化がなく、何度でもイケるのが特徴。残念ながら演技の場合もありますが、基本的に何回でもセックスすることは可能です。

女性向けの性風俗が発展しない理由にも上げられていますが、浮気相手とのセックス後でも旦那とできる女性は、どちらかというと受け身、もしくは常に攻めていることが多いのでセックスからバレることは少なくなっています。

脳の違い

そして、男女で脳の作りが違うなんていう話もある通り、何と言っても女性は無意識レベルで「思い込む」のが上手な生き物。

「浮気をしている」「不倫相手と遊んできた」「セフレがいる」という秘密も家に帰れば「そんなことはない」と思い込んでしまえるのです。隠そうとする男性とは違い、思い込む女性はバレることすらありません。

思い込んでいるからこそ、いつもと変わらない行動や言動で女性は夫に接します。

例外

完璧主義者の女性とは言え、誰もが全員、墓場まで持っていけるとは限りません。女性だからゆえ、かまってほしくなったりヤキモチをやかせたり…はたまた、不倫相手とのささいなケンカから、わざと不倫をバラすこともあるのです。

そのあざとさも、ある意味「女性だからこそ」が当てはまるのかもしれません……。

やっぱり手強い?!女相手だからバレるのも当然?!

やはり、浮気バレに関しては女性のほうが一枚上手。さらに、そんな女性に対して、不倫を隠し通さなければいけない男性はバレやすいのも仕方がないと言えるでしょう。

とは言え、女性の心を参考に自分も「隠すのではなく、思い込む」のは活用できそう。さらには、ダブル不倫ならうっかり相手をヒスらせないように、例外パターンを回避するのも重要です。

今回の調査結果、これからの遊びにも活用できるのではないでしょうか?

不倫パートナーにたいして、苗字でよんだり名前でよんだり、あるいはあえて奥様とよびかける効果

不倫テクニック

独身男性はもちろん、既婚者だって人妻と遊ぶのは楽しいはず。

遊び慣れた過去があってセックスが濃厚なのが人妻の魅力と言えるでしょう。

そんな2人の時間も「名前の呼び方」を変えるだけで、程よいスパイスになってくれるのを知っていましたか?

不倫パートナーにたいして、苗字でよんだり名前でよんだり、あるいはあえて奥様とよびかける効果をご紹介します。

人妻彼女の呼び方はどうしてる?

中には、同じアダ名をつけて複数遊んでいるのを隠すツワモノ男もいますが「ねぇねぇ」「君は~」とあいまいな呼び方をしている男性が、多いのではないでしょうか?

本名をしつこく聞き出す必要もありませんが、ある程度信頼性がお互いにあるならやはりフルネームは抑えておきたいところ。

実際に「カクテル・パーティー効果」という心理学理論をご存知でしょうか。

心理学者のコリン・チェリー氏が提唱しました。騒々しいパーティ会場のなかでも、自分の興味のある話題は自然と聞きとることができるという効果のことです。

自分に都合の言葉は脳に伝達されやすいという性質のことなのですが、なかでも自分の名前には意識が鋭く反応していることを立証した実験でもあります。

どんな愛あふれる言葉よりも、自分の名前によるインパクトが大きいと言われているのです。

よりしっかり彼女の心を掴みたい人や、マンネリな関係に刺激を与えたい男性は「相手の名前を呼ぶ」というテクニックを活用してみるのが良いでしょう。

さらに、人妻の女性なら苗字や名前だけでなく、奥様という言葉も使えます。

苗字で呼ぶメリット・デメリット

相手の女性を苗字で呼ぶのは、ちょっとした距離感を演出するのに効果的。

長い付き合いのセフレになると、つい関係がうやむやになってしまいプライベートを詮索されたり、彼女面をされたり面倒な部分もチラホラでてきます。

そんなふうにうっとうしいと感じる場面では、冗談っぽく苗字で呼ぶのがおすすめ。「君とは彼女でもなんでもない」「嫁みたいな顔をするな」というアプローチになります。

過度に使い過ぎると、冷たい印象を与えてしまうので要注意。突き放したいと思うときに、相手を傷つけず空気を読ませることが可能です。

逆に、まだ付き合いが浅い不倫カップルなら、距離を縮めるのが最優先。苗字で呼ぶはできる限り避けたほうが良いでしょう。

名前で呼ぶメリット・デメリット

幼い可愛らしさをもつ人も、大人っぽい人妻も、女性なら誰だって「名前」で呼ばれるのは嬉しいはず。

日頃、あいまいな呼び方をしている人は、ぜひカクテルパーティー効果を活用してちょっとした一言でも、名前を添えていきましょう。

もちろん、何度もしつこく「◯◯ちゃん!◯◯ちゃん!」と呼びつけるのはNG。相手の心にインパクトを残せる程度に、小出しに使っていきます。

ここで気をつけたいのは、プライベートの詮索。実際に、本名であるのか偽名なのかは、どうでも良いというのが本音。

最初に名前を聞き出してから、何度か呼びかけるうちに突然「実は、本名は…」とカミングアウトしてくる女性も少なくありません。

良心の呵責もありますが、呼ばれて嬉しい名前だからこその告白です。嘘を責めたりせずに「そうなんだ?じゃあ、これからは◯◯ちゃんと呼ぶね」と優しいタッチで許してあげましょう。

奥様と呼ぶメリット・デメリット

最も効果的に使いたいのが、人妻を「奥様」と呼びかける言い方。

中にはすでに、冗談を交えながら「奥様」と呼んだり、人によっては、リアルな現実を忘れさせるために「奥様」と一切呼ばない男性もいます。

確かに、女性によっては「生活感がある?」「独身には見えないの?」とネガティブに受け取る人も多いですが、そんな人妻たちでも言われて嬉しいタイミングがあるのです。

そう、それはセックスの時

俗に言う「NTR」(寝取られ)好きではない女性でも、やはりセックス中に「奥様」と呼ばれる背徳感は興奮する人が圧倒的!

ソフトSMの言葉責めと同じようなアプローチになってくれます。

唐突に呼びかけるのは冷めてしまうのでNGですが、少し雰囲気を変えたセックスをしたいカップルにも「奥様」による言葉責めはおすすめです。

たまには呼び方を変えて、2人の関係に刺激を!

たった呼び方一つで色々な演出ができる簡単さは、誰にでも使える大きな魅力でもあります。カクテルパーティー効果を活用しながら、さらに呼び方の違いで人妻の心を上手にくすぐっていきましょう。

2人の関係に刺激を与える、ちょっとしたテクニックを、ぜひ覚えておいてください。

モテない男が必ず成功する不倫における女性の口説き方

不倫の基本

1611happy1.デートの約束をするまでの方法

女性の立場になってメールをする

出会い系サイトで女性を口説くにはまずはメールのやり取りがポイント。実際に会えるまでの信頼感を得るには、毎回のメール内容が結果を左右します。そこで大切なのは何を目的に出会い系サイトを利用するか。覚えておきたいのは、かなりの割合で、女性は真剣交際を求めているという点。

もちろんエッチだけが目的の遊び系ギャルなどもいますが、それ以上に真剣な不倫相手を探している女性が多いのです。

そこで上手に出会い系で女性を口説くためには。女性の目的に合わせてアプローチすること。実際にデートするまではまずはどんな相手なのか。女性が持つ不安をなくすことが大切です。

初回のメールはまずは自己紹介。いきなりプライベートな話や自分の住んでいる場所、連絡先の交換を要求するのは女性が警戒してしまう原因。趣味の話や仕事の話程度にしましょう。

メールで距離感を縮めるポイント

メールのレスポンスの速さはとても重要。女性からメールが来たら遅くても1時間以内には返信をしましょう。夜中や自分が仕事中などの忙しい時間に返信をするとさらにポイントアップ。それほど気にかけてくれてるんだと女性は安心します。またメールでは自分の家族や友達など情報を共有することでさらに親近感がアップ。

まだ会っていないけどなんとなく昔からお互いを知っているような錯覚をおこします。そしてメールは仕事が終わった後、家に着いた時など、まるで付き合っているカップルのような習慣性をつけることもポイント。女性はとにかくまめな男性が好き。メールを放置してしまうようではそれ以上の進展は期待できませんね。

女性にリードさせてデートの約束をする

メールのやり取りで徐々に距離感が縮まってきたらいよいよ次はデート。出会い系サイトの人と実際に会うのは女性にとっては不安な場面。

そこで男性から無理やりデートの約束を強要するのは避けましょう。自分が空いているスケジュールをいくつか教えて後は女性にお任せ。行きたいお店や待ち合わせ場所も女性に選んでもらうことがポイント。どうしても決まらないときは、なるべく人が多い場所を待ち合わせ場所に選びましょう。

少しでも女性の不安を取り除く思いやりがポイントアップ。できればデートをするまでに電話でのやり取りがあるとさらに会った時もスムーズに会話が進むでしょう。初めてのデートをするまでは、あくまでも紳士的な態度が基本。相手の目的が何にせよ女性優先することが成功のポイントです。

2.実際のデートの成功ポイント

まずは食事から

どんな目的にせよ女性を口説くにはまず適度な信頼関係を築くことが最初のステップ。初めて会った女性とそのままホテルへ直行というケースはとても少ないのです。まずはワンクッションおくために、初回のデートは食事から。ここで相手の反応を見ながら徐々に目的意識をはっきりさせていきましょう。初回のデートでは、女性は男性の品定めをするために色々な点をチェックしています。ファッション、香り、持ち物など、女性目線で準備して行くことが重要です。

またお会計は必ず男性が払うこと。ここで割り勘にしてしまうと、ケチな男と思われて次回のデートはなくなってしまいます。特にルックスに自信がない男性は、楽しい会話術を持つか金銭的な余裕をアピールするか。女性が興味を持つデート内容が大切です。

お酒を飲みにく

食事の流れで少しはお互いのことも理解できますよね。大切なのは次のステップ。その場で楽しくお別れする場合は必ず次のデートの約束をすること。とても盛り上がって女性がまだ帰りたくない様子であれば、次はお酒を飲みに誘ってみましょう。

アルコールの力を借りると徐々に女性の緊張感もほぐれ、少しずつ大胆になってきます。ここからがさらに重要なステップ。女性が気を許してお酒のピッチが上がるときはその後どうなっても良いというサイン。「酔ってたから」という言い訳を作っています。

ほろ酔いになってきたら女性の手を握ったり、足を触ったり軽めのボディタッチをしてみましょう。嫌がることがなければそれはエッチOKサイン。楽しそうに笑顔が満面に浮かんでいるときは楽しんでいる証拠。女性からの質問攻撃がある場合も自分に興味を持っている証拠です。

女性がどれほど興味を持っているかがチェックポイント

お酒を飲まない場合のチェックポイントは女性の態度。どんな男性でもゴールはエッチをすること。

そこまでたどり着くには、とにかくデートで相手を褒めまくること。性格的なことをはじめ、体型などセクシー度も褒めまくってみましょう。会話のなかで徐々に方向性を決めていくことが大切。女性が嫌がる表情をしたり、準備できないときは時間をかけて次回に再度チャレンジ。

女性が好きな男性タイプはそれぞれ違いますが、母性本能をくすぐられるタイプ、肉食系、草食系など、相手の好みに合わせてアプローチするのも成功するコツ。エッチのステージに行けるかどうか、それは女性が男性にどれほど興味を持っているか判断することが必要です。女性は男性のルックスよりも性格的なものを重視しています。モテないからといって諦めるのはまだまだ早いですよ。

浮気調査の探偵が見た人妻の出会い系利用の実態

不倫の基本

近年、探偵事務所に浮気関連で持ち込まれる相談依頼がおおきく変わってきているようです。

かつては、妻が旦那の女性関係に疑いを抱いて相談に来るパターンが一般的でしたが、最近では旦那が妻の浮気を疑って事務所を訪ねるケースが急増しているそうです。

そこで見逃せないのは、人妻が旦那以外の男と知り合うきっかけとして、ある年代では、出会い系サイトが主流を占めていることです。

要するに、その年代の人妻を狙えば、かなり簡単に落とせると言うことですね。

しかも、その年代の人妻には特徴があって、不倫が発覚しても、だいたい旦那と元の鞘に収まっているらしいのです。これなら余計な心労や世話がなくて最高ですね。

それでは、火遊びの相手を探している人にとって、最適とも言える年代とは、またその年代の特徴とはどういうものなのか、人妻不倫の実態をその顛末に至るまでつぶさに見て来た探偵の目で追ってみましょう。

狙い目は40代から50代のバブリー感覚を忘れられない主婦

女性の社会進出が言われて久しいものがありますが、そのことと不倫にはもちろん相関関係があるものの、その恩恵に浴しているのは20代の人妻が中心で、その先もせいぜい30代前半までと探偵は見ています。

そこから上の世代が不倫相手を見つける主流は、もっぱら出会い系サイトになるそうです。

この世代で出会い系サイトを使って不倫相手を探す人妻には特徴があって、いずれも若い頃にバブルを経験しており、しかもかなりモテていたと思われる乗りのいい女性が多いそうです。

若い頃に男からちやほやされた経験が、子育てが一段落したその年代になって思い起こされ、ひるがえって旦那から構ってもらえない現実に欲求不満を募らせ、いくらでも男から誘いのかかる出会い系サイトにハマりがちなのだそうです。

また、バブル期にはいくらでも欲しいものを買ってもらえた経験をしているため、主婦売春とは違う理由で、男から渡されるプレゼントやお小遣いに、女としての自分の魅力を再確認している面もあるようです。

肉食的だから後を引かない

そうした事情もあって、この世代の人妻は女として再びちやほやされ、その上プレゼントなりお金をちらつかされると、実に簡単に浮気をしてしまうことから、探偵の目には極めて刹那的、肉食的に映るそうです。

また、探偵というといたずらに浮気を暴くことが仕事のように思いがちですが、同時にその後の夫婦関係にも一定の配慮をして、出来るだけ離婚には至らないようにカウンセリング的なこともするそうです。

すると、ほとんどの人妻はおとなしく家庭に戻り、驚くほどあっさりと家庭を修復するそうです。

つまり、肉食的、衝動的な浮気がほとんどなので、後に引かないケースが出会い系サイトを利用したこの年代の人妻の特徴だということです。

浮気に走られた旦那からの相談依頼は増える一方だそうですから、この年代の人妻の出会い系サイト利用が如何に増えているかを裏付けているとも言えますね。

若い頃に持てた、それなりのレベルの人妻ほど、自分を女として見てくれる男を探して、今も出会い系サイトにいて、褒めれば簡単に落とせるのですから、これを食べない手はありません。

ページの先頭へ