W不倫パートナー探しに最適な出会い系サイト

01 不倫の基礎知識

478661_1_2

あなたが既婚者であれば、セフレはぜったいに人妻がオススメ。

独身女性と違って、女性のほうもセックスだけをもとめているんだから話が早いんです。

これからは、セックスをするならぜひともW不倫パートナーを貪欲にさがしもとめていってください。

しかし、残念ながら、世の中にある不倫専門サイトや人妻出会いサイトは、詐欺サイトばかりです。そもそも、そんなサイトに普通の人妻が入会するはずがありません。

それらはすべて、サクラしかいない、絶対に出会えないサイトなのです。

普通の人妻がW不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。

ハッピーメール

言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

ワクワクメール

ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

PCMAX

PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

不倫が流行してしまうメカニズム

01 不倫の基礎知識

芸能界では、不倫の話題が尽きることがありません。

記者に囲まれて謝罪会見をしたり、ネットで叩かれたり、社会的制裁も大きい「不倫」なのに、なぜ次々と「不倫」が発覚してしまうのでしょうか。バレないと思っているからでしょうか?

実は、「不倫はダメ!」という世間の声が強まっていることにこそ不倫が流行してしまうメカニズムがあるのです。

この不倫が流行するメカニズムを理解し、流行に乗り遅れないように不倫をしてみませんか?

そしておさえておくべき「バレない不倫の秘訣」もご紹介します。

○○しちゃダメ! は、○○したくなる心理

「この箱は絶対に開けてはなりません!」 そう言われていたのに玉手箱をあけてしまった浦島太郎のように、「○○しちゃダメ!」と言われると、かえってしたくなることってありませんか?

これは「カリギュラ効果」といわれる心理現象なのです。

ネットに「閲覧注意!」とあると、つい見てしまったり、TVのイニシャルトークを見ると、それが誰か知りたくなったりします。

これは「見ちゃダメですよ」と言いながら、見るように仕掛けられているからなのです。

連日の不倫報道も、一見バッシングしていながら事細かに報道し、見る人の興味を巧みに掻き立てています。もはや不倫バッシングではなく不倫キャンペーンの様相です。

こうした不倫キャンペーン中の今だからこそ、不倫がしやすい状況なのです。

不倫に対する風当たりが強くなればなるほど、不倫をしたい女性は増える

TVやネットの不倫報道を多くの女性は見ています。

不倫をしてしまう男性を非難したりしますが、その報道を見ている以上、何らかの興味を持っているのです。

また、不倫は芸能人だけはありません。旧友やママ友、フィットネスクラブで知り合った仲間たちの中にも、不倫経験者はいます。

世間の話題につられて、自分たちの経験話で盛り上がると、それを聞いている不倫未経験の女性も、知らず知らずのうちに「不倫って……アリかも」とインプットされてしまうのです。さらに、人妻だけでなく、恋愛やSEXに興味津々の若い女性は、ただ単に「最近、よく話題になってるから」という軽いノリで、不倫をお試しすることもあります。

芸能人が不倫騒動を起こすたびに、世間の不倫キャンペーンが起こり、不倫したい女性が量産されるのです。

不倫を否定している女性は脈アリ!

「不倫をしてはいけない」「不倫をしたらたいへんなことになる」など、不倫を禁止する気持ちは、「不倫したい」という気持ちを生み出します。

このカリギュラ効果を使って、女性をうまく不倫にいざないましょう。

はじめから不倫を前提にアプローチするのではなく、冗談ぽく不倫を否定しましょう。

「ダメダメ!俺、奥さんいるから~。ゲスみたいになりたくないよ。」

しかし、本気で否定するのではなく、うまく女性を「不倫」の話題の中に落としていきましょう。

「俺の友達にも何人か不倫経験者がいるんだけど、怖くないのかね、バレたらどうするんだろう? うまくやれる自信ある? 俺、どうかな……」

女性も「ムリ~」と言いつつ、その話題を楽しんでいるうちに、潜在的な不倫欲求が大きく膨らんでいきます。

「不倫はダメ」を繰り返しながら、女性が不倫したくなるように仕掛けていきましょう。

注意!不倫に興味がある女性は落としやすいが、バラされやすい

不倫を否定しながらも興味を持っていた女性は、比較的落としやすいでしょう。

しかし、注意しておかなければならないのは、そうした女性ほど、不倫をバラしやすいということです。

芸能人の不倫発覚も女性側からのリークがほとんどです。

しかもそれは、相手を陥れるために仕掛けたものではなく、不倫したことを誰かに知ってほしいという欲求によるものです。

あなたとの関係が分かりやすいメールを送ってきたり、知っている人が見れば、あなたと分かる写真をSNSに投稿したり、不用意な行動をとってしまいます。

「バレない不倫の秘訣」やってはいけない行動とは?

不倫がバレることを恐れて、さっさと別れようとしてはいけません。

男性の女性への興味は、はじめてのSEXのときがピークで、あとは下る一方ですが、女性は違います。会う回数を重ねるごとに気持ちが高ぶってくる傾向があり、あなたが醒めてしまっても、相手はまだまだ燃えている場合があります。

ここで関係を断ち切ろうとすると、女性の思わぬ行動を引き起こし、バラされてしまうことにつながります。

また、不倫に興味があった女性も不倫の関係が当たり前になると、当初の刺激がなくなりリスクを負ってまでも続けるものではない、と考えるようになります。

相手が自分や不倫そのもの興味がなくなるまで、割り切って付き合いを続けることこそが、バレない不倫のコツです。

世間の不倫への風当たりの強さは、逆風に見えて実は強力な追い風です。

「不倫はダメ」という風潮を逆手に、カリギュラ効果をうまく使って、いまこそ不倫を楽しみましょう。

セフレを探すならW不倫を狙え!W不倫のメリットと、ハマる人妻の心理とは?

07 不倫の続け方

いつの時代も、障害があればあるほど恋愛は燃え上がるもの。親に結婚を反対されたから駆け落ちする、なんてことが数十年前まではたくさんありました。けれど時代は変わり、恋愛に障害がある、なんて状況はよっぽど上流階級の出身じゃないとありえない環境になりましたね。

そして、このことをちょっと物足りないと感じている女性は、意外と多いんですよ!

今の時代の新しい刺激って?

そのかわりに何が刺激になっているのかというと、「結婚しているのに恋愛をしてしまう」という環境です。そうです、不倫や浮気のことですね。特に女性は、何歳になってもドラマチックな状況が大好き。夫がいるのに他の男性と……という状況に憧れたことがない人妻なんて、いないと言っても過言ではありません。

その証拠に、女性誌コミックや遅い時間帯のドラマを見てみてください。不倫モノで溢れています。そして最近は「不倫モノ」と言っても「好きになった人に奥さんがいた」なんて昔ながらのありふれた設定では、反感を買ってしまいます。正義感を振りかざした「そういう不倫をする方が悪いんでしょ!」という女性たちからブーイングの嵐ですよ。武井咲主演のドラマ「「せいせいするほど、愛してる」が評判が悪かったのも、女性が共感できる内容ではなかったからでしょう。

けれどこれは、「羨ましい!私もそういう恋愛がしたいのに!」という嫉妬の裏返しのブーイングでもあります。テレビの中とは言え、自分ができないことを軽々とやってしまわれると不愉快になる女性が多いんです。自分ができないこととはつまり、素敵な既婚男性と苦しい恋愛をすることです。ということは、現実に不倫願望がある女性が多いということになります。これは、人生にドラマチックさを求めてしまう女性のどうしようもない性でもあります。

だからこそ、最近流行っているフィクションは女性側が既婚者であることが多いんです。女性たちが自分を投影して酔える設定がこれだと、多くのドラマ製作者は気が付き始めています。既婚女性が不倫に憧れているということ、納得してもらえたでしょうか?

既婚男性がセフレを探すなら、W不倫がおすすめ!

つまり男性側が既婚者で女性を口説くとき、「妻がいるけど君を好きになってしまった……」なんてセリフはもう古いんです。それに独身女性を狙っていては、「いつ離婚してくれるの?」なんて責められることになりかねません。最近は結婚願望(しかも専業主婦願望)が高い若い女性ばかりですからね。だからこそ今セフレを探すなら、お互いが既婚者の不倫、つまりW不倫がおすすめですよ!

W不倫のメリットとは?

W不倫のメリットはまず、男性側が責任を取ることが少ない点です。

最初から「お互い離婚するつもりはない」ということさえ確認していれば、離婚を迫られることはありません。なぜなら、あなたと結婚するためには女性だって離婚をしてこないといけないからです。自分に責任がある離婚をしたいと思う女性なんていません。お金の問題や、親権の問題にかかわることなのでこれは絶対です。浮気して離婚する方になってしまうと、子供と離れ離れになるうえに慰謝料も取られてしまいます。そんなリスクをおかす女性はいません。

「夫とは別れないけど刺激がほしい」「結婚しているけど恋愛のドキドキを楽しみたい」そういった既婚女性なら、W不倫の誘いを喜んで受けます。これなら、男性だからといってあなただけが責められることは決してありません!

つまり独身女性よりも誘いやすいうえに、責任を問われることが少ないのがW不倫なんです。

W不倫に応じる女性の特徴とは?

W不倫に応じる女性はドラマチックな状況が大好き。夫との穏やかな関係を物足りなく感じているということは、激しいセックスやアブノーマルなプレイに挑戦したい気分だって抱えています。何をするにも演出次第ではありますが、「普通とは違う」という特別感、「夫とは味わえない背徳感」の2つを意識すれば、たいていのことには応じてくれます。

女性側だって、「もう私は夫以外に相手にされないのでは?」という不安を感じて日々を寂しく思っています。これは男性からしても、よく分かる心理ですよね。「このままで終わりたくない、もう一度一花咲かせたい」と思うのは、男女共通の心理なんです。

ドラマチックさの演出をすることって、意外と楽しいもので。昔できなかったキザなことをやってみたり、妻に言うと馬鹿にされそうなセリフを言ってみたり……気分が若返ること間違いないですね。しかも女性側はドラマチックさを求めているから、そういうことも喜んで受け入れてくれます。これも実は、男性側のメリットといえるでしょうね。

W不倫のすすめ

これからセフレを探したいと思っている男性は、ぜひW不倫に挑戦してみてください。これが今一番、あとくされもなくセックスと恋愛を楽しむことができる状況です。早い人はもう気が付いていて、人妻狙いのナンパ師なんかが出てきています。このブームに遅れないように、満足のいく人妻セフレをゲットしてくださいね!

不倫を続けるコツ・不倫を早く終わらせる方法

07 不倫の続け方

不倫を続けるコツ不倫を早く終わらせる方法……対極にあるこのふたつ。

実は、不倫を楽しむならどちらも必ず覚えておきたいポイントなのです。

始めるのは簡単?難しいのは「継続」と「終了」

実は、男性にとって既婚者というのはひとつの武器になる強み。

結婚までいけた男性なら、少なくとも女性の扱いに慣れ女心を理解し、ある程度の人柄まで掴める…というのが女性側の意見と言えるでしょう。

「合コンで指輪を外す」というのは昔の話。今ではあえて日焼けをして、指輪の跡がわかるくらいが「奥さんを大切にする、優しい男性」としてウケも抜群です。

また逆に、既婚者の女性と言えば主婦でもママでもなく独身時代には当たり前だった「女性」を取り戻せるのが不倫の魅力。

男女問わず、一度限りの不倫を楽しむのは思っている以上に難易度は低いです。

とは言え、難しいのがこの不倫を継続すること。そして更に、不倫を終わらせること。

実は不倫で気を付けたいのは、この「継続」と「終了」のふたつなのです!

不倫を長く続けるには

では、はじめに不倫を長く続ける難しさから攻略法、注意点をご紹介します。

一期一会になりやすい不倫

「なんとなく」というその場のノリでセックスまでもっていけるのが不倫の特徴ですが、その分、事後は冷静になり「不貞行為は良くない!」と後悔する人も。そのため、あれだけ盛り上がってヤッたにもかかわらず、
リピなく放流されることも少なくありません。

正直、男の方も「人妻とヤル!」「不倫したい」と頑張ったものの達成感からテンションが下がることもありますが、やはりセフレとしてキープしたいのも本音。

冷静になったまま終わってしまう女性とは、温度差が出てしまいます。

長く続けるには適度な距離感

どちらかが不倫であれW不倫であれ、大切なのは適度な距離感。恋人でも略奪愛でもない、フワフワとした関係なら重さもないため「細く長く」続けることは可能です。

時に都合よく扱ったり扱われたりするのも、距離感をキープするには重要。そのため、変に時間やお金を使い、拘束するのも避けたいところ。

あくまでも「お互いタイミングが合えば、また遊ぼう」くらいの方がセフレとして長く引っ張ることができます。

刺激がなくなると切られやすい

とは言え気を付けいたのが、距離感が離れすぎて「放置」すること。釣った魚にエサをやらない状態では、とたんに女性の心は離れてしまいます。一見、嫌われやすいセックスのプレイも、女性にとっては十分な刺激になるので、ぜひ、適度に二人の関係が深くなってきたところで、新たなプレイを投入しいつまでも刺激的な空間を作り出していきましょう。

不倫を早く終わらせるには

そして、意外に気を付けたいのが不倫を終わらせる時。どんな場面でトラブルになりやすいのか、また美しい清算方法もご紹介します。

トラブルになりやすい不倫の終わり

女性からの音信不通で寂しい想いをする男性も少なくないですが、実はまだマシな方で、最も怖いのは「相手の女性は別れたくない」という場合。

特に「旦那と離婚するから一緒になって」と暴走したり「奥さんと別れるまで待ってる」なんて考えたら、社会的抹殺のリスクもゼロではないのです!

終わらせるには”嫌われる男”を演出

最も無難に終わらせるのは、相手の女性から嫌われるような男を演じる方法。中でもセックスで前儀の時間を減らしたり、フェラや体位など自分優先の楽しみ方を続けたり…セックスに関する不満を相手の女性に抱かせるのは効果的。

不本意かもしれませんが「こんな男、こっちから願い下げよ!」と振られるくらいが、トラブルなく不倫を終わらせるやり方として簡単です。

ただし、いきなりガラッと変えるのは冷静さを失うほど女性が怒る場合もあるため、徐々にさり気なく嫌われる男を演出していくのがベスト。長い付き合いなら、1か月程度時間をかけて終わらせるのが良いでしょう。

音信不通は大トラブルに

一番やってはいけないのが、面倒くさくなって「フェードアウト」を狙うこと。相手の女性が別れたくないというオーラを放っている最中に、自然消滅を狙って音信不通にするのは非常に危険です。

「あいつだって既婚者だし」「わざわざ不倫を告白するはずない」と思ったら大間違い!

怒り心頭の女性なら、どんな状況であれ攻め続けます。また、一度冷静さを失った女性の場合、復縁をするためでなく復讐をするために連絡を取ろうとすることも……。

電話をしたりメッセージをしたり、しつこく粘着する可能性もたかいので音信不通をして逃げることだけはやめましょう。

まとめ:セックスを楽しむ!不倫を楽しむ!

結局、不倫をする最大の目的としては「セックスを楽しむ」そして「不倫を楽しむ」という部分ではないでしょうか?

出会うまでに力を注いだあの努力をほんの少し、継続させたり終わらせるのにも活用すれば、少なからず最悪のトラブルは避けることが可能です。

リスクがあるからこそ、より面白くなるのが不倫の醍醐味。ぜひ、トラブルが起こりやすい「継続」と「終了」は上手に立ち回って、数多くの不倫経験を積んでいきましょう。

セックスのテクニックだけでなく、立ち回りの技術も女性を落とすのには必要ですよ!

不倫セックスをする時、避妊は必ずしてください!さもないと……

07 不倫の続け方

不倫セックスはとても楽しいものです。楽しいものだからこそ、ついついハメを外してしまいたくなってしまうもの。それがちょっとしたアブノーマルなソフトSMプレイだったり、普段とは違うホテル以外の場所でエッチしてみたりと、そんな微笑ましいものなら大いにけっこうです。

しかし、ひとつだけどれだけテンションが上がっても、自分の本能を理性で制御できなくなったとしても、守らなければいけないルールがひとつあります。

それは、不倫セックスをする時は必ず避妊をすることです。

もっとも確実なのはコンドームです。適切なタイミングでしっかりと装着をすれば、途中で穴があいたりハズレたりといった事故がない限り、ほぼ100%に近い避妊率を確保することが出来ます。

それに、コンドームは避妊だけが目的ではありません。性病感染を防ぐ盾にもなるのです。信頼のおけるパートナーになった相手ならまだしも、見ず知らずの女性とコンドームをつけずに生セックスをするなんてことは、非常に危険な行為です。

誰がいつ取ったかもわからない生牡蠣を食べようなんて思いませんよね。それでもし牡蠣に当たったとしても完全に自己責任です。出会い系で会ったばかりの生セックスをすることは、それくらいのリスクがあると思ってください。

さまざまな理由をつけて避妊具をつけずにセックスをしてしまう中高年の不倫カップルが年々増えており、大きな問題に発展してしまっているケースもあるのです。

中年不倫にありがちな「避妊無しのセックス」の代償

「最後のセックスになるかもしれない」「コンドームを付けている間にダメになるかもしれない」──。そんな理由で避妊せずにセックスにおよぶ不倫カップルがいる。しかし、その代償は自分の身体に返ってくることも多いという。

(中略)

不倫する人は、長年、パートナーとだけエッチしていたという人が多数派だ。結婚しているから妊娠への危機感はあっても、性感染症に対しては警戒をしていないし、多少注意はしていても“自分だけは大丈夫”と楽天的に考えている人が多い。

その証拠……というわけではないが、不倫ブームが注目された今年、梅毒の感染者数の激増が報道された。国立感染症研究所の発表によると、梅毒の感染者数は2011年は827人だったのに対し、2016年は4077人になっている。たった5年で5倍に増えていることは社会問題となり、さまざまな啓蒙ポスターが登場している。ちなみに梅毒は、オーラルでも感染することが特徴だ。

http://gqjapan.jp/culture/love-sex/20161219/love-affair

たしかにコンドームをつけず、生でするセックスはとても気持ちが良いものです。それは男性に限らず女性だってそうです。誰だって好きでつけているわけではないですからね。

だからこそ、きちんとつけなければいけないのです。もし、コンドームをつけずに不倫セックスをしてしまった場合、どのような問題が起こりうるのでしょうか?

妊娠してしまうケース

もっとも重大で責任が伴うのが、妊娠させてしまうケースです。

旦那とも定期的にセックスをしているのであれば、父親の正体はうやむやになってしまい、そのまま旦那が自分の子供を育てることになる……なんてこともありますが、一般的な感覚であれば「人の倫理観としてどうなの?」と思ってしまいますよね。

かといって責任を取って、自分の正式な嫁として引き取るのもつらいです。とても身勝手なことを言ってしまいますが、出会い系で不倫をしたばかりか、見ず知らずの男と生ハメセックスを平気でしてしまうような女と結婚して面倒を見なきゃいけないなんて、あまりにゾッとします。

そういう女は必ずまた不倫をします。その時、不倫される側になるのは自分なのです。そんな暗い将来があからさまに見え透いている結婚など、したくもありませんよね。

それに、本当に自分の子供かどうかもわかりません。自分以外の男と出会い系で知り合って中出しセックスをしている可能性もあります……というよりも、まず間違いなくしていると思ったほうがいいでしょう。

そのため、万が一にも責任を取らずに済むように避妊は自分のできる範囲でしっかりしておきましょう。

もし「相手の女性がピルを飲んでいるからコンドームをつけなくても大丈夫」と言ってきた場合も、それを鵜呑みにしてはいけません。

ピルがあるから中出しし放題……男なら思わず食いついてしまう案件ではありますが、いっときの性欲に負けてホイホイと生ハメセックスをしてしまうのはあまりに迂闊でしょう。

最低でも「ピルの現物を見せてもらう」「カレンダーと照らし合わせて、毎日飲んでいるか確認する」「可能であれば目の前で飲んでもらう」くらいのことをしてもらえれば、信用していいかもしれません。

ただ、それもあからさまに疑ってかかるようだと相手にも悪い印象を与えてしまうでしょう。「ピルを飲んでるから飲んでるって言っただけなのに、なんで嘘つき扱いされなきゃいけないの!?」と怒ったとしても無理はありません。

やはり避妊を目的とするなら、自分でもってきたコンドームをしっかりつけることが一番です。

性病にかかってしまうケース

性病への意識は人によって様々です。人生で一度も性病にかかったことがない人は、性病に対して軽い気持ちでいることが多いですね。

「性病なんて風俗嬢とか、ヤリマンがもつ病気でしょ?そんな人とこれまで関わることはなかったし、これからも大丈夫でしょう」

と、根拠のない自信にあふれていて他人事だと思っているのです。

しかし、考えてもみてください。出会い系なんてヤリマンばかりが登録している場所なんですよ?誰とでも平気でセックスしてしまうほど、欲求不満をこじらせた人妻がたくさんいるのです。

あまり知られていませんが、もっとも深刻な性病であるエイズの罹患者は男性の方が圧倒的に多いのです。ここ数年でいえば、新規でエイズにかかってしまう患者の男女比は20対1で男性が多いと言われています。実に、95%が男性患者なのです。

なぜ男性が多いのかといえば、それは感染ルートをたどるとゲイたちのアナルセックスによる感染がほとんどを占めています。同性間でのセックスによる感染が70%を超えており、そのすべては男性です。レズセックスによるエイズの感染例は滅多にありません。

異性間でのセックスによる感染はたったの16%なのですから、どれだけゲイたちがエイズを広めているかがよくわかりますね。単純に男は棒と穴があり、女には穴しかない形状の違いではあるのですが……しかし、恐ろしい話です。

私たちがゲイとセックスすることはまずあり得ませんが、ゲイにはバイ・セクシャルという男も女も性的対象でセックスをしてしまうタイプの人も多く存在します。

もしエイズ持ちのバイセクシャルな人が出会い系で人妻とセックスを繰り返していたら、そのうちの何人かの人妻はエイズに感染してしまっている可能性もあるのです。

エイズ患者は「もう自分は助からない」という悲観的な思いから「なぜ自分だけがこんな苦しみを味あわなければいけないのか。もっとエイズを広めてやる!」と自暴自棄になり、確信犯的に不特定多数とのセックスを繰り返す人もいるのです。

まともな生活を過ごしていればエイズにかかる機会はほとんどありませんが、出会い系で出会った人とセックスをするとなると、けっして他人事ではなくなるのです。

ゲイの世界は閉鎖的なコミュニティであり、100人のゲイがいたとしたらその100人の中でパートナーをとっかえひっかえしてセックスする傾向にあります。

もしその中にひとりのエイズ患者が混じったとしたら……二次感染、三次感染と、倍々ゲームで次々に感染していくパンデミックが起き、あっという間に100人のほとんどがエイズに感染してしまうことも考えられるのです。

それは出会い系だって同じこと。閉ざされたコミュニティの中で男女がとっかえひっかえの出会いを繰り返しているのですから、エイズという深刻な病気は確率的に稀だとしても、クラジミアやケジラミといったメジャーな性病であれば大いに可能性はあります。

そんな恐ろしい病気から身を守ってくれるのがコンドームなのです。性病に一度でもかかったことがある人は、必ずコンドームを付けるようになるそうです。

いわば運転時のシートベルトのようなものです。万が一の事故に備えて、あらかじめ身を守っておくことを心がけましょう。

コンドームを付けると勃起しない……というかたへ

しかし、そうも言ってられない事情を抱えている人もいることでしょう。それは、コンドームをつけると勃起できなくなってしまう人です。

勃起こそすれ、セックス中に快楽どころか痛みを感じるようになってしまい「中折れ」してしまう……。そしてその記憶がトラウマとなってしまい、別の人とセックスをした時に思い出してますます勃起不全や中折れになってしまう。

そんな、負のエレクチオンスパイラルに陥ってしまう人も多いのです。

これはコンドームを付けることで摩擦が減ってしまう物理的な刺激よりも、精神的な部分からくるところが大きいので、そう簡単に改善できるものでもありません。

そうでなくても、長時間コンドームをつけていると、中が乾いてきてしまいピストン運動に痛みを感じるようになってしまいがち。

そんな経験がつづくと「コンドームをつけるだけで萎えてしまう」という条件反射が刷り込まれてしまうのです。

特に、勃起力が衰えはじめる中高年世代の男性はコンドームを嫌う人が多いですね。若い頃であればセックスというだけでいくらでも勃起ができていましたが、歳をとるとそうもいかなくなるものです。

そのため、快楽を求めて生セックスをしたがるのではなく、そもそも生でないとセックスが成り立たない。そういう人たちは、どうすればいいのでしょうか?

バイアグラなどの勃起を促進する医薬品を活用しよう

私が推奨したいのは、バイアグラなどの精力剤を服用することです。

とはいっても、常用しろというわけではありません。あくまでも勃起をさまたげている精神的なトラウマを排除するために、一時的に力を借りるだけです。

バイアグラを利用すれば、ほとんどの人は勃起します。精力剤というとなんだか興奮剤のようなイメージがありますが、実際はそうではなくて血の巡りを良くするために血管を広げたり、血流の勢いを増す効果があるだけです。

勃起のメカニズムは陰茎にある海綿体に血液が充満することで大きくなる……というものですから、バイアグラには血の流れをスムーズにする効果しかないのです。

ですから、バイアグラを飲んだからといって勝手に勃起するわけではありません。性的な刺激がなければ勃起などしませんし「ちょっと動悸が荒いかな?」と感じる程度です。

しかし、たったそれだけのことでも勃起をうながして持続するには十分なのです。薬の力を借りたとは言え「コンドームをつけていても中折することなく、最後までセックスをまっとうできた」という事実は、大きな自信を与えてくれます。

何度かバイアグラありのセックスで自信をつけたら、あとは服用をやめればいいのです。「自分はもう勃起できないし、セックスもまともにできないんだ」といった不安要素はすっかりと消え去り、若かったあの頃のようにハツラツとした勃起を体験できるはずです。

言うなれば自転車の補助輪のようなものですね。最初は補助輪ありの状態で練習をして、慣れてきたり自信がついてきたらそれを外す。うまく乗ることが出来たら、もう補助輪は不要になるはずです。

万が一、補助輪を外したら運転できなくなってしまった……。そんな人もいるかもしれません。そうであれば、補助輪をずっとつけていればいいのです。

セックスにおけるバイアグラの効能は補助輪どころか、電動自転車のモーターのようなものです。底なしで射精できるんじゃないか?と錯覚してしまうほどに自身がみなぎってくるのがわかりますからね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。たしかに、人妻との生ハメセックスは大いに魅力的です。こうして私も偉そうなことを書いていますが、実のところは何度も誘惑に負けて人妻と生ハメセックスをしてしまったことがあります……。

幸い、まだトラブルになったことはありませんが、もしトラブルになってしまっていたとしてもおかしくはなかったでしょう。

今回はそういった自分への戒めの意味も含めて、少し厳し目に書かせて頂きました。

もっともこんな性教育のような「コンドームは必ずつけましょう!」といった当たり前のことを復習しなければならないほど、今の出会い系は簡単に出会えて、簡単にセックス出来てしまうのです。

数年前までは「出会うまでのトラブル」が出会い系には多かったです。それこそ、サクラだらけで出会えないなんてことはザラでしたし、不正請求をしてくる悪徳な出会い系も今よりずっと多かったです。

しかし、今では出会えること自体がとても簡単になってしまったため「出会ってからのトラブル」が増えてきている印象です。今回の避妊うんぬんについてもそうですね。

出会い系はとても楽しいところです。出会い系をはじめることがなければ人妻との不倫セックスの楽しみを知ることもなかったでしょう。皆さんもぜひ、今回の記事を心の隅でかまいませんので置いておいてください。そして、存分にセックスを楽しみましょう!

イケメンよりもブサメンのほうが不倫相手としてモテている!?

02 不倫の心がまえ

私は決してイケメンではありません。むしろ、ブサメン(不細工な男性)といわれる部類に入ることは間違いないでしょう。なにしろ、私はカンニングの竹山さんに似ているとよく言われてます。

……正直、あまり嬉しくはありません。ですが「確かに似ているなあ……」と思ってしまうのもまた事実です。メガネを掛けているのもそうですし、全体的に丸っこいのもカンニング竹山似に輪をかけているのでしょう。

しかし、そんな私でも出会い系ではやたらにモテているんです。「私はイケメンでもないのに、なぜモテるんだろう?」と不思議だったのですが、ようやくその謎が解けました。

不倫相手としてはイケメンよりもブサメンのほうが求められている、と。

女性はみんなイケメンが好きなわけではないのです。いや、イケメンは好きかもしれませんが、それはあくまでも眺める対象としてのこと。フィギュアスケートの羽生結弦さんと織田信成さんのルックスだけを比べて、どちらが好きかと聞けば圧倒的に羽生結弦さんが人気になることでしょう。

しかし、織田信成さんのユーモアと親しみあふれるあのキャラクターが好きという人は多いはずです。どちらと一緒に遊びたいか?という質問であれば、織田信成さんが羽生結弦さんに勝ったとしてもなんら不思議ではありません。

同じことが不倫相手にも言えるのです。一緒の時間を過ごして、デートをして、セックスをする相手なのですから、ルックスよりも居心地の良さが求められます。それに加えて、決して人には紹介できない秘密の関係なのです。

イケメンな彼氏や旦那であれば知人に紹介して「ちょっと良い男じゃないの!」なんて褒めてもらうことで自身の承認欲求を満たすことも出来ますが、不倫相手に同じことは出来ません。

きれい事やお世辞ではなく、外見よりも内面が重要視されるのが不倫という関係なのです。

不倫をする女性は、癒やしと安心を求めている

そもそも、人妻はなぜ不倫をしてしまうのか?多くの人妻たちが言い訳としてつかっているのは「寂しいから」という理由です。「仕事ばかりで家庭や私のことを放っておくあなたが悪いのよ」との主張です。

あまりに都合のいい言い訳に聞こえてしまいますが、寂しい気持ちを感じている事自体は本当なんだと思います。人妻という立場になってしまうと、これまでの世界が急に狭くなってしまいますからね。

人妻になってしまえばいい寄ってくる男は激減します。まともな男であれば、人妻を口説こうとは考えませんからね。私達のように、わざわざ人妻を口説きにいくような男は少数派なのです(笑)

仕事もやめてほとんどを家で過ごすような人妻であれば、なおさらです。まともに会話をする相手すらいないのですから「誰かと話したいだけなの……」と、そんな悲しい動機から出会い系に登録してしまうのです。

実際、人妻とお会いすると私のほうから話をすることはほとんどありません。堰(せき)を切ったように、ただひたすらに喋りたおすのです。これまで話したくても誰も話す相手がいなかったのでしょう。溜まりに溜まった「私の話を誰かに聞いてほしい」欲求を、思いっきりぶつけてくるのです。

その時に私がすべきことは、ただひたすら黙って真剣に話を聞くことです。ときおり、「ちゃんと聞いているよ」というアピールを兼ねた相槌や確認を混ぜるくらいで、聞くことに徹します。

ですから、人妻との出会いにおいては気の利いた話術なんて必要ないんです。ただただ、聞き役に徹することが彼女たちをもっとも喜ばせる方法なのです。

過去にモテていたイケメンは、つい自分のペースに引き込もうとしてしまう

しかし、イケメンはじっと黙って聞き続けることが苦手です。イケメンは女性経験が豊富な人生ですから、ただ聞いているだけでは満足きず、自分も話したくてウズウズしてしまうのです。

「へぇ、そうなんだ。俺の時はちょっと違ったなあ。昔、こんなことがあってこうこうこうだったんだけど……」

なんて具合に、ついつい自分の体験を自慢げに話してしまうのです。しかし、人妻にとってはこれが実におもしろくない。人の自慢話はただでさえおもしろくないのに、「私の話を聞いてくれない」ことがなによりおもしろくないのです。

そんな空気の読めないイケメンよりも、ただ黙って話を聞いてくれるブサメンのほうがよっぽど満足感を得られるのです。

ブサメンの多くは、女性に対してあまり自信がありません。そのため、ついつい自分から話を切り出せずに受け身ばかりになってしまうのですが、人妻相手ではむしろそれが正解なのです。

これが若い女性であれば、受け身なブサメンなどは「私を楽しませてくれないダメ男」でしかありませんが、こと不倫関係においては「私を気持ちよくしてくれるイイ男」になるのです。

イケメンは自分から離れてしまいそうで、不安になる

一般的にイケメンとブサメンのどちらが人気かといえば、当然イケメンのほうが人気です。あくまでも不倫関係においてはブサメンのほうが人気になるだけで、世間一般からすればイケメンのほうがよっぽどモテます。

未婚の若い女性からすれば、イケメンなオジサマは特に人気なのです。そのため、不倫奥様たちがイケメンを不倫相手にした場合、「いつか若い女に彼を盗られてしまうんじゃないか」という不安とストレスを常に抱えることになります。

そして、多くの場合はそれは現実のものとなります。せっかく癒やしと安心感を求めて不倫をしたのに、むしろ不安とストレスを感じただけでなく、さらに若い女に負けてポイ捨てされてしまう、あまりにも非情な現実。

「寂しい」から不倫をしはじめたのに、こんな結果になってしまってはますます寂しくなるばかりです。そんな暗い未来が透けて見えるイケメンは、警戒されて敬遠されがちなのです。

その点、ブサメンなら安心できますからね。このくらいの人ならモテないだろうし、きっと私だけを見てくれる!私だけの存在になってくれる!と思うのです。残念ながら、私はいろんな女性からそう思われているんですけどね(笑)

ちょっと太っているくらいの男性が理想形

また、体型についても中年小太りくらいが丁度いいんだそうです。「大きなクマさんのぬいぐるみを抱いているような安心感」といった評を頂いたことがあります(笑)

最近では中高年世代にもライザップをはじめる人が増えていますが、あんなムキムキの体型はかえってナルシストすぎて気持ち悪いと感じるようです。

さらに言ってしまえば、男性側がしっかりとしたスタイルと筋肉をもっていると、自分のだらしないカラダがよりだらしなく強調されてしまうような感じがして嫌なんだそうですね。

そんな劣等感を感じるよりは、同じくらいに油断している小太りな人のほうが「お互いさま」な感じがして、安心できる!というわけです。

そういう意味ではガリガリの痩せ型もあまり人気はないようです。また、度を越したデブも人気はありません。やはりいかにも中年太りといった適度なお腹が好まれるようですよ。それこそ、カンニング竹山さんはまさに理想の体型なんだそうです。

ぎこちなくて女性慣れしていない雰囲気がソソられる

いい年したオジサンなのに女性慣れしていなくて、どこか常に緊張していてぎこちない態度を取られると「胸がキュンキュン」してしまう人もいるんだとか。

ちょっと不自然なはにかんだ笑顔などを見せられると「所有欲」が俄然わいてくると言っておられる人妻もおられましたね。これがいわゆる肉食系女子なのか……と感心したものです。出会い慣れしていない初心者のかたにとっては朗報といえるかもしれません。

私はすっかり女性慣れをしてしまいましたので、そのあたりの面では評価が低くなっていそうです(笑)

なるべく、初心者っぽく振る舞うようにはしているのですが、女性はそのあたりの観察眼に関して鋭いものを持っていますからね。

男性としては頼りないくらいがちょうどいい

これまでの「不倫奥様が求める理想の不倫相手」をまとめてみると、男らしくないといいますか、一般的なイメージではマイナスになってしまいそうな要素がプラスに捉えられているのが特徴です。

これは不倫奥様たちが、せめて不倫相手に対しては優位に立ちたいという思いの表れなのかもしれません。

不倫奥様だって結婚する前は幸せな家庭生活を思い描いてたはずなんです。しかし、現実は夫から放っておかれて寂しい毎日を過ごす始末。「もう男に依存しちゃう関係にはうんざりよ!こっちから振り回してやるんだから!」……なんて思っているのかもしれません。

そのため、ちょっと冴えない男をつかまえてこっちに依存させたがっているのでしょう。「あなたは私がいないとだめなのよね」と思わせたいのであり、自分でも思いこみたいのです。

しかし、私のケースがそうであるように、女ってのは結局は男に依存してしまうんですよ。会っているときこそ、従順で冴えない中年男性を演じていますが、それはそのほうがモテるし楽だからそうしているだけです。

私がいま不倫関係にある女性は3人ほどいますが、仮にこの全員と今すぐ関係を切ったとしても特に困りません。どうせすぐ次の不倫相手が見つかりますしね。しかし、彼女たちは大いに困ることでしょう。なにせ、彼女たちは私のような冴えない男がまさか複数人の女性と同時に付き合っているなんて思いもよらないでしょうし、自分の元から離れていくなんてことは夢にも思っていないのですから。

出会い系の中では、積極的にいくこと

このように、冴えなくて受け身の小太りな中年男性が不倫相手としては非常に人気なのですが、出会い系のなかではそうも言ってられません。

出会い系の中でまで受け身でい続けては、出会いのチャンスなんて絶対に巡ってきませんからね。ここだけは積極的にガツガツと食いついていかなければなりません。

そして、いざ会った時には急におとなしくなり「ネット上だとつい強気になってしまって……はは」なんて情けない姿を見せれば、ブサメンを求めている奥様からすれば「胸キュン」ポイントになりうるのです。

ただ、このテクニックは30代以上の不倫奥様にしか通用しません。若い未婚女性を落とそうと思うなら、真逆のキャラクターを演じることです。

ブサメンをイケメンにすることは難しいですが、若い女性に対しては出会い系の中でも外でも積極的な態度をみせ、自信満々で自分の体験談を話すことは努力次第でどうとでもなります。

「ブサメンにはそんなの無理だよ……」

と、今はそう思うかもしれません。しかし、今の私であればそれが出来ます。見知らぬ女性と不倫関係になることを何度も経験することで、女性に対しての免疫と自信がつきましたからね。

むしろ、従順な羊の皮をかぶるほうが今となっては大変になってしまったくらいです(笑)でもやっぱり不倫セックスって最高ですし、話をきいてウンウンいってるだけで心と股を開いてくれる奥様ってラクすぎるんですよね……。

学生時代は自分のルックスを何度も呪ったものですが、今となっては両親に感謝です。ブサメンでよかった!と心からそう思います。

不倫をしてしまう人妻は、とある驚くべき特徴を抱えていることが解明される!

04 不倫メールのコツ

1417763652_804v

不倫をしてしまう人妻たちの共通点ってなんだと思いますか?性的に欲求不満であり、日常生活にストレスを抱え、寂しい気持ちを感じている……、といったところは人妻が不倫をする時の定番の動機ですよね。

しかし、実はそういった動機よりも、もっと根の深いところに驚くべき共通点があることが、イギリスの研究者によって解明されました。

なぜ女性は不倫するのか、学者が解明

研究のため、約1000人の英国住人が参加した調査を行った。子ども時代の教育は、女性の将来の性的行動に直接影響していると明らかになった。

研究の結果は、71%の女性が母に例をとり不倫をしたと示した。調査に参加した女性は、女性たち本人と全く同じように、彼女たちの母親が不倫していたと告白した。また、不倫した男性のうち、彼らの父親もまた結婚生活において誠実ではなかったと告白したのは45%だけだった。

https://jp.sputniknews.com/science/201610302957234/

不倫をしていた人妻の娘も、また不倫をしてしまう。そんな悲しいスパイラルが事実として起きているようなのです。これと似たような話を効いたことがありませんか?

そう、児童虐待とまったく同じ構図なのです。

幼いころに母親からされたことを娘にもしてしまう。あれだけ母親からされて嫌だった行為を、自分も同じように繰り返してしまうのです。

きっと、不倫行為をする母親を子供の頃に見るのはつらかったことでしょう。「どうしてお父さんと仲良くしてくれないの?」と、子供心に傷ついてしまっていたとしてもおかしくありません。

そんな娘を見て、母親はどういった行動を取ると思いますか?

それは、自分を正当化して父親の悪口を娘にひたすら言うのです。

「お父さんはお母さんのことをもう愛してくれなくなった」「お父さんだって他に女をつくってる」「私はいつも我慢を強いられてきた」「あなたはお父さんみたいな男に騙されちゃダメよ」

……と、あることないこと娘に吹き込んで味方にしようとするのです。もちろん、すべての不倫人妻がそういうわけではなりませんが、こういったケースは非常に多いことでしょう。

「そうだったんだ。お母さんは悪くないんだ。悪いのはお父さんなんだ」

そうして不倫に対しては「男が悪いこと」と認識することで、その結果として娘も同じように不倫を繰り返してしまうのです。こういった女性たちは自分のことを被害者だと思っていることが大きな特徴ですね。

不倫をする人妻はなんでもかんでも肯定してあげることがコツ

このように、不倫をしてしまう人妻の多くは「自分は悪くない」と思い込んでいます。その是非はどうあれ、その気持ちをうまく利用してやることで効率よく出会いを探すことが出来ます。

とにかく、彼女たちの言うことについては肯定をしてあげてください。たとえば、メールで旦那の愚痴の話になった時。どう転んでも聞いててつまらない話なので、多くの男は軽く聞き流してしまいがちです。

あるいは、男の悪いクセとして「相談されたからには解決しなければ」と余計なおせっかいをしてしまい、女性をがっかりさせてしまうことも。

女性が男性に何かを相談する時は、ただ聞いてほしいだけなのです。うなずいて、同情してほしいだけなのです。解決方法なんてのは求めていないのですから。

旦那の愚痴は、ただただ聞いて彼女の味方をしてあげましょう。旦那の肩をもつ必要はまったくありません。とはいえ、調子にのって旦那のことをゴミクズのように悪口をいってしまうのはNGです。

よほど壊滅的な関係になってもいない限り「赤の他人に身内の悪口を言われまくるのはさすがにいい気分じゃない」と感じるのが普通ですので。あくまでも人妻の味方をして肯定してあげるだけでいいんです。旦那のことをことさらに否定するのはあまり得策ではありません。

そうして人妻の気分を良くしてあげれば、セックスだって驚くほど簡単に出来たりするものです。

もし、出会い系で知り合った人妻に年頃の母や娘がいたなら……

この不倫は遺伝するという学説。出会い系において応用するとすれば、出会い系で知り合った人妻の母親か娘を狙ってみる、というのも面白いかもしれません。

20代の若妻と知り合ったのなら40代くらいの母親を狙ってみるのもいいですし、逆に40代の人妻を捕まえたのなら20代の娘がいる可能性だって大いにあります。

不倫をしている人妻の母か娘なのですから、その相手とも不倫が成立する可能性も高い……?もし、そうなれば夢の「母娘丼(おやこどん)」が実現するということに!

残念ながら私はまだ実現できていませんが、機会があればぜひ狙ってみたいと思います。

他人の妻を都合よく、自分の言いなりにさせてしまう3つの方法

01 不倫の基礎知識

Man Holding Remote Control

出会い系に登録している人妻のほとんどが出会いを求めているのは確かですが、さまざまな性格やタイプの人妻がいますよね。十人十色ですし、玉石混交でもあります。いろんな女性が集まれば「アタリ」と「ハズレ」が混在するものです。

わたしが個人的に「ハズレ」だと思うのは、勝ち気で強気な態度をとる女性です。コチラがなにか言えば必ず口答えをして、自分の意見を認めさせようとする。そういった女性は美人なことが多いのですが……いくら美人とはいえ、しょせんは不倫相手ですからね。

どうせ長くは続かない関係なのですし、こちらがヘコヘコとご機嫌をうかがってまで会ったりセックスをするというのもストレスになってしまいます。

逆に、「アタリ」なのはこちらの言いなりになってくれる「都合の良い女」ですね。やはりどうせ不倫を楽しむなら、ストレスなんてなく楽しいことだけをしたいと思いませんか?性格の合わない女性のご機嫌をとるなんてのは、自分の妻だけでほとほとウンザリしているのですから(笑)

では、どうすればそんな都合の良い女の見極めができるのか?私の経験から見えてきたことを紹介したいと思います。

その1.自分に自信のない人妻

多くの場合、出会い系に登録して不倫を求めるような人妻というのは旦那と上手くいっていません。当然かもしれませんが、それを認識しておくことは大事なことです。

今の時代、ほとんどは恋愛結婚でしょうから少なくとも以前は旦那と仲もよくラブラブだったからこそ結婚したわけです。しかし、それも今は昔。そんな恋愛感情もどこへやらと、夫婦間は冷えきっているからこそ、出会い系なんぞに登録してしまっているわけでしょう。

つまり、最愛の人だと信頼して「私にはこの人しかいない。この人と一生添い遂げる」と心に決めて結婚した人から、見捨てられた状況であるともいえます。わたしは振り向いてほしいのに、旦那が振り向いてくれない……。そんな放っておかれた状況にある人妻は狙い目です。

出会い系に登録している人妻はの多くは自分に対して自信を失くしています。永遠の愛を誓った人から、魅力がないと思われてしまっている、女としての自信がなくなってしまった、というわけですね。

そのため、自分を「女として認めてほしい」という承認欲求を抱えている人妻が多いのです。女としての価値や魅力があるって、誰かに言って欲しい。女に生まれた喜びを、もう一度感じさせてほしい、と。

そんな人妻に対しては、とにかく褒めて、肯定して、認めてあげること!

なんでもいいんです。「今日はご飯なにを作ったの?」と聞いてあげてください。そして、褒めてあげましょう。「◯◯ちゃんのことをないがしろにしてる旦那のために料理つくってあげるなんてえらいなあ!」と。露骨で大げさなくらいでもいいんです。

「妻が食事を用意するなんてそんなのは当たり前だろ」なんていうと昨今の女性からは怒られるかもしれませんが、実際問題として家の食事を用意するのは妻の役目であることがほとんどです。でも、それを褒めてくれる人なんていませんからね。なぜなら、やって当たり前のことだと思われているからです。

誰も褒めてくれなかったこと、特に一番褒められたかった旦那から一度も褒められたことがないことを褒めてあげる。それが、相手にとっては何よりの快感なのです。言うなれば、褒めてあげるたびに乳首を愛撫しているようなものとも言えるかもしれません。

褒めてあげることを続けていれば、必ずと言ってもいいほど「もっと褒めて欲しい」と思うようになります。そうして自分に依存するようになってきたらこっちのもの。相手はこちらが気になって仕方がなくなっていますから、喜んで会いに来てくれますし、喜んで股をひらいてくれます。

なにしろセックスを求められるというのは女性として認めてもらえている、という最大限の表現ですからね。存分に愛でてあげましょう。ただ「褒めてあげる」という行動ひとつだけで、自分に依存してなんでもいうことを聞いてくれるセフレの出来上がりです。

その2.相手に尽くしたいと思っている人妻

面倒見のいい女性っていますよね。なんでそんなダメ男と付き合っているの?と周りから心配されてしまうような女性。ダメ男好きといいますか「自分がいなきゃこの人はもっとダメになってしまう!」という責任感?から別れられないというパターンです。

そういう女性がきちんとした大人の男性と結婚した時、安定した家庭では満足できなくなってしまうことも多いんだとか。「この人はきっと、私がいなくてもうまくやっていけるんだろうなあ……」と感じてしまうと、その男性に対して興味を失ってしまうそうです。そんな時に、思わず面倒を見たくなる男性が目の前に現れたとしたら、そちらになびいてしまうというわけですね。

結局、ダメ男好きな女性は自分が必要とされたいだけなのです。「この人には私が必要なんだ!」という心のより所を求めているわけですね。

もし、そういう人妻を捕まえられたとしたらかなりラッキーですよ。なにしろこちらが頑張らなくても、相手が頑張ってくれますし、男性の面倒を見ることをなによりの喜びとしているのですから。

必要とされたいのは普段の生活だけでなく、セックスにおいてもそうです。「私は相手に尽くしたい、気持ちよくなってほしい。それこそが何よりの快感」というタイプです。

ふつうの女性であれば、あとで愛撫をしてもらうための見返りを期待しているため、「ギブアンドテイクのギブ」としてのフェラチオだったりしますが、こういうタイプの女性は見返りなんて求めていませんので、それはもう黙々とフェラチオだけをしてくれるのです。

ダメ男好きな女性は主導権を握りたがりますので、騎乗位も好きな傾向にありますね。コチラはただ寝ているだけで、フェラをしてくれて、騎乗位で腰をふってくれて、イッたあとにはお掃除フェラまでしてくれる。

男にとって「ダメ男好きな人妻」はまさに理想のセックスフレンドと言えるかもしれません。

それに、なにもこちらが本当にダメ男である必要はないのです。ダメ男を演じればいいだけなのですから。ダメ男がしっかりした男性を演じるのにはかなり無理がありますが、その逆であるところのしっかりした男性がダメ男を演じることに関しては、そう難しくないでしょう。

なんなら「思いっきり甘えさせてくれる女性」という存在に思わぬハマりかたをしてしまうことも。手玉に取っているつもりが取られていた……なんてことのないよう、注意してくださいね。

その3.流され待ちで言い訳したいだけの人妻

自分からは決して誘ったりはしないけど……でもほんとは誘って欲しい。というか早く誘ってちょうだいよ!というタイプの人妻ですね。

これは人妻に限らず、多くの女性に当てはまる習性かもしれません。女性というのは責任を負ったり、決断をしたくないという傾向にあります。

「こうなったのは私が望んだことではなくて、結果的に仕方ないことだったの」なんていう、自分に都合のいい言い訳がしたいだけなのです。

その典型的なものとしては「終電をわざと見逃す」というものでしょう。すぐにエッチするような軽い女には見られたくないけど、正直なところエッチはしたい……。そんなジレンマから生まれたのがこの手法だと言われています。

「いいひと」な男性は、これを知らずにわざわざ知らせてしまうんですよね。「あっ、そろそろ終電だけど大丈夫?」なんて風に。これは女性からしたら本当に大きなお世話なのです。

男性からそう言われてしまっては、終電に乗るしかなくなってしまうんですよ。乗りたくなかったけど、知ってしまった以上は乗るしかない。という状況に追い込まれてしまうわけです。これはまるで、みすみす網に穴を空けて魚を逃がすような愚行です。

あくまでも知らないうちに終電を逃してしまって、帰る手段がなくなってしまった……。だから本当はそんなつもりじゃなかったけどホテルにいくか、あなたの家におじゃまさせて?という流れにもっていきたいのです。

出会い系の人妻と終電まで飲むようなシチュエーションは稀でしょうから、なかなかそういう場面は訪れないかもしれませんが、その性質はどんな女性も同じですから利用すればいいのです。

例えば「カラオケにいこう!」だったり「おいしい食事を一緒に食べよう!」だったりという誘い方はごくごく一般的ですし、相手にとっても心理的なハードルは低いですよね。

そう言って誘っておいて、カラオケ機能付きのラブホに連れて行ったり、ちょっとした高級弁当を買ったあとでラブホに連れて行ったりすればいいのです。まるで騙し討ち……というよりほとんど騙してはいるのですが、これは人妻にとってはむしろ嬉しいサプライズなわけです。

ストレートに「ホテルにいきましょう!」なんていわれても、多くの人妻はこれにうなずきません。ほんとはホテルに行きたいものの、いきなりホテルをOKするような安い女に思われたくない……なんていうプライドがあるわけですね。

ぶっちゃけ、めんどくせーな!と思ってしまうのですが、コレをうまく利用すれば実に思うがままに出会いをコントロールできるのです。女性特有の面倒なプライドを持ち上げてあげつつ、ホテルに行きたいという本音の部分をすくってあげるのがこのテクニックなわけです。

これは実に効果バツグンでして、このやり方でホテルの前まで連れて行った人妻の9割はそのままホテルに入ってくれました。最初はあくまでも冗談っぽく誘っておいて、徐々にシリアスにもっていくというのがわたしのお約束ですね。こうして落ちない人妻というのはなかなかいませんよ。

だいたい、出会い系で知り合った男と会っている時点でもうセックスは当然視野に入れているのですから。あとはもうタイミングなだけなので、そのタイミングを強引に引き寄せてあげればいいのです。

これは自分にとってもセックスがすぐ出来るというメリットだけでなく、女性が望んでいたことを早々に叶えてあげるという、ダブルで幸せになれる理想の方法なのです。

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする4つの理由

04 不倫メールのコツ

26780h「家に帰れば妻がいる」「旦那がかまってくれない」

やはり、既婚者が出会い系サイトでセフレを選ぶなら、独身の相手になりがち。

ですが実は、既婚者同士の2人のほうが長くトラブルなくセフレ関係を構築できます。

少しでも手堅くリスクを減らし、かつセックスを楽しみたいなら既婚者の人は、あえて既婚者をターゲットに絞って探していくのがおすすめです。

既婚者同士の組み合わせはナゼ長く続く?

既婚者だと、非日常の仮想空間を味わえる独身相手を探したくなりますが、独身男性・独身女性問わず、セフレ関係の不倫を続けるのは、なかなか難しいところ。

最初はお互い、燃え上がって情熱的なセックスや擬似恋愛にのめり込みますが、そのうち「やっぱり面倒臭い」「つまらない」という溝ができる恐れはもちろん、「本当にこの人こそ、運命の人なんだ!」と勘違いな暴走モードに入ってしまうリスクも……。

しょせんは出会い系で知り合ったセフレの関係、泥沼を防いで楽しいヒトトキをすごすなら既婚同士の方がラクというのが、長く続く本音なのかもしれません。

それではなぜ、既婚者同士はトラブルを回避しながら、長いお付き合いができるのか?

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする4つの理由をご紹介しましょう。

「同じ既婚者なんて、パス!」と思っていた人も、新しい世界を広げるきっかけになりますよ!

理由1.お互いわがままを言わない

独身のセフレを作って、まず感じる不満は「わがまま」です。

  • 「クリスマスに遊びたい」
  • 「誕生日に◯◯が欲しい」
  • 「夜中だけど、会いたくなった」

こんな可愛いわがままも、独身だったら許せますが既婚者ならどんな状況でも無理と言わざるをえません。

特に、子どももいる既婚者男性なら、土日やお盆、年末年始などは絶好の家族サービス日和。そんな時、相手も既婚者の人妻ちゃんなら当然、同じ立場なのでわがままは出てきません。

いちいち謝って、機嫌をとって、フォローの何かを用意してあげて……というわがままの対応も一切いらないのが既婚者同士の不倫カップル。

余計なイライラや心配をする必要がないのは、長く付き合いを続ける大きな理由と言えるでしょう。

理由2.家庭の愚痴をこぼせる

  • 「おじさん好き」
  • 「人のものが欲しい」
  • 「女の子の扱いが得意」

こんな理由で不倫好きの独身女性も数多く存在しています。

ですが、もちろんヤルのが簡単な反面、切るのが面倒くさいのがデメリット。

いざ、不倫関係を構築したら「家のことは話さないで!」「奥様と比べないで!」なんて
ヒステリックに怒り出すことも少なくありません。

また「いつ別れてくれるの?」なんて、世にも恐ろしいフレーズを平気な顔で口にする恐れも…。

意外に、不倫慣れしている独身女性は、リスクが大きいこともあるのです。

その点、同じ既婚者の人妻なら、問題なく家庭の愚痴をこぼすことができます。

もちろん「だから主婦はダメなんだ」なんて、その人妻にも当てはまる話はNGですが、「その点、君は」と軽くフォローしたり、相手がこぼす”旦那の愚痴”も聞いてあげればまったく問題ありません。

家庭の話もナチュラルに切り出せる安心感と、同時に解き放たれるストレス。これも一緒にいる時間が楽しく感じる、大切な理由となってきます。

理由3.「既婚だから」の融通が効く

さらに、既婚者同士のセフレの場合、嬉しいのが「既婚者だから」という融通が効く部分

  • 「今月は飲み会が多くって……」
  • 「ちょっとお財布がピンチだから」
  • 「あまり高級なラブホはちょっと」

など、独身男性とは違い、現実問題お財布事情は厳しいのが本音。

独身女性だと「貧乏くさい」「私はそこまでの女じゃないの?」と誤解をされることもありますが、既婚者女性なら、その立場も理解できるので「そっか」と文句を言わず合わせてくれます。

余計な見栄を張ることもなく、出費を抑えられるのは魅力的。

もちろん、相手も既婚者だからこそ、イベントや誕生日のプレゼントだって必要ありません。こんな融通が効くのは、男性が細く長いひっぱるのにおすすめの物件と言えますね。

理由4.弱みを握れる

さらに、いやらしい話、既婚者同士のセフレで一番のうま味と言えば、弱みを握れるという点。実際、不倫は不貞行為にあたるのでバレたら、慰謝料を払う恐れだって大いにありえます。加えて社会的制裁を受けるハメになることも……。

いくら割りきった関係を築けたとしても、既婚者はどうしても立場が弱いというのが本音です。

ですが、お互いが既婚者同士のカップルなら、そのリスクは相手だってまったく同じ。お互いがお互いの弱みを握っている状態なので、下手に自滅するようなトラブルにはならないのです。

また、この弱みを握り合う行為は、2人だけが共有する秘密。この背徳的な行為がより強く、セフレの絆を太いものにしてくれるのも魅力となってきます。

まとめ:なんやかんやで都合がイイ!

実際、既婚者同士の組み合わせがなぜ、セフレに良いのか…という理由を覗いてみると、ぶっちゃけ「なんやかんやで都合がイイ」というのが男にとっての本音です。

余計なトラブルやリスクを回避しつつ、お財布にも厳しくなく、わがままも言えたりするのは他でもない、同じ立場の人妻だかからこそ。

もちろん、男慣れした欲求不満気味の人妻をGETできれば、セックスライフだって堪能できます。新しい出会いは、ぜひ既婚者にターゲットを絞って攻めてみてください!

携帯電話からの不倫バレを防ぐために設定しておくべきこと

01 不倫の基礎知識 04 不倫メールのコツ

160305old_smartphones

皆さん、不倫したいですか!?

こんな「不倫パートナー探し」だなんてタイトルのブログを見ているくらいですから、きっとアナタは不倫に興味津々な人だと思われます。

逆に言えば「興味がある」で踏みとどまっている人とも言えるわけですね。すでに不倫をしている人であればこんなブログに用はないでしょうから。

不倫に興味がある事自体は珍しいことではありませんし、むしろごく自然と言えるでしょう。なにしろ芸能人だってしょっちゅう不倫しているのですから、一般市民が不倫しないわけがないのです。

それでも、まだ不倫をしていない人の多くはきっとこう思っているはずです。「でも、もし不倫がバレたらいろいろヤバいし……」という不安があるんですよね。わかりますよその気持ち!

逆に言えば「バレない保証があるなら、一度くらいは不倫をしてみたい」とも言えますよね!100%安全保証というわけにはいきませんが、不倫を限りなく安全にするコツはあります。

それは、携帯電話の管理に気を配ることです。

「ん?そんなの当たり前でしょ?携帯電話はロックしてるから大丈夫だよ」と思ったアナタは危険です。この記事を読まないまま不倫をしていたら、すぐに奥さんにバレてしまっていたかもしれません。

ではまず、多くの人はどういったシチュエーションで不倫をしているのか。そこをまず整理していきましょう。

出会い系での不倫はW不倫になることが多い

人妻が好き!という男性の多くが、すでに既婚者だったりします。いわゆるダブル不倫というやつですね。出会い系で人妻が絡む出会いとなると、このダブル不倫の形がほとんどです。

未婚女性と既婚男性は社内不倫なんかでは定番の組み合わせだったりしますが、既婚女性と未婚男性という組み合わせはなかなか珍しいですからね。

もっとも、これにはきちんとした理由があります。なぜかといえば、既婚女性はなかなか社会との関わりを持ちづらいからなんですね。今でこそ結婚や出産後も正社員として働く女性も増えてきてはいますが、まだまだ少数派なのが現実です。

多くの既婚女性は、せいぜいパート社員として社会との関わりをもつことが精一杯で、あとは町内会だったり子供の保護者同士のつながりだったりと、どうしても公共的で女性同士で固まってしまうような関係ばかりになってしまうんですね。

既婚女性と未婚男性が不倫をするケースといったら、パート先でたまたま年下の若い男の子がいて……といったケースくらいなんです。最近ではネットゲームを介しての出会いや、それこそ出会い系での出会いもありますので一概には言えなくなりましたが、まだまだ稀なケースです。

それに、出会い系での出会いだって結局は同年代同士でまとまることが多いですし、最近の若い男性はそもそも出会いに興味のない草食系男子ばかりです。そうでなくても、若い男性はお金がないので「出会い系にお金なんか払いたくない!」と考える人が多く、出会い系の男性会員は中高年層がメインになっています。

女性であれば利用は無料ですので若い女性も多いのですが、それに比べると若い男性は明らかに少ないですからね。つまり、出会い系においても人妻は結局、同年代の既婚男性と付き合うケースがほとんどなのです。

不倫をする機会が多いのは圧倒的に男性

世の中の既婚女性は、旦那が不倫をしているかもしれない、ということには敏感なんです。それは単純に男性の方が不倫をしてしまうきっかけが多いからです。

部下の若い女性と不倫関係になったり、仕事関係の交流から男女の関係に発展したりと、日常生活において女性と接する機会が多いのです。

逆に、男性側ときたら自分の妻が不倫をしているかもしれない、とはなかなか思わないものなんですよね。

どうせ家にいるだけなんだし不倫なんてしないだろ、と安心しているのか、あるいはすでに女としての興味を妻に対して失ってしまっているのか……。どちらにせよ、不倫がバレるときは妻が旦那の不倫を暴く、という方向のことのほうがだんぜん多いわけです。

女性と遊び慣れていない男性ほど、不倫をすると挙動不審になってすぐにバレる傾向にあります。

大事なのは、普段通りに振る舞うことなのです。それさえ出来ていれば「旦那が不倫をしているかもしれない」という警戒モードに移行することがありません。

妻がその警戒モードになってしまった場合は、些細なミスさえ疑うようになるベリーハードモードになるので、難易度はぐっと上がります。

出会い系で不倫をするのは楽しいことです。でも、楽しいことにはリスクもつきまとうもの。そのリスクをしっかり理解して、回避できるようなリスク・マネジメントを心がけましょう。

世の中、たくさんの人が不倫をしています。もちろん、今まさにこれを書いている私もしています。現在進行形で3人の方と不倫関係になっていますし、近くにもう1人が加わる予定です。

幸いにも私はまだ不倫の証拠を決定的に掴まれたことはありませんが、何度か危なかったこともあります。運良く紙一重で切り抜けたのですが、事前の心構えがなかったらあたふたと挙動不審になってしまい、トドメを刺されていたかもしれません。

いよいよ本題になりますが、そんなもしもの時に堂々と対処できる、もしくはもしもの時がそもそも起こらないようにするための携帯電話の管理方法をご紹介します。

不倫がバレることになるきっかけのほとんどは携帯電話

今の時代、もっとも多いのが携帯電話から証拠を掴まれてバレるケースと言われています。不倫相手と連絡をとるには必ず携帯電話を経由しますし、出会い系を使って不倫相手を探すにしても、その多くは携帯電話からの利用ですからね。

実際、妻が夫の浮気を疑った時にまっさきに調べるのは携帯電話だというのが今の常識です。

愛する旦那が浮気かも…。不倫の疑いが出てきた時に取るべき3つの行動

仕事の帰りが遅い、休日に頻繁に外出する、隠れてこそこそ誰かとメールをしている…。配偶者のこのような怪しい行動から、浮気を疑った経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

一度疑いを持つと真偽をハッキリさせたくなります。本当に浮気をしているのか、していないのか知るために何をすれば良いのかはあまり分からないかもしれません。

そこで、今回は、浮気についての確証はないけれども、その疑いがあるという場合、どのような行動をとるべきかについてご説明します。また、浮気をしていた場合は証拠が必要になりますので、その収集方法なども合わせて紹介します。

(中略)

■(2)携帯電話を確認する

配偶者の携帯電話の発着信履歴やメールを確認し、異性との間で頻繁に通話やメールをしていないかを確認します。

ただし、LINEやFacebookなど、インターネット上でログインが必要なサービスについて、配偶者に無断で配偶者のIDとパスワードを利用してログインすると、不正アクセス防止法に違反して刑事罰の対象となりますので、注意してください。

そのため、メールを確認するとしても、携帯電話やパソコンの本体に保存されているものにとどめてください。

もし、異性との間で頻繁に電話をしている場合、携帯電話の発着信履歴の画面をカメラで撮影して証拠化します。

また、浮気していることを匂わせるメール(たとえば「●●ホテルで●●時に待合せよう」とか「この前の旅行は楽しかったね」とか)があれば、その画面をカメラで撮影して証拠化しておきます。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12154-068826/

携帯電話を直接撮影することで十分な証拠としての能力を発揮するようですから、もし寝ている間に「ロックを解除」→「ログを表示」→「撮影」→「ロックして元の位置に」とされた場合、こちらが気づくことはまず不可能でしょう。

そして、より決定的な証拠を掴むまで「泳がされて」しまい、十分な材料が揃ったところでズラッと写真を並べられて問い詰められては、もはや覚悟を決めて降参するしかありません。

このように、携帯電話の取り扱いをひとつ間違えるだけで致命傷になりかねません。携帯電話は不倫出会いに欠かせない便利なツールであると同時に、携帯電話そのものが決定的な証拠になってしまうという、まさに諸刃の剣なわけです。

しかし、最近のスマホであればセキュリティに関することも充実しており、適切な設定をしておけば勝手にロックを解除されて、中身を見られてしまうリスクをかなり減らすことが可能です。

パスワードやロック方法を工夫する

数字を入力するタイプのロックでしたら、誕生日や電話番号の下4桁など、妻もすぐに思いつくような数字は絶対に避けてください。解除してください、といっているようなものです。

適当に思いついたアトランダムな数字にするのもいいですし、いま貴方がこの記事を読んでいる日にちでもいいです。初めて付き合った彼女の誕生日など、妻とはまったく関係のない数字ならなんでもいいんです。

Androidでは、指でなぞって図形を描くロックを採用している機種も多いです。登録する際は、なるべく複雑な形にしておきましょう。

L字型やM字型のような単純な経路ですと、適当にやってみたら解除されてしまう可能性もありますし、妻がロック解除の様子をじっと観察していた場合、手元の動きで解読されてしまうこともあります。

そして、してはいけない危険なロックとしては指紋認証があります。

確かにこれは自分が居ない間に解除されてしまうケースは100%なくなるのでその点においては心強いのですが、なにしろ妻は身内です。常に同じ家にいるのですから、自分が寝てる間に指を拝借されて解除されてしまったらそれまでなのです。

他人に対しては盤石のロックを誇りますが、身内に対してはいとも簡単に崩れてしまうのがこの指紋認証システムですので、特に注意してください。

また、不意に不倫相手からメールなりLINEなりの連絡がくるケースも想定しておきましょう。

ここで呑気に着信音が鳴ってしまうと「こんな時間に誰から?」なんて聞かれてしまいますからね。別におかしな質問ではないので無視するのも変ですし、とっさに嘘をついたとしても適切なダミー相手が浮かばなかったりするものです。

なので家にいる時は必ずマナーモードにしておくか、相手によって着信音を設定できるのでしたら不倫相手からの着信はすべてオフ(無音)にしておきましょう。LINEであれば特定の相手のみ着信音を消す事ができますので、必ずそうしておきましょう。

通知システムは必ずオフに!

また、最近のスマホでは「通知システム」といってメールやLINEの文章の冒頭部分を着信した瞬間に画面にデカデカと表示してくれるありがた迷惑な機能もついています。

これに関してはリスクが有るだけですので、すべてオフにしてください。携帯電話の機種にもよりますが、「設定」から「通知」という項目があるはずですのでそちらから設定してください。

スマホの扱いに慣れている方であればアプリごとに通知のオンオフといった細かい設定をするのもいいですし、よくわからなかったり面倒くさいという方は通知システムそのものをオフにしておけば安心です。

不倫相手の名前は偽名で登録すること

古典的な手法ではありますが、不倫相手の情報を携帯に登録するときはバカ正直に女性名で登録するのではなく、必ず仕事関連っぽい名前や男性の名前で登録するようにしましょう。

社内不倫などであれば相手がずっと一人ですので、適当な男性の名前をつけてもそれだけ覚えておけば見分けがつくのですが、出会い系で不倫相手を探していると相手をとっかえひっかえすることになりがちです。

そういう時、毎回適当な名前を新しくつけているとだんだん覚えきれなくなったり誰が誰だかわからなくなってしまうことになりかねません。

私のおすすめの方法としては、相手の名前をもじった苗字で登録する手法です。たとえば相手の名前が「ハルカ」さんだった場合は「春山 一郎」のような名前をつけておくことで、ハルカという名前が連想できるようになります。

同じように「キョウコ」さんであれば「清原 二郎」でキヨつながりにしたり、「アヤ」であれば「綾野 三郎」といった具合に名前の一部分をがつく苗字の男の名前で登録すればいいのです。

そして、もっとも基本的なことですが、LINEやメールの履歴は毎日削除してください。これさえ心がけていれば、決定的な証拠自体がなくなりますので、つかまれようにもつかむ証拠がなくなります。

メールであれば、自動振り分け機能で迷惑メールフォルダに振り分ける設定をしておくのもオススメです。もし、浮気を疑った妻がメールボックスを調べた時、受信フォルダは必ずチェックするでしょうが、迷惑メールフォルダまでチェックする人はなかなかいませんからね。

予測変換から不倫相手の名前が出てしまうケースも

もうひとつ気をつけておきたいのは文字入力の際の予測変換です。

こんな話を聞いたことがあります。とある男性が妻に料理のレシピを調べて欲しいと頼まれて、一緒に携帯を見ながら検索することになりました。すると、”料理”と入力しようと”りょう”までいれたところで”涼子ちゃん”という文字が第一候補に来てしまったそうなんです。

”了解”を差し置いて第一候補に出てきているのですから、その頻度たるや想像にかたくありません。当然ながら妻の名前ではありませんし、共通の知人にいる名前でもなかったので妻はこれに強い不信感をいだくことに。

「涼子ちゃんって誰なの?」と問いつめられて、とっさに会社の部下だよと苦しい言い訳をするものの……。「ちょっと携帯かして!」と無理やり奪われてしまいます。

そのまま”涼子ちゃん”の予測変換を確定したところ、さらに予測変換が続いてしまい……出てきた言葉が「今夜は楽しかったよ」だったとのことで、そこからはもうお察しの通りです。

こんなところにも思わぬ落とし穴があったりするそうなので、携帯辞書の予測変換はオフにしておくか、まめにリセットしておきましょう。

このように、携帯電話は証拠の塊です。でも、だからといって携帯を常に肌身離さず持つようになるのも怪しい話です。

例えば、いくら見られたくないからといって脱衣所にまで携帯を持ち込んだりするのはいかにも不自然で怪しい行為ですよね。ですから、携帯電話に関してはいつ調べられても大丈夫な状態にしておく、ということが大事です。

携帯電話はチェックされるもの、と考える

外出先で妻の携帯のバッテリーが切れてしまった時など「ちょっと携帯かして」と言われる場面もあるかもしれません。そんな時に「いや、それはちょっと……」なんて渋るのもおかしいですからね。いつでもどんな時にも見られて問題のない状態にしておきましょう。

ここでひとつ、私がつかってるテクニックを紹介したいと思います。それは、パスコードを二人の結婚記念日にしておいて、それを相手にも教えているという方法です。その気になれば、いつでも妻は私の携帯を調べることが出来ます。

携帯の管理と履歴消去は徹底していますが、それでも24時間完璧というわけにはいきませんし、入浴中や就寝中などはいつ調べられてもおかしくない状況です。「本当にそんなことして大丈夫なの?」と思わず心配になってしまうかもしれません。

しかし、人間の心理は不思議なもので、いつでも調べられると思うと逆に調べなくなるんですよね。開け放たれていて中身が空っぽなのが見えている箱には誰も興味をもちませんが、厳重な鍵がかけられていて、こっそり隠されてる箱なんてものがあったら、意地でも中を見たくなってしまうものなのです。

このノーガード戦法……いざというときの不安は残りますが、個人的にはこれからも続けていこうと思います。パスコードが二人の結婚記念日というのは少しばかりあからさまかもしれませんが、相手からしても悪い気はしないでしょうし「私のことを大事に思ってくれている」と感じてくれれば、わざわざ不倫を疑ってアラ探しをしよう、なんて思いつかないでしょうから。

まとめ

不倫をしている時、どうしても妻に対しては後ろめたい気持ちになってしまい、これまでとは違う反応や発言をしてしまいがちです。

そういった態度を気取られて「不倫しているかも?」と疑われてしまい、証拠を掴んでやろう!と意気込まれた場合に、それをのらりくらりとかわしながら不倫を続けることはなかなか困難です。

繰り返しになってしまいますが、もっとも効果的な不倫がバレないための対策は、やはり「普段通りの堂々とした態度でいること」がベストだと思われます。

「普段通りの態度」と「携帯電話の適切な管理」の二つを常に実践できていれば、古典的なスーツの胸ポケットからラブホテルのマッチや会員カードが出てきた……なんてうっかりがない限りは、まずバレないことでしょう。

最もリスクの高い携帯電話の安全性を高めておくことで、自然とバレないことへの自信がわいてきて、普段通りの態度を取れることにつながります。

まずは携帯電話の設定と管理をしっかりと!それが楽しく安全に不倫をするための第一歩なのです。

「人妻が浮気を正当化する方法」を知ることによって簡単に人妻とセックスをすることができる

06 不倫セックス

1649happy不倫や浮気でさえも、人間には自分のしている行為を、正当化したがる傾向があります。

決して犯罪のような反社会的な行為をするのではないにしても、一般的な社会通念からするとやや人の道を外れるような行為をする際、この傾向は一段と強まります。

そして人間には、自分のしていることを否定する人より、批判しない人を好む傾向があります。

出会い系サイトにいる人妻は、自分がこれから行おうとしている不倫や浮気を、正当化してくれる人の出現を待っているのだともいえます。

だから、人妻が浮気を正当化する方法を知ることによって、簡単に人妻とセックスをすることができるのです。

また、こちらとしても、人妻の気持ちを知ることによって、安全な不倫セックスをすることができるのです。

人妻が浮気を正当化する方法その1「構ってくれない旦那が悪い」

的確な言葉で人妻の背中を押して上げるだけで、出会い系サイトにいる人妻はやすやすと一線を越えていきます。難しい理屈は要りません。

なぜなら、出会い系サイトに登録したときすでに、人妻は落ちる準備をしているからです。

人妻が浮気をする際、自分を正当化するパターンとして最も多い旦那を悪く言う事例を挙げ、効果的な対処方を探ります。

旦那が悪いから浮気をする

「旦那が仕事にばかりかまけていて構ってくれない。外で女を作っているのかもしれない。私のことを抱いてくれない。なぜか分からない。もう何年もない」

これは人妻の旦那に対する不満としては、古典的といいますか、典型例になります。

だから「私は出会い系サイトに登録したのだ」という人妻は、たくさんいます。

肝の部分は言うまでもなく、あっちの方は何年もご無沙汰状態につき、我慢も限界ということです。

こういう人妻を落とすのはわけなく思われるかもしれませんが、実際落としやすいことは確かなのですがただ、この手の人妻はかなりしたたかです。

夫婦間のセックスレスをちらつかせれば、既婚でも男が食らいついてくることを、経験的に知っているからです。

こうした話をして来る人妻は、少なくとも数人の男に同じ話をしていると思った方がいいですね。

あとはライバルとの競り合いになるわけですから、セックスレスで溜まっているからわけなくやれるとは思わず、気を抜かずに対処する事が肝要です。

特に、人妻がモーションをかけてきたら、逡巡せずに動くことがもっとも大事です。ためらっていると、簡単に別の男に気移りしてしまうのが、この手系の人妻の特徴かもしれません。

なにしろ、目的は欲求不満の解消ですから、男の品定めが済んだら、あとは優先順位に従って行動に移すのみだからです。まごまごしていると順番を飛ばされてしまいます。

正当化に対する協調的後押しとしては、「同じ男だから分かるけど、旦那さんも大変なんだと思いますよ。でも、それはさすがにちょっと酷いですよね……」とでも言ってあげれば十分です。

人妻が浮気を正当化する方法その2「稼ぎのない旦那が悪い」

子育て世代だと、旦那の社会的地位がまだそれほど高くない中で、子供の教育費などがかさみ、普通に生活をする分には何も問題がなくても、レジャーを楽しむ余裕までは持てなかったりします。

周囲の家のことがさほど気にならない男とは異なり、女性は世間体を一番に気にする生き物であるだけに、他人の家庭と比べた自分の家の経済状況に対しても敏感です。

出会い系サイトに登録をしている人妻の中には、そうした負い目を知り合った男の財力によって、しばしの間忘れて振舞いたいと考えている向きが少なからず存在します。

経済状況が厳しいから、周りの家の主婦のようにレジャーを楽しむことも出来ない。だから私は金を持った男と浮気をして楽しむのだ。稼ぎのない旦那が悪いのだと、自分を正当化するパターンです。

本当の金持ちである必要はない

この手の人妻が待ち望んでいるのは、ひと握りのブルジョア階級の男かというと、そうであればそれに越したことはありませんが、必ずしもそうでなくても構いません。

普通のサラリーマンでも十分、相手をすることが出来ます。人妻が求めているのは日常の気晴らしですから、それをするのに大枚をはたく必要はないからです。

ただ、旦那がサラリーマンや公務員系だと、毎月決まったサラリーしか取れないことを熟知しているわけですから、この手の人妻には自営業の方が受けがいいのは確かです。

えてして旦那が公務員など固い職業に就いている人妻ほど、自営業者は自由になるお金をいつも持っているという印象を抱いているようです。

自営業者の奥さんは身なりも派手で、お正月はいつもハワイに行っていて、本当に羨ましいといったりします。

それで相手をするには自営業者有利といえますが、かといって高価な服やハワイ旅行をねだっているわけではありませんから、サラリーマンの懐具合も十分相手が務まります。なんなら職業を自営業者とごまかしてもいいかもしれません。

連休が近づくと需要が高まる

大型連休やお盆、歳末以外でも、最近は泊りがけで遊びに出やすい祝日が増えた分、テレビや携帯で暇を潰す生活に味気なさを感じる機会も増えているといえます。

そうした休みの日には、家族も家にいるわけですから、連休自体に遊びに誘ってくれる相手を探すことはなくても、近所や知り合いから遊びの予定を聞かされ、心穏やかではない人妻が、出会い系サイトで相手探しをすることは十分考えられます。

連休を前にすると、この手の人妻の動きが活発化しますので、身近なレジャー施設を絡めた遊びを提案すると、乗って来やすくなります。

正当化に対する協調としては、お金の絡むことですから旦那の稼ぎが悪い部分には触れず、「いつもは子育てで大変でしょうから、たまには面白いところに行って遊びましょうか。レジャーに出てサビをとることも人間、必要ですよね」とでも言っておきます。

人妻が浮気を正当化する方法その3「旦那とは相性が悪い」

結婚をしてみて初めて、今の旦那とは相性が悪いことが分かった。夫婦関係はめちゃくちゃで、すでに破綻している。だから新しい人と人生をやり直したいと考えている。

こう書くとなにやらシリアスで厄介な人妻に思われるかもしれませんが、そこは出会い系サイトに登録する人妻です。

人生をやり直したいと考えているのは本当かもしれませんが、実際に今の旦那と離婚をして、出会い系サイトで知り合った男と再婚をしたいなどとは露ほども考えていませんから、この手の一見面倒なことを言う人妻であれ、食べても問題はありません。

ともかく、旦那との相性の悪さを浮気の正当化理由にするこの手の人妻に対しては、徹底して話を聞いてやることで対処します。だいたいが話を聞いて欲しいタイプの人妻だからです。

基本的にわがままです

どこの夫婦でも大なり小なり、行き違いもあれば誤解もあります。理想どおりに行かないことの方がむしろ、普通の夫婦関係ではないかとも言えます。

ところがこの手系の人妻は、その責任を全て旦那に押し付け、とにかく悪いのは旦那で、自分は精一杯努力しているのに上手く行かない、と思い込んでいたりします。

少し考え方が幼く、いわばわがままなのが特徴です。性格的にやや壊れかけていたりもします。

まともに取り合うのもバカらしい気もしますがまず、人妻がしている努力なるものを聞いてあげて、それでも上手く行かないから、新しい人と人生をやり直すしかないと考えるに至った方針も支持してあげます。

ただし、その相手が出会い系で知り合った自分であるとはよもや匂わさず、あくまで第三者的に接して聞き役に徹します。

すると徐々に刺々しい性格に丸みが帯び出し、時折女性らしさが見えてきたりします。そうなるまで多少辛抱を要します。

旦那に見放されているケースがほとんど

だいたいこうした人妻は、家庭内でも旦那に見放されていて、まともに相手にされていません。

人妻の方でも、見放してきた旦那を見限っている状態ですから、旦那に関しては悪口は言っても、浮気をあえて正当化する必要さえもはや感じてもいなかったりします。

それでもこの手の人妻は、根は真面目な人だったりします。むしろ真面目な人が多いくらいです。

ですから、壊れている家庭であっても、だからすぐやれるだろうとは安直には考えずに、人妻のした努力を認めてあげ、人妻の味方であることを強調します。

味方であることで心を開かせれば、あとは自然に出会いに話を運ぶことが出来ます。

ページの先頭へ